3023818 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

2020.11.27
XML
カテゴリ:時事問題
国会で虚偽答弁を繰り返してきた大嘘つき政治家に関する社説です。


A社 【主張】桜を見る会 安倍氏はしっかり説明を

政治家には説明責任がある。まして首相在任時の国会答弁が事実ではなかった可能性がある。

捜査とは別に、自ら進んで経緯をつまびらかにすべきだろう。新型コロナウイルスの感染対策をはじめ、喫緊の課題は山積している。

ずるずるとこの問題を長引かせることこそ最悪である。安倍晋三前首相には、迅速で明確な説明を求めたい。

安倍氏の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会で、会場となったホテル側への支払いの一部を安倍氏側が補填(ほてん)し、政治資金収支報告書に記載していなかったことが分かった。

有権者への寄付を禁じる公職選挙法(寄付行為)や政治資金規正法に違反しないか、東京地検特捜部が調べている。特捜部の聴取に、安倍氏周辺はすでに、不足分の補填を認めているとされる。

安倍氏はこれまで、国会での追及に何度も補填の事実を否定してきた。安倍氏周辺によれば、補填と報告書不記載を知る秘書が安倍氏に「払っていない」と虚偽の報告をしていたのだという。

それが事実なら、安倍氏本人を刑事責任に問うことは極めて難しい。ただし、政治家としての責任は別である。

安倍氏は「事務所としては(捜査に)全面的に協力している」と話している。同氏の国会招致を求められた菅義偉首相は「安倍氏は捜査に全面的に協力すると述べている。国会のことは国会で決めることだ」と事実上、拒否した。

だが疑惑の構図は単純である。特捜部の捜査を待たずとも、事務所の内部調査で十分に事足りる。調査の不十分がこの事態を招いたとの反省があるなら、正確で詳細な内部調査結果を自ら公にし、謝るべきは謝ればいい。

「桜を見る会」をめぐっては、詐欺罪で起訴された「ジャパンライフ」の山口隆祥被告が、同会の招待状を勧誘セミナーの宣伝に利用していたことが分かっている。いわば、多くの被害者が多額を失った詐欺事件の小道具に使われたことになる。山口被告を同会に招待した経緯についても、併せて明らかにすべきである。

政治とカネをめぐるさまざまな事件で、「秘書が」「秘書が」と繰り返す政治家の情けない姿をみてきた。安倍氏には前首相として、そうした過去の醜態とは一線を画す潔い姿をみせてほしい。
(11月26日)






B社 「桜」巡る疑惑 安倍氏は国会で真実を

「桜を見る会」前日の夕食会を巡る安倍晋三前首相の国会答弁は虚偽だった可能性が出てきた。森友問題でも事実と異なる政府答弁が百三十九回もあった。安倍氏は進んで国会で真実を語るべきだ。

激しい憤りを禁じ得ない。国会はいつから「虚偽答弁」がこれほどまかり通るような場に堕落したのか。三権分立や議会制民主主義を脅かす重大事である。にもかかわらず、政府や与党の危機感があまりにも乏しい。

安倍氏の後援会が主催した夕食会を巡り、安倍氏側が二〇一九年までの五年間、費用の不足分として総額約八百万円を補填(ほてん)していた疑いがあることが分かった。安倍氏周辺は東京地検特捜部の任意の事情聴取に補填を認めているという。

また、特捜部はホテル側から、安倍氏側の費用補填をうかがわせる領収書を入手したという。

この問題を巡り、安倍氏は在任中、国会で「安倍事務所が補填した事実は全くない」と断言し、費用は個々の参加者とホテルの直接契約により支払われ「後援会としての収入、支出は一切ない」とも主張していた。

補填が事実なら、政治資金規正法(不記載)や公職選挙法(寄付行為の禁止)違反に当たるばかりか、安倍氏は国会で虚偽の答弁を繰り返したことになる。

夕食会に限らず「桜を見る会」を巡っては、会の招待者を安倍氏が「政治家枠」を使って増やし、自身の支持拡大に利用した「私物化」疑惑や、巨額詐欺事件で逮捕されたジャパンライフ元会長が招待された経緯、招待者名簿の短期間での廃棄など、多くの問題が解明されていない。

一連の問題は政府や政治に対する信頼を著しく損ねる。国会は放置せず、行政監視機能や国政調査権を駆使して事実関係を徹底解明すべきだ。安倍氏には国会で説明責任を果たすよう求めるべきであり、虚偽答弁をすれば罰せられる証人として喚問してはどうか。

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る問題では、安倍前政権下の一七〜一八年に国会で行われた政府答弁のうち、事実と異なる答弁が計百三十九回に上ることも明らかになった。

政府が虚偽答弁を繰り返せば、国会は正しい法案審議ができず、行政監視機能や国政調査権を適切に行使できない。唯一の立法府であり、国権の最高機関である国会の存在意義を脅かす重大事態であるとの問題意識を、与党を含む全国会議員が持つべきである。
(11月26日)



C社 (社説)桜を見る会 見逃せぬ首相の矛盾

時の首相が国会などで、国民にウソをつき続けたことになる。立法府の行政監視機能をないがしろにし、政治への信頼を揺るがす由々しき事態だ。安倍前首相に明確な説明を求める。

桜を見る会」の前日に開いていた後援会主催の夕食会の費用の一部を、安倍氏側が負担していたことが明らかになった。安倍氏周辺が朝日新聞などの取材に認めた。関係者によると、直近の5年間で総額は900万円を超すという。

前夜祭は安倍氏が首相に返り咲いた後の13~19年に都内のホテルで開かれ、地元山口の支援者らが1人5千円を払って参加した。ただ、会費が安すぎる、主催者側が差額を補填(ほてん)したのではないかと国会などで追及された。政治資金収支報告書に記載がないことも問題視された。

これに対し安倍氏は、会費はホテル側が設定した、参加者がホテル側に直接支払ったので後援会に収支は発生せず、報告の必要はないと、説得力のない無理な弁明を重ねてきた。

補填の事実は、公の場での虚偽説明に加え、公職選挙法(寄付行為の禁止)違反や政治資金規正法違反(不記載)に当たる可能性がある。国会議員としての資質も問われよう。

弁護士らから刑事告発を受けた東京地検特捜部は、安倍氏の公設第1秘書らから任意で事情を聴き、立件の可否を慎重に検討しているという。

安倍氏はきのう、記者団に対し、捜査には全面的に協力しているとしたうえで、「今の段階ではお答えできない」と、説明を拒んだ。安倍氏周辺は「秘書が首相に虚偽の説明をしていた」と釈明したが、そうだとしても、重要な事実関係を詰めきることなく鵜呑(うの)みにした安倍氏の責任は重い。

桜を見る会をめぐる問題は、前夜祭だけではない。安倍氏の事務所が後援会関係者に幅広く参加を募るなどした結果、招待者が膨れあがったことは、公的行事の私物化というほかない。

招待者名簿の破棄など、公文書管理の面でも、多くの問題を露呈した。オーナー商法で大勢の被害者をだしたジャパンライフの元会長宛てに、首相の推薦枠で招待状が送られたのではないかという疑惑は、いまだ解明されていない。

安倍氏が退陣し、後を継いだ菅首相は、自らの任期中、桜を見る会を開催しないと表明することで、この問題の幕引きを図ろうとしている。

しかし、安倍内閣官房長官として、一連の対応にあたってきた菅氏にも重い責任がある。前政権のうみを出しきる覚悟で、安倍氏に説明責任を果たすよう強く求めるべきだ。
(11月25日)





答えは、A社=サンケイ、B社=東京新聞、C社=朝日新聞です。

安倍応援団だったサンケイの社説にしては、珍しい内容です。

正確で詳細な内部調査結果を自ら公にし、謝るべきは謝ればいい。
「秘書が」「秘書が」と繰り返す政治家の情けない姿をみてきた。
安倍氏には前首相として、そうした過去の醜態とは一線を画す潔い姿をみせてほしい。
と、
サンケイには珍しい「正論」です。

もう一つの御用新聞のほうは?と思って、調べたら社説はありませんでした。


天敵?朝日新聞はさらに
 
(社説)桜を見る会 菅首相 人ごとではない(26日)

(社説)桜を見る会 菅首相 人ごとではない:朝日新聞デジタル (asahi.com)


と、もうひとりの嘘つきにもふれています。







Last updated  2020.11.27 00:00:13
コメント(2) | コメントを書く
[時事問題] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.