570504 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

リカーマンが行く!!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

知識社会における生… ITおやじ岩崎さん

10万円で何を買お… るり♪♪さん

時々酔っ払っていま… 四日市のパウエルさん
弥な屋の茶の間 yana1951さん
特許屋 の    … 特許屋さん

コメント新着

ハンサムクン3714@ Re:稼ぎ方改革(02/07) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
リカーマン1号@ Re[3]:空気を変えていかなければ(11/28) もちろんそういう意図は毛頭ありませんが…
浅井 優@ Re[2]:空気を変えていかなければ(11/28) リカーマン1号さんへ よくわかんないけ…
エデンの東入ル@ Re:空気を変えていかなければ(11/28) 降板は当然、やむを得ない、とは思わない…
リカーマン1号@ Re[1]:リクライニングマナー(08/16) 3℃の飯より暖かいご飯が好きさんへ >許…

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

フリーページ

2020年02月28日
XML
カテゴリ:身の周りの日常
先日久しぶりに高速道路で運転した。
一昨年だったかに、いわゆる「煽り運転」が引き金となった悲惨な事故があったが、
その余波もあるのか、以前はしょっちゅう見かけられた「煽る」横着なクルマが、
まったく見られなかった。

追い越し車線を延々と走るクルマも減り、
追い越したらすぐに走行車線に戻るクルマが増えたように思う。
死亡事故という代償はあったにせよ、こうやって何かを契機にマナーが向上するのはいいことだ。
ただその一方で、「煽られる」クルマに対する接し方も問題になるかもしれない。

あおり運転の原因のひとつに、追い越し車線を低速で走るクルマの存在があるということは、
これまでいろんなところで言われてきた。
今回のドライブでも、そういうクルマを何台か見かけた。

以前だったら格好の“煽り”の対象となるところだろうが、
このご時世、さすがに煽ろうとするクルマも無い。
そういう低速走行のクルマの後をもどかしくついて行くしかない。

ただこれはこれで良いことではない、というのは自明の理。
何らかの方法で注意を促すことは必要と考える。

ただここでパッシングなどしようものなら、煽り運転のそしりを免れまい。
でも例えば、交差点で信号が青に変わってもなかなか動き出さないクルマに対して、
後続車がクラクションを鳴らすことが、許容範囲内のことだと考えるのと全く同じ感覚で、
走行車線を低速で走るクルマに後ろからパッシングすることは、
同じように許容範囲内だと考えられてもいいのではないだろうか。

このあたりの感覚は受け手がどう感じるかにもよるだろうが、
「煽り運転」というワードで感覚ががんじがらめになってしまわないように願いたい。






最終更新日  2020年02月28日 22時52分36秒
コメント(0) | コメントを書く
[身の周りの日常] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.