3114134 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

2018.03.07
XML
カテゴリ:マテリアル
就職して配属されたのは、3交代の工場でした。
基本的には、残業がない職場ですから、誰かが有給休暇をとると
その穴埋めで連勤(連続勤務)ということで時間外が発生します。

みんなで有休をとればで、時間外が発生して収入が増えます。
みんな調整して有休をとっていました。


日勤の工場でも働いたことがあります。
こちらは、労使で有給休暇の完全消化に力を入れていました。
消化できなかった社員は、掲示板に張り出されその理由が記されます。
やややり過ぎの感はありますが、そこまでしないとなかなか達成できないということでしょう。
未達者は2、3名で、1日とか2日くらいでした。






本社勤務の頃は、労働組合の役員をやりました。
組合といえば、賃上げと時間短縮ですが、賃上げは春闘相場に左右されます。
時短(時間短縮)のほうが個別組合の課題です。

当時残業が多い職場は経理と営業で、100時間を超える社員をリストアップして
改善を申し入れました。
今なら過労死ラインの80時間?いや36協定の60時間ですね。

仕事に波があるので、フレックスタイムも導入しました。
最初はお昼をはさんでコアタイムを設けましたが、のちに完全自由になりました。

本社まで来て仕事をする必要がない場合もあるので、埼玉にサテライトオフィイス
作ってそこでの勤務もOKです。
今なら在宅勤務ですね。

夏休みは、有給休暇消化のチャンスです。
工場は、だいたい1週間ほど決められたお盆休みがありますが、本社はありません。
会社にお盆休みをといったら、それは地方の習慣とNGでしたが、
最後は1日でしたが休日になりました。
7月~9月に夏休み表を作って、職場で調整して休むようにしていました。







入社して10年少しで管理職になったので、時間に縛られた働き方をしたのはわずかでしたが
現行の制度でも、フレックス制度などを活用すれば、効率的に働けるのではないかと
思っています。

組合員の時も管理職の時も有給休暇は完全消化でした。
もちろん、部下からの休暇取得申し出にノーと言ったことはありません。
40歳の頃、子どもが大きくなって、家内とふたりで2週間ほどフランス、スイス、イタリアを
旅したのが一番の思い出です。

昨今の過労死のニュースを聞くと、その会社の労働組合はどうなっているのだろうと
思ってしまいます。

今回の裁量労働制拡大見送りに関しても、財界の残念だという声は聞こえても
連合のコメントは聞こえてきません。







遅く来て早く帰るのが、部下に好かれる管理職の極意?






Last updated  2018.03.07 20:37:43
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:働き方改革法案 下(03/07)   ilovecb さん
こんばんは。

働き方改革・・難しい問題ですね。

デキる人には良いでしょう。
効率よく仕事をこなせると思います。
狙い通りですが、それも一握りです。
デキない人には地獄ですね。

いつぞやお話しましたが・・
私は古い人間で、いや、Nidec精神を引きづり、部下に休むなとしか・・。
生産のスピードが遅くとも時間を掛ければ数はあがるが、休めばゼロだと・・。
その為に私も休めず、全て犠牲にして過ごしました。
当然、風邪をひくなどは論外、自己管理の問題です。
私は体が丈夫なようで、小学校から学校を休んだことがありません。
大学になると、サボって映画を見に行くようになりましたが・・。
結婚した頃風邪をひいたことはありますが、ここ40年位、病気知らずで寝込んだことがありません。

・・今なら、時代錯誤も甚だしいですが・・。

PS.
浦霞・・・宮城・塩釜・佐浦のお酒ですね。

(2018.03.07 20:42:46)

Re[1]:働き方改革法案 下(03/07)   maki5417 さん
ilovecbさんへ

担当者の頃の私の仕事は、現場の管理や生産管理、営業事務、会議資料の作成でしたが、無駄な仕事は減らすことをモットーに削減しました。
「前からやっていたから」というのは、やめてみてあまり支障がなかったです。
当時はシステム化で、仕事の見直しという機運でした。

オーナー会社や、同族会社で働いたこともありますが、従業員の多くはオーナーの顔色をうかがって仕事をする人が多かったです。
滅私奉公とは言いませんが、効率よりオーナーの意向ですね。
有休休暇は病気で会社に行けない時にとるものとのようで、病気するのは本人のせいとの雰囲気でした。
ですから、「夏休み表」を提案した時は、みんなびっくりしていました。
経営が変わったことを実感したようでした。

もっとも、オーナーも休ませたいと思っていたようで、勤続休暇制度で休まないと10万円ほどの報奨金を支給しないという変な制度がありました。



>・・今なら、時代錯誤も甚だしいですが・・。

人間の意識はすぐには変わらないの、まだまだ多いと思います。
有休消化も全体では、半分以下でしょう。

(2018.03.08 10:04:05)


© Rakuten Group, Inc.