1325360 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

たねをまく日々

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

挿し木 さし芽、切り戻し

2021.11.13
XML
アゲラタムはまだまだ咲いていましたが、

   かなり暴れていたので整理し、

   少しだけ残しています。



   まだ青い花がきれいです。



   処分した際、花を残して

   水に差していました。

   アゲラタムは、切り花にしても

   持ちがよいです。



   花もちがよいだけでなく、

   生命力がとても強く水に差すだけで

   根がどんどん出てきます。

   花をつけたままでも根が出ます。



   水挿しでよく根が出ていたものを3本、

   土に植え替えました。

   水挿しでの根は土で挿したものより弱く、

   その後、しっかり根付かないこともありますが

   アゲラタムなら大丈夫でしょう。

   
   昨年1苗だけ冬越しさせ、

   そこから挿し芽でたくさん増やしました。



   上の写真の冬越ししたアゲラタムから

   挿し芽でたくさんの苗を育て、

   今年もアゲラタムの花を楽しめました。

   種を蒔かなくても、

   1本の苗を冬越しさせれば

   次々に挿し芽をするだけで

   たくさんの花を咲かせられるので

   お得に適度の量の花を楽しめます。



   今年も、根が出たアゲラタムを

   いく苗か植えて冬越しさせようと思います。



   挿し芽苗の方が冬越ししやすいことが

   多いので、カリブラコア、

   ガイラルディアもさし芽で残したいと

   挿し芽を作っていますが、

   もう少し気温の高いうちに

   やるべきでした。

   とくにカリブラコアとガイラルディアは、

   前回さし芽が失敗しているので

   うまくいってほしいです。



   マリーゴールドはよく根が出ていたので

   すぐ花壇に植えました。

   霜が降りるまでに咲いてくれるかな。



   カリブラコアは、1本だけ根が出ていました。



   ガイラルディアも同じく、

   1本だけ発根。



   ビニールポットに植え替えました。

   このまま育ってくれたらうれしいです。






最終更新日  2021.11.13 00:00:16
コメント(6) | コメントを書く


2021.10.21
大好きなガイラルディアが

   今の時期になって花を

   たくさん咲かせるようになりました。



   これは、2年前の採種タネから育てた

   ガイラルディア・ラズルダズル。

   少しこの花の情報が紹介されるようになり

   1年草の植物だとわかりました。

   採種して、来年につなげたいです。



   ガイラルディア・ガリア・ピンクスパーク。

   この花は、近くの園芸店に

   うっているのには出会えず、

   ネット通販で買い求めました。



   3苗購入し、1株鉢植え、

   2株地植えにしました。



   根元にはココチップを撒くなど

   大切に育てたつもりでしたが、

   猛暑を越せず、残ったのは1苗だけ。

   挿し芽もしていました。

   根の確認もしていましたが、

   その後、育ちませんでした。


   何とか残したいと

   再度さし芽をしてみました。



   今回は、赤玉土に挿し芽をしています。

   一緒にマリーゴールドやカリブラコアも

   挿し芽をしています。



   カリブラコアは、何とか夏を越し

   ぽつぽつと花を咲かせています。



   5月には、こんなに見事な花付きでした。

   カリブラコアは、宿根草ですが、

   挿し芽での冬越しの方が

   うまく冬越しできそうです。

   前回、カリブラコアのさし芽も

   失敗しているので、

   ガイラルディアとカリブラコア、

   挿し芽、成功してほしいです。


   同じころ、さし木をしたゴンフォスティグマ。

   こちらは、さし木の成功率が高く、

   もう庭に植えこんでします。



   今のところ、2か所に植えこみました。




ゴンフォスティグマ
  
   ゴンフォスティグマは、

   フジウツギ科の常緑低木です。

   2メートル近くまで伸びるそうです。

   花が一段落したら3分の1くらいまで

   切り戻して育てます。

   切り戻し必須の植物なのだそうです。






最終更新日  2021.10.21 00:00:15
コメント(4) | コメントを書く
2021.10.16
マーガレットなどのさし芽株が

   しっかりとした苗になってきました。



   この小さめの花のマーガレットを

   見切り品で買ってから挿し芽で

   年を越し、3年目になります。

   花が咲いた後の親株は、

   残しておいてもごつくなり

   花付きも悪くなるので処分するようになりました。

   花が終わったら、

   挿し芽をします。



   6月14日に挿し芽をしました。



   9月3日に小さめのポットに

   植え替えました。



   その後、小さめのポットでは、

   キツキツなくらい根が張ってきたので、

   一回り大きめのポットに

   植え替えることにしました。



   よく葉も茂り、元気な苗に育ちました。



   全部で10苗ほど育っています。

   冬越しでだめになる苗もあると思いますが

   充分な苗が育ちました。

   来年も可愛い白い花が

   みられると思います。


   クローバーは、

   どんどん増える場合もありますが、

   新品種などは年を越せないことが多いです。



   鉢植えにしていたクローバーは、

   何とか夏を越したものの

   今頃になって

   こんな状態になっていました。



   6月24日、カリブラコアやフロックスと

   一緒にクローバーもさし芽をしていました。

   バックアップをとっておいてよかったです。



   カリブラコアやフロックスは、

   発根が見られたものの暑さにやられ

   全滅してしまいました。



   その中でクローバーは、

   1苗が元気に育ちました。



   根がぎっしり張って

   しっかりとした苗に育っています。

   このクローバーは、

   身元園芸オリジナルクローバー、

   天使の羽・カルメンという品種です。


【秋冬予約品C】※見元園芸オリジナルクローバー ハートブレイカー(四つ葉クローバー)3号/みもと/ミモト/mimoto【お届けは11月19日以降です】

​   はくもくれんさんが

   株分けしたクローバーを

   もってきてくれました。 



   品種は、ワインのほのかな赤、

   ティント ワインです。

   ステキなクローバーが増えてうれしいです。


クローバー ‘ティント ワイン’

​   この二つのクローバーを

   鉢植えにしました。



   身元園芸オリジナルクローバー、

   天使の羽・カルメン。



   ティント・ワイン(ワインのほのかな赤)​


   挿し芽と株分けしたクローバーを

   冬越しさせたいです。






最終更新日  2021.10.16 00:00:14
コメント(2) | コメントを書く
2021.09.05
ダリアの赤の鮮やかさが

   目立つようになりました。



   ダリアは、夏の花のイメージがありますが、

   高温になると葉はしげっても、

   花が咲きにくいです。

   6月~11月が花期ですが、

   8月に花を休み、9,10月の秋に

   花が多く咲きます。

   その通りに葉ばかり茂っていたダリアが、

   9月になり急に花を咲かせ始めました。



   そろそろ高性タイプのジニアが終わるので、

   かわってダリアが鮮やかに彩ってくれそうです。

   花もちは良くないですが、

   次々に開花しています。


   いろいろさし芽をしていたものが、

   夏を越え、ダメになったものもありました。

   デッキの上だけでできる作業として

   挿し芽苗などの整理をしました。



   マーガレットのさし芽苗は、

   2苗枯れて10苗ほどになりました。

   冬越しでさらに減ると思いますが、

   それでも十分な量です。



   ゴンフォスティグマは、発根がよかったですが、

   小さめの苗は処分し、

   この位だけ残しました。


ゴンフォスティグマ
 
   ゴンフォスティグマは、耐寒性の低木です。

   10月までには、植えこみたいと思います。

   2メートル位に大きくなりますが、

   せん定次第で、小さくも保てます。

   小さな苗の時は、寄せ植えにも利用できそう。

   シルバーリーフで、冬も葉が残るので、

   いろいろ活用できそうです。



   オステオスペルマムも5苗ほど

   苗が残りました。



   こんな赤い花のオステオスペルマムです。
 

   クローバーもさし芽で

   しっかり苗が育つことがわかりました。



   昨年12月に購入した

   このクローバーです。

   身元園芸オリジナルクローバーで、

   天使の羽・カルメンという品種です。


草花の苗/プリンセスクローバー・スイートマイク2.5〜3号ポット

   品種改良されたクローバーは、

   なかなかの高級品になってきました。

   急にダメになることも多いので、

   挿し芽苗でバックアップできることが

   わかったのは、よかったです。


   夏に枯れたものもあり、気になっていて

   なかなかできなかったさし芽苗などの整理が

   できてスッキリしました。






最終更新日  2021.09.05 00:00:14
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.04
挿し芽苗やこぼれダネからの苗を

   植え替えることにしました。



   雲南サクラソウのこぼれからの発芽は、

   3芽だけかと思っていたら、

   あっという間にこぼれダネから

   たくさん発芽していました。



   小さいながらも数えきれないくらい

   発芽しています。

   この中から、どのくらい育ってくれるのでしょう。

   こぼれからの発芽は、

   成長にばらつきがあります。



   大きく成長しているこぼれダネからの苗は、

   鉢に植え替えました。



   2苗ほど大きく育っている苗があるので、

   大きな株に育ってほしいと思っています。

   次は、冷たい風に当てないよう気をつけます。



   うまくいけば、2月初旬に

   上の写真のように咲いてくれると思います。

   手前の白い花、プリムラシネンシスは、

   多年草ということで、苗を残していましたが、

   一番高温だった時を乗り越えたのに、

   8月後半の暑さでいくつかダメになりました。



   土を替え、植え替えました。

   3,4苗は大丈夫なので、

   このまま残ってほしいです。

   こちらは、こぼれでの発芽はありません。    



   5月に購入したカリブラコアも伸びすぎて

   切り戻しをしていました。

   その時、さし芽もしていましたが、

   いくつか発根していました。
   

   カリブラコアもさし芽で冬越しさせると

   良さそうなので、

   もう少ししたらもう一度

   挿し芽苗を作ろうと思います。



   家に戻ってショックだったのは、

   葉牡丹が、アオムシに食べられまくっていたことです。

   カバーをしたり、薬をまいたりして油断したのが

   いけなかったのでしょう。

   たくさんの虫に、むしゃむしゃ食べられていました。

   ほぼ全滅状態です。😢

   食われた葉をとり、虫も退治しましたが、

   復活は、難しそうです。

   あきらめるしかありません。




   気温が下がり、

   暑い時期にできなかったことを

   いろいろやりたくてうずうずしています。

   まだ、抜糸も済んでいないし、

   自重しなければと思いますが、

   なかなかそれが難しいです。

   でもコメントでくださったアドバイスを守り、

   いろいろ目をつぶり無理のないよう気をつけます。

   2日間、ずっと雨なので

   調子に乗って外に出ないで済んでいます。






最終更新日  2021.09.04 00:00:11
コメント(2) | コメントを書く
2021.08.29
2mにも伸びてしまった

   ルドベキア・ヘンリーアイラーズを

   ダメもとで切り戻しをしていました。



   右側は、切り戻しをしていません。

   左側は、切り戻しをしました。

   切り戻し後、1ヶ月くらいで

   たくさん花が咲きだし、つぼみもいっぱいです。



   7月21日に伸びていて倒れそうな枝を

   カットしていました。



   カットしていたものは、

   切り花にして飾っていました。



   ルドベキア・ヘンリーアイラーズは、

   切り花にしても、持ちがよかったです。





   ルドベキア・ヘンリーアイラーズが、

   花後の切り戻しができ、

   こんなに開花期間が長いことがわかり

   うれしいです。



   少し花が小さめになったものもありますが、

   それはそれでかわいいです。


   挿し芽で増やしたアゲラタムも

   背丈を伸ばしています。



   50~60センチくらいになっています。

   肥料を控えめにしたことで、

   葉ばかりが茂るのが抑えられ、

   花芽が多いのがよかったです。



   6月に挿し芽をしたときは、

   こんなに小さかった苗が

   大きく成長しています。

   昨年種から育てたときは、
  
   7月下旬に花の盛りを迎えました。

   今年はさし芽で増やして、

   8月下旬に盛りを迎えそうです。


   切り戻しやさし芽をするようになって、

   開花時期が長くなったり、切り花を楽しめたり、

   種や苗を購入しなくても増やすことができたり、

   うれしいです。


   明日から1月に骨折して固定のために入れていた

   プレート除去の手術をするために

   3日ほど入院です。

   簡単な手術ではあるけれど、

   前回、麻酔が覚めてからの具合の悪さを

   知ってしまった後は、何も知らないで

   手術にのぞんだ前回より、

   少し嫌な気持ちや心配な気持ちがあります。

   一度嫌な思いや痛い思い、怖い思いをすると

   同じ経験をまたすると思うと

   2度目の方が精神的にしんどいのだなと

   わかりました。

   でも、回復も早いのもわかっているので

   さっさと済ませてきたいです。

   ブログは1週間ほどお休みします。

   残暑が厳しいですが、

   皆さん、元気にお過ごしください。






最終更新日  2021.08.29 00:00:14
コメント(10) | コメントを書く
2021.08.11
ノリウツギの花がきれいです。



   今ではホームセンターなどでも

   取り扱っていて簡単に購入できます。

   種類もいろいろあるようです。

   かなり前に軽井沢のピクチャレスクガーデンで

   購入し、大切に持ち帰りました。

   そのころは苗木の販売も一般的ではなかったと思うし、

   育て方の情報も少なかったと思います。

   開花の時期もわからず、紫陽花と同じに

   せん定していたので

   花をしばらく見られませんでした。

   アジサイの花が終わるころに咲き始めることを

   知ったのはだいぶ後で、

   ここ何年かは花を見ることができます。

   それでも花の数はせいぜい2,3くらい。

   花もちがよいし、ドライにしても

   きれいで楽しめるお花です。


ノリウツギ ‘ライムライト’



   7月8日に挿し芽をしていた

   オステオスペルマムなどが

   そろそろ根が出ていると思って

   植え替えしました。



   アゲラタムは、根が出るのが早く

   すでに地植えしています。



   オステオスペルマムは、

   8本中7本がしっかり根が出ていました。



   ガイラルディアは、3本中1本が

   根を出しています。

   それも頼りない根が1本だけ。

   ちょっと心配です。



   フロックスも3本中1本だけ、

   たぶん根と思われるものが出ています。



   培養土に植え替えました。

   クロネコさんがガイラルディアのさし芽をし

   かなり発芽率がよかったようです。

   少し気温が下がってから、

   再挑戦しようかなとも思います。

   7月に入ってからのさし芽は、

   ちょっと遅かったと反省です。

   6月24日に挿し芽をしたものの方が

   成功率が高かったので、

   2週間の違いは大きかったように思います。



   ガイラルディアのさし芽は、

   1本だけしか根を出していなかったですが

   さし芽が成功した1苗だけでも

   この花のような苗になってくれたら

   万々歳です。


   昨日は、猛烈な暑さと強風がすごかったです。

   前日にあんなに雨が降ったのに、

   庭は朝からカラッカラ。

   ジニアなどなぎ倒されているのものも多く、

   強風の後の庭はがっかりすることが多いです。

   それでも植物が種から芽を出したり、

   挿し芽で根を出したりしていることに

   元気をもらってまた頑張ろうと思います。






最終更新日  2021.08.11 00:00:17
コメント(2) | コメントを書く
2021.08.04
千日紅が元気です。



   かなり伸びてきています。

   徒長を防ぎ、開花期間を伸ばすためにも

   切り戻しをしました。



   この位、刈り込みました。



   咲いている花は少なくなり、

   ちょっと寂しくなりましたが、

   2,3週間もすれば

   またたくさん花を咲かせてくれることでしょう。


   刈り込んだ花は、

   切り花として飾らず、

   ドライフラワーにすることにしました。



   葉などを取り除くと

   これだけの量です。



   出窓のところに

   吊り下げました。



   カタナンケもドライフラワーに

   していましたが、

   完全に乾いてきているようです。

   カタナンケも

   ドライフラワーとして楽しめそうです。



   1ヶ月ほど前に切り戻していた

   アンゲロニア、ダールベルグデージー、

   サンビタリアですが、

   また開花し始めました。



   アンゲロニアは、1株だけしか

   購入していなかったので

   挿し芽をしておけばよかったと

   少し後悔しています。

   でも、また咲き始めてよかったです。



   ダールベルグデージーもカット後、

   花を咲かせ始めました。

   なかなか強い植物です。



   とても元気にたくさんの花を咲かせていた

   サンビタリアは、

   切り戻しをしたら

   枯れてしまいました。😢


   切り戻しの仕方が悪かったのか、

   切り戻しをしない方がよかったのか、

   ちょっと残念です。


   千日紅は、切り戻しをしたら

   小さなカメムシが

   あちこちついていたので、
   
   退治しました。

   植物も蜜を避けた方が、

   ムシの被害なども避けられそうです。






最終更新日  2021.08.04 00:00:12
コメント(2) | コメントを書く
2021.08.03
強い雨風の後に

   高性の植物は倒れたり、折れたり・・・。

   ジニアも雨の後に

   うどんこ病が出たり、折れたりしています。

   そういった手入れのための切り戻しを

   します。



   ジニア・キューピットミックスは、

   日向ではかなり背が高く育ちました。

   雨風の後に倒れたり、

   折れたりしていたのでカットしています。
  

   こちらでは、コリウスが育ってきて

   風通しが悪くなったのか

   うどんこ病も出ています。

   下から思いっきりカットしました。



   小径にはみ出しているジニアの枝もカット。



   カット後の様子です。

   もっとカットしてもよいかもしれません。



   近くのヘンリーアイラーズも

   横倒れしていたのでカットしました。



   コリウスが伸びすぎ位に伸びています。

   よく見ると先端に花芽があります。



   この花芽もカットします。

   コリウスは葉を楽しみたいです。



   まだ、花を楽しんでいるチェリーブランディ。

   でも枯れているものもあります。



   根元を見てみると

   新しい芽が出ています。

   古い茎は、カットしました。

   寿命の短い宿根草ですが、

   新しい芽が出ているので

   来年も咲いてくれるかなとちょっと期待してます。


   一口に切り戻しといっても、

   折れたり倒れたりでの切り戻し、

   病気を進行させないための切り戻し、

   花を咲かせないための切り戻し、

   新しい芽に移行するための切り戻しと

   いろいろあるなあと思いました。


   切った花は、切り花として

   使えるものは使います。



   デッキの上に飾ったり、

   リビングに飾ったり・・・。



   すでに飾っている花に

   付け加えたりもしました。



   ジニアやルドベキアを育てると

   この時期、花が豊富です。


   

   骨折で入れていたプレート除去手術が

   今月末にあるので予定より早く、

   第1回ワクチン接種を受けることが

   できました。

   うった直後は何ともなく、

   大丈夫と思っていたらうでが痛み出し、

   腕をあげるのさえ痛くなりました。

   寝返りをして腕が当たっただけで痛かったです。

   痛いだけで他は何ともなかったですが、

   1回目の接種は、

   何ともなかったという方がおおかったので、

   何だかびっくりしました。






最終更新日  2021.08.03 00:00:12
コメント(8) | コメントを書く
2021.08.02
夏に植物を植えこんだり、移植したりは

   普通はしないのですが

   アゲラタムのさし芽が育っているので

   植えこみました。



   一足早く植えこんだものは、

   これからどんどん花を咲かせそうです。



   挿し芽をしていたものは、

   花まで咲かせています。



   挿し芽をして間もないものも

   根付いているようです。



   かなり根が張っていました。



   挿し芽をして間もないものも

   この位根が出ていれば、

   植えこみOKだと思います。

   鹿沼土を落とすのに軽くあらうと

   どれも良く根が張っています。



   数えてみると11本ありました。



   キンギョソウなどを抜いて

   寂しくなったところへ

   植えこみました。


草花の苗/[8月上旬頃〜]アゲラタム:コスモグラフィ ベガ(ピンク)3号ポット

   

   夏はジニアやヒマワリなどが

   咲いてわりとにぎやかです。

   ジニアなどがくたびれてきた9月ころが

   花が寂しいと毎年思います。

   そのころに元気に咲いてほしいと

   アゲラタムを植えこみました。

   冬越しさせた1苗から、

   たくさんの苗が育ったアゲラタム、

   すごいです。



   昨年の夏に訪れていた

   この時期アゲラタムの咲く中之条ガーデンズに

   今年も行きたいと半年前から、

   毎年泊まる宿を予約していました。

   でもどんどん感染者数が増え、

   2日から私が住む県にも

   緊急事態宣言が発令されます。

   泣く泣く予約をキャンセルしました。

   見通しが甘かったなあと

   今となっては思います。


   先日、久々の散歩で

   はくもくれんさんにばったり会うことができ

   お庭を見せてもらうことができました。

   とても手入れが行き届き、

   ガーデニングを楽しんでいる姿に

   刺激をたくさんもらいました。



   おまけに剪定した枝で作った

   ネームプレートまでいただきました。

   細やかな作業が上手で、

   センスがあるはくもくれんさんです。

   どの花や木につけようかとワクワクです。


   周りに美しい庭をつくり、

   刺激ををもらえる花友達もいるので

   旅行に行けなくても

   楽しみはたくさんありそうです






最終更新日  2021.08.02 00:00:13
コメント(11) | コメントを書く

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.