002279 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

子宮筋腫治療記

PR

プロフィール


きんもくせい3181

カレンダー

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019年08月09日
XML
テーマ:子宮筋腫(167)
カテゴリ:退院後
この日が来ましたウィンク

去年の8月9日に子宮全摘出と卵管の切除病院

あ~1年かぁ時計

ドキドキしながら、ちゃんと家族と顔を合わせられず
「行ってきます」をしたエレベーター前。
扉が閉じる瞬間も覚えています雫

看護師さんに術着のボタンを外されたり機器をつけられたり
しながら、初対面のイケメン(苦笑)の先生に、どう?って
声をかけてもらい、動悸が…って言って、子どもの話をして、
和ませてもらいました。

その後、麻酔がきき、部屋に戻ってくるまで記憶もなく…
うつろうつろのまま翌日の午前中まで過ごしました。

起き上がるだけで痛い、笑うだけで痛い数日ショック

でも、日に日に良くなり、いつの間にか、あっ手術したんだった
と思い出すぐらいになり、今では元気いっぱいハート

本当に、手術に携わってくれた病院の皆さん、支えてくれた家族
皆に感謝ウィンク

次の妊娠を考える方にとっては全摘は難しい…でも30後半でまだ全摘は
早いんじゃない?と言われても、もう子どもは考えていないと100%
思える方であれば、やっぱり全摘して良かったと思えるのではないかと
私は思います。

性交渉についても、術後3ヶ月検診でOKがでれば少しずつ慣らすように
と言われ、そのようにすれば問題なし。
今では術前と同じようにできています音符

まだ半年ごとの検診はありますが、この1年を元気に過ごせて
本当に手術して正解でしたマル






最終更新日  2019年08月09日 13時00分06秒
コメント(0) | コメントを書く
[退院後] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.