3671356 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

2021.11.02
XML
カテゴリ:旅行
一番期待していた見玉公園~津南グランドキャニオンは、紅葉に早すぎたのと雨風でやや消化不良でした。
ただ、幻想的とのうたい文句の点では、そうかなと思います。
案外雪の時がいいかもしれません。
参加者からは、こんなところもあったのねという声が聞かれました。
ハミングツアーさんに感謝です。

さて、この後は1時間くらいかけて清津峡に向います。
本ツアーのハイライトですが、3回目なので期待薄でした。





車窓からですが、九州の女性には右手に見えるかまぼこ型の倉庫が珍しかったようです。
豪雪地帯なので家屋はみんな2~3階建てです。





第一駐車場に停車して、川沿いをトンネルに向います。
見学時間は、2時から3時40分までとかなり時間が取られていました。









添乗員さんからチケットをもらいます。
博物館同様都度お金を払うことがないので、なんだか無料で入っている気分です。
(実は旅行代金としてカード払いです。)
入抗料金は一般800円。
団体料金で50円引きとお得でもあります。
今は予約制だそうです。





トンネルは全長750mで距離があり、しかも行きは少し上り坂です。
見晴所が3つと終点がパノラマステーションです。

マ・ヤンソンという芸術家が、アート作品を手掛けているようです。
MADアーキテクツだなんて、大丈夫なのでしょうか。

3年前に創作したそうですから、見るのは今回が初めてです。


見晴所からの景色です。













柱状節理がきれいに見えますが、それほどの高度感はありません。









最初の現代アートは第2見晴所にありました。
壁面にミラーが貼られバックライトで照らされています。





反対側からです。





終点のパノラマステーションです。
絶好の撮影スポットですね。





こんな仕組みです。





外周部もけっこう深くて、ウォーキングシューズでは水がしみてきました。
最先端部からの眺めです。
左手に歩道が見えます。
登山道で昔はこの道を通りました。
昭和の終わりに一部崩落したので、このようなトンネルを掘った次第です。
私は、高校生の頃登山に来ました。





今はこんな状態です。





続きます。






Last updated  2021.11.02 00:00:10
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.