570312 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

リカーマンが行く!!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

知識社会における生… ITおやじ岩崎さん

10万円で何を買お… るり♪♪さん

時々酔っ払っていま… 四日市のパウエルさん
弥な屋の茶の間 yana1951さん
特許屋 の    … 特許屋さん

コメント新着

ハンサムクン3714@ Re:稼ぎ方改革(02/07) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
リカーマン1号@ Re[3]:空気を変えていかなければ(11/28) もちろんそういう意図は毛頭ありませんが…
浅井 優@ Re[2]:空気を変えていかなければ(11/28) リカーマン1号さんへ よくわかんないけ…
エデンの東入ル@ Re:空気を変えていかなければ(11/28) 降板は当然、やむを得ない、とは思わない…
リカーマン1号@ Re[1]:リクライニングマナー(08/16) 3℃の飯より暖かいご飯が好きさんへ >許…

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

フリーページ

2019年07月11日
XML
カテゴリ:スポーツの話
中日ドラゴンズ応援団が、球団から不適切な言葉があると指摘されていた応援歌を自粛した問題、
いわゆる「お前騒動」は随分と世間を賑わした。
個人的には言う方受ける方どちらにとっても大した話じゃないと思っているのだが、
いろいろとわからない点や腑に落ちない点も多く、一度自分なりに整理したいと思う。



【1】そもそもこれは誰が発端なのか?

報道を見聞きする限り、与田監督が「選手をお前呼ばわりするのはいかがなものか、
どうせなら名前で呼んでほしい、小さい子もいることだし。」というようなことを言ったとか。
しかし当事者たる選手たちはどう思っているんだろう?

というのも、過去にこういったことで選手から同じような意見を聞いたことがないからだ。
もしかしたら与田監督自身が過去にイやな思いをしたことがあるのかもしれない。

与田監督も「ほかにも同じ意見の人はいる」ようなことを言ってはいるが、
それが全体の中でどれくらいの割合なのかははっきりしないわけだから、
それを選手全体に拡大解釈するのは行き過ぎのような気もする。



【2】球団にとってこの意見の重みはどうだったのか?

与田監督の進言を受けた球団は、さっそく応援団に当該応援歌の歌詞の変更を打診した。
ここで不思議なのは、与田監督の進言がすんなり通ったことだ。

応援団といえばファン代表も同然の存在で、球団としては変に刺激したくない相手のはず。
この打診の最終的な責任者は誰なのか?
よもやオーナーとか球団社長ではあるまいが、しかるべき立場の人ではあろう。
与田監督ってそういう立場の人にも、それなりの影響力があるものなんだろうか?

確かに現場監督のメッセージはそれなりに重い。
ただそうはいっても彼はまだ1年目のルーキー監督だ。
星野氏や落合氏のようにそれなりの実績を残し、世間的なステイタスも得た人物なら、
球団としても看過できないという気になるだろうが、彼らには実績面でもまだまだ及ばない。



【3】球団と応援団との関係は?

あくまでも素人考えだが、応援団がお金を払って入場するお客である以上、
球団は応援団に対しては弱い立場にあると言っても差し支えないと思う。
そんな球団が応援団に異例の申し入れをしたわけだ。

私が応援団の幹部なら、たぶん激怒することだろう。
しかし応援団は理解を示した。
応援団としても球団の申し入れに対して「もっともだ」とすんなり納得したということなのか?

もっともドラゴンズ応援団といえば、過去には暴力団絡みで活動停止になったりした経緯もあり、
あまり上手に出られない事情もあるのかもしれないが。



【4】球場は教育の場なのか?

与田監督は選手を「お前」と呼ぶことに関して、「教育上ふさわしくない」とを言った。
だがプロ野球は教育に対してそこまで忖度する必要があるのだろうか?

これはプロ野球に限らず、すべての娯楽に共通して言えることだが、
何かに忖度することで、とても息苦しくなっている現状というのがある。
例えば映画やドラマなどで喫煙シーンが出ると、たちまち袋叩きにされる。
不適切でないものはとにかく排除してしまおう、という考え方がまかり通っているが、
そもそも教育の方向性として、それが正しいのかどうかも議論の余地のあるところだろう。

個人的には善も悪も入り混じった猥雑な大人の世界というものを垣間見ながら、
そこで社会というものを肌で感じていくことも子供にとってはある程度は必要なことで、
その中で善悪を教えていくのが親の務めなのではないかと思う。
少なくとも我々世代はそうやって大きくなってきたように思うのだが。

だから私は子供に一定の配慮はしつつも、基本的に球場を教育の場と捉えることには反対だ。



【5】他に優先すべきことはないのか?

歌詞の中にある「お前」という言葉は、相手に面と向かって発する「お前」とは全く別物だ。
だから「お前」という言葉が入った歌を歌うことは、選手を見下したりすることにはならない。
あくまでも応援している中で発する言葉だ、それくらいは子供でも理解してるんじゃないか。
それよりも私が優先すべきと思うのは、近い場所での選手の呼び方だ。

外野席から「かっ飛ばせ~、ヒ・ラ・タ!」と叫ぶのはともかく、グラウンドレベルの内野席から
「あ、平田だ!」と呼び捨てにすると、あるいはムッとする選手もいるだろう。
そういう時に「さん付け」にしてほしい、という提言ならだれもが納得するだろうし、
「お前」発言よりも先に言うべきことじゃないかと思う。
それこそこういうのが「教育上重要」なことになるのではないか。




最後に個人的には当該応援歌には全く問題になるところはないと思うので、
応援団は変に自粛することなく、球団に反論してもよかったんじゃないかと思う。
ただ私は基本的に鳴り物応援が大嫌いなので、演奏しないならしないで大歓迎ではある(笑)。






最終更新日  2019年07月11日 15時08分47秒
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツの話] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.