421882 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

70才からの一人暮らし

アンティグアのスペイン語学校(2)

 私は昨夜、グアテマラ空港に到着したのだった。
出口に名前プレートを持って、グァテマラ人のおじさん(運転手)が迎えてくれた。
グアテマラシティから45km離れたアンティグアまで、舗装された暗い山道を上ったり下ったりしながらかなりのスピードで走った。
突然、車がガタガタと揺れスピードが落ちた。
後で分かったのだが、アンティグアの道路は南北も東西もすべて平らなところは無く、デコボコの敷石道なのである。

 ホテルまで送ってもらうと、グアテマラ人の若者が待っていて、
「ブエナス・ノーチェス、 何とかかんとか フェルナンデス、 何とかかんとか。」と言った。
自分はフェルナンデスという名前で、
「明日の朝8時に、向かい側にあるA.T.スペイン語学校に来てくれ。」ということのようだ。

 ホテルの受付で帳面に名前を書き、一泊の代金15ドルを払うと、一階の突き当たりの部屋に案内してくれた。
シャワーだ、シャワーだ! やっぱり気持ちの良いものだなぁ! 
今朝出発してから何時間経つのだろう? 30時間ぐらいか。

 それなのに同じ日の夜10時だって?!!


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.