570720 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

リカーマンが行く!!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

知識社会における生… ITおやじ岩崎さん

10万円で何を買お… るり♪♪さん

時々酔っ払っていま… 四日市のパウエルさん
弥な屋の茶の間 yana1951さん
特許屋 の    … 特許屋さん

コメント新着

ハンサムクン3714@ Re:稼ぎ方改革(02/07) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
リカーマン1号@ Re[3]:空気を変えていかなければ(11/28) もちろんそういう意図は毛頭ありませんが…
浅井 優@ Re[2]:空気を変えていかなければ(11/28) リカーマン1号さんへ よくわかんないけ…
エデンの東入ル@ Re:空気を変えていかなければ(11/28) 降板は当然、やむを得ない、とは思わない…
リカーマン1号@ Re[1]:リクライニングマナー(08/16) 3℃の飯より暖かいご飯が好きさんへ >許…

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

フリーページ

2019年04月08日
XML
カテゴリ:ふっと思ったこと
新元号「令和」が発表されて一週間が経った。

全体的に祝賀ムードの中、この元号を良しとしない、と考える方も少なからずいる。
「令」の字が「命令」などのように上からの言いつけや掟といったニュアンスを
含んでいて、政権のおごりを感じさせるというのがその根拠らしい。

その辺りは「そう言われればそうかも」くらいには思うが、私はあまり気にしてない。
そもそも言葉の意味というのは常に多面的に捉えられるべきもので、
他人の解釈を否定するというのは、慎むべきものと考えるからだ。

それよりも私としては、元号の「意味」などどうでもいいんじゃないかと思っている。
過去の元号を見てみても、元号がその世相を象徴しているものには思えないし、
新しい時代に期待することなど個々人によってバラバラで、
いわんや政権にそれを委ねるというのも面白くない。

私も過去に「昭和」と「平成」のふたつの時代を生きてきたが、
日常生活においてその元号の意味するところを反芻することなど、皆無であった。
元号は今上天皇が退位した後の呼称になるが、一般庶民にとっては一種の記号でしかない。

それなら日常生活で使うのに不便の無いものであれば、それでいい。
要は「言いやすさ」と「書きやすさ」、これに尽きる。
「令和」はそのどちらにおいても特に問題のない、まあまあの元号だと思う。






最終更新日  2019年04月08日 18時51分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[ふっと思ったこと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.