2804860 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

2020.10.24
XML
カテゴリ:Shibata



下の池には、むかしタニシがいたものですが、今は消えてしまいました。





滝の横にあるお不動様にひしゃくで水をかけますが、愛方はなかなか届きません。
5回目でようやく水しぶきがかかったところを、パチリです。

こちらは、少し小さいお不動様です。










弁財天ですね。
お地蔵さんや観音像、天満宮もあります。





山門のベンチで早めのランチタイムです。
運動のあとなので何を食べてもおいしいです。





のんびりした秋の一日です。





左手には、江東区からの学童疎開の石碑が立っていました。

帰るのにはまだ早いので、近くのりんご園を目指します。
最後ののぼり坂がしんどかったですが、何とか到着です。









黄色いゴールデンはおしまいでしたが、奥の方にふじがたくさんなっていました。





380円で食べ放題ですが、この日はお休みでした。
80歳なかばというおばあさんが、売り子です。
毎日りんごを食べているせいか、お元気ですね。

(参考)

一日に一個のりんごは医者を遠ざける (イギリス) 

一日一個のりんごで医者がいらないほどりんごは健康にとってよい食べ物だと言う意味ですね。
同じような意味のことわざで、毎日のりんご一個は医者の費用を節約できる(スペイン)とか りんごが赤くなると医者が青くなるというのもありますね。
 

https://kudofarm.jp/about_apple/%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%94%e3%81%ab%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8f%e3%82%8b%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8%e3%82%8f%e3%81%96/

 





子どもの頃りんご園は山の方にありましたが、それは対岸の方で今は閉鎖したそうです。
石碑があった学童疎開についても、お話を聞きました。
数十人の子どもたちが、お不動さん前の3つの旅館に泊まっていたそうです。
たまたま、東京に戻って空襲に遭って亡くなった子供もいたと話していました。





ゴールデンも入れてもらって500円でした。





帰りも国道から農道に入ってのんびりとペダルをこぎます。





山にかかっていた雲が取れて、快晴です。
川にはサギも見えます。





帰りに火渡り修行で有名な大日堂にも立ち寄りました。





この後、食品工業団地を通って3時前には帰宅しました。
走行距離は、25kmほどだと思います。






Last updated  2020.10.24 12:00:06
コメント(4) | コメントを書く
[Shibata] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.