000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

chery2974のブログ

全5件 (5件中 1-5件目)

1

息子の結婚に向けて

2017年07月21日
XML





先週土曜日、息子の結婚披露宴をつつがなく終える事ができました。
帰省していた娘と孫も自宅に帰り、ようやくひと息ついているところです。

結婚式当日も熱があった孫は、今回は機嫌があまり良くなく、
その後も下がった熱がぶりかえしたりと、
すっかり振り回され、何だか余計に疲れました。

明日からは、また夫婦二人の気楽な生活のリズムに戻ります。











Last updated  2017年07月21日 01時00分03秒


2017年02月07日



























入籍の知らせ受けたり 梅かおる











バナーbansize3自然いっぱいの素材集.png






Last updated  2017年02月08日 00時05分18秒
2017年01月27日














結納が終わった翌日は、小雨模様の空でした。

朝ごはんも頂いてから、心からのおもてなしに感謝しつつ
お宅をおいとましました。


息子が運転するレンタカーで、夕方まで観光しました。




加世田町にある「万世特攻記念館」



万世特攻慰霊碑「よろずよに」


終戦間際の4か月しか使用されなかった(そのため、幻の特攻基地と言われる)
万世飛行場の歴史や、散華された隊員たちの遺影や遺品が展示されています。



知覧特攻平和会館


特攻銅像「とこしえに」


若い人の見学者が多かったのが意外でした。
息子もじっくり時間をかけて見てたので、
心打たれる何かを感じたのでしょう。



桜島へは初めてわたりました。


約15分のフェリーの旅



フェリー名物のうどんを食べる父と子 音符






長渕剛コンサート記念モニュメント「叫びの像」







古里公園に建つ「林芙美子文学碑」



「花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき」

放浪のような芙美子の人生において、
幼少期に、ここ桜島の古里町でも暮らしたことがあったのですね。

再びフェリーに乗り、仙巌園へ急ぎました車


仙巌園(磯庭園)

鉄製150ポンド砲


反射炉


正門


獅子乗大石灯籠


日本のガス灯発祥のルーツのひとつだそう目




磯御殿



庭園から見える桜島は、実に雄大グッド


梅の向こうに桜島


錫門

白いすず屋根と朱の門のコントラストが美しいハート(手書き)


懐かしい小松帯刀役の翔太さん目がハート


時間が足りず、尚古集成館を見学できなくて残念でした下向き矢印




帰りは、明日から仕事の彼女も鹿児島中央駅で落ち合って、
同じ新幹線に乗って一緒に博多へ。

息子と彼女、ラブラブでした~~ぽっ








バナーbansize3自然いっぱいの素材集.png






Last updated  2017年01月27日 23時53分56秒
2017年01月24日














21日に息子の結納式がおわり、一息つきました。








息子から事前に聞いていた通りの広~いご自宅で、
おばあちゃんとお兄ちゃん家族も参加しての結納式でした。

お兄ちゃんの時は、奥さんのお父様の意向で結納はしなかったそうで、
「自分もしてもらえばよかった~」と、ちょっぴり羨ましそうでした。

お昼は場所を移動してお食事処へ。
立派な会席料理を頂きました。
お父様も夫もお酒が大好きですが、お兄さんもなかなでした。

お兄さん夫婦と息子は同い年、話も合うようです。
みんな親しみやすい雰囲気で、8か月の赤ちゃんが始終にっこにこ。
座が、さらに和やかになりました。



夕方には、彼女が吹上温泉に連れていってくれました。



みどり荘は、斎藤茂吉なども宿泊した有名な宿だそうです。



なかなかの風情






珍しい『黒い湯の花』の温泉で、とても上質なのだとか。
お肌がすべすべになりました。



温泉から帰ると、今度は夜の部の会食。
お母さまの心づくしの手料理も加わり、たいそうもてなしていただきました。

こちらのお宅はスポーツ一家で、子供たち3人のユニフォーム姿の写真が
たくさん飾られており、温かい家庭の雰囲気が伝わってきました。

夜11時過ぎまで、食べて飲んでお喋りして、
前々から言われてた通り、一晩休ませていただきました。







バナーbansize3自然いっぱいの素材集.png






Last updated  2017年01月24日 15時25分28秒
2016年12月12日



きのうは、息子が結婚するお相手のご両親と顔合わせ食事会をしました。


息子から聞いていたとおり、お二人とも気さくで穏やかな感じの方でした。
夫が何かと喋りたがる人なので、(特にお酒が入ると)
息子もわたしもちょっと気がかりでしたが、
どうにか和やかな雰囲気で会食できました。

料理屋さんでの食事の後は、我が家に移動してもらい
お菓子を頂きながら、再び歓談しました。
鹿児島から出てこられたご両親に、
婿になる息子が育った家を見てもらう意味合いもありました。



来月には結納を行います。
娘の時は結納はしなかったので、今回が初めて。
ややとまどいがありますが、これも親の務め。

頼りない息子をサポートしてくれそうないい娘さんに出会えて、
母親の私もとてもうれしいです。
















fioreA.gif






Last updated  2017年01月24日 14時20分19秒
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

X

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.