570473 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

リカーマンが行く!!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

知識社会における生… ITおやじ岩崎さん

10万円で何を買お… るり♪♪さん

時々酔っ払っていま… 四日市のパウエルさん
弥な屋の茶の間 yana1951さん
特許屋 の    … 特許屋さん

コメント新着

ハンサムクン3714@ Re:稼ぎ方改革(02/07) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
リカーマン1号@ Re[3]:空気を変えていかなければ(11/28) もちろんそういう意図は毛頭ありませんが…
浅井 優@ Re[2]:空気を変えていかなければ(11/28) リカーマン1号さんへ よくわかんないけ…
エデンの東入ル@ Re:空気を変えていかなければ(11/28) 降板は当然、やむを得ない、とは思わない…
リカーマン1号@ Re[1]:リクライニングマナー(08/16) 3℃の飯より暖かいご飯が好きさんへ >許…

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

フリーページ

2019年10月24日
XML
カテゴリ:ふっと思ったこと
先日の「天皇陛下即位礼正殿の儀」のテレビは、仕事していたこともあり全く見ていなかった。
しかし後からの報道で、安倍首相が万歳三唱をやったと聞いて、ひっくり返りそうになった。
いつの時代の話なんだ....?

私は天皇制に反対なわけではなく、むしろあの方たちの人柄には好感を抱いている。
もっとも天皇制に反対ではないといっても、それは現憲法下での「象徴天皇制」だからこそ。
いま「天皇陛下万歳!」なんてやったら、そりゃ違うでしょう。しかも三権の長のひとりが...。
現天皇は「万歳」と言って崇め奉るものではなく、我々と同じ地平にいる存在だと思っている。
おそらく陛下もそういった気持でいるだろうに、万歳三唱ですべてぶち壊しになった気がする。



そもそも私は「万歳」というものが嫌いだ。
その他にこれがよく行われる場面といえば、当選の決まった選挙事務所があるが、
ああいう場所での「万歳」も聞くに堪えない。
今や誰もがやってて、完全に当たり前な光景になってしまっているが、
違和感を持つ人はいないのだろうか?

Wikipediaによれば、初めての「万歳」は大日本帝国憲法発布の日に、
明治天皇に対して発せられたものだというから、意外と歴史は新しい。
ただそれが広まっていく時代の背景として、どうしても「軍国主義」だとか「国粋主義」
といった要素が絡んでくるから、否が応にもイメージは固定化されてしまう。

たとえそういったイメージが私自身の偏見であったとしても、「万歳」という言葉と行為には、
「単純な祝意」というよりも、「勝利の雄叫び」に近いニュアンスを感じてしまう。
そしてそれは敗者への気配りなど全く考えない、利己的なニュアンスだ。
ラグビーワールドカップで「ノーサイド」の精神を目の当たりにした眼には、
まったく真逆のものに映る。

そんな天の邪鬼なことを考えるのは私だけだろうか?






最終更新日  2019年10月24日 16時26分45秒
コメント(0) | コメントを書く
[ふっと思ったこと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.