000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

コンサート

2020.12.19
XML
カテゴリ:コンサート



演奏の合間に会場から参加者を募って、太鼓の体験教室です。





今年は3月に20周年記念コンサート(チケット代は1500円)の予定だったそうですが、コロナでNGになりました。
かわりに無料配信です。
例年30回くらいあった演奏会もゼロで、今回のクリスマスコンサートが今年初めての演奏会です。








鼓童の曲を演奏した後、最後はアンコールでソーラン節を全員で歌って約時間半のステージを終了しました。
迫力もあって、なかなか聴きごたえのある演奏会でした。





演奏会のあとは、お楽しみのビンゴやじゃんけん大会でお開きです。
私も愛方も終わりの方でしたが、ビンゴで賞品をいただいて帰りました。
確率は半分くらいでしたね。

座席の間隔をあけるなどの感染対策をおこなったので、今のところコロナの感染はゼロです。



PS:
記念コンサートの代わりにYouTubeでアップしています。

(54) 【和太鼓】聖籠太鼓 響sato-oto「20周年記念配信」 ⑦吹雪 - YouTube

 

(54) 【和太鼓】聖籠太鼓 響sato-oto「20周年記念配信」 ⑥宴 - YouTube







Last updated  2020.12.19 00:00:10
コメント(0) | コメントを書く


2020.12.18
カテゴリ:コンサート



市民文化会館で開催された町内会のクリスマスコンサートに行ってきました。
第4回目の今年は、太鼓の演奏です。








20年前から活動をはじめ、現在メンバーは26名。
当日は、16名の方々が演奏を披露してくれました。




主催者から挨拶です。


(54) 20/12/13 『三宅』富塚町町内会クリスマスコンサート - YouTube

 





太鼓の横打です。
















屋外と違ってコンサートホールなので、太鼓からの振動がストレートに体に伝わります。
真ん中の大きな太鼓は300万円だそうです。

始めるにあたって佐渡の鼓童の指導を受けたそうです。
演奏はオリジナル曲中心です。

続きます。






Last updated  2020.12.18 14:24:18
コメント(4) | コメントを書く
2020.01.20
カテゴリ:コンサート



市庁舎内の議場で、ダムと同じ30秒の残響を再現したユニークなコンサートです。

前のイベントとかぶって、最後のオカリナ演奏グループあやめしか聴けませんでした。





司会、指揮者は、先月のクリスマスコンサートでお見かけした方です。
来週も市内でコンサートを行うそうです。





小さな議場なので、ほぼ満席でした。





荒城の月などを演奏されました。









低い音が出る大きめのオカリナで、アンサンブルです。
演奏曲は竹田の子守歌
長い残響効果で幽玄の響きでしたが、私はやっぱり赤い鳥の方が好きです。





ダム内部の公開は原則行っておらず、年に数回不定期に行うこともあるそうです。






Last updated  2020.01.20 12:00:06
コメント(2) | コメントを書く
2019.11.21
カテゴリ:コンサート
二子玉商店街のお花屋さんのツリーです。





こちらはライズのものです。





反対側には宇宙船が、うしろでお子様が並んでいました。
人気ですね。









ジャズの演奏ですが、家内のクラリネット?には驚きました。
ベニーグッドマンではありません。
ソプラノサックスフォンですね。





吉祥寺でもF&Fの広場でよく開催されていました。





オリジナル曲を中心になかなかいい演奏で、外人さんがCDを買い求めていました。









横浜がベースのようですね。





コンサートホールのジャズもいいですが、ライブスポットも好きです。
二子玉にあるかは不明です。
やっぱり吉祥寺、中央線沿線かな。
もしくは横浜ですね。






Last updated  2019.11.21 11:00:06
コメント(2) | コメントを書く
2019.11.06
カテゴリ:コンサート



My Favorite Things KOBUDO 古武道

https://www.youtube.com/watch?v=y9ymAciAPEw



第二部最初の曲はムーンリバーです。
映画ティファニーで朝食をからの映画音楽です。




第二部では映画音楽や有名な曲が演奏されました。
もちろん、チェロの古川さんが実際に演奏した映画おくりびとの曲も演奏されました。

藤原道山 KOBUDO -古武道- リベルタンゴ Libertango

https://www.youtube.com/watch?v=zN63RJ27nao



こちらは、圧巻の演奏でした。 

KOBUDO -古武道- 10周年記念ツアー開催中! ♪Rhapsody in Blue

https://www.youtube.com/watch?v=Fnv3NvMOBuE



 




なかなか素晴らしい舞台背景でした。
なら白といったように、曲想に合わせて色が変わったり模様が映し出されます。

アンコール曲は、赤とんぼでしたが、バックは夕焼けを思わせる赤でした。
照明さん、とてもよかったです。





演奏の後は、サイン会です。





妹尾さんよれば、ドライビングミュージックによいそうです。






母が藤原道山のCDがほしいというので、一枚買いました。








古川さんや妹尾さんのサインもいただき、握手もしていただきました。

シャッターを押したら、ご遠慮させていただいておりますと制止された貴重な一枚です。





今後の予定です。
料金が微妙に違うのが興味深いです。
東京でも吉祥寺は都心の2割引きです。
それにしても、当地が武蔵村山より高いなんて少し複雑です。
三多摩で5000円では高いということでしょうか。
ちょっとさびしいですね。





会場では、習い事の会の人ともお会いしました。
いつも明るく趣味の良いご婦人です。

親孝行ねと言われましたが、今回は母のアカウントです。
花を持たせた?
母が行きたいと言わなければ、行かなかったコンサートです。
とてもよいコンサートでした。
母に感謝です。









Last updated  2019.11.06 08:31:05
コメント(2) | コメントを書く
2019.11.05
カテゴリ:コンサート


古武道 Kobudo - 百花繚乱 Hyakka Ryōran

https://www.youtube.com/watch?v=OMKoLuiKYXc



母の希望で、KOBUDOのコンサートに行ってきました。







クラッシック、邦楽、洋楽の正装でそろい組のポスターです。








メンバーの名前から一字取って、古武道と命名したそうです。


最初の曲は、フィエスタでした。


古武道 -KOBUDOLIVE映像「HOTARU」「La Fiesta

https://www.youtube.com/watch?v=N09t9-s4EQE



そのあとは、TBSニュース23のテーマ曲翼やテレビ大阪和風総本家の挿入曲を演奏です。





今回のコンサートは、このCDの発売記念です。
第一部は、このCDからの曲をはじめオリジナルを中心に演奏です。

風薫るは、八ヶ岳高原ロッジ周辺のイメージを曲にしたとのことで、
よく行ったところなのでなつかしい響きでした。

夜明けのラプソディー演奏の時は、期せずして客席から手拍子が湧き上がりました。
手をたたいてよいものやらと思いながら、徐々に大きくなってゆきました。
この反応が演奏側もうれしかったようです。

一部の最後は、リストの愛の夢とラフマニノフの交響曲第2番のクラッシックを
古武道サウンドで演奏です。

尺八をぶんぶん吹き鳴らすというイメージで行きましたが、
さわやかなやさしいサウンドでした。
8本の尺八を持ち替えて、高音から低音までを奏でていました。


この曲は演奏しませんでしたが、こんなイメージのコンサートでした。


古武道 Kobudo - 材木座海岸 Zaimokuza-Kaigan

https://www.youtube.com/watch?v=huHUfDd7uvY

 






手前のご夫婦は入り口付近で喧嘩していました。
奥さんが旦那を引っ張って席につかせていました。
声を荒げる場面も。
演奏が終わるころには、こころが和んで帰られたらいいのですが・・・・。
今日はいいコンサートだったね。」と、どちらからともなく言えたらいいですね。







Last updated  2019.11.05 13:27:00
コメント(4) | コメントを書く
2019.11.03
カテゴリ:コンサート



演奏曲は、

ルイアームストロングのこの素晴らしき世界、ラテンの曲、オリジナルのウクレレブラザース。
Ya Ya などのサザンのメドレー。
ウクレレと口笛のハーモニーが心にしみました。

赤いドレスの女性からの口笛の講習もありました。






ミスターサンデー、ビートルズのキャント・バイ・ミー・ラブ、深夜のDJ番組のテーマ曲、
ブラジルなどです。

アンコールは、木枯らし小僧の貫太郎をみんなで合唱しました。

おとなしかった生徒たちも、最後はのっていました。
もちろん、友達に起こされるまで寝ている生徒もいました。





我々の後ろの席には、教員が座っていました。
生徒よりも楽しんだのではないでしょうか。
先生方の上の方は、サザンの世代でしょう。

ビートルズもサザンも知らない今の生徒に、関口君の音楽はどう響いたか気になります。

在校生はゆるい先輩にほっとしたのでは、ないでしょうか。
これを機会に、サザンの曲を聴いてほしいです。
親子の会話がはずむかもしれません。





隣りの水原町(いまは阿賀野市)からSL通学していた関口君が遅刻した時、
過ごしていた学校前のお店です。
卒業式も遅刻して出なかったそうですから、筋金入りです。

当時鉄道は1時間に1本でした。
30分くらいで、自転車で通っていた私はちょっとあこがれてもいました。

コンサートには、お世話になったたかはし商店のおばさんも招かれていました。
学校の外の保健室みたいなものだったのでしょう。



つづきます。






Last updated  2019.11.03 12:00:10
コメント(6) | コメントを書く
カテゴリ:コンサート



月曜日の午後、家の電話が鳴りました。
最近は、電話や電力料金の格安プランの案内と買い取り屋さんの電話が多いです。
老人をターゲットにする通販の勧誘電話は、ようやく下火になりました。


電話の主は、高校の同窓生でした。
働いている?
いいえ。(もう10年以上前に退職しました。)
あさっての午後開いている?(基本、予定は未定です。)
高校でコンサートをやるので聴きに来ないかと言う事でした。
3時~4時、その後飲み会だそうですが、夜は用事があるのでコンサートのみです。






高校主催の3年に1回の芸術鑑賞会です。

私が在学していた時もあり、出演はコーラスグループのデューク・エイセスでした。
ただ、当日はPAの調子が悪く途中で中止するという失態を演じてしまいました。
歌手のマナーの悪さに担任の教師が、憤慨したのをよく覚えています。
地方の高校生相手のステージだから手を抜いたということでしょうか。






いきなり演奏ではなく、15分ぐらい近況報告報告です。
メンバーからムクと呼ばれるほど、無口な人が後輩の高校生に語り掛けています。




ちょっとこわいお顔です。


サザンではベースですが、いまはウクレレバンドで年の半分はハワイで活動しているそうです。

ウクレレとパーカッション、そして口笛というバンド構成です。

ウクレレは軽く、簡単に弾けるのがよいそうです。
やさしい音色で眠気をさそうとも。

芸術鑑賞会ですが、眠ってもらってもよいと言っていました。
事実、演奏が途中から1割くらいの生徒は、気持ちよく眠っていました。





全員黒髪で制服姿です。
化粧もなしです。
久しぶりに見ました。


つづきます。










Last updated  2019.11.03 15:19:28
コメント(2) | コメントを書く
2019.10.09
カテゴリ:コンサート



去年は、最後の3組しか聴きに行きませんでしたが、今年は最初から聴きに行きました。








撮影禁止なので、開演前に一枚です。





市内で指導している先生方の演奏会です。





ピアノ独奏とソプラノ独唱で計2時間強です。
クラッシックに縁遠い私には、知っている曲はあまりありません。

圧巻は6番目に車いすで登場した鶴巻さんです。
ベートーヴェンのピアノソナタを弾きました。
お年は90歳を超えているのでは?
ひときわ大きな拍手でした。





写真は、6月の市民コンサートのものです。

みなさんの衣装もすごいです。












Last updated  2019.10.09 20:10:43
コメント(2) | コメントを書く
2019.10.03
カテゴリ:コンサート



6月の市民コンサートに出演していたヴィヴァーチェのコンサートに行ってきました。






結成10年のサックスフォンだけのオーケストラです。

当日のプログラムです。





3部構成で、第2部は若手メンバー中心でソロや二重奏を演奏します。

出だしの3曲くらいまでは、生音なので大きさが合わず違和感を感じました。
緊張からでしょうか。





女性ばかりで華やかなステージです。
妊婦さんもひとりいます。
ドラムとベースは、自衛隊からの応援です。





ほとんどが地元の人ですが、転勤や結婚で魚沼市、東京、島根といった
遠隔地に住むメンバーもいます。





三人でアラジンのホールニューワールドを演奏です。


第三部は、衣装替えして演歌も演奏です。

スィートメモリーズを歌っているのは、ピアノの須藤さんです。
高校の音楽の先生?





バンドを指導しているアロハシャツ姿の仁平さんは、72歳だそうです。





プログラム最後の新発田市歌~虹の橋をわたっては、みんなで歌いました。

アンコール曲は、情熱大陸のテーマでした。





なかなかユニークで素敵なコンサートでした。



こちらは6月の市民コンサートの時のものです。








Last updated  2019.10.03 00:00:13
コメント(4) | コメントを書く

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.