000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

低コレステロールへの常識を改めよう

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


munesumi

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ルキシト@ Re:低コレステロール血症を改善する元祖・・209(10/06) 健康志向が高まりダイエットが盛んですが…
わだわだわだ3346@ ありがとう! 前にコメントで見かけたお小遣いサイトす…
mkd5569@ Re:低コレステロール血症を改善する元祖・・111(11/27) 健康にはきをつけたいですね。 ランキン…
mkd5569@ Re:低コレステロールを改善する元祖・・91(10/11) よませてもらいました~。 またきますね。

Freepage List

2007/04/06
XML

 


低コレステロールで増す死因・・2・・脳血管系(脳出血など)・!


    低コレステロールでは脳出血や脳梗塞後の脳出血が増すといわれています。

 我が国のみならず、既に述べました、アメリカの36万にも当たる人達を対象にした疫学研究(MRFIT)でも、血中コレステロール値が192mg/dl以下の人達で、ガン死についで、脳出血による死亡が多く、我が国の結果と一致しています。

 我が国のJ-LIT研究の結果にあっても、同様です。

 以下のようでした。

  1)脳血管系死は、血中コレステロール値が220~239mg/dlの範囲で最低となる。

   およそ、年間で、千人当たり0.2人ぐらいです。

  2)血中コレステロール値が、180mg/dl以下では、年間、千人当たり0.8人ぐらいに増加する。

   1)の血中コレステロール値(220~239mg/dl)比して、およそ四倍増えていることになります。

  3)血中コレステロール値が、240mg/dl以上になると、例え、280mg/dl以上と増加しても、脳血管系死は、0.3人ぐらいで、増加が認められていない

   つまり、脳出血などの脳血管系死は、高コレステロールになっても、あまり増加しなかったとなります。 
 
  コレステロールが細胞膜の成分としておよそ25%を占めており、血管の安定に不可欠だからといえます。

  また、成人の体内コレステロールの内、およそ四分の一は脳に集中しています。

  それ故に、脳神経系機能にとっても、コレステロールは重要なのです。

  (Dr.BEAUT・ソフィーリッチの「低コレ & ローコ日記」に関連内容を書いています。本日のテーマは「血中コレステロール値の年次推移・・1・・男性・!」です)

    (ミクシィにも出しています)






Last updated  2007/04/06 11:11:41 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.