571041 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

リカーマンが行く!!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

必要のない仕事をや… New! ITおやじ岩崎さん

10万円で何を買お… るり♪♪さん

時々酔っ払っていま… 四日市のパウエルさん
弥な屋の茶の間 yana1951さん
特許屋 の    … 特許屋さん

コメント新着

ハンサムクン3714@ Re:稼ぎ方改革(02/07) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
リカーマン1号@ Re[3]:空気を変えていかなければ(11/28) もちろんそういう意図は毛頭ありませんが…
浅井 優@ Re[2]:空気を変えていかなければ(11/28) リカーマン1号さんへ よくわかんないけ…
エデンの東入ル@ Re:空気を変えていかなければ(11/28) 降板は当然、やむを得ない、とは思わない…
リカーマン1号@ Re[1]:リクライニングマナー(08/16) 3℃の飯より暖かいご飯が好きさんへ >許…

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

フリーページ

2020年02月07日
XML
カテゴリ:仕事のこと全般
2年前に「働き方改革」の一環として、宅配便の送料が軒並み値上げされた。
劣悪な環境下に置かれている宅配スタッフの給料を上げるため、ということだった。

宅配スタッフの苦労は、ほとんどの消費者が目の当たりにしているので、
この値上げにはほとんどと言っていいくらい、反対の声は上がらなかった。
それに「送料はどこかが負担して然るべきもの」とか、「送料無料などあり得ない」
などという論理が声高に叫ばれていたと記憶している。

つまり言い換えれば、
「働き方改革」のためなら、消費者利益が多少損なわれるのはやむを得ない、
ということが共通認識として生まれたように思う。

その理念には概ね賛成だ、結構なことだと思う。
ただそれならば、事業者が必要最小限の利益を確保するために、
同じように消費者利益が多少損なわれることに関してはどうだろう?

現在、いわゆるコモディティ化された商品のほとんどは、安値競争にさらされている。
当たり前のことだが、その結果中小の事業者はこれにまったく参入できない状態だし、
大手にしても結果的に中小の関連業者を疲弊させているケースが少なくないだろう。

消費者にとっては1円でも安い方がいいに決まっているが、それは宅配便とて同じこと。
小売店の「稼ぎ方改革」の一環として値上げいたします、という理屈は乱暴だろうか?






最終更新日  2020年02月07日 21時03分15秒
コメント(1) | コメントを書く
[仕事のこと全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.