011001 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日刊競馬

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


藁科美智子

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
池上健太@ %name%さん 新参者ですがよろしくお願いします。 人…
ゆう@ とうとう出ちゃったね うわさは本当だったよ。 http://himitsu.…
みんなのプロフィール@ みんなのプロフィール ブログ開設おめでとうございます! アクセ…

フリーページ

2005年07月17日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
私が南関東の地方競馬に行くときに買う新聞は,日刊競馬だった。馬券を離れたコラム「馬とペン」「タイムトンネル」と,見出しのキャッチコピーが好きだったからである。テーマは変化自在で,その日のメインレースについてであったり,提言だったり,競馬場での楽しみ方だったりと様々であった。
見出しのキャッチコピーは,例えば1987年の羽田盃(3冠の第1戦)では「誰が奪う三冠パスポート」だったし,1988年の東京ダービーでは「闇を焦がせ陶酔の世界へ幕があく」というものだったし,1989年の帝王賞では「群雄割拠!乱世は真の英雄を待つ」という具合で,決してレースに出走する馬の名前が出るものではなかった。
同様で,有馬記念では「君の夢 僕の夢 胸熱くしてともに見つめよう」というものであった。東京王冠賞(3冠の最終戦)でその伝統は覆された。
その年,南関東競馬はロジータ一色だったといっても過言ではない。
6番人気で一着した京浜盃を皮切りに,5連勝で東京ダービーまでを完勝。窓口であったオールカマーに出走し,レコード勝ちのオグリキャップに0.7秒差の5着でジャパンカップ出走権を手にしていた。あるだろうが,間違いなく南関東最強牝馬であった。「世界が見える最強牝馬ロジータ」という慣例破りの見出しは,そんなロジータに勲章だったのだと思っている。ロジータは東京王冠賞を完勝し,ジャパンカップはさすがに下位だったが,その後の東京大賞典,川崎記念を完勝して引退,早々と繁殖入りした。






最終更新日  2009年09月28日 23時06分11秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.