3144314 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

2018.02.25
XML
カテゴリ:オリンピック
大会終盤でうれしい金メダルです。
そして、そだねージャパンも相手英国のミスショットからのうれしい銅メダルです。
ベスト4進出同様、このチームはついていますね。

金メダルの翌日の朝日新聞の朝刊は、やはり1面です。






日経新聞は、「中国、海洋強国へ着々」の見出しが、トップ記事です。
元々、スポーツの扱いが小さい新聞ですが、女子フィギアスケートは例外でした。
カラー写真で、全面を使って報じていました。





スポーツ新聞みたいです。





なぜかオズモンドやコストナーは、こちらでも取り上げられませんね。

こちらは夕刊です。





キャプションはひと昔前の感じでしたが、コラムはおもしろかったです。


名古屋の名伯楽

羽生結弦ら世界中の選手を教えるブライアン・オーサー氏は、
今大会で3大会連続の金メダルコーチとなった。
一方、名古屋でフィギュアスケートのイロハを教えた子どもから、
3人目の銀メダリストを生んだのが山田満知子コーチだ。

伊藤みどり、浅田真央に今回の宇野昌磨。
宇野の樋口美穂子コーチも、小学生の頃から教えた。
後継者まで育てたところも白眉といえる
宇野の銀メダルは日本から見届けた。

伊藤さんを教えた頃、「芸術のカタリナ・ビットにジャンプの伊藤みどり」と対比され、
今よりはるかに欧州の影響力が強い時代に苦労してきた。
この競技の表も裏も知るからか、
「順位はどっちでもいいって考え。持てるものを100%出せるように頑張りたい。
1位をとる作戦とか考えない。だから自然と子供たちも気にしないのかな」。
宇野が順位に執着しないのも、山田コーチのポリシーの影響もありそうだ。

個性の大切さも身に染みて知る。
小さい子を教える時も強制せず、話し合いながら進める。
今季前半戦の宇野は4回転ジャンプを5本入れたフリーでミスを重ねた。
そんな教え子を「イケイケゴーゴーだったわね」と苦笑しつつも見守った。
「ある程度のレベルまでいった選手にはそれなりの考えがある。
尊重して、私たちの意見も言ってお互い納得する形でやる」。
その後、宇野の方から4回転の本数を減らすと言ってきたという。

山田コーチの洞察力を持ってしても、宇野がこのレベルまでいくと想像しなかったそうだ。
今の宇野は申し分ないという。
どの選手にも「みんなに愛される選手になってほしい」というだけに、
人間性を指してもいる。
「正々堂々といい勝負をする。余計なことは一切話さないけど、いい性格だなぁって思うの」

スケーター宇野には、まだ求めるものがある。
「ルッツは大変かなと思うけど、そのうち4回転ジャンプは全種類跳べる気がする。
5回転の時代が来るかな。彼なりにやれば私の思い描く昌磨選手になるわ」

そんなに跳ぶとケガが心配では?
 「2回転から3回転に変わる時代も言われた。
進化する時、大丈夫か?という意見が必ず出る。
大丈夫、人間はうまくできているの」。
この世界に入って半世紀以上、世界で初めて女子にトリプルアクセルを跳ばせた
名伯楽の貫禄は慈愛に満ちている。

(原真子)






「後継者まで育てたところも白眉といえる。」なんて、日経らしいいい記事でした。


今日のエキシビジョン中継はテレビ東京です。
あの町田樹さんの解説で4時間。
力が入っていますね。

地方では映らないところもあるので、残念ですね。


PS:町田「先生」の解説は、一味違いました。
 最後の町田セレクションは、納得です。


Q:「エッジが深い」というのは、どういうことでしょう。

A:エッジというのは、スケート靴のブレード(刃)の滑る時に
  氷に接している部分です。


  「エッジが深い」というのは、このエッジが傾いている事です。

  スケートはエッジが深く傾いた状態で滑るのは、技術的に難しく、
  イン(内側)・アウト(外側)のエッジにしっかり乗って、
  円の軌道を描く様に滑るのが、良いスケーティングです。

ということらしいですが、素人にはテレビで見てもよくわかりません。










Last updated  2018.02.25 18:58:43
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:日経も参戦! 女子フィギアスケート報道(02/25)   ilovecb さん

スケート靴のブレード、エッジは重要ですが、なかなか自分に合った良いモノは見つからないらしいですね。

スピードだったでしょうか・・・
先日、テレビで「人生で自分にあった靴は一つしかない」と語っていたのを聞いて驚きました。
(2018.02.25 19:19:01)

Re[1]:日経も参戦! 女子フィギアスケート報道(02/25)   maki5417 さん
ilovecbさんへ

アエラでこんな記事を見つけました。

JOCや競技団体とは別に、所属する企業からの報奨金もある。
高木菜那が所属する日本電産サンキョー(長野県下諏訪町)の永守重信会長は、ソチ大会の前に「金2千万円、銀1千万円、銅600万円」のボーナスを約束して、世間を驚かせた。
平昌の報奨金については金額の明言は避けたが、「会社規定の報酬をお支払いすることになっています」(同社広報担当)とのこと。
前回と同程度の報奨金が出れば、高木菜那の報奨金は倍増するかもしれない。


もちろん、選手にとって大切なのは現金だけではない。
日本電産サンキョーは、選手達のスケート靴のブレード(刃)の研磨を担当するなど、技術的なサポートも担当している。
同社によると「技術の会社なので、1000分の1ミリまでこだわって調整しています」という。
平昌のメダルラッシュは、こういった人たちの献身的な支えによって達成できたのだ。
(2018.02.26 07:48:58)


© Rakuten Group, Inc.