118817 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【リヴァレス・ジェード社】

あの事件・・・

・・・あの時からかもしれない、彼らがこの計画に乗り出したのは・・・

・オーガ内部

「何で俺があんな奴に・・・」
ディアボリグのその一言がキッカケだった。
彼はBTワイバーンとアストロナイツに負けたのだ・・・

「こうなったら・・・」
スタッフ3人にディアボリグは指示した・・・
そう、あの事件『マスターデータ奪取』の計画である。

スタッフ3名はFFAのマスターデータを奪取した。
ディアボリグはそれを基に新しいACをうみだしたのである。
それが新型のあの機体・・・ライナスが考えていたACだったのだ。

彼はBTワイバーンに勝ち、その上評価も高くした。
「後はアイツか・・・」
彼が狙うのはアストロナイツ、BTワイバーンはウォームアップに過ぎなかったのだろう。


しかし、彼は見誤っていたのだ。
アストロナイツはそれ以上のACを出してきた。

「くそっ!」
ついには彼の計画にも暗雲が・・・・

FFAからのメッセージはこうだ。
「貴方方のチームに不審な点が見られるので施設の調査をさせていただきます。」

ディアボリグは『このままではまずい』と思っただろう。
FFAはメインアーキテクトの彼を問い詰めるであろうからだ。


FFAはグレイシャエリアのオーガ研究施設に対し、立ち入り捜査を行った。
当然、彼はいなかった。体調が優れない、という理由で聴取を拒否した。
聴取をされれば当然、今までの行為が水の泡になる。

・NEWS
FFA監察部は逮捕者(スタッフ3名であるだろう)の証言、任意で行われた関係者への聴取、オーガより押収した物的資料を総合的に判断し、オーガが組織的にAIの盗用を支持した理由は見つからなかったと発表した。

しかし、オーガCFデュエリングは無期限活動停止の裁定を受けた。
フォーミュラFへの参戦を禁止されたのだ。

・その後、ディアボリグは姿を消す。
オーガのエンブレムが消えたが、Rリーグの熱狂は覚めやらない。
BTワイバーン、アストロナイツは確実に順位を上げていった。
2チームの勝負はライバル同士の戦い、そう見られていたかもしれない。
しかし、アストロナイツはさらに上を行く。
アストロナイツのアーキテクトは注目の的になり、5本の指で数えられるランクまで上り詰めた。

オーガは一定の間をおいて復帰する。
蛮行は目立つが、彼らなりのアセンブリが見られる。
ファンからの期待も少なからずある。
ディアボリグはこう思っただろう。
「自分なりのアセンブリで奴らを負かせてやろう」と。

(END)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.