826028 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

映画好き集れ!!

PR

プロフィール


映画バカなウサコレ

2006.12.10
XML
カテゴリ:映画





























戦争映画を変えた「硫黄島からの手紙」


渡辺 謙
公式サイト

土曜日に「硫黄島からの手紙」を観て来ました。
アメリカ人が描いた日本映画ということで、
観る前は変な違和感があるかも?と思っていたのですが、
そんな心配は、すぐに吹き飛んで、日本映画で描かれていた
”泣き”が先にくる映画ではなく、戦争そのものを淡々と描いてあり
よくぞここまで無駄がなく、それでいて戦争の真実に迫った映画を
作ったと舌を巻いてしまいました。
「許されざる者」でそれまでの西部劇を打ち破ったように
今までの戦争映画を超えた映画になっていると思います。

いくつものエピソードがあり、その一つ一つを丁寧に淡々と
描き、ドラマチックな演出が一切ありません。
そのことがかえって胸に迫る結果になっています。

渡辺 謙さんは、その存在感と演技で
栗林中将という人物を浮き彫りにし、
彼の人柄、有能さ、部下に何を伝えたかったなどが
観ている者の心の中に入り込んできます。
この人が生きていたなら・・・と悔やまれてしかたありません。
アメリカ、カナダに留学経験もあった彼は、
本当は戦いたくなかったでしょう。
でも、戦争は個人の思いなど関係なく飲み込んでしまいます。
ラストの拳銃はあまりにも、皮肉なことだと思います。

二宮 和也

そして、主役をくってしまうほどのインパクトがあったのは
二宮君でした。
栗林中将に2度も助けられた西郷を気負いのないナチュラル演技で
演じていて、オスカーの声が高いのもうなずけるほどです。
彼の演じた西郷は軍人ではなく、ただのパン屋さんだった。
行きたくもない戦争に狩り出され、身重の奥さんを残してきている。
”無駄死にしたくない”と思っている。
でも、その思いを大げさに振りかざすのではなく、
なんとか生き残る道を模索している。
そう誰だって死にたくはないのです。
大部分の兵士が西郷のような人だったと思います。

乗馬のオリンピック選手バロン西を演じた伊原さんも
スマートに演じていて、アメリカを知っている人物という
感じが出ていてよかったですね。
また、憲兵くずれの清水は捕虜にした兵隊との触れ合を通じて、
国は違っても個々に思うとは同じなんだと
思い知らされ、自分の理想としてきたこが、
こわれはじめ変わっていく。
そんな難しい役どろこを加瀬さんが抑えた演技で
うまく演じていたと思います。
そして、中村獅堂さんは、こちこちの軍人ですが、
一人孤立し、窮地に立たされた時、思いがけない行動に・・・。
追い詰められると、ああなってしまうのでしょうか?
出番は少ないですが、やはりインパクトありますね。

今まで、硫黄島での激戦を全く知らなかったことを
日本人として恥ずかしい思いがします。
61年経った今でも1万3千人の遺骨が眠っている
という事実にも驚きました。
戦争がもたらす影響は計り知れません。
そして、戦争で犠牲になった方が命がけで守った
日本の現状を見たら、きっと嘆かれることでしょう。
平和にあぐらをかかず、平和のありがたさを
感じて、この平和をこわすことない
日本を築いていきかないとと思います。
客層が中年からシニアの方が多かったのですが、
若い方にも是非見て欲しい映画ですね。





お時間があるようならのぞいて見てくださいね!!

おすすめ映画

映画情報サイト


おすすめサイト








































最終更新日  2006.12.10 19:20:27
コメント(12) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.