414001 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

無無明録

PR

お気に入りブログ

ケイちゃん出演ステ… New! 愛しの増田恵子様さん

世界最多のOS New! beabea65さん

虎子の誇顧 1115_ミ… New! 涯 如水さん

世界アルツハイマー… New! ただのデブ0208さん

ありがたい事!(韓… New! 韓国の達人!(素浪人)さん

気の毒 嵩山房さん

久しぶりに縫物でも… ミルキィエンジェルさん

低血糖症の原因とな… ウーテイスさん

敬老の日? 三河の住人さん

明日は今日より素晴… yuu yuuさん

コメント新着

ヒロ シ@ 初めまして、自分の父が 半次郎氏の大ファンでした そして両親は…
ウーテイス@ Re:219 龍の牙(05/11) https://youtu.be/rSCgwrqDhT0 クリスタル…
お知らせ@ Re:101 習志野に斃れた寅太郎どん(07/03) 日本食肉加工協会が、習志野市をソーセー…
Ludwig@ Re:101 習志野に斃れた寅太郎どん(07/03) 船橋市とドイツを結ぶ歴史のきずな 習志野…
腕時計 メンズ@ ludjcx@gmail.com Good day! Do you know if they make any …
キヤノン@ frnyqu@gmail.com Terrific post however I was wondering i…
デジカメ 人気@ keykgsieke@gmail.com Whats up are using Wordpress for your s…
キャノン カメラ@ wwpchwsw@gmail.com Hello would you mind stating which blog…
ニコン デジカメ@ oahqxn@gmail.com I love what you guys are usually up too…
ニコン カメラ@ ycktcsy@gmail.com Wonderful blog! I found it while surfin…

楽天プロフィール


無無明人さん

好きな言葉:拾う、貰う、おごられる

フォローする

カレンダー

2011年06月13日
XML
カテゴリ:あの時代の風景

 山本権兵衛(やまもとごんべえ)。1852(嘉永5)年に、薩摩藩の右筆と云う武家に生まれ、西郷隆盛どんの勧めで、海軍に入り、海軍大臣、そして、総理大臣も務めます。海軍の組織改革を断行し、日露の海戦で勝利できたのも権兵衛どんのおかげ。「海軍の父」と詠われました。

 この権兵衛どん、子供の頃から、気が強く喧嘩っ早いことでも有名だったそうで、喧嘩している子供たちのところに権兵衛どんがあらわれると、「権兵衛が来た~っ!」と云って悪ガキどもが一目散に逃げ出したと云うから、超一流の木強者(ぼっけもん)でごわす。海軍兵学寮のころも、「山本権兵衛首謀となりて、しばしば教官排斥の運動を起こし、教官室に乱入し、あるいは教官と乱闘し、あるいはテーブル、イスなどを破壊し、流血の暴挙を演ずるに至れり」と云う逸話があるくらい・・・。

 権兵衛どんをもてあました教授陣は、ドイツ軍艦に乗せてしまいます。しかし、これが権兵衛どんにとって人生の一大転機となった。このドイツ艦「ヴィネタ」で権兵衛どんは、生涯、師と仰ぐ艦長グラフ・モンツと出会います。権兵衛どんは、操艦技術は勿論のこと、政治経済、法律、哲学、服装、生活態度、礼儀、趣味など、あらゆる分野について、モンツから学んだ。「私の今日あるのは、まったくモンツ艦長の感化による」とは、後年の権兵衛どんの言葉です。しかし、権兵衛どん、モンツで出会わなかったらどんな人生を送ったものか・・・・・。

山本.jpg

 さて、ドイツ軍艦「ヴィネタ」に乗る直前のこと。権兵衛どんは、海軍士官合宿所の向かいにあった女郎屋で、17歳の少女トキと出会います。トキは、家が貧しくて売られてきたばかりの新潟の漁師の娘だった。権兵衛どんは、まあ、早い話が一目ぼれというやつ。トキの身の上を聞くうちに、心から愛しく思った。権兵衛どんは、何とかしてこの娘を苦境から救ってやろうと思い立つ訳です。権兵衛どんは、同僚の協力を得て、女郎屋の二階からひそかにトキを綱で降ろし、ボートに乗せて連れだして、知り合いの下宿にかくまい、遂には、トキと結婚してしまいます。そのときに、権兵衛どんがトキに渡した誓約書がこれです。ワシならこんな危険なことは絶対にしないね。これをたてにとって何を云われるか分からん、いや、別にやましいことなどないけどね、あるはずがないでしょう~っ!

一、礼儀を正ふし信義を重んじ質素を旨とすることを目的とすべき事              一、夫婦むつまじく生涯たがいにふわを生ぜざる事                      一、夫婦たるの義務をやぶるにあらざればいかなる事実あるも決して離縁を許すべからず                                                   一、家事の整頓はすべて妻の責ににんず                           一、一夫一婦は国法の定むる処なれば誓て之に背ざる事                    一、家財は以妻子を養育するの余沢なれば妻の外他より口を入るるを許さず           一、一家に属する事はすべて妻の責にんにまかす

2011-06-13 20:18:07

 結婚してしばらくしたときのこと。トキが権兵衛どんの乗る軍艦を見学に来るのですが、当時、妻を軍艦に案内すること自体がまずあり得ない。そればかりか、軍艦から戻るボートが桟橋に着くと、権兵衛どんは、トキの履き物を持って先に桟橋に渡り、彼女の足元にそれをそろえて置いた。当時の日本でこんなことをする者はいなかったでしょうから、これを見ていた他の将兵たちは、権兵衛どんを冷笑したそうです。しかし権兵衛は、全く意に介せず、「妻を敬うことは一家に秩序と平和をもたらすのだ」と云ってはばかるものがなかったそうです。

  1933(昭和8)年、山本権兵衛は81歳でその生涯を閉じました。その8か月前、権兵衛どんは、すでに病床に臥していましたが、73歳になる妻登喜子(トキを改名)の最期が近くなったと悟った権兵衛どんは、妻の手を握って言葉をかけます。「お互い苦労してきたなぁ。だがな、わたしはこれまで何一つ曲がったことをした覚えはない。安心して行ってくれ。いずれ遠からず、後を追っていくからな」登喜子は、ポロポロと涙をながして夫の手を握り返した。そして、その日、登喜子は、心安らかに旅立ったそうです。

 登喜子の没後、手文庫から巻物が見つかった。それは、55年前、モンツ伯の薫陶を受けて帰国した権兵衛が、結婚式を控え、登喜子に贈ってくれた7カ条の誓約書でした。

一 礼儀を正ふし信義を重んじ質素を旨とすることを目的とすべき事
一 夫婦むつまじく生涯たがいにふわ(不和)を生ぜざる事

 妻のため、権兵衛どんは漢字にふりがなをつけていた。「生涯」の2文字には「いつまでも」とルビをふってあったそうです。

 権兵衛夫妻は、生涯にただの一度も喧嘩をしなかったと云う。仲のよい夫婦は美しい。 ワシも誓約書を書こうかな。誓いを破っても余り影響のなさそうなことばかりを書き連ねて・・・・・これは火に油を注ぐと云うヤツだな。

  
2011-01-29 17:55:31

    無無明人

 







最終更新日  2011年06月14日 00時42分14秒
コメント(12) | コメントを書く
[あの時代の風景] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.