000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三鷹、聞いたか、吉祥寺、二子玉川 and Shibata

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

井の頭公園

2020.08.10
XML
カテゴリ:井の頭公園
再開第一回目は、井の頭公園でした。

東京・井の頭公園が舞台。
緊急事態宣言の解除から1か月経った6月末。
大きな池と豊かな緑に囲まれた公園に、少しずつ人が戻ってきた。
久しぶりの再会を喜ぶ友人同士。
夢に向かって稽古を続ける漫才コンビ。
自粛疲れを癒そうと何時間もベンチに腰掛けるサラリーマン。
どんな人がどんな思いを抱えて、公園にやってくるのか。
3日間、池のほとりをぐるぐるまわって、出会った人たちの声に耳を傾けた。

【語り】吹石一恵






6月末に撮影したものですが、結構人がいましたね。
やっぱり、ユニークな人が多いですね。

夜中に修正液で風景画を描く芸術家と31歳の番組ディレクターを逆インタビューする
ホームレス風の老人が面白かったです。

高校1年生の女の子も、うちのあたりの子とは違いますね。





件の老人が、公園はうちの庭と言っていましたが、そう思っている人は多いと思います。

雛鳥をのっけたカイツブリがかわいかったです。

みどりを見ながら思い出ベンチで過ごす。
都会の憩いの場ですね。

40年前に電車が止まったので、会社に行くのをやめて公園でデートした夫婦。
妻、ボートに乗った、夫、覚えていないと夫婦の記憶の差が面白かったです。
よくあることですが。






写真は、6月上旬に愛方が撮ったものです。






Last updated  2020.08.10 08:53:29
コメント(8) | コメントを書く


2020.06.12
カテゴリ:井の頭公園
東京アラートが消えて、そろそろ上京しても良いかなと思いますが、
19日までは自粛期間だそうです。

愛方が、井の頭公園の写真を送ってくれました。
傑作だそうです。





アオサギでしょうか。池尻のあたりですね。





水面に木々が映って、モネの睡蓮風です。





うちの紫陽花はまだです。
移植した昨年は咲きませんでした。
何色か気になります。





ボート遊びも再開ですが、人出は少ないようですね。
水上でランチもいいです。
ワイン?もうビールの季節ですね。









弁財天ですが、やっぱりコロナ終息祈願でしょうか。





お茶の水あたりですが、つつじVSどくだみですね。
どくだみは繁殖力旺盛で、うちでも手を焼いています。






おしまいです。






Last updated  2020.06.12 13:00:05
コメント(2) | コメントを書く
2018.06.18
カテゴリ:井の頭公園
おとといの千葉、昨日の群馬、そして今日の大阪の地震は、カジノ建設にうつつを抜かさず、
もっと防災対策に力を入れるようにとの警告のように感じました。
最初に緊急警報が鳴った時は、南海トラフ地震かと思いました。

大阪北部と聞いて、えっと思いました。
上町断層は有名ですが、有馬-高槻断層は知りませんでした。
これ以外に、関西には生駒断層、淡路‐六甲断層というのがあるそうです。

原発に被害が及ばなかったのが何よりですが、1948年にはM7.1の福井地震が起きています。
今回の地震の約30倍のエネルギー量です。
70年前です。


さて本題です。
本園の方も、ところどころまとまってあじさいが咲いていました。









代わる代わるあじさいをバックに撮影していました。
チャイナさん?いえ、日本人でした。
きれいに撮れたことでしょう。





花言葉
「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」「元気な女性」「あなたは美しいが冷淡だ」
「無情」「浮気」「自慢家」「変節」「あなたは冷たい」


その由来は、

「移り気」・・・咲き始めから徐々に色づいていくこと、
また、植わっている土壌によって色が変わることから、
「移り気」の花言葉がつけられたとも言われます。

「高慢」「あなたは美しいが冷淡だ」・・・
青系の花が多いので、色のイメージから、クール・冷たい気質といった印象を
表したとされます。
(花言葉辞典から)





手前の植物は、葉の一部が白くなった面白いものでした。





ガクアジサイも見つけました。









顔面紙芝居には、トランプが登場していました。
悪役としてでした。





七井橋ですが、本当に水がきれいになりました。





最近よく見かけますが、演奏を聴いたことはありません。
芸人ではなく、個人的な練習のようです。











散歩を終えて帰宅です。






Last updated  2018.06.19 07:46:29
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:井の頭公園
今朝の地震には驚きました。
震源が大阪ですから、阪神淡路大地震を思い起こしました。

幸い規模も60分の1で、震源が浅かったので被害も局地的なようです。
大阪を震源とする大きな地震(震度5以上)は、1923年以来とのことです。
ほぼ100年ぶりですね。
まさに災害は忘れた頃にやって来るです。

うちのアパートもしばらくして少しゆれて、関西の地震を実感しました。

災害の時は避難所になる井の頭公園にあじさいを見に行きました。





こちらはこれからですね。





いちばん目についた色のあじさいです。





薄いピンク色が可憐です。





白は意外と少なく、見つけるのに苦労しました。





こちらはガクアジサイですね。





西園から本園に向かいます。





池へは下り道です。





かいほりで水がきれいになって、噴水が勢いよく出ています。
左は外人さん。
右は、ビールを楽しむ日本人カップルです。





弁財天の境内からですが、とても静かな水面です。
少し日が差してきました。





あと数分で出入り口が閉まります。
今日もたくさんの人が、お参りに来たことでしょう。






続きます。






Last updated  2018.06.18 12:00:10
コメント(6) | コメントを書く
2018.05.27
カテゴリ:井の頭公園
りすの小径は、真近でりすが見れるので人気スポットです。
いつもは行列ができています。





50匹ぐらいいますが、この時期はスリムでした。
こちらは、なにかくわえていますね。





足元にもいます。





ネズミを連想するらしく家内はNGです。
カピバラもNGですね。





北村西望の彫刻園です。





館内は撮影禁止ですので、外からです。










屋外にもたくさん作品があります。






2回目は家内といっしょに夕方訪れました。
平日だったのでとても静かでした。

ベンチで休んでいるとホーホケキョと鳴く声が、うぐいすですね。
警戒心の強い鳥で、自然ではなかなか見ることができませんが、
ここでは園舎で見ることができます。

まるまると太っていました。
この日はカメラを持参せずです。

野口雨情の書斎を移築した童心居の前を通って出ました。
この後、吉祥寺で買い物と夕食です。


PS:GWにはこんなB級グルメのお店が開店していました。








Last updated  2018.05.27 12:30:04
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:井の頭公園
今月は、4日と17日が無料入園日でしたので、久しぶりに散歩に出かけました。



*鉄さびはNGです。





新緑の季節です。





朝早くから、モルモットとのふれあいコーナーは行列です。
人気ですね。





開園直後なので、こんな感じです。






もちろん他の動物もあります。
うちにも、捨てられずまだたくさんあります。








「今日も多いね。」なんて言っているのでしょうか。




いつもは一番上で見降ろしていますが、今日はお座りです。
GWでお疲れ気味?




中旬に赤ちゃんが生まれました。
パンダと違ってすぐ公開です。





花形だったはな子のおうちはそのままです。
パネルもそのままです。




ビデオで在りし日の様子を放映中です。





中は展示スペースです。








続きます。






Last updated  2018.05.27 10:30:05
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.08
カテゴリ:井の頭公園
今日は、手前に雲がかかった富士山です。





お山の向こうは、雪が降ったところもあるようですが、こちらは晴れです。
少しひんやりするさわやかなお天気です。

ベランダも花盛りです。
ピンクのマーガレットです。





街はハナミズキが全開です。
早いですね。





昭和記念公園のチューリップは見ごろだそうですが、こちらは終わりかけています。





ジブリはこれから開館です。
外人さんが多いです。

先日亡くなられた高畑さんは、寡作な人でした、
火垂るの墓』(脚本・監督)、『おもひでぽろぽろ』(脚本・監督)、
平成狸合戦ぽんぽこ』(原作・脚本・監督)しか見たことがありませんが、みんな心に残る映画でした。

かぐや姫の物語』(原案・脚本・監督)を取りためてあるので、探して見てみましょう。







新緑がきれいです。





西園はソメイヨシノが終わり、枝垂れ桜と八重桜です。





ジブリに来た外人さんも写真を撮っていました。





お花見ですね。





下から見るとこんな感じです。






本園の方は桜が完全に散っていましたが、ブルーシートが敷かれ宴会準備中でした。
新入生歓迎会でしょうか。
韓国語が聞こえました。






Last updated  2018.04.08 16:41:12
コメント(4) | コメントを書く
2018.03.31
カテゴリ:井の頭公園
続きです。





日が落ちてきて、桜が夕日に染まっています。
七井橋からです。





日の当たっていないボート乗り場のあたりの桜は、本来の色です。










おだんごがよく売れていました。
うちは、団子より桜です。
帰宅したら、ケーキと紅茶が待っています。





半袖姿の人もいますが、こちらはミニスカです。
チャイナさんが団子を持って、桜をバックに撮影です。









お茶の水です。
昔は湧水だったのでしょうが、今は水道水です。
かいほりの時の、弁財天の付近に何か所か湧水が見えました。





この辺から七井橋を見ると、桜が滝のように注いでいます。





文化園分園の近くでは。早くも石楠花が咲いていました。






それにしても、外人さんが多かったです。
3人連れのシャッター押しをしたら、「アリガトウゴザイマス」と
きれいな日本語でお礼を言われました。

昔外人さんを京都で接待した時、夜の円山公園の花見を見てびっくりしていました。
欧米では、公衆の場でお酒を飲むことが禁止されていたり、
人前で酔っぱらって騒ぐなんてのはご法度ですから、当然でしょう。

酔っぱらって騒いでも許されるのは、日本と韓国くらいなものでしょう。

井の頭公園でも酔っぱらって、池に落ちたり落とされたりしていましたが
今はそんな光景を見なくなりました。






Last updated  2018.03.31 12:00:15
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:井の頭公園
満開宣言から1週間あまり、そろそろ桜吹雪の頃かなと思ってお花見に出かけました。
今では、死語となったプレミアムフライデーの午後というより夕方です。
前日は24度でしたが、今日は18度。
それでも4月中旬の陽気だそうです。

まずは、西園から。
家内が好きな枝垂れ桜が咲き始めました。





下から眺めると。
桜の花は、下向きです。





撮影しているのは、ジブリ帰りのチャイナさんでしょう。




お花見の家族連れは帰り支度です。
森の中を抜けて池の方に行くと、この時間でもボートがいっぱいです。
まだ行列状態などであきらめました。









この陽気で、新緑が桜を追いかけています。





プレ金でにぎわっているかと思ったら、意外と少なく歩けました。
まだ場所取り状態のところがほとんどでした。





時折花びらが散って、水面には花筏が見えます。





上半分をカットすれば、奥村土牛、速水御舟...。
なんて思っていたら、ボートが突っ込んで小枝を折って、ひんしゅくをかっていました。









桜を見ながら池尻に到着です。
ボートもここでUターンします。






続きます。






Last updated  2018.03.31 10:20:35
コメント(2) | コメントを書く
2018.03.24
カテゴリ:井の頭公園
千鳥ヶ淵など都心のお花見スポットで満開宣言です。
観測史上3番目、例年より10日早いそうです。

少し早いと思い、午後3時ごろ近くの井の頭公園に行ってきました。





西園はこんな感じです。
駅から離れているのですいています。





一足先に咲いている避寒桜もまだ残っています。





右奥はすでに終わって、葉桜です。





ベンチでは、ワインで一杯です。



本園のボート乗り場のあたりですが、人がいっぱいです。





こちらはお花見エリアですが、まだ人が少ないです。
宴会は夜10時までです。





かいほりで、水がきれいになりました。





満開はまだまだですね。









お茶の水から七井橋をズームで写してみました。





満開までは、あと2、3日でしょう。
来週の週末は、桜吹雪が始まりそうです。


夕焼けなので、明日の日曜日は青空でしょう。






Last updated  2018.03.24 18:00:16
コメント(2) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.