1780578 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

.

PR

全585件 (585件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 59 >

2006/06/15
XML
カテゴリ:まじめな教育論
難関中学に入学した子にとって、中学校最初の中間試験は非常に勉強がやりにくい。
どうやったらいい点が取れるのかわからない。
とにかく勉強のやり方がわからない。「のれんに腕押し」のような感覚だ。

定期試験の勉強がやりにくい第1の原因は、難関中学に入学した子が、進学塾のカッチリした勉強のやり方に慣れているからだろう。

進学塾ではテキストもカリキュラムも「カチッ」としている。綿密にシステム化されている
テキストとカリキュラムは密接に連動していて、カリキュラム表を見ればテスト範囲は一目瞭然だ。
試験範囲は「算国理社すべてテキスト第2分冊第7回」という具合に明確で、試験勉強がしやすい。

また塾のテスト問題も何百人何千人が同時に受験する問題であるから、必然的に最大公約数的な問題になり、難問ではあるがクセが極力排除された、出題者の体臭がしない問題になる。
だからテキストを勉強すればするほど、正比例してテストの点数は上がる。

対して中学校の定期試験は範囲も曖昧で、各教科の統一感もなく、問題も各先生の体臭がプンプンするローカルなもので、子供は戸惑う。

そして、学校の定期試験で子供が一番困惑するのは、進学塾の試験範囲が「テキスト」中心であるのに対して、中学校の試験では先生の板書を写した「ノート」が出題のメインを占めることだ。

進学塾のテキストは問題形式になっているものが主で、問題を解いていれば自然にテストで点を取れるようになっている。勉強が非常にやりやすい。

逆に板書ノートはテスト勉強が非常にやりにくい。
ノートからどのような問題形式で出題されるか、慣れないうちは非常に戸惑う。
だから塾の先生は試験勉強がやりやすいように、学校の先生の板書ノートを元に、せっせと一問一答問題を作ったりするのである。

さらに困ったことに、難関中学の先生は学究肌の先生が多く、教える内容も出題方式も独特だ。先生の「体臭」に慣れなければならない。

おまけに板書をしない先生もいる。
中学入りたての子にとっては、内容が独特でしかも板書をしない先生のテストに向けて、何を勉強すればいいのか途方に暮れてしまう。
とにかく大学の試験勉強と同じ勉強法が、中1の段階で求められる。

要するに進学塾のテストは相撲のようなルールがわかりやすい「単純系」で、中学校の定期試験はルールが難しい野球やアメフトのような「複雑系」だと言えるのかもしれない。






Last updated  2006/06/15 04:53:50 PM


2006/06/14
カテゴリ:まじめな教育論
中学受験の際に親はエキサイティングし、子供の教育に大いに口出しするが、中学に入学したらいきなり「本人任せ」になってしまうケースが、結構多いような気がする。

中学受験が終わると、親子ともども「祭りのあと」のような気分になる。
親の教育熱が中学受験前にはヒートアップし、合格したら急速にクールダウンしてしまう。

小学校までは子供扱いで過干渉、中学生になると途端に大人扱いして過放任。
小学校と中学校の間には大いなる断絶があるような感じがするが、よく考えてみると小6は12歳、中1は13歳。たった1歳しか違わない。
それなのに扱い方が180度変わってしまったら子供は戸惑う。

確かに思春期・反抗期の子供にかける言葉は難しい。

実は受験期の子供に対する声がけは結構簡単だ。
目標は中学受験一直線だから、ゴールが決まっていて、子供も十分それをわきまえている。

だから「努力だ根性だ」と、旧日本軍的なチープな精神訓話でも子供は素直に受け取る。
しかし受験が終わると、手垢のついたワンフレーズの、勢いに頼った無神経な励ましの言葉は効果がない。

たとえば中1の最初の定期試験で大きな挫折感を味わった、私のようなひねくれた子供に、「お前は中学受験の時みたいに勉強しなくなった」なんて言ってしまったら、親子断絶への道まっしぐらである。

また「お前はやればできるんだから」という励まし言葉も、親は絶対に口にしてはならぬ。
「やればできるんだから」という言葉は一見無難に聞こえるが、実は子供を敵に回す毒が仕込まれている。

「やればできるんだから」と言われたら、中1の私はどう受け取るか?
まず「やれば」という仮定の言葉には「お前はいま勉強をしていない」と努力不足への批難が含まれている。

そして「できるんだから」と言われることは「お前はいま勉強ができていない」と言われるのと同じことだ。
「できるんだから」という言葉をかけられると、成績の悪さをグサリと客観的に指摘されたようで、子供はショックを受ける。

結局「やればできるんだから」という言葉は、子供にとって努力も能力も否定される嫌な言葉なのである。

それから、親は思春期反抗期の子に対して、「私はあなたのことを、こんなに思っているのに」と、愛情を表に出して説教しては絶対にならない。
4歳5歳の子が「お母さんはあなたのことが一番好きよ」と言われたら嬉し泣きするだろうが、ティーンエイジャーの思春期反抗期の子に「あなたが一番好きだから頑張って」なんて言葉をかけると気持ち悪がられる。

親離れが加速的に進む思春期反抗期は、親の心配、親の愛情、そして時には親の存在すら「ウザイ」時がある。その事実を親は絶対に忘れてはならない。
親が説教中に自分に酔って涙を流しても、親の熱い意に反して、子供は冷めた目で親の涙を眺めている。

とにかく、思春期反抗期の子供は難しい。
ただだからといって、子供に対して腫れ物に触るような扱いは良くない。

思春期反抗期の子供は途端に気難しくなるが、自分を真に理解してくれるような、ピンポイントの鋭い言葉を実は求めている。

(気が向いたら続く)






Last updated  2006/06/14 05:46:03 PM
2006/06/13
カテゴリ:まじめな教育論
厳しい中学受験を突破して、晴れて難関中学に合格した中学1年生の子供達は、ちょうどいまの時期、中学校ではじめて定期試験を体験した直後だろうか。

難関中学に合格した子は、小学生の時に学校のテストを意識したことは、ほとんどなかったに違いない。
勉強しなくても満点が取れた。小学校でテスト順位を発表することはあまりないが、学校のクラスの誰もがNO.1と認める学力を持っていただろう。

しかし難関中学のテストは、そんな簡単にはいかない。
難関中学で1番を取るのは1人。当然あとの子は1番になれない。

難関中学の中1たちは、クラス順位を異常に気にする。
小学校でダントツで一番だった子が、クラス50人中37番なんて結果が返却されたら、大いに傷つく。屈辱を感じる。
難関中学最初の中間試験は、自分の学力が意外と振るわない現実をグサリと突きつけ、強いショックを子供に与える。

難関中学で定期試験の順位は、子供の世界で一種の「ヒエラルキー」になる。
偏差値やクラス順位はもちろん変動可能な数値であり、方向性を間違えず努力精進すれば上昇する数値なのだが、最初の試験で衝撃を受けて、その衝撃が無力感につながると、子供は偏差値やクラス順位をインドのカースト制度のような、固定した数値として捉えてしまいがちになる。
俺はクラスで37位の男、私は偏差値43の人間と自己既定してしまう。

自分をヒレラルキー下位の人間と規定することは、最初のうちは痛恨の極みでショックが大きいが、低い成績にいったん慣れてしまうと、同時にそこが安住の地になってしまう。
「俺はバカだ」といったん開き直ってしまうと「低いポジションの方が居心地がいいや」という退廃的な気分になる。
努力して好成績をめざす過程で傷つくより、低い位置に安住している方が楽であることに気付く。
また大学入試は6年後という遥か先だから、現実から思い切って目を背けることが可能だ。

「俺はバカだ」と言い放つことは、快楽であり現実逃避である。

とにかく、難関中学に通いだした中1の子は、人生最大の疾風怒濤の時期を迎えている。中学受験も大事だが、入学後の今の時期は人生最大の転機と呼んでいいくらい、とてつもなく大事な時期である。

kamiesu先生のブログにも似たようなご指摘があるし、私も中1の時にノイローゼになってしまった。

疾風怒濤の時期に試されるのは親の対応である。
最終的に子供を救えるのは親しかいない。






Last updated  2006/06/13 06:42:15 PM
2006/06/10
カテゴリ:塾の日常風景
中3に "He read the book."を疑問文にしなさいという問題をやらせた。
あまりできていない。

readsではなく、readなのがポイント。三単現の"s"がないことに気づかせる、ちょっと意地悪な問題だが、もう少し正解してほしかった。

"Does he read?"なんて、絵に描いたような間違って書いてしまう。

あと、teachの過去形をtoughtと書いたり、
14"fourteen"と40"forty"が曖昧な子がいる。
何とかしなければ・・・






Last updated  2006/06/10 11:49:16 PM
カテゴリ:塾の日常風景
中学校の中間テストの結果が出揃いつつある。中1は初めての定期試験体験だ。
テストが返却され、彼らは何を思うだろうか?

中学校のテストは、小学校のテストのように簡単に点は取れない。
算数で悪くとも90点は取っていた子が、数学で50点60点しか取れないなんてことは、ざらにある。

でも中1には、「中学校のテストは難しいから平均点も低いし、点数は少々悪くてもしょうがないや」なんて思ってもらっては困る。
中1には、低い点数に対して大いにショックを受けて欲しい。絶望の淵に立ち、結果を深刻に受け止めてもらいたい。60点70点という低い点数に慣れてしまったら絶対に駄目だ。

私は中1に対してこれから個別面談を行う。私と生徒で1対1で話して、返却されたテスト用紙をお互いに検討して、マイナス点をあぶり出し、厳しく説教したい。
おそらく半分の生徒は泣くだろう。

中学校のテストで、6割7割が自分の当たり前のポジションだとは、子供に絶対に思わせてはならない。

勉強ができる子というのは、ある種の完璧主義的なイデオロギーを持っている。
定期試験で良い点を取る子は、満点を目指す勉強法を取っている。
授業ノートの隅から隅まで、学校で配られたワーク・問題集の端から端までなめ尽くす重箱の隅をつつくような勉強をして、神経質なくらい満点にこだわる。
もし返却されたテストが92点なら、自分が取れなかった8点にこだわり、どうして8点のミスを犯したか大いに後悔する子こそ、勉強の世界で天下を取る。

いったん60点・70点に慣れてしまうと、勉強が大雑把になる。アバウトで大雑把な勉強に慣れてしまうと、高得点は期待できぬ。

もう一度言う。定期試験は満点以外を目指してはならぬ。

悪い点に慣れっ子になり、「自分はこれでいいや」と、中1には絶対に思わせてはならない。
中1の段階で、テストに関してはある種の「完璧主義」になるよう、厳しく指導しなければならぬ。






Last updated  2006/06/10 01:39:30 PM
2006/06/09
カテゴリ:塾の日常風景
夏講のコマを組んでいる最中だ。
作成したてのコマ組みを見たら、夏休みに私の休みは4日しかない。
42日中4日。朝10時から夜9時45分までぶっ続け。

コマを組んでいる時は、どうしても欲張ってハードスケジュールになってしまう。
大幅に削らねばならない。

私は睡眠時間が短い男で、最近1日4~5時間ぐらいしか寝ていない。夜3時に寝て、朝7~8時頃に目が覚める。
そんな私でも、夏休みに4日しか休みがないのはつらい。



さて、プロ野球は交流戦たけなわだが、他の個人塾の先生と「交流試合」がしたいと思う時がある。

個人塾は同じ先生がずっとずっと教えている。よく考えたら変な形態だ。
生徒の側から見れば毎日同じ先生しかいない。生徒の側から見れば、息が詰まりそうになるだろう。

塾の空気を入れ替えるため、よその塾の先生にわが塾を1日ジャックしてもらいたい。
刺激が欲しい。
kamiesu先生が来られた際に、塾生の前で授業をしていただければ良かった。

まず『SHIDOSO教育研究所』の会員になりたい。






Last updated  2006/06/09 09:54:37 PM
2006/06/08
カテゴリ:シロウトの音楽話
ロック系の音楽は、どんどん学校(高校)の部活として認められたらいいなと、思う。中学生には少し早すぎるけど。
スポーツで若さを発散するのもいいが、音楽で若いエネルギーを爆発させるのも格好いい。

ただ高校のロッククラブでは、生徒が演奏していい音楽を「検閲」される可能性がある。検閲官は高校の先生。
頭の固い顧問の先生が、高校生にふさわしい音楽かどうか確かめてから、演奏が許される。
歌詞が卑猥で、音が激しすぎるのはいけない。Rolling Stonsなんか論外だろう。

ただし歌詞は超卑猥だが、なぜかサザンは許される。
「ナイトクラブで男も濡れる」「割れたパンツのマニア」「いとし君のshyなマ○コ」「マンピーのGスポット」なんてとんでもない歌詞でも、サザンに対して中年男は甘い。

高校の先生の頭が固く、ロックに嫌悪感を抱いている人だったら、演奏できるのは「ゆず」ばかりになってしまう。
予算もいらないし、歌詞も無難。化粧もなし。

多分高校ロッククラブの大会なんかあったら、出場バンドの半分は「ゆず」。あとは「うたいびとはね」とか「平川地三丁目」とか。
「レミオロメン」や「スピッツ」もOK。ロック嫌いの顧問だと「アジカン」ですらアウトになりそう。
楽器はアコギにタンバリン。大会は若者の反抗の狂乱場ではなく、爽やかな青春グラフィティになっちゃう。

グランプリが決まったら、市役所から役人が来て賞状を渡す。
反骨で反社会的なロックの魂はどこへ行った?
そんな光景を、ジミヘンとかジム・モリソンとかジャニスとかカート・コバーンとか、ロックの反撃児が見たら泣くだろう。

さて、顧問の検閲が厳しいと、Xなら「Forever Love」や「Tears」なバラード系は演奏してOK、「WEEK END」や「紅」みたいなハードな曲はダメ、といった感じになる。
槇原敬之は曲はいいけど、前科があるから素行点でマイナスだ。

検閲が厳しくなると、賢い奴なんか顧問の検閲をかいくぐるために、「天国への階段」のイントロと最初の部分だけ2分くらい演奏して、無知な顧問を騙すだろう。
「うん、そんな静かなフォークなら許す。高校生らしくていい」
本番ではもちろん全曲演奏する。

ブルーハーツの「リンダリンダ」でもこの作戦は通用する。
♪ドブネズミみたいに、美しくなりたい~という曲の冒頭部分だけ顧問に聞かせてやればいい。

セックス・マシンガンズの「みかんのうた」なら、歌詞だけで顧問を騙せる。
歌詞だけ見ると ♪愛媛の、ミカンは、日本一~ と、のどかだもんね。






Last updated  2006/06/08 08:29:41 PM
カテゴリ:いろんな雑談
この仕事をしていると、食事時間は不規則になる。

私の晩飯は夜の11時頃だが、いくら食べても夜中3時ごろに無性に何か食べたくなる時がある。

またストレスが溜まっている時は、私みたいな食いしん坊でも食い物のことを完全に忘れてしまうので、2日間ぐらい何も食べない。

コンディションが最悪の時は酒が主食になり、炭水化物をアルコールで摂るという痛ましい食生活になってしまう。
だから食えるときに食っておかなければ死んでしまう。突然の暴食は食糧補給の一環なのだ。

また、私は小説を書いているので、アイディアに行き詰った時はiPod聴きながら深夜の野良猫すら寝静まったアーケード街や、海沿いの歩道を徘徊する。徘徊しながらアイディアが「ボン!」と生まれるのを待つ。ひたすら待つ。
一度は徘徊中、警官に職務質問を受けたことがある。

さて、夜中に腹が減った時、東京に住んでいた頃は「さあ、吉野家にでも行こうか」となるのだが、田舎の我が家の近所で夜3時に働いているのは、新聞屋と豆腐屋だけだ。
近所には「ポプラ」というコンビニもあるが、ここはコンビニのくせに、夜1時に店じまいしてしまう。

そんな時はパスタを茹で、残り物のベーコンでカルボナーラを作ったり、だし醤油でナスとベーコンの和風パスタを作ったりする。パスタにはパルメザンチーズを真っ白になるまでかける。

あと料理が面倒くさい時は「どん兵衛」や「日清焼そば(袋のやつ)」も重宝する。
胡麻油で半熟の目玉焼きを作り、ご飯に載せて醤油をかけ、韓国海苔をちぎって入れ「目玉焼き丼」を作ったりもする。

それから永谷園の麻婆春雨も好きだ。残り飯にぶっかけて食う。
永谷園の「カニチャーハンの素」もうまい。簡単にできるし、同じく永谷園の「松茸の味お吸いもの」と一緒に食べれば素晴らしい夜食になる。
つくづく、永谷園は偉大な会社だと思う。






Last updated  2006/06/08 06:26:34 PM
2006/06/07
カテゴリ:まじめな教育論
自習室に来る子は成績が伸びるのだろうか? まあ80%の子はそうだろうなあ。

たしかに塾で定期試験前に「自習室、朝の10時から夜の10時まで開いています」と宣伝しても、お馴染みの勉強熱心な子や、人懐っこい子ばかりがやって来る。もはや常連と化している。
彼らは概して向学心が強い。というか、1つ1つの試験を重要視し、手を抜かない。

ただ自習室は、特定の生徒の「できる子サロン」や「先生のお気に入りチルドレン」や「塾のメインメンバー」にならないように、ある程度気をつけねばならない。

でも、自習室の常連になる子は、教師の側から見ればカワイイのも確かだ。どうしても贔屓してしまう。

私は塾が講師と生徒が、親密になり過ぎる場になっても、それはそれでいいと思う。
講師と生徒が擬似的な親子になるような、強い人間関係で結ばれる雰囲気の塾が私は好きだ。そんな雰囲気が好きだからこそ、私は塾講師をやっている。


ところで私自身の話で恐縮だが、私は受験生時代、図書館や自習室の雰囲気が駄目だった。受験生が醸し出す静寂感に恐怖を感じた。
私は真面目でも何でもない男だが、家で勉強する方が性に合っていた。

大きな図書館や自習室だと、人数の多さが私を圧迫した。
200人ぐらいの受験生が一斉に勉強しているピリピリした冷厳な熱気と、カリカリ筆記用具の音だけが立ち込める静粛な空気と、若い体臭がムンムン立ち込める部屋は、私のような神経が細い人間には耐えかねた。

また、図書館や自習室に行くと、同年代の受験生が、参考書や問題集はどんなのを使っているのか非常に気になる。

他の受験生が自分よりレベルの高い問題集を解いていたら「負けた!」と胃がズキズキするし、逆に基礎レベルの問題集をやっていたら「勝ったね、オレ!」と間違った優越感に浸ってしまう。

あと、同じ問題集を使っている受験生を見ると、まるで同じ洋服を着た人間に、街でばったり出くわしたような感じで非常に気まずい。
その同じ問題集が、自分のよりボロボロで使い込まれていたら居ても立ってもいられない。激しい闘争心がわく。

とにかく図書館や自習室は、ライバル(こっちが勝手に思っているだけだけど)が気になって勉強が手につかなかった。

特に自習室で一番気になるのが「赤本」である。
周囲の受験生がやっている赤本の大学名は無性に気になる。
「こいつ、どこの大学受けるんだろ?」
隣の受験生が「東京大学(理系)」などという赤本をやっていたら、吐き気すら覚える。

赤本の表紙と背表紙には、大きな大きな字で大学名が書いてある。
赤本はそれ自体が真っ赤で強烈に目立つし、そこに「××大学」と大学名が必要以上にでっかく、ゴシック体太字で表紙と背表紙の2箇所に黒々と書かれている。
赤本のデザインは、自分の志望大学を隠せない悪魔的なデザインだ。あんなに派手な自己主張の強い本は少ない。志望校が一目瞭然で、「俺は××大学を受ける人間だ!」と、満天下に誇示しているようである。

また「赤本」に限らず、Z会の「緑本」や河合塾の「青本」は難関大学しか出版していないので、大学名が見えなくても「緑本」「青本」を持っている時点で「おぬし、できるな」と刺激を受けてしまう。

今でも図書館や本屋の赤本コーナーに行くと、受験生の赤本を「ちらっ」と見て、「こいつ、どこの大学受けるんだろう」と、受験生時代の郷愁だろうか、探ってしまう癖がついている。
性格の悪いオッサンだと、自分でも思う。






Last updated  2008/03/30 01:39:36 PM
2006/06/06
カテゴリ:まじめな教育論
kamiesu先生の息子さんは、いつか先生のブログを読まれる日が来るだろう。

たとえば息子さんが40歳になり、もし父親と同じく独立創業を心に決められるようなことになったら、同年代の父親の独立創業記をどんな気持ちで読まれるだろうか。
自分と同年代の父親の戦いの記録は、独立創業をめざす息子さんの最大のバイブルになるに違いない。
息子さんはkamiesu先生の文章の隅から隅までを、なめ尽くすように読むだろう。

また息子さんが40歳になったら、kamiesu先生は80歳に近い。
そのとき息子さんは80歳の父親の熟成した意見も聞けるし、40代の自分と同年代の生々しい記録にも接することができる。
40代の父親が書き言葉で、80代の父親が話し言葉で、同時に息子さんにアドバイスする。
何とロマンチックなことだろうか。

また息子さんが10代の受験期に入り、自分の殻を破り大きな目標にチャレンジする時、お父さんの独立創業の記録を読めば、どんなに素晴らしい糧になるか計り知れない。

浅田次郎の「地下鉄に乗って」という小説は、人生に行き詰った中年の男性がタイムスリップして若き日の父親と出会い親友になり、父親からパワーを貰い復活する話である。
でもブログの文章があれば、タイムスリップという非現実的な装置を用いなくても、同年代の親子が交流することが可能なのだ。

私見だが、昔から小説家や著述家の親子、特に父親と息子は仲がよく、普通の親子より分かり合っているような感じを受ける。
それは息子が父親の作品を読み、父親の人となりの繊細な部分に接する機会が、普通の親子より圧倒的に多いからだと私は思う。

無口で無愛想な生の姿の父親が、文章では饒舌に繊細に、自分の心のうちを語っている。父親は文章のプロだから、語り口は巧妙かつ真摯で、心を打つ。

また作品やエッセイの中には、子供に対する愛情の痕跡が、あちこちに見受けられる。
子供は全面的に自分を愛してくれた親を失ったあと、かつて自分の全てを愛してくれた人間が若い時分には存在したことを、文章を通じて知るのである。






Last updated  2006/06/06 03:57:22 PM
このブログでよく読まれている記事

全585件 (585件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 59 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.