3029557 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

2020.12.01
XML
カテゴリ:時事問題

「総理、怒っていますよ」
「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う。どうかと思います」

先の予算委員会でも取り上げられたスガに抜擢された山田真貴子内閣広報官の報道弾圧の発言です。

菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』の質問に激怒し内閣広報官がNHKに圧力!『クロ現』国谷裕子降板事件の再来|LITERA/リテラ (lite-ra.com)

からです。

菅官邸が問題視したのは、菅首相が所信表明演説をおこなった1026日に生出演した『ニュースウオッチ9』(『NW9』)だ。

この日、菅首相は『NW9』で日本学術会議の任命拒否問題について、有馬嘉男キャスターが「国民への説明が必要」と突っ込んだことに対し、キレ気味にこう述べていた。

「説明できることとできないことってあるんじゃないでしょうか。105人の人を学術会議が推薦してきたのを政府がいま追認しろと言われているわけですから。そうですよね?」

つまり、信じがたいことに総理大臣が「説明できないことをやった」と自ら公共放送でゲロったわけだが、問題はこの放送の翌日に起こったと「週刊現代」には書かれている。

 

山田真貴子内閣広報官は、総務省出身で安倍政権下の2013年から2015年まで広報担当の首相秘書官を務めた人物で、新政権発足で菅首相が官邸に呼び戻した“子飼い”だ。そんな人物が、番組の内容に「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う」とクレームをつけ、「総理、怒っていますよ」と言い放つ──。無論、この「総理、怒っていますよ」というひと言のインパクトは絶大で、NHKが震え上がったことは間違いない。

というのも、菅首相には
NHKの報道に介入し、圧力をかけた“前科”がある。本サイトでも何度も取り上げてきたが、代表的なのが『クローズアップ現代』の国谷裕子キャスター降板事件だ。国谷キャスターは20147月の『クロ現』生放送で当時官房長官だった菅氏にインタビューしたのだが、当時、閣議決定されたばかりの集団的自衛権容認について厳しい質問を繰り出したことから、放送終了後に菅官房長官が激怒。この菅氏の怒りが、後の国谷キャスターの番組降板へとつながることとなったのだ。ちなみに、NHKへの直接的な圧力を担ったのは、学術会議問題でもキーマンとなっている杉田和博官房副長官だと言われている。





 
米国では次期政権が7人の女性報道官や広報官を起用とのニュースが流れていますが、女性だからOKというわけにはいきません。
この山田というのは元々総務省出身の役人で、NHKなんて傘下の天下り法人くらいに考えていて、
報道機関であることを忘れているのでしょう。
みなさまのNHKを、スガのNHKにしてはいけません。


「総理は国民がおかしいと思うものは見直していくんだということを就任前からおっしゃっていたと思います。で、この学術会議の問題については、いまの総合的・俯瞰的、そして未来的に考えていくっていうのが、どうもわからない、理解できないと国民は言っているわけですね。それについては、もう少しわかりやすい言葉で、総理自身、説明される必要があるんじゃないですか?」

あの、多くの人がその総理の考え方を支持されるんだと思うんです。ただ前例に捉われない、その現状を改革していくというときには大きなギャップがあるわけですから、そこは説明がほしいという国民の声もあるようには思うのですが



NW9有馬キャスターの発言ですが、テレビを見ていて「
多くの人がその総理の考え方を支持されるんだと思うんです。だなんて、スガにおもねるような発言でがっかりしましたが、学術会議問題を取り上げたこと自体を責められては、NHKもたまりませんね。


国会では、この報道介入発言以外にも、ワイドショーなどでのキャスターやコメンテーターの発言をチェックしていることや、テレビ朝日のモーニングショーをツイッターで名指しして圧力をかけたことが質問されていました。

税金を使って番組をチェックし、報道の自由、国民の知る権利をないがしろにするスガは許せません。


興味深かったのは、政権寄りのフジテレビの番組もチェックしていて評定していることです。
スシローや橋下などの御用コメンテーター発言に、◎や〇をつけているのでしょうね。

芸能人もチェックしていることでしょう。
桜を見る会では、原発CMの石坂浩二が招かれていてちゃっかり写真に収まっていました。




(参考)
リテラの続報です。

NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁! 実際は「頭きた、放送法違反って言ってやる」とオフレコ発言|LITERA/リテラ (lite-ra.com)







Last updated  2020.12.01 15:00:05
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.