1421004 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、勝手にShibata

PR

2018.02.01
XML
カテゴリ:時事問題
再稼働用に送電容量を開けておくとの名目で、再生エネルギーを排除して批判された
東北電力ですが、インチキがばれて方向転換のようです。

日経新聞が、30日の1面でこんな記事を載せていました。


東北電、再生エネ調達拡大 送電の「空き」やりくり

東北電力は再生可能エネルギーの受け入れを拡大するため、送電手法を見直す。
これまでは全ての発電所が同時にフル稼働するケースを想定して
送電線の空き容量を決めてきたが、実態に近い計算方法に変更。
接続可能な再生エネなどの新規電源の容量を拡大する。
東北電が今回適用する送電線の増強計画では
容量は現行の最大約1.5倍となる見通しだ。

 

東北電は現在、秋田県や山形県などを通る主要送電線網を新設・増強し、
再エネなどの受け入れ拡大を計画している。
北東北で洋上風力発電の計画が多く、
発電事業者からこの送電線への接続希望が相次いでいる。

現状では全ての接続はできないが、
太陽光や風力発電など再生エネは発電量のピークが異なる。
季節や天候に応じて送電線を通る電気の量を細かくはじき出し、
容量の「空き」をやりくりすることで増強に伴う受け入れ容量を
1.5倍の最大450万キロワットに広げる。

こうした手法は「コネクト・アンド・マネージ」といい、欧州などで普及しつつある。

新たな設備投資をせずに、電源の接続を増やすことができる。
日本では東北電が初めて適用する方針だ。
経済産業省は指針作りを主導し、再生エネの普及をにらみ、
全国の電力会社に同様の手法の導入を促していく。

政府は再エネの導入拡大を促すが、
送電線の容量が限られ送電できないことが問題視されてきた。

東北電が増強する送電線網への入札には再生エネの接続希望が多く集まる。
経産省は30日、今春の入札で水力や地熱、小規模バイオマスについての特別入札枠を
全国で初めて設け、調達する再エネの種類を多様化するよう、
東北電に要請、東北電も受け入れる方向だ。








青森や福島と中間貯蔵という名目で、核のごみが蓄積されつつある東北地方です。

洋上風力発電や地熱発電など、豊かな自然の東北地方は再生エネルギーの
宝庫でもあります。

域内の電力需要を賄うだけなら原発は不要でしょう。
福島の事故で明らかなように、原発は核で汚染された不毛の地を作りだすだけです。
 

コネクト・アンド・マネージは、スペインで実用化され再生エネルギーを
効率よく送配電しています。

今や世界から取り残された感がある日本ですが、この分野で先進国に
学んでほしいですね。



参考:

大手電力会社は新規参入企業に「意地悪」?再エネ接続拒否の真相


https://newswitch.jp/p/11287








Last updated  2018.02.01 06:00:11
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.