570133 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

リカーマンが行く!!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

10万円で何を買お… るり♪♪さん

知識は身に付けるも… ITおやじ岩崎さん

時々酔っ払っていま… 四日市のパウエルさん
弥な屋の茶の間 yana1951さん
特許屋 の    … 特許屋さん

コメント新着

ハンサムクン3714@ Re:稼ぎ方改革(02/07) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
リカーマン1号@ Re[3]:空気を変えていかなければ(11/28) もちろんそういう意図は毛頭ありませんが…
浅井 優@ Re[2]:空気を変えていかなければ(11/28) リカーマン1号さんへ よくわかんないけ…
エデンの東入ル@ Re:空気を変えていかなければ(11/28) 降板は当然、やむを得ない、とは思わない…
リカーマン1号@ Re[1]:リクライニングマナー(08/16) 3℃の飯より暖かいご飯が好きさんへ >許…

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

フリーページ

2018年12月08日
XML
カテゴリ:仕事のこと全般
先日、所用があって上京した折に、前から行ってみたかった「代官山蔦谷書店」を訪れた。

事前情報によると、ここには各分野に精通した“コンシェルジュ”が常駐していて、
自分がどんなものを欲しているかを伝えれば、それに適う商品を選んでくれるという。
中に入ってみると、各売り場にそれらしい人はいた。
まあ私は別に特段用は無かったので、コンシェルジュに頼ることはなかったが、
全体を眺めていて、強く感じたことがあった。

ここは、「〇〇という本が欲しい」と思って来るところではない。
「何か面白いものはないかな」と思って来るところだ。

カテゴリー分けが細かい、ということもある。
例えば「旅行書」のジャンルの中で「沖縄」だけ独立しているとか。
あるいは本以外の商品を抱き合わせで陳列している、ということもある。
ワイン関係の書籍コーナーには実際にワインが置かれているし、
バイク関係の書籍コーナーには本物のバイクが置いてある(売り物かどうかは定かではないが)。

逆に買いたいものが決まっていて、それを目指して棚を探っていても、なかなか見つからない。
そう考えると、「あえて探させる愉しみ」ということも提供しているのかもしれない。

立地条件など何かと私の店とは条件的に異なる部分は多いが、いろいろと考えさせられた。






最終更新日  2018年12月08日 23時46分24秒
コメント(0) | コメントを書く
[仕事のこと全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.