302234 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

映画と小説の保管庫

PR

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2007年09月30日
XML
テーマ:DVD映画鑑賞(8569)
カテゴリ:邦画


2006年  日本  
hiro  平山あや  ソニン  サエコ  田中圭  陣内孝則  

ストーリーは、ミウとよしかはストリートで一緒に踊っていたジュリがスカウトされたのをきっかけに、ともえと愛子を加えた4人でジュリのバックダンサーとして抜擢される。ジュリは瞬く間にトップ・アイドルへと成長するが、人気絶頂の中、電撃的に引退を発表する。そして、バックダンサーの4人だけが残されてしまう。メインを失った彼女たちに事務所も興味をなくし、新米マネージャーの茶野が担当を任される。とりあえず活動を再開した彼女たちだったが、目的を見出せないまま、いつしか4人の気持ちはバラバラになっていく…。  

普通に楽しめる出来ではあったけど、どちらかというと中高生が楽しめるような映画かな。
メインのダンスシーン以外にも、親子の絆や友情、そして恋愛などこの手の映画の定番通りの展開です。
悩みを抱えながらもダンスに取り組んでいく姿勢は認めるけど、ダンスに対する情熱が映画からは伝わってこなかったです。
4人の女の子のダンスにかける情熱が少し曖昧で、ダンスに関して素人のあつぼうには、なぜダンスを続けたいのかイマイチ不透明でした。

バックダンサーってメインボーカルを陰で支えるような存在で、それほど注目されないですよ
ね。
まぁ~ダンスに興味がある人は別として、世間の人はボーカルを観てしまうのは仕方がないです。
そんな厳しい世界で生き残りをかけて踊ってる彼女達って凄く応援したくなります。
メインボーカルを失った彼女達って飼い殺し状態になってしまうけど、これって現実の世界でも多々ある話でしょうね。
非情な現実やけど、それぐらい生き残っていくのは難しいって事なんでしょう。

平山あやってこの映画に出演するまでダンスを踊った事がなかったらしいです。
もの凄い練習をしてこの映画の撮影に挑んだ甲斐あって、少しテンポが遅れる時もあったけど、努力の成果はでてましたね。
ソニンは無難にこなしてたし、hiroはさすがにダンスが巧いけど、サエコが一番酷かったかな。
もうセリフは棒読みやし、どうも声が苦手です。
あまり映画には向いてない人なのかも。
陣内さんも笑わせてくれたけど、一番面白かったのは北村有起哉!
これから注目したいです。

評価音符音符音符(2.7)






最終更新日  2008年04月06日 10時33分39秒
コメント(10) | コメントを書く
[邦画] カテゴリの最新記事

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

負け犬の遠吠え(北朝… New! aosaga369さん

「リバース」簡単に… りらっくままハッシー!^o^さん

包丁が復活!! Qちゃん7951さん

『難しいことはわか… 休憩時間ときどきワーママ日記さん

よっちゃんの好奇心… よっちゃん☆☆さん

コメント新着

ヘカチュウ@ Re:アバラット(08/21) これってもう映画化されてるんですか? …
パニー@ Re:石巻から帰ってきました(05/22) お帰りなさい。 読ませて頂いて、やはり…
あつぼう~@ chicaさん 肉体的にも精神的にも大変やったけど充実…
あつぼう~@ chicaさん 肉体的にも精神的にも大変やったけど充実…
りらっくままハッシー!^o^@ Re:ゾンビランド(05/23) コレ、結構面白いらしいって聞いてたので…
chica@ おかえりなさい! きっとすごく大変な作業だったのでしょう…
chica@ ゾンビー こういうゾンビ系は私も、ちょっと可笑し…
あつぼう~@ kiy*さん 凄く大変な作業やったけど充実していたの…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.