570194 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

リカーマンが行く!!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

知識社会における生… New! ITおやじ岩崎さん

10万円で何を買お… るり♪♪さん

時々酔っ払っていま… 四日市のパウエルさん
弥な屋の茶の間 yana1951さん
特許屋 の    … 特許屋さん

コメント新着

ハンサムクン3714@ Re:稼ぎ方改革(02/07) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
リカーマン1号@ Re[3]:空気を変えていかなければ(11/28) もちろんそういう意図は毛頭ありませんが…
浅井 優@ Re[2]:空気を変えていかなければ(11/28) リカーマン1号さんへ よくわかんないけ…
エデンの東入ル@ Re:空気を変えていかなければ(11/28) 降板は当然、やむを得ない、とは思わない…
リカーマン1号@ Re[1]:リクライニングマナー(08/16) 3℃の飯より暖かいご飯が好きさんへ >許…

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

フリーページ

2019年04月01日
XML
カテゴリ:ふっと思ったこと
今年5月からの新元号が「令和」と発表された。

菅官房長官の発表会見をドキドキしながらリアルタイムで観ていたが、
発表直後はポカ~ンとした、呆気にとられたような気分になった。
これは「平成」の時にも同じように感じたものだ。
何なんだろうな、この気分は。

もちろん当てが外れた、とか、気に食わなかった、というようなことでは無い。
むしろ悪くない名前だと思った。
発表されるのがどんな元号であれ、同じ気分になったことだろう。
逆に聞いた瞬間、「やったー!」とか「すごい!」などと思う人も少ないんじゃないか。

巷で新元号の予想だとかやっているのを冷ややかに見つめながらも、
私も私なりにいろいろと考えをめぐらせてみた。
昭和の「昭」、平成の「成」と、2回連続で新出の漢字が使われたので、
今回も今まで使われたことのない漢字が出てくるのではと思っていたが、
正直なところ「令」はまったくの想定外だった。

また菅官房長官が初めに「音」を口に出して、字を見せるまでに間があったので、
「れい」という音に一瞬「霊」の字が浮かんだことも、ポカ~ンとした原因かもしれない。
このタイムラグは平成の時も感じた。
小渕官房長官(当時)が「へいせい」と口にした時、「けいせい」と
誤った聴こえ方がして、一瞬頭の中を京成スカイライナーが走り抜けたものだ。

まあここまで何十年と生活に沁みついたものの代わりになるものだから、
なじむまでにはそれなりの時間は掛かることだろう。
元号不要論も囁かれているが、日本人は変革を嫌うから、
無くなったら無くなったで寂しく感じ、結局は残っていくことだろう。






最終更新日  2019年04月01日 18時54分12秒
コメント(0) | コメントを書く
[ふっと思ったこと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.