353839 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

花 ときどき 虫

PR

全58件 (58件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

花と虫:ハチ

2014.03.27
XML
カテゴリ:花と虫:ハチ
これも、よく晴れた日曜日のこと。
玄関わきで咲くストックにミツバチがやってきた。
両方の後肢に大きな花粉だんごをつけている。

こんな荷物をぶら下げて重いだろうな、
巣に戻るまでにとれてしまうんじゃないかしら。
ついつい心配してしまうけど、もちろんミツバチは平気なんだろう。

どうやってこのお団子を作るのかが気になり、調べてびっくり、
なんと 空中で飛びながら作るとのこと。
すごいな、みつばち。
巣に戻って花粉だんごを渡したら、またうちの庭においで♪

-------------
山田養蜂場さんのサイトに次のような記述がありました。
なるほど、こんなふうにして花粉だんごが作られるのかと驚きました。

 働きバチが、花の奥にある蜜を吸おうとして潜り込んでいるうちに、
 からだに生えている細かい毛に花粉が付いてしまいます。
 蜜を吸い終わった働きバチは、足にあるブラシに、
 いま吸ったばかりの花蜜をつけて湿り気を与えます。
 その後、空中に飛び立つと、自分のからだに付いた花粉をぬれたブラシで
 こすりながら少しずつ丸めて、後ろ脚の花粉籠というところに集め、
 一本のながい毛を串がわりに花粉だんごをつくります。(以下略)

< ストックの蜜を吸うミツバチ > 2014.03.23撮影
ストックの蜜を吸うミツバチ(3月)

< 一重咲きのストック > 2014.03.23撮影
ストック:一重咲き(3月)






Last updated  2014.03.27 11:41:47
コメント(6) | コメントを書く


2013.12.28
カテゴリ:花と虫:ハチ
毛むくじゃらでモコモコのマルハナバチを一度見てみたい。
もうずいぶん前からそう思っていた。
やっと願いがかなったのが今年の6月。
北海道旅行の途中、何度か目にすることができた。

元気よく飛びまわってルピナスの蜜を吸う個体もいれば、
花にとまったまま動こうとしないものもいた。
ピンボケ写真しか撮れなかったけど、土の中の巣穴に出入りしているのも見た。

愛嬌があってかわいらしいマルハナバチ。
またいつかどこかで見てみたい。

< 花壇のルピナス(野幌森林公園内の北海道開拓の村で)> 2013.06.27撮影
野幌森林公園内の北海道開拓の村 花壇のルピナス(6月)

< ルピナスの蜜を吸うトラマルハナバチ > 2013.06.27撮影
ルピナスの蜜を吸うトラマルハナバチ(6月)

< 名前のわからない花(支笏湖の近くで)> 2013.06.28撮影
名前のわからない花 下からのぞき込んで撮影(6月)

< 花にとまってじっとしているトラマルハナバチ(支笏湖の近くで)> 2013.06.28撮影
花にとまって動かないトラマルハナバチ(6月)






Last updated  2013.12.28 23:10:52
コメント(6) | コメントを書く
2012.07.31
カテゴリ:花と虫:ハチ
22日に撮った写真をブログに載せようと思っていたのに、
今日はもう7月最後の日。
月日が飛ぶように過ぎていくのは なぜ?
そんなことを写真のコモンツチバチにボヤいてみても仕方ないけど。。。

1匹だけやってきたコモンツチバチは 長い触角のオス。
去年と同じように カラミンサネペタの蜜を吸っている。
今年は運良く正面からの顔写真がとれた。
こんなに丸い顔だとは思っていなかったので、ちょっとびっくり。

< カラミンサネペタの蜜を吸うコモンツチバチ(オス)>
カラミンサ・ネペタの蜜を吸うコモンツチバチ:オス(7月)

< 丸い顔のコモンツチバチ(オス) >
カラミンサ・ネペタにとまるコモンツチバチ:オス(7月)






Last updated  2012.07.31 14:21:02
コメント(6) | コメントを書く
2012.05.15
カテゴリ:花と虫:ハチ
10日前のこどもの日。
庭でのんびり写真を撮っていたら、キンギョソウに小さなハナバチがやってきた。
ハナバチは花の中をのぞき込むようにして腹部を左右に振ったあと、
そのまま まっすぐに花の中に入っていった。

知らなかった!
こんな所に虫の通り道があったなんて!
きっと、中にはおいしい花粉と蜜があるんだろう。

今までに何度も植えたキンギョソウ。
他にもまだ知らないことがたくさんありそう。

< キンギョソウとハナバチの一種 >
キンギョソウとハナバチの一種(5月)

< ハナバチが花の中に入っていく >
キンギョソウの花にもぐり込むハナバチの一種(5月)

< ハナバチはこのあとすぐに見えなくなった >
ハナバチはキンギョソウの花に入っていった(5月)






Last updated  2012.05.15 14:32:14
コメント(4) | コメントを書く
2011.08.15
カテゴリ:花と虫:ハチ
去年の今ごろ、アオスジハナバチが来た。
あの青いしま模様のハチをもう一度見たい。
そう思って庭に出て、しばらく待ってみた。
でも そう簡単に願いが叶うはずもなく、結局アオスジハナバチは来なかった。

アオスジハナバチは来なかったけど、カラミンサ・ネペタは今日もハチで大にぎわい。
コモンツチバチは4~5匹いて、あちこちで蜜を吸っている。
おかげでたくさん写真が撮れた。
このハチがけっこう毛深いのがわかって びっくり。

< カラミンサ・ネペタの蜜を吸うコモンツチバチ(オス)>
カラミンサ・ネペタの蜜を吸うコモンツチバチ:オス(8月)

< Cの字のようになって蜜を吸うコモンツチバチ(オス)>
カラミンサ・ネペタの蜜を吸うコモンツチバチ:オス(8月)






Last updated  2011.08.15 15:17:41
コメント(10) | コメントを書く
2011.08.07
カテゴリ:花と虫:ハチ
今日も朝から暑い。
その暑さの中、見たことのない虫を待っていたら、知らないハチが1匹飛んできた。
かなりのスピードでビュンビュン飛びまわり、なかなかとまってくれない。

オオフタオビドロバチに似ているけど、もっと小さくて細長い感じ。
チビドロバチにも似ているけど、そんなに小さくはない。
さっそく調べてみたところ、ミカドドロバチだとわかった。
脚が黒っぽく、この写真ではわからないけど 口の上も黒いので、これはメス。

このハチは、花の蜜を吸わないで このあとすぐに飛んでいってしまった。
たぶん、虫集めの仕事が忙しかったんだろう。
巣作りが終わったらゆっくり蜜を飲みにおいで♪

< オキシペタラムにとまるミカドドロバチ(メス)>
オキシペタラムにとまるミカドドロバチ:メス(8月)






Last updated  2011.08.07 17:46:44
コメント(4) | コメントを書く
2011.08.05
カテゴリ:花と虫:ハチ
夏になってから 毎日庭に来ているフカイドロバチ。
今朝もあちこち飛びまわって蜜を吸っていた。
カメラを向けたけど、曇り空の下ではボケた写真ばかり。
だから今日の写真はどちらも7月24日に撮ったもの。

フカイドロバチは ちょっと気が強いのかもしれない。
他のハチを追い払おうとしたのを この夏 2回見た。

最初の時は、キオビツチバチに体当たり。
蜜を吸っている花のすぐ横にキオビツチバチがとまったのが気に入らなかったらしい。
2回目はカラミンサ・ネペタに来たオオフタオビドロバチを追いかけ回していた。
でも、どちらも、最後はフカイドロバチが逃げていったんだけど。

この写真のフカイドロバチは一昨年撮ったものより黒っぽい。
顔など、ほとんど真っ黒。
個体差なのか雌雄の違いによるものなのか・・・
もっとたくさん写真を撮って比べてみればわかるかな?

< オキシペタラムの蜜を吸うフカイドロバチ >
オキシペタラムの蜜を吸うフカイドロバチ(7月)

< オキシペタラムにとまるフカイドロバチ >
オキシペタラムにとまるフカイドロバチ(7月)






Last updated  2011.08.05 13:35:13
コメント(10) | コメントを書く
2011.07.27
カテゴリ:花と虫:ハチ
一昨日、24日の日曜日。
水やりのあと写真を撮っていたら、見たことのないハチがやって来た。
ホスタのつぼみにとまって一休みしたあと、
カラミンサ・ネペタに移動して、熱心に蜜を吸っている。

たぶん、これはハキリバチの仲間。
そう見当をつけてあちこち調べてみたけど、名前が分からない。
結局また 「蜂が好き」 のBBSに助けを求めてしまった。

すぐに管理人の青蜂さんが返信を下さって、このハチはオスのネジロハキリバチだとわかった。
ハキリバチの一種なのに巣作りに葉を使わずヤニを集めて利用すると聞き、
葉を切るからハキリバチだと思っていた私はびっくり仰天。

いろんなハチがいるんだなぁ。
ハチの生態をもっと詳しく調べてみたくなった。

< ホスタのつぼみにとまるネジロハキリバチ(オス):体長約10ミリ>
ホスタのつぼみにとまるネジロハキリバチ(7月)

< 真っ白な毛が生えている >
カラミンサ・ネペタとネジロハキリバチ(7月)

< 顔にも白い毛が >
カラミンサ・ネペタに来たネジロハキリバチ:オス(7月)






Last updated  2011.07.29 22:47:02
コメント(6) | コメントを書く
2011.07.26
カテゴリ:花と虫:ハチ
今年も、ひと月ほど前から オオフタオビドロバチが来ている。
カメラを向けるとすぐに逃げていたのに、今回は長逗留。
花から花へ移動して蜜を吸いつづけている。

食欲旺盛なこのオオフタオビドロバチは、
産卵のために体力が必要なメスなのかもしれない。
たくさん食べて、また明日もおいで♪

< カラミンサ・ネペタの蜜を吸うオオフタオビドロバチ >
カラミンサ・ネペタの蜜を吸うオオフタオビドロバチ(7月)

< トレニアの花から出てきたオオフタオビドロバチ >
トレニアの花から出てきたオオフタオビドロバチ(7月)

< 横から見たところ >
カラミンサ・ネペタにとまるオオフタオビドロバチ(7月)






Last updated  2011.07.26 15:02:16
コメント(4) | コメントを書く
2011.07.19
カテゴリ:花と虫:ハチ
何年か前に友人からもらった 鉢植えのコムラサキ。
小さな株で、毎年 花はほんの少し咲くだけだった。

それが、何がよかったのか分からないけど、今年は今までよりたくさん つぼみがついた。
株元の方から順に花が咲き、たまには小さなハナバチがやってくる。

去年は実の数が極端に少なかった。
今年は、この花が全部紫色の実になりますように。

< コムラサキの花とつぼみ >
コムラサキの花とつぼみ(7月)






Last updated  2011.07.19 15:03:41
コメント(4) | コメントを書く

全58件 (58件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.