000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

低コレステロールへの常識を改めよう

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


munesumi

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ルキシト@ Re:低コレステロール血症を改善する元祖・・209(10/06) 健康志向が高まりダイエットが盛んですが…
わだわだわだ3346@ ありがとう! 前にコメントで見かけたお小遣いサイトす…
mkd5569@ Re:低コレステロール血症を改善する元祖・・111(11/27) 健康にはきをつけたいですね。 ランキン…
mkd5569@ Re:低コレステロールを改善する元祖・・91(10/11) よませてもらいました~。 またきますね。

Freepage List

2007/04/09
XML

 


低コレステロールで増す死因・・3・・事故・自殺・!


    J-LIT研究からの続きです。

 血中コレステロール値の低下に伴なって、事故死や自殺者が増えた結果となっています

 既に取り上げていますアメリカの36万人に及ぶ疫学調査・MRFIT研究でも、192mg/dl以下の低コレステロール血症によって、ガン死、脳出血、感染症に続いて、外傷その他による死亡が増すとあります。
 
 J-LITの結果は以下の如くです。

 1) 事故・自殺が一番低いレベルにあるのは、血中コレステロール値が、220~239mg/dlの範囲にある時で、年間・千人あたり0.2人ぐらいです。

 2) 血中コレステロール値が、180~219mg/dlに低下すると、0.3人ぐらいに事故・自殺者の増加を認めています。

 3) 血中コレステロールが、180mg/dl以下に低下すると0.5人ほどに事故・自殺者の増加となるのです。

 つまり、血中コレステロール値が220~239mg/dlのグループに比して、2.5倍ほど事故・自殺者の増加となりました。

 4) 逆に、血中コレステロール値が、240~279mg/dlでは、事故・自殺者は1)に比して、ほとんど変化は認められませんでした。

 5) しかし、血中コレステロール値が、280mg/dl以上になると、ガン死の場合は減少するのですが、事故・自殺者の場合では、0.6人ほどに増加を認めたのです。 

  
  つまり、事故・自殺者では、血中コレステロール値は、低下しても、上昇過ぎても増加すると言えるのです。
 
  前に述べましたが、コレステロールは、人の全生体コレステロール量の四分の一を閉めるほど、脳機能にとって重要な役割をはたしているからだと思います。

  (Dr.BEAUT・ソフィーリッチの「低コレ & ローコ記」に関連内容を書いています。 本日のテーマは 「血中コレステロール値の年次推移・・2・・女性・!」です)

   (ミクシィに出しています)






Last updated  2007/04/10 09:52:02 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.