3240198 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

2020.12.13
XML
カテゴリ:美術展
佐藤哲三に続いてもうひとり郷土出身の作家です。





ペルピニャンは地中海側のスペイン国境の町です。
ヨーロッパ出張で、フランスのモンペリエからバルセロナに向かう途中通過しました。

















軟禁生活で毎日絵を描いて過ごしていたのでしょう。
たくさん展示されていました。





確かにイケメンですね。












女性を丸坊主にする報復はパリだけかと思いましたが、ペルピニャンのような国境の町でも行われたのですね。
勝者に取り入ってうまい汁を吸った天皇やその取り巻きとは対照的です。





続きます。






Last updated  2020.12.13 17:16:00
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.