3533763 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

全4933件 (4933件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.11.28
XML
カテゴリ:スポーツクラブ



今週は雨マークの一週間で、週末は霰やみぞれが降りました。
最高気温も10度を切り、いよいよ寒くて暗い裏日本の冬の到来です。

裏を返せばジム日和ですかね。
45分間のレッスンをしてもそれほど汗をかかないし、水もあまり欲しません。
体が硬いのは、寒さよりも齢のせい?

TRIP15は、エジプトとグランドキャニオン風の風景でした。
なかなかよかったです。
連続23回のアップダウンはけっこうきつかったです。

日本語の女性のナレーションはひどく、ひと昔の自動翻訳レベルで笑ってしまいました。
最後は、「旅行 レズミルズでした。」は、? 確かにTRIPは旅行ですが。
まあ、変な日本語は気になりましたが、お経のようなものと思って聞き流しました。
英語のままでもいいのではないでしょうか。

参加者は4人で、知ったお顔の方々でした。






Last updated  2021.11.28 12:00:07
コメント(0) | コメントを書く


テーマ:日帰り旅行(474)
カテゴリ:バス旅行
二の蔵です。
雨が強いですね。









この蔵は、カエデの写真家の展示コーナーでした。
















自身の器を携えて撮影したというのが、面白いですね。
その器もいくつか展示されていました。

食器は料理の着物である」(魯山人)だそうですが、魯山人の器で料理を出してくれるお店で浮かぶのが、大阪の太閤園淀川邸です。
藤田男爵の邸宅だった料亭です。
一枚2百万円のお皿には気をつかうと、仲居さんが話していました。

この展示で、料理写真家というのがあることを知りました。







Last updated  2021.11.28 00:05:50
コメント(4) | コメントを書く
2021.11.27
テーマ:日帰り旅行(474)
カテゴリ:バス旅行
10月に引き続いて、今月も旅行代金の半額補助金、クーポン券付きのお得なバスツアーに行ってきました。

情緒ある秋を感じる「北方文化博物館」と錦に染まる石油王の 邸宅「中野邸記念館」

という新潟市近郊のツアーです。
11月下旬で紅葉も最終盤、しかもあいにくの雨でした。
バイパス道路が雨で混んでいたとのことで、バスの到着は15分、出発は20分遅れでした。
雨は降りかからないですが、寒い中待つのはつらいですね。
添乗員からの遅延連絡も遅かったです。






2x2座席11列のバスはUVカットフィルムが貼ってあるので、内側からは暗く見えます。
本日の参加者は32名でした。
カップルは3組ほどで、中高年の女性が多いです。
前と横と後ろは、女性のおひとり様でした。
おしゃべりがなくて、静かでよかったです。





今回も添乗員さんは新人で、新潟大学の人文学部卒だそうです。


30分ほどで新潟市秋葉区(旧新津市)の石油の里に到着です。
見学時間は、1時間20分。
駐車場から中野邸記念館への道を間違うハプニングも、雨が強まったせい?





入り口の門です。





蔵が3つあって、それぞれに展示物がありました。
まずは、一の蔵です。






地味な展示ですが、それにはこんな事情があったようです。
コロナの影響でしょうか?














Last updated  2021.11.27 12:00:08
コメント(6) | コメントを書く
カテゴリ:時事問題

技能実習生の「駆け込み寺」ベトナム人尼僧の訴え
入国緩和も、現代の奴隷制度は「本当に悲しい」

新型コロナウイルスの水際対策の入国制限が8日に緩和され、外国人技能実習生らの受け入れ準備が進められている。だが制度をめぐっては、過酷な労働環境などを理由に逃亡してしまう事例が多発。埼玉県本庄市には、そうした元実習生らを保護する「駆け込み寺」がある。「大恩寺」のベトナム人住職ティック・タム・チーさん(43)は「制度は見直すべき」と感じているという。

――実習生たちの新規入国が緩和されました。人手不足ということもあって、受け入れ先の企業は歓迎する向きがあります。逃げ出してきた実習生らを保護してきた経験から、いま思うことはありますか。

技能実習制度は今、見直すべき段階に来ていると思います。建前は、外国人が日本の技術を身に付けるという「学び」の制度ですが、実際は安い労働力ですよね。「実習生」だから賃金が低いのですが、実際は賃金が安くなっただけで「学び」につながらないような単純作業も多いのです。そうやって彼らは日本の人手不足を支えてきました。

これまで預かっていた子たちのうち、3割近くが失踪者です。職場での暴力や暴言、低賃金やいじめに耐えられなくなり、逃げ出してしまう。精神的な病を患ってしまうことも多く、中には3回も自殺未遂をした末、寺にたどり着いた子もいます。政府や企業が責任を持って対応するべきですが、行き場を失った子たちは、お寺しか頼るところがないという人も多いです。

新たな実習生を受け入れても環境が変わらない限り、失踪してしまう人は減ることがありません。お寺で常時20人ほどを預かるような状況は今後も続くと思います。

――コロナ禍ではどのような支援を行ってきましたか。

コロナの影響で宿泊業や飲食業はほとんどがストップして、仕事がなくなった実習生たちは頼る場所がなく、生活困難になってしまう実習生が本当に多かった。公園やネットカフェで寝泊まりしたり、友達の家に転がり込んだりしてなんとか生き延びているんです。

大恩寺はこれまで、彼らへの食糧支援や保護活動などをしてきましたが、コロナ禍で特に大変だったのは、お寺に駆け込んできた帰国困難者の支援です。仕事がなくなった実習生たちは帰国したくても飛行機がないので、行き場を失った子たちがお寺に殺到しました。

ベトナム大使館と連携して帰国手続きや空港までの送迎、一時預かりなどの支援をし、コロナ以降は1000人以上を帰国させてきました。3密対策のため開設した3つのシェルターを含めると、2065人です。受け入れては見送ってまた受け入れる、の繰り返し。多いときはお寺で6070人を預かっているような状況で、本当に大変でした。

――現在大恩寺で預かっている人の事情について教えてください。

20人ほどを保護し、一時的に共同生活を送っています。職場から逃げてきた元実習生や、解雇で行き場を失った子などさまざまです。

多くは新型コロナの帰国困難者を対象にした「特定活動」の在留資格を得て、半年間の在留を許されている状態です。帰国できない事情が続いている間は半年ごとに更新を受けることができますが、飛行機が飛ぶようになってきたので、半年後には帰国することになってしまう可能性が高いです。なんとか日本に残れるよう、最大2年間の延長が許される「特定技能」の試験を通過するため、勉強に励んでいる子もいます。

ほかに、一度失踪し、実習生資格が切れて「不法滞在」で逮捕され、「仮放免」の在留資格で預かっている元実習生も2人います。しかし、一度失踪した実習生は、正規の仕事にはつけなくなります。

どの在留資格でも、仕事をしたくてもその機会が与えられず、この先どうなるかわからない不安でいっぱいです。

——失踪した実習生たちが不法滞在で検挙される事例が後を絶ちませんが、お寺では、不法滞在にあたる人を保護することはないのでしょうか。

お寺で保護する子たちは皆、法律に準じて預かっているので、不法滞在者はいません。「特定活動」や「短期滞在」などの在留資格がある子たちです。もし不法滞在にあたる人が駆け込んできた場合は、入管に通報し、本人に出頭してもらうようにしています。

出頭した子たちは、「仮放免」の在留資格を得たうえで預かります。地域の皆さんにも安心してもらうためには、法に従いながら活動することは必須です。大恩寺では安心安全な活動をするために、入管・ベトナム大使館・警察としっかりコンタクトをとって、何かあったらすぐに連絡が取れる状態にしています。こうした点は強調しておきたいですね。

——厚生労働省の調査(「技能実習生の実習実施者に対する監督指導、送検等の状況」)によれば、2020年に実習生を雇用する国内企業8124件のうち、約7割で労働時間や安全基準などの法令違反が確認されています。

逃げ出した実習生たちは、特に建設現場やとびの仕事に耐えられなくなってしまったケースが多い。日本人が避けるような、身体を酷使する重労働や危険な仕事をやらされ、そのうえ低賃金。一度逃げた子たちは、二度と戻りたくないと言っています。危険な現場でケガをしたという子もいましたし、胃炎で具合を悪くしても病院に行かせてもらえず、そのまま45日間働いた末に逃げ出したという子もいました。

——実習生の失踪を減らすためには何が必要だと考えますか。

まずは悪い監理団体を減らすこと。実習生を保護する立場にある監理団体は、ちゃんとした団体もある一方、無責任な団体もあります。現場で労災が起きても、あるいは死んでしまった場合も面倒を見ずに、犠牲者の友人がお寺を頼ってくることもあります。

監理団体任せにせず、ベトナム政府と日本政府の双方が介入したほうがいいと思う。全部民間にやらせてしまっていたから、こんな状態になってしまったのだと思います。今年からは日本政府の後援で、NAGOMiという一般財団法人が「不正行為撲滅キャンペーン」を開始し、悪い管理団体を減らすために動いてくれるようになりました。

また、人間としてのいたわりやコミュニケーションも大事だと思います。同じ人間として、愛情・人情・感情をもって接してほしい。たまに週末に出かけてみたり、一緒に温泉に入ったり、職場のバーベキューに誘ってもらうといったことでいいのです。そうすれば自分も大事にされていると気づいて、失踪者は減っていくと思いますよ。

——制度そのものにも限界はありませんか。1993年に導入された技能実習制度はもともと、培った技能を母国に持ち帰るための「技術移転」を目的に始まりました。現実との乖離が指摘されています。

ベトナムに帰った時にも生かせるようなスキルが身に付けば理想的ですが、実際は技能の習得につながらないような、単純作業や過度の肉体労働が目立ちます。

人手不足解消という面からベトナム人を必要としているのならば、「実習生」ではなく「労働者」として日本で働く環境を整えた方が、お互いのために良いのではないかと思います。給料は日本の生活水準に合わせた額にして、生活を安定させてあげてほしいです。

実習先で具合が悪くなっても病院に連れて行ってもらえず、死んでしまった例はこれまで何度もありました。こんな状況で、実習生たちの人権は、一体どこにあるのか……。専門家の方々は「実習生制度は現代の奴隷制度のようだ」と指摘することがありますが、私は同じベトナム人として、多くの実習生が奴隷のような扱いを受けているという状況は本当につらいですよ。

——残念ながら、実習生たちによる犯罪も起きています。昨年、窃盗などの刑法犯で検挙されたベトナム人技能実習生は681人。金銭トラブルによる仲間どうしの殺人や、生まれたばかりの双子を遺棄した悲しいニュースもありました。

犯罪のニュースが出てしまうのは、ベトナム人として恥ずかしいです。ベトナムには「貧しくても気位を高く持って生きるべきである」といった意味のことわざがあります。生活に困っているとはいえ、お金がないから犯罪を起こすというのは理由になりません。

ただ、彼らの状況にも目を向ける必要はあると思います。実習生は来日する際に、送り出し機関やブローカーなどへ100万円近くの手数料を払う場合が多く、大半の人は借金を抱えていて、今も返済しきれていない子もいます。母国の給与水準で考えると、100万円はベトナム人の感覚としてはとても大きな額です。

そのまま帰国すれば 家族への送金も十分にできないまま借金に苦しむことになる。後戻りできない状況なのです。給料が入っても返済にあて、手元に現金がほとんどないような状態です。コロナの影響で仕事や住居を失い、生活困難になってしまう実習生も多くいます。彼らが法律に準じ、人間らしく生きられるような環境を整える必要があると思います。

――政府の支援は十分とは言えず、大恩寺をはじめとするボランティアに依存しているような状況です。

私自身、昨年には腫瘍の摘出手術をし、今年1月には私がコロナに感染してしまい、ぼろぼろでした。保護する立場であるはずが、逆に保護されてしまった。幸い一つもトラブルが起きなかったので現在まで人助けの活動ができていますが、この先ずっと続けていけるとは限りません。皆さんの支援のおかげで、そして仏さまから見守っていただいて、なんとか乗り越えているような状況です。

日本の皆さまにも少しずつ活動が伝わって、全国からお米や食料、布団、衣類などを寄付いただき感謝の気持ちでいっぱいです。


私は日本に20年以上住んできて、自分の骨を日本で埋めたいぐらい、日本が大好きです。実習生たちが日本のことを嫌いになってしまったら悲しいですし、いいイメージで、日本の思い出を持ち帰ってほしい。実習生が安心して働けるような環境を整えていけば、彼らが日本とベトナムをつなぐ架け橋になってくれると思います。(構成/AERA dot.編集部・飯塚大和)

技能実習生の「駆け込み寺」ベトナム人尼僧の訴え 入国緩和も、“現代の奴隷制度”は「本当に悲しい」 (msn.com)




コロナ感染再拡大のおそれを押し切っての、人手不足を嘆く中小企業や農家からの技能実習生の入国要請でしょう。

技能実習とは名ばかりの低賃金労働。
労働力が必要なら労働者としてちゃんと位置付けて、日本人並みの待遇をすることです。
日本着任までの費用も当然企業負担が原則でしょう。
もちろん、帰国費用もです。
借金して来日するなんてことがあってはいけません。

コロナで仕事を求める日本人が増えているそうです。
金銭給付よりも、まず実習生の受入をやめて、求職者に仕事をまわすべきです。



















Last updated  2021.11.27 00:00:10
コメント(2) | コメントを書く
2021.11.26
カテゴリ:時事問題

「消えた技能実習生」~ ETV特集

初回放送日: 20211120

3年前から番組が取材する10人のベトナム人技能実習生。コロナ禍で、6人の行方が分からなくなった。きっかけは、国が人道的見地から発給した就労可能なビザ。外国人の間に、「転職バブル」とも言える状況が生まれていた。消えた6人は、どこへ行ったのか?行方をたどると、SNS上に乱立する違法な職業紹介、闇金融を動かすブローカー、コロナ感染や妊娠中絶など、厳しい現実に翻弄される外国人たちの姿が浮かび上がってきた。



コロナにかかった元技能実習生もいて、保険にも入れず危うい目にあったことが印象的でした。
やはりこういう人たちは、住民票もないのだからワクチンも打ててないのでしょう。
パスポートがお金に化けたり、闇金で裏社会に取り込まれつつある様子なども報じられて、
やはり根本的な対策が必要と思わせる番組でした。

とりあえずは、コロナがおさまるまでは技能実習生の入国はストップでいいのではないでしょうか。
ビジネス関係」なんて言うあいまいな表現は、NGです。







一方では、ネットではこんな意見も。

まあ正直申しまして、日越ともいき支援会の活動PR斉藤准教授の支援報告の番組構成ですね。それがいいのかどうかはわかりませんが、結局今治タオルの件で保護した実習生10名のうち6名が失踪したとのこと。「消えた技能実習生」とはいえ、どうして保護した実習生たちが6名も失踪したのか、その理由について明確なお話はなかったように思われます。コロナ禍だけの理由ではないはずですよ。

 

果たして保護した実習生たちはきちんとした会社及び監理団体に保護されたのでしょうか?そのことに関して、報道をした責任としてNHKはどう考えているのか、中途半端に関わって現場を混乱させるなら、最初から関わるなよと言いたくなりますね。

【技能実習】ETV特集「消えた技能実習生」を見て | 続・奥様はベトナム人 (ameblo.jp)






Last updated  2021.11.26 12:00:08
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:Shibata
コロナは、このところゼロ行進です。
何とかまちを活気づけようとイベント開催です。
しばたはやります!」というテレビCM流して、力を入れていました。





従来なら、カルチャーセンターの体育館で集約して行うのでしょうが、コロナを考えて分散開催です。
市役所広場の会場をのぞいてみました。









子どもの遊戯施設ですね。









感染対策から、入場をコントロールしながら開催していました。





新発田牛のローストビーフ弁当などのスペシャルな商品も並んでいました。









吉祥寺の肉のさとうのような丸いメンチカツが売っていたので買い求めました。
手作り感があっておいしかったです。

旅行も飲食も、そしてイベントも徐々に動き出しつつあります。
30%のプレミアム飲食券の追加販売は、即日完売でした。
すごいですね。






Last updated  2021.11.26 00:00:09
コメント(6) | コメントを書く
2021.11.25
カテゴリ:映画


ストーリー:

ニューヨーク。銀行の貸金庫より出た老人は、雑踏の中、出してきた小箱をある男に手渡し、直後交通事故死した。この事故を近くでマラソン・トレーニング中のベーブ(ダスティン・ホフマン)は見ていた。彼の崇拝者はあのアベベであったが、ランニング中の事故は不吉なめぐり合わせの始まりだった。

パリは高級ホテルの一室。ベーブの兄ドク(ロイ・シャイダー)はアメリカ政府機関(ディビジョン)の男。例の箱を売り込もうとしたが、常に命を狙われていた。一方南米ウルグアイにいるナチの残党ゼル(ローレンス・オリヴィエ)は、ニューヨークでの老人の事故死を知るや、ニューヨークへ飛ぶ。

ある日ベーブは図書館でエルザ(マルト・ケラー)と知り合うが、公園でデート中2人の男に襲われる。ベーブがこの事件を手紙でドクに書いた数日後、ドクが帰って来、エルザを交えた3人は食事をするが、彼女がドイツ人と知りドクの態度が変った。

その夜ドクはゼルと会う。彼はゼルの運び屋も兼ねていたのだが、弟に手を出すなと言った矢先、ゼルにナイフで刺され死ぬ。自分の下宿にたどりつき息切れた兄に驚くベーブ。そして、入って来たドクの同僚ジェニウェイ(ウィリアム・ディベイン)に兄の正体を知らされ再び驚かされるのだった。

やがて公園での2人の男にベーブは誘拐され、地下室に連れこまれ、拷問をうける。銀行の貸金庫にゼル自身が宝石を受け取りに行っても安全かどうか、ベーブから聞き出そうとしたのだ。あまりの苦痛に気を失ったベーブをジェニウェイは助け出すが、それもベーブから秘密を聞き出そうとするワナ。ジェニウェイすらも敵なのだ。

手下のすきをつき日頃のマラソンの訓練を生かしやっとの思いで、脱出に成功したベーブは、エルザの協力の下、郊外の家に隠れるが、そこはゼルの兄の家。エルザも一味の1人だったのだ。ベーブは彼女の正体を知り驚くが、再び現われたジェニウェイの一味と死闘をくり返す。

そして勝ち残ったベーブは貸金庫からナチ時代の遺物のダイヤを持ち出したゼルと公園の池の前で対する。拳銃を彼をむけ、ダイヤを呑ますベーブ。格闘の末、階段からころげおち、自らのナイフで命をおとすゼル。冷然とした顔のベーブ。いつものマラソンコースを男達が行くのを尻目に去って行く彼だった。




1976年の米国映画、監督はユダヤ系英国人のジョン・シュレジンジャーです。
昔は、鬼才なんて言われていました。

ニューヨーク、パリ、ウルグアイとバラバラなシーンが続き、途中ですべてがひとつにつながります。
ローレンス・オリビエとダスティン・ホフマン、老青の対決が見せてくれます。
拷問シーンは圧巻で、何十年たっても忘れられません。
最初の自動車事故のシーンはすっかり忘れていました。
車でのエスカレートはこわいですね。
エルザ(マルト・ケラー)も殺されて、125分たっぷり見せてもらったという感じです。

Marathon Man - Dustin Hoffman - Getting Grilled While Drilled - HD - YouTube

 







Last updated  2021.11.25 12:00:08
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:時事問題

中国化”する世界 一帯一路の光と影 - NHKスペシャル - NHK


先日放送されたこの番組は、とても興味深かったです。
中国新世紀シリーズですが、今回はカンボジアをフォーカスしています。






一帯一路の重要国・カンボジア。中国の投資は5年間で1兆円を超す。国じゅうにあふれる、中国の支援で建設されたインフラ。

いま、国全体で、“中国化”とも言える現象が加速している。

東京都より広い土地を借り上げ、中国企業が作り上げた広大な農場では、中国の食糧需要を満たそうとしている。

中国のシステム、そして経済力が人々を飲み込んでいく。

一方で、“中国化”による社会の変質に、反発する声。

これまでのイメージを転換させようと、新たな手も打ち始めた。中国の支援をアピールする映像をネットで拡散させていく。

一帯一路がもたらす発展の一方で、国内外に広がっていく軋轢。

カンボジアで急速に進む中国化の光と影を追った。






カンボジアへの経済援助と言えば、ひと昔前は日本の独壇場で日本橋なんてのもありました。
番組を見ると日本と中国の差を感じます。
経済力の逆転を感じます。
こんな状況で日本の存在感を示す援助は何か。
ただばらまくだけでなくて、ちゃんと考えてほしいです。




街の至るところで目にするのは、中国製ワクチンの接種会場。カンボジアのワクチンは、ほとんどが中国製。すでに人口の8割が2度の接種を終え、東南アジアでは異例の摂取率を誇る。


インフラだけでなく、ワクチンも援助しているのですね。
本来ならこうした医療支援は日本がやるべきなのでしょうが、ダメですね。
アンコールワットの修復事業でも、中国の存在感が増しています。

中国企業進出の受け皿となっている経済特区。コロナ以前は年間7%に上ったカンボジアの経済成長を牽引。27千人の雇用も生み出した。

カンボジアに進出しているのは、イオンくらいなものでしょうか。

この日は、バナナに傷があるという理由で、収穫班のリーダーが呼び出された。

カンボジア人通訳「けさ収穫のときに道が滑ったと言っています」

中国人社員「言い訳は聞きたくありません。バナナの収穫は気を抜いたらだめですよ」

 

いま、中国人幹部の間では、カンボジア人の働き方が話題となっていた。

中国人社員「中国人は仕事を自分のこととして考える責任感がある。しかしカンボジア人には責任感がない」

中国人社員「彼らは40年に及ぶ改革開放のプロセスを経験していない。だからスピードも理念も意識も我々についてこられない」


このくだりは面白かったですね。
とうと中国人もそこまで言うようになったかと、苦笑してしまいました。
最初に仕事で訪中して、いくつかの国営工場を見学した頃のことを、思い出しました。
やっぱり、進歩しているのですね。
ひるがえって我が国はどうでしょう。
若者にハングリーさが欠けて、向上心も今ひとつのような感じがします。






どちらかというと中国サイドの事情でしたが、カンボジアサイドの方ももう少し報じてもらいたかったです。
それにしてもトイレがない劣悪な住環境はひどいです。
タイの新幹線事業にみられるように、援助される側は日本、韓国、中国を手玉に取ってしたたかです。

中国のメディア戦略にも注目です。
この辺は米国を研究しているのでしょう。






Last updated  2021.11.25 00:00:06
コメント(4) | コメントを書く
2021.11.24
カテゴリ:映画


ストーリー:

フリードニア共和国は財政難に陥りティズデイル夫人に2000万ドルの調達を依頼したが夫人はルーファス・ティー・ファイアフライが独裁者に任命されなくては貸すことができぬと断った。かくしてファイアフライが宰相に任命された。

隣国シルヴェニアの大使トレンティノはフリードニアを自国の手中に収めようと計画し、踊り子のヴィーラにファイアフライの誘惑を頼むが、ファイアフライはティーズデイル夫人に思い召しあるので、誘惑に応じない。

トレンティノはチコリニとビンキイの2人をスパイにしてファイアフライの行動を監視させていたが、チコリニはファイアフライから陸軍大臣に任命されてしまった。トレンティノは自分がティーズデイル夫人と結婚して、フリードニアの実権を握ろうとしたが、ファイアフライは彼を侮辱して戦争を誘発する。彼は戦争の計画書をティーズディル夫人に預ける。これを知ったヴィーラはチコリニとビンキイにそれを盗ませようと計る。2人はファイアフライに変装して夫人の邸に忍び込んだが、ビンキイが金庫と思ってラジオのダイアルを回したので、まんまと失敗した。

ついに宣戦が布告された。ファイアフライは国民を激励して出征したが、夫人、チコリニ、ビンキイと共に敵軍に囲まれた。しかし彼らは巧みに敵将トレンティノを凹ませ、大勝利を得ることができた。




1933年のマルクス兄弟の有名な作品です。
ナンセンスなギャグとアナーキーな風刺で知られる作品で、チャップリンの独裁者などに影響を与えました。

展開が早く、大笑いというよりはクスリとかにやりといった笑いです。
興行的には失敗というのも、シュールすぎて大衆受けしなかったのでしょう。

ファシズム風刺だそうですが、映画史的な作品です。

68分の作品です。

祖国は戦争に入れりノシーン:

"This Country's Going to War"- Duck Soup sequence - YouTube







Last updated  2021.11.24 12:00:09
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:英会話
Which is more important love or money?

ここで、これをやるのかと思いましたが、それなりに盛り上がりました。
質問結果は、半々、私はもちろん love です。
男性はloveが多かったですね。


(朝日新聞)

発表者は丸印をつけたフレーズを英訳してきて、それを先生が直してくれました。

Love:
1.Love is essential to be happy.
2.It's much harder for people to fall in love than to get money.
3.Love is the reason for living your best.
4.If you love,you don't want luxury.
5.It's so lonely living alone without love.

Money:
6.We need money to live.
7.We need money when we have illness or injuries.
8.We can't just live idealistically.
9.People become narrow minded when they are poor.
10.People need money to enjoy life.

Which quotation do you sympathize about love and money?

11.People can't buy love,but if you have much money,your love steepen.
12.You can't buy happiness with money,but you can avoid some miseries.
13.Life is not money,life wuthout money is also not life.
14.If you can find something more important than money,your life will be much richer.
15.People can't live without love.

なかなかの出来でした。

煩わしい時もありますが、やはり愛は必要で人生を豊かにしてくれます。
お金はほどほどにあれば十分でしょう。
安さ高さではなくて、金額に見合った品物やサービスを買いたいと思います。
コスパ重視、機能性重視です。






Last updated  2021.11.24 00:00:14
コメント(8) | コメントを書く

全4933件 (4933件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.