3030982 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

全4件 (4件中 1-4件目)

1

自然文化園

2017.09.23
XML
カテゴリ:自然文化園
はな子のいない象の園舎です。





はな子に会いたいと思う人は多いでしょう。
今は彫刻館にいます。





長いゾウさんのお鼻です。
同じものは、吉祥寺駅北口ロータリーにもあります。
市民の寄附で作られました。





10月15日まで開催中です。










1951年11月15日(木)
遠足でしょうか。
はな子と記念撮影です。


IMG_1788.JPG


1950年代はモノ黒写真です。
セピア色に変色して時代を感じさせます。





飼育日誌も展示されています。





うちも子どもたちをよく連れて行きました。





メーデーの騒音でいらだっている。
はな子にとっては、めいわくデーだったみたいですね。

それにしても、子どもの顔の変化に驚きます。
賢そうな平成の都会っ子ですね。





オリーブ油塗るというのが面白いです。
ジムでも入浴後に、全身にボディークリームを塗っている老人を見ます。
年をとって肌がカサカサになるのでしょうか。

せっかくきれいにしたのにと思ってしまいます。






あの頃の自分に会ったような、しあわせな記憶の写真展でした。






Last updated  2017.09.23 07:33:37
コメント(2) | コメントを書く


2017.09.22
カテゴリ:自然文化園
モルモットの次は、これです。
いつもこの場所で見ます。
ひげも黒い黒やぎさんです。





黒やぎさんもいれば白やぎさんも。
そうでなければ、手紙の交換ができません。
直前まで、低い方の切り株に乗っていたのですが、カメラを向けたら降りられてしまいました。
シャイなのでしょうか。






いつも行列しているりす舎はすいていましたが、なぜか警戒が厳しかったです。
二重扉の中を入ると、リスが活発に動き回っています。

前回は、写真が撮れたのですが、今回は動きが早くとても無理です。
今日はながめるだけと思っていたら。





しっぽが長いですね。





カメラやスマホに気づいたようです。






飼育員さんによれば、今年生まれたリスはみんなすばしっこいそうで、
この前も2匹脱走したそうです。

リスの寿命は6~8年で、ここでは60匹ほど飼われています。






Last updated  2017.09.22 17:04:20
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:自然文化園
15日から敬老週間です。





朝の散歩がてらに立ち寄ったので、すいていました。





そんな中でここは人が多かったです。





とてもおとなしくて、ここから持ち出して愛玩できます。





こちらは、お土産です。
売れ行きはどうでしょう。





あさイチなので、撮影できました。






続きます。






Last updated  2017.09.22 08:25:17
コメント(2) | コメントを書く
2016.09.20
カテゴリ:自然文化園
いつもはけっこう行列しているリスの小径ですが、すいていたので入ってみました。

ニホンリスです。




こんな風に腹ばいになることもあるのですね。



他の人が見上げていたので、上を見るといました。

IMG_5861.JPG


こちらは止まったままで、格好の被写体です。



少し暗かったのでストロボをあげたら、赤目のリスになってしまいました。



下のリスは、食べるのに夢中でしっぽを向けたままです。



放し飼いなので、足元を走るリスもいます。


数年前に比べて、ずいぶん数が増えました。
50~60匹はいるとのことです。
リスの寿命は、6年~8年くらいだそうです。

場所は、左側の真ん中下です。

2012年6月、台風による施設破損でリスが逃げ、その後30匹中38匹を保護したそうです。
園内にも住んでいるようですが、見たことはありません。


ロンドンの公園で見かけたことがあります。
慣れているのか、かなり近くまで寄ってきました。



IMG_5936.JPG






Last updated  2016.09.20 22:10:30
コメント(4) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.