026243 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

カナダ人ダンナJとの生活

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

Life is Unpredictab… shima0915さん
姫の生活日記♪ himehime♪さん
けいらんのVancouver… けいらん☆さん
California Journal ナデシコ彦さん
::手作りDays:: milow510さん

Comments

ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! http://feti.findeath.net/qg2w6mj/ 今日…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/7o5n5cw/ 今…
通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw http://hiru.kamerock.net/d0k8siq/ フ○…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
アゲチン@ ありがとうな!!!! http://bite.bnpnstore.com/43s7nrg/ ア…

Freepage List

Headline News

2007.09.13
XML
カテゴリ:子供
もう、あってはいけないことですね、子供にキレる、、、なんて。
良かったことは、一瞬キレたけど、すぐに自分を取り戻せたことです。

今日も幼稚園でした。
今まで1年半一緒にやってきたパナマ人の同僚(同僚?!ってほどでもないですが)が、今日で幼稚園の仕事を引退。
それで、最後なので私と一緒にチームを組んで、年中のクラスを教えていた。

最後だし、彼にリードしてもらおうと思って、伝えておいた。
しかし、こう言ってはなんだが、1年半もやって来たのに、レッスンをリードすることもまとめることも出来ず、しかも彼のおおらかな素晴らしい性格が災いしてテンポが悪く、レッスンはすっかりまとまらなくなっていこうとしていた。
と、言うことは、もう私がこのレッスンのリーダーになるしかなく、彼に最後の花を持たせられない状況になっていっていた。仕方ない、、、。

テンポが悪いと、子供たちは急速に興味を失って、走り回ったり、寝転んだり、しますからね!
どうにか、私達についてきてもらってクラスを進めないと、、、。
ネームタグのピンで、お友達を刺す子まででてきて、3クラス終わった時はへとへとになっていた。

と、一緒にランチを採るクラスに入っていくなり、一番後ろの方に座っていた男の子が、わざわざドアのところにいる私のところまでやってきて、いきなり私のみぞおちをパンチした。


絶対に子供たちの前でしてはいけない顔を、私はしたと思う。
ものすごく、怒った顔をしたと思う。
一瞬、むっちゃくちゃキレた。
あまりの痛さに、一瞬自分を失いかけて、怒鳴りそうになったけど、それはいけないと思って、自分を取り戻した。

静かにその子の名前を呼んで、廊下にひっぱりだし、人を叩いたらいけない。
お友達も、だれも叩いたらいけない。
叩かれたらすっごく痛いんだから。
二度としないで欲しい。
そして、私に言うことがあるでしょ?
と言うと、目のフチを真っ赤にして涙をためながら、ごめんなさい、、、と言った。

実は、この幼稚園は5年目で、初めの年は子供たちの”カンチョー”で、私達は相当悩まされた。
ここに一緒にやってくる先生たちは、色んな国の人で、彼らの文化に”ドリフのカンチョー”は無い。
今までに、カンチョーされて本当にキレて、子供の手をぐんぐん引っ張って職員室に連れて行った先生もいる。
幼稚園にも”カンチョーは絶対にしないように、子供たちに言って下さい”とお願いし続け、気がつけば、この幼稚園でカンチョーをする子は、この数年間いない。それは本当に、驚いた。
でも、最近、叩く子が増えている。
レッスン中も、お友達を叩くのはもちろん、私達の気を引こうとものすごい力で叩いてくる。

なんでなのかな~、、、と思う。
思いたくはないけど、親が叩いているのかな?と思うこともある。
ただ単に、気を引きたいだけなのかな~?

ここまで書いて、読み直してふと思ったのだが、
“おおらかな素晴らしい性格、でも、リーダーにはなれず”
最近お辞めになったどっかの国の首相みたいだ。






Last updated  2007.09.13 18:23:59
コメント(69) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.