3302525 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

2020.12.13
XML
カテゴリ:美術展



手前は、掘割と柳と言う新潟市の街並みを模した前川國男設計の西大畑公園です。









三部構成で、こちらは撮影OKです。


目玉作品のピカソです。








東京なら、西洋美術館などでいつでもピカソ作品を観ることができますが、地方はそうは行きません。
手軽に本物を観れるというのは、それなりに意義があることだと思います。

小学生の頃新潟で見た松方コレクション展は、今でも心に残っています。
いま西洋美術館で見ることができる写実的なクールベのが特に印象的でした。
















1941年の少女です。







1934-5年の苦悩です。





紙と鉛筆で書かれた労働者(1932-33年)です。







1951年の作品です。

どの作品も風土を色濃く反映していると感じました。
裏日本特有の暗さが何とも重くのしかかる絵で、それなり力強さを感じますが、あまり好きにはなれませんでした。


続きます。






Last updated  2020.12.13 00:00:09
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:師走の新潟散歩 #7  コレクション展  上(12/13)   夢穂 さん
最初にピカソを見たのは、高校の
修学旅行で出かけた広島の美術館
でした。地方にも良い収蔵品が
あったりしますよね (2020.12.13 13:36:30)

Re:師走の新潟散歩 #7  コレクション展  上(12/13)   ilovecb さん


>三部構成で、こちらは撮影OKです。

いいですね、思う存分、シャッターが切れますね。

(2020.12.13 19:07:10)

Re[1]:師走の新潟散歩 #7  コレクション展  上(12/13)   maki5417 さん
夢穂さんへ

円形のひろしま美術館。
マネの灰色の羽根帽子の婦人が印象的で、絵葉書を買い求めました。

平日ですいていて印象派の絵画をゆっくり鑑賞できました。

https://www.hiroshima-museum.jp/collection/index.html (2020.12.14 10:51:51)

Re[1]:師走の新潟散歩 #7  コレクション展  上(12/13)   maki5417 さん
ilovecbさんへ

人も少なかったので、ゆっくり撮影できました。
ただ、ガラスでおおわれているとまわりが写りこんでしまいますね。 (2020.12.14 10:53:32)


© Rakuten Group, Inc.