3544654 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

2021.10.19
XML
テーマ:海外旅行(5763)
カテゴリ:旅行
昨夜は早めに床に就きましたが、目が覚めたのは6時でした。
朝食は7時で、海岸近くのわっぱ煮会場でいただきます。





すでにたき火で石が真っ赤に焼けています。





お魚は石鯛です。
おばあちゃんの手作り味噌が入っていて、これにお湯と焼けた石を投入します。





お湯が飛び散りすごい湯気です。





ねぎを入れて完成です。





会場全景です。
各民宿ごとにスペースが取られています。









この容器のふたの裏には、JALの文字がありました。
払下げ品?それとも横流し?





これがわっぱ煮朝食です。
テラス席でいただきました。





元は漁師料理で、わっぱにごはんと味噌を入れて出かけて、わっぱのふたを使って海岸でこのように調理したそうです。

内浦の食堂や民宿のわっぱ煮は、石をガスで焼くので高温にならずインチキだと言っていました。
昨日食堂で食べたご夫婦は、少し生臭かったと言っていたのは、そのせいかもしれません。
魚も違っていたそうです。
メバルかな。
本物を食べるなら釜谷の民宿ですね。

昭和45年(1970年)から、民宿を営んでいるそうです。





晴れてよかったです。






Last updated  2021.10.19 06:59:12
コメント(6) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:GOTO海外旅行 #7 民宿源左衛門・わっぱ煮の朝食(10/19)   クロンシュタット さん
随分前に、山形か新潟のどこかの温泉で、わっぱ煮を食べたことがあります。
焼いた石を投入することで、一気に沸騰し、ぐつぐつ煮とは異なり、食材がおいしく仕上がる、のでしたっけ。
それにしても、夕食も朝食も、写真だけで食欲爆発です。すました感じのホテル旅館の食事では、味わえない「手作り感」ですね。

気仙沼の大島(朝ドラの舞台ですね)の民宿に泊まったことがありまして、魚尽くしに大満足だったのですが、波の音で、なかなか寝付かれませんでした。
あの民宿も、津波で流されてしまったようです..... (2021.10.19 04:20:08)

Re:GOTO海外旅行 #7 民宿源左衛門・わっぱ煮の朝食(10/19)   nik-o さん
お~~、これがわっぱ飯ですか。なかなか野性的で良いですね。 (2021.10.19 10:18:24)

Re:GOTO海外旅行 #7 民宿源左衛門・わっぱ煮の朝食(10/19)   はんら さん
豪勢な朝ご飯ですね。
このように郷土料理が食べられるのはいいですねー

(2021.10.19 21:26:59)

Re[1]:GOTO海外旅行 #7 民宿源左衛門・わっぱ煮の朝食(10/19)   maki5417 さん
クロンシュタットさんへ

久しぶりに民宿に泊まりました。
旅館の違いは主人との距離感と鍵のない部屋でしょうか。
料金も安いです。

旅館と変らない宿もありますが、ここはザ・民宿でした。 (2021.10.19 23:35:27)

Re[1]:GOTO海外旅行 #7 民宿源左衛門・わっぱ煮の朝食(10/19)   maki5417 さん
nik-oさんへ

まさにアウトドア料理でした。
(2021.10.19 23:36:08)

Re[1]:GOTO海外旅行 #7 民宿源左衛門・わっぱ煮の朝食(10/19)   maki5417 さん
はんらさんへ

海辺の宿は、新鮮な魚を売りにしているところが多いです。

以前泊ったところものどぐろが売りでした。 (2021.10.19 23:37:42)


© Rakuten Group, Inc.