458792 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

かりん御殿

PR

Freepage List

Headline News

April 23, 2007
XML
カテゴリ:旧(英国生活内情)
「Match」という英国の少年向け(優れもの)サッカー週刊誌で
ポスターになった日本人選手は中村俊輔くらいじゃないだろうか。
今朝のニュースでも中村俊輔の受賞が大きく取り上げられている。
彼の注目度が俄然高まったのは、Champions Leagueで
マンチェスター・ユナイテッド相手にゴールを決めてからか?
TV雑誌の「今日のおすすめ番組コラム(スポーツとは無関係)」でも
「また中村がMan U相手に決めるだろうか?」と写真入りで
載っていたくらいだから、知名度・浸透度の高さを想像できる。
サッカー好き少年・男は名前は少なくとも知っているレベルだろう。

TVニュースでの扱いが、別の賞を受賞したクリスチャーノ・ロナウドより
断然大きかったのが、嬉しくもあった。

この人って、日本じゃ、
中田のようなカリスマ的人気はない印象だが
英国では、非常に好意的に受け止められていると思う。

英国には童顔のサッカー選手は多いが
体型まで少年っぽく
(ゴールを決めて、ごっつい選手やサポーターに囲まれていると
「窒息するぞ、やめろっ」と止めたくなるほどの)
サッカー選手というよりも
サッカー少年と呼ぶのがぴったりな、この外見と
「頼りになる度」のギャップに
まさに、日本の少年マンガ(&アニメ)同様の
魅力があるんじゃないだろうか。

(特に日本の)サッカー専門家からは、シビアに問題を
指摘されているようだが、サポーターにとっては
自分のチームに勝利をもたらす選手は英雄なのだ。
(よって、負けると悲惨....)
ごっついスコットランド人サポーター達が掲げる
「セルティック(やけに几帳面な書体のカタカナ印刷)」を
眺めながら、イチロー達の活躍で沸き立った
在米の日本人達に思いを寄せた。

☆☆☆

さて、ここで、内輪サッカーニュースです。

我が家の次男が
プレミア・リーグ「観戦」デビュゥゥ~しましたっ!!!
手結川家初の「快挙」ざますよっ。
(別に本人が何かやったわけじゃないが)

これで、リーグ級プロのサッカー試合を観戦したのは
祖先を何代、何十代さかのぼっても
次男と、私だけだよっ!!!!

私の観戦記...それは
はるか昔、86年のこと....
(って20年以上前じゃんよぉぉぉおっっ)
当時、何を血迷ったのか、ドイツブレーメンにて
ドイツ語を勉強し(というより単に挫折→なまけ)ていた時
仲間だったスペイン学生達に強引に連れて行かれた
ブレーメン対マドリッド・アトラティコ
(だっけ?レアルじゃないほうっすね)。

一体、どのレベルの試合だったのか、全く知らないが
スペイン人のサポーターが殆どいなかった.....
もちろん、私も、強引に教えられたスペイン語で
スペインの国旗(誰が用意したんだよっ?)まで振って
マドリッドを応援したが、結局、ブレーメンが勝ち
帰り道、怒涛のように溢れたブレーメンサポーターから
「よく戦った」などと慰めの言葉をかけられたのであった。

ブレーメン、今年のチャンピオンズ・リーグでは善戦していたが
当時は、どの程度のチームだったんだろうなぁ??


一方、そんな、しょぼい(?だが一応、国際リーグ戦だっ)母の歴史に比べ
長男が8歳にして体験したのは
あのチェルシーのプレミアリーグの試合だよっ!!!!!
(これが、Champions Leagueの試合だったら
いや、ワールドカップだったら??もっと、すごいがな....)

以前、ブログでも書いたように
長男のクラスのチェルシーサポーターの多さといったら
学校のカバンが男子は青一色(チェルシーのバックパック)で
そまるほどなんだが、ついに決め手が出たっ!!!

長男も普段から仲良くしている
K君(ギリシャ・キプロス系の美少年)が、誕生日祝いに
友人10名を、試合に招待してくれたのだぁぁぁ
太っ腹っ!!

試合は、最後の最後まで、ゴールが決まらず
「せっかくの初観戦なのにゴールが無いのは残念だな」と
思っていたら、最後の最後で、チェルシーのゴールが決まった。
次男たち、お子様観戦隊も、どっと盛り上がったらしい。
よかった....。

冷や冷やの心臓に悪い試合が多い
(でも、最終的に勝つので、喜びもひとしおの)チェルシー....
昨日は、せっかくのMan Uとの得点差をせばめるチャンスを
逃してしまったが
次男がチェルシーのユニフォーム(GK仕様)を
英国ナショナルチームのGKユニフォーム(安くなってた)の様に
「へぼいから着たくない」と拒否する日は来ないだろう(と願いたい。)





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  April 23, 2007 09:47:53 PM
コメント(10) | コメントを書く
[旧(英国生活内情)] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.