779594 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

映画好き集れ!!

PR

プロフィール


映画バカなウサコレ

2007.05.29
XML
カテゴリ:映画

「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」

 


パイレーツ・オブ・カリビアン
ストーリー

突如訪れた海賊の時代の終焉の時。
幽霊船フライング・ダッチマン号を操る
“深海の悪霊”デイヴィ・ジョーンズが、
彼の心臓を奪った東インド会社のベケット卿の軍門に下ったのだ。
世界制覇をもくろむベケットは恐るべき力を手にし、
海賊たちを次々と撃破。
いまや絶滅寸前の海賊たちが生き残る望みは、ただひとつ。
世界各地の海を治める“伝説の海賊”たち9人を召集し、
彼らのもとで生死をかけた全面対決を挑むほかはなかった。
ウィル(オーランド・ブルーム)と
エリザベス(キーラ・ナイトレイ)は
9人を召集すべく危険な冒険へと乗り出すが、
9人目の男にはあの男の名が――。

感想

うーん、わたしにとってはがっかりとしか言いようがないです。
裏切り者が続出し、いったいほんとの本心は???状態に
なっちゃったし、元々の主役のウィルとエリザベスが主役奪還って
感じで、ジョニデの独特のおもろカッコイイところがあまり感じられなかった。ほえー
その代わり、バルボッサが存在感UPでしたが、
また、オーリーとキーラの心模様は、なかなか良かったのですが
ちょっとシリアスで、1、2にあったお遊び感なくなってしまった。
バカ笑いできるシーンが少なく(小ネタはいっぱいありますが)
全体にダークなシーンが多く、2のような明るさがなかったですね。わからん

2ではミステリアスだったディア・ダルマとデイヴィー・ジョーンズの
意外な過去や、中国海賊サオ・フェンの登場など
ちょっと詰め込みすぎではないでしょうか?
また、サオ・フェン役のチョウ・ユンファの扱いが
あまりにも軽すぎでは?存在感はあったのですが、あっけなく消えちゃうし・・・。泣き笑い
注目のキース・リチャーズの登場シーンは、
さすがに貫禄十分でしたが、チョイ役すぎる怒ってる
(ジャックとそっくり)
と、不満たらたらですがよかったところもありますよ。

パイレーツ・オブ・カリビアン

ラストの大渦巻きと嵐の中での対決シーンなどは大迫力でした。
また、ウィルとエリザベスの結婚式は、なかなかあり得ない
場面でのプロポーズですが、良かったです。
今回はこの2人が主役!って感じでしたね。
でも、あんな切ないカップルになるなんてー。号泣
また、エリザベスは、りっぱな”海賊王”となり、男前でしたw。ハート(手書き)
(キーラは、コスチュームが似合う古風なキャラもいいけど
戦う凛としたキャラもよく似合いますなー。)

パイレーツ・オブ・カリビアン

あと、バルボッサのお猿がまたまた笑わせてくれますよ。
あの、2に御出演のワンちゃんも再登場だよーん。
何でも海亀に乗って来たそうですよー。びっくり
そして、エンドロールのおまけはなかなかいいですよ
海賊というイメージより王子様って感じですが・・・。
なんせ、美男美女はいいスねー。青ハート




おすすめ映画

映画情報サイト


おすすめサイト



ブログランキング

Template-ろすとあ~てぃくる







最終更新日  2007.10.05 07:58:10
コメント(15) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.