119226 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

低コレステロールへの常識を改めよう

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


munesumi

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ルキシト@ Re:低コレステロール血症を改善する元祖・・209(10/06) 健康志向が高まりダイエットが盛んですが…
わだわだわだ3346@ ありがとう! 前にコメントで見かけたお小遣いサイトす…
mkd5569@ Re:低コレステロール血症を改善する元祖・・111(11/27) 健康にはきをつけたいですね。 ランキン…
mkd5569@ Re:低コレステロールを改善する元祖・・91(10/11) よませてもらいました~。 またきますね。

Freepage List

2008/04/21
XML
 

Dr.ビュートのThe アスクレペイオン;
 ベスト チョイス ガイド: テイラーメイド栄養・食餌療法(Tailor-Made Dietetics)・・13 



 ダイエット・・13 ;ダイエット法(アトキンス、オーニッシュ、ラーン、ゾーン)による比較のまとめ; 高脂質、超低炭水化物食がダイエットのナンバーワン

 アトキンスによる高脂質、超炭水化物ダイエット法は、当時は今日以上に異端的で、提唱者のアトキンス自身が事故死したことによる、下火となっていました。

 しかしながら、死後となって、故人の主張とは離れて,客観的な再評価がなされつつあります

 その代表が、今回取り上げています一流専門誌論文(Comparison of the Atkins,Zone,Ornish,and LEARN Diets for Weight and Related Risk Factors Among Overweight Premenopousal Women ,Gardner C. D.,et als,JAMA,297,969~977,2007.)に掲載されました、スタンフォード大学のグループによる、閉経前の女性に対する前向き・無作為試験のコホート研究法による結果です。

 続いてデューク大学グループによる栄養学の一流誌にレビュー論文(Review Article Low-carbohydrate nutrition and metabolism,Am. J. Clin. Nutri.,86,276~284,2007)にあっても、低炭水化物、高脂質ダイエットが体重減少と、それに伴なった中性脂肪、HDL-コレステロール値の改善、また、耐糖能、血糖の改善や2型糖尿病の改善にも優れているとしています

 そして、超低炭水化物、高脂質によるカロリー制限のないアトキンス ダイエット法は、高炭水化物、低脂質ダイエット法より、継続が容易だで、途中の満足度も高いようです

 つまりは、空腹による不満、不眠や体力低下が少ないメリットがあるのです。

 わが国のように、欧米に比して、高炭水化物、低脂質食の傾向にあり、加えて、心筋梗塞が3~7分の1の低レベルにあることを考えると低炭水化物、高脂質ダイエット法が適していると言えます

 通俗的な既成概念の“脂肪は悪、炭水化物は善”との一面的な考えは改めた方が良いと言うことです

体重減少; アトキンス ダイエット法が、P<0.001(P<0.05以下で有意差あり)の有意差をもって、他の三法より顕著な体重を誘発したことになります
 。

  ダイエット開始後の2ヶ月、6ヶ月、12ヶ月後の年間を通して、アトキンス法が優れていることを示します

 既に取り上げた通りですが、アトキンス法では、脂肪分の摂取は制限なし。一日のカロリー制限もなし

 しかしながら、炭水化物摂取量は、超低炭水化物食が必要です。

 つまりは、炭水化物摂取量以外は、無制限食の自由と言えます。

 アトキンスによれば、まず、誘導段階となる、ダイエット開始後の2週間は、20グラムに制限するように求められます

 その後は、ダイエットのプロセス段階によって、減量段階、前体重維持段階、体重維持段階となり、炭水化物摂取量は、50グラム、150グラム、200グラムなどと体重コントロールの目標と維持によって、次第に上げていくことになります

 ダイエット開始後の12ヶ月後で、他の三法とで、体重減少は次のようになります

  アトキンス;-4.7kg // 超低炭水化物、高脂質(60%) & 蛋白質 :カロリー制限無し

ラーン;-2.6kg // 炭水化物(55~60%)、低脂肪(生活指導あり):カロリー制限あり

  オーニッシュ;-2.2kg // 高炭水化物(70%)、脂質(10%以下):カロリー制限無し

  ゾーン;ー1.6// 低炭水化物(40%)、脂質(30%):カロリ性下あり


  その他の常識的な事実と思われていることが、次々と恣意性の入り難い、前向き無作為試験による疫学的研究による成績によって、既成的な知識が改められています

 その代表が、低コレステロール(180mg/dl以下)、痩せ(BMI<18.5以下)の危険などです


 (はてな日記では、『日常茶飯の「こころ」・・75・・俯瞰思考;価値観の幻想;ハイカルチャー、ポップ、キッチュ、サブカルチャーの界を紛らかす・・33・・オタピー日常茶飯・・ちりとてちん・4・・直心の会話』を話題とします)

 (Dr.BEAUT・ソフィーリッチでは、『メタボリックシンドロームは、酸化ストレス・慢性炎症・・15・・「酸化ストレス・慢性炎症」が動脈硬化性疾患の基・・15・・脂肪細胞・組織と酸化ストレス・慢性炎症・・9』を話題とします)

 (Googleでは、『オタピーラプソディー;『脳力』は『健康力』を・・5・・『健康力』の常識は変わっている・・4・・『メタボの罠ー『病人』にされる健康な人々』(大櫛陽一著、角川SSC新書〉』を話題とします)

お気に召したらクリックどうぞ → 人気Blogランキングへ







Last updated  2008/04/22 08:36:48 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.