1780242 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

.

PR

全585件 (585件中 91-100件目)

< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 59 >

2006/05/27
XML
カテゴリ:シロウトの音楽話
私はオフコースのファンで、2回ほど武道館のコンサートに行ったことがある。
小田和正の蒸留水のような声と、無機質のように見えて実は情緒が濃いメロディーが好きだ。

しかし小田和正の書く歌詞に対しては、正直なところ「これはちょっとね」と感じていた。

私が中学高校時代は、ニューミュージックが全盛期で、シンガーソングライターが表現力を駆使して、感性の饗宴のような切れ味ある素晴らしい歌詞を書いていた。

ニューミュージックの女王、松任谷由実ことユーミンは、ストーカー的心情吐露と、詩的な情景描写と、大胆で確信犯的な台詞が得意だった。

♪魔法の鏡を持ってたら 
 あなたの暮らし 映してみたい
 
「魔法の鏡」

♪私を許さないで 憎んでも 覚えてて
「青春のリグレット」

♪ソーダ水の中を、貨物船が通る 
「海を見ていた午後」

♪だから短い キスをあげるよ 
 それは失くした 写真にするみたいに

「埠頭を渡る風」

♪オレンジのトンネルの中は
 横顔がネガのようだわ

「星空の誘惑」
 
対する中島みゆきは肺腑と内臓を同時にえぐり出す、自虐的な暗い詞を得意としていた。

♪悲しみばかり見えるから 
 この目を潰すナイフが欲しい
 そしたら闇の中から 
 明日が見えるだろうか
 
「友情」

♪夜明け間際の吉野家には 
 化粧の剥げかけたシティガールと
 ベイビーフェイスの狼たち 
 肘をついて眠る

「狼になりたい」

♪世の中はとても変わっているから 
 頑固者だけが悲しい思いをする

「世情」

♪エレーン 
 生きていてもいいですかと 
 誰も問いたい
 エレーン その答えを 
 誰もが知ってるから 
 誰も問えない
 
「エレーン」

♪はじめて私に 
 スミレの花束くれた人は
 サナトリウムに消えて 
 それきり戻っては来なかった

「遍路」

♪思い出は綺麗 ホントより綺麗 
 あり得ぬほどいい人が 心で育つ

「トーキョー迷子」

ニューミュージック界の紫式部・清少納言と言われただけあって、両者ともメロディーがなくても、言葉の切れ味だけで通用する詩である。

ところが、ユーミンや中島みゆきの技巧を凝らし、内面を鋭く吐露した文学的な詞に比べて小田和正は

あなたに会えて、本当に良かった
嬉しくて嬉しくて、言葉にできない

「言葉にできない」

君を抱いていいの 好きになってもいいの
「Yes No」

愛を止めないで ここから逃げないで
素直に涙を 流せばいいから

「愛を止めないで」

というワンパターンの誰にでも書けそうな単純な歌詞を、これでもかこれでもかと書いていた。
「君」と「僕」と「好き」と「愛」と「抱きしめる」と、あと「春」「夏」「秋」「冬」といった限られた20個ぐらいの単語のパーツを組み合わせるだけで、小田和正の詞はできてしまうような気がした。
私は失礼ながら、そんな小田和正の詞を、ちょっと「軽蔑」していた。

ところが、最近では小田和正の詞の良さ、というより、小田和正が歌詞に込める意図が見えてきた。
小田和正が歌詞を作るうえで大事にしていること、それは「普遍性」とか「不変性」とか「不偏性」といったものではなかったか?

時代世相を映した歌詞は、賞味期限が切れたら古くなる。

たとえば
♪僕の髪が 肩まで伸びて 
 君と同じに なったら
 約束どおり 街の教会で 
 結婚しようよ
 
吉田拓郎「結婚しようよ」

♪就職が決まって 
 髪を切って来た時
 もう若くないさと 
 君に言い訳したね

バンバン「『いちご白書』をもう一度」

どうして髪の長さが相手の女の子と一緒になったら結婚するのか、なぜ髪を切った時、男が彼女に言い訳をしなければならないのか、現代の若者には説明しないとわからない。「髪」という言葉が何を象徴しているのか、よく理解できないだろう。

バンバンや吉田拓郎の歌みたいに、歌詞の解釈が必要で、理解させるのにワンクッション必要な曲は、同時代の人達には過去の思い出が染み込んでいるから懐メロとして熱狂的に支持されるが、逆にいえば同時代を生きた人じゃないと、曲の世界に素直に入り込めない。

時代を活写した具体性のある歌詞には、同世代は熱狂するが、異世代からは敬遠される。
70年代フォークだけでなく、軍歌にもそんな傾向がある。

逆に小田和正の曲は、状況説明がなされていない「単純」な分だけ、さまざまな解釈が可能である。まるでオタフクのお面が、状況によって怒って見えたり、笑顔に見えたり、時には泣き顔に見えたりするように。

小田和正が齢60にして、懐メロ歌手に退くことなく第一線の現役で活躍しているのも、普遍性を持つシンプルな歌詞にも原因があるのではないだろうか。
シンプルな歌詞からは様々な解釈が生まれ、同世代の人間だけでなく、世代を超えて支持を得やすいからだ。
小田和正の歌詞は、どんな世代の人間も、またどんな状況下の人間も自己投影しやすい歌詞である。

若い人に小田和正が支持されているのは、シンプルな詞があってこそなのだろう。

たとえば小田和正に「言葉にできない」という曲がある。

この曲、男女の愛を歌ったものだが、歌詞の場面状況が曖昧でシンプルな分だけ、恋愛という限定された愛だけではなく、普遍的な愛に連なる解釈ができる。

あなたに会えて、本当に良かった
嬉しくて嬉しくて、言葉にできない


なんてシンプルな歌詞なんだ!

だからこそこの詞は、男女間の愛にも、夫婦愛にも友情にも、親子の愛にも解釈できる。
この歌詞の中の「あなた」は、恋人にも友人にも夫にも妻にも子供にも、聴く人によって変化する。

ところで2年ほど前、松田聖子と船越英一郎が夫婦を演じる、ダウン症で言葉が話せない、6歳で死んでしまう男の子のテレビドラマが放映され、主題歌に「言葉にできない」が使われていた。

2人の若い、子供を失うにはあまりに早過ぎる年齢の夫婦が、子供を6歳で失う。
ラスト近くで子供が死んだ時、小田和正の「言葉にできない」が流れる。

終わるはずのない愛が途絶えた
命尽きてゆくように
違う きっと違う
心が叫んでる


小田和正は「失恋」の痛みを歌ったのだろうが、状況が具体的に限定されてないので、子供を失う親の痛切な悲しみに解釈できる。

たとえばここの歌詞が

午前4時 ベイブリッジ
終わるはずのない愛が途絶えた
命尽きてゆくように
違う きっと違う
心が叫んでる


だったらどうだろうか?

「午前4時 ベイブリッジ」というフレーズが加わり、場所と時間が限定されただけで、この歌詞から普遍性が消える。
歌詞の状況は男女間の恋愛に限定され、親子愛や夫婦愛には使えなかっただろう。

小田和正は時間とか場所を限定せず、また比喩も「命尽きてゆくように」と文学的な虚飾の匂いがしない「ありきたり」なものを使うことで、歌詞に普遍性を獲得する道を選んだのだと思う。

同時代人に強い刺激を与える「複雑」な歌詞より、時空を超えて深い共感を与える「単純」な歌詞を、小田和正は目指したんだと私は推測する。






Last updated  2006/12/15 07:01:03 PM


カテゴリ:塾の日常風景
理科や社会を勉強していて、問題集と解答集だけしか使わないで勉強する子は、まず伸びない。
机の上には文英堂の「くわしいシリーズ」か「精解と資料」、理科なら「理科事典」ぐらいは置いて欲しい。

索引を駆使しながら参考書や事典で調べ、イマイチ覚えられない用語に生命の灯を吹き込む作業を怠ってはならない。
用語の機械的丸暗記ほど面白くない勉強はない。英単語は機械的丸暗記もある程度仕方ないだろうが、せめて社会や理科ぐらいは楽しみながら覚えたい。

東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九
東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九

こんな具合に、ノートに機械的に書いて覚えるだけじゃあ、面白くないだろうに。

参考書や用語集で調べて、それでもピンとこなかったらGoogleで検索し、十返舎一九とはどんな人だったのか、東海道中膝栗毛という本はどこが面白いのか調べ上げる。
十返舎一九の似顔絵なんかがあると、効果的に記憶できる。

そんな一見面倒くさい過程において、脳に焼きゴテを当てたように知識が定着するのだ。
テキストと解答の単純往復するだけの勉強では、暗記も理解も共に浅いものになってしまう。

参考書やネットで調査する手間をかけることで、「ドラえもんの作者は藤子不二雄」という知識と同じくらい完全に、「東海道中膝栗毛の作者は十返舎一九」という知識が子供の頭脳に定着してゆく。

とにかく、意味のわからない言葉や用語を見つけた時に、事典や辞典やネットで調べなければイライラする性癖がないと、勉強なんてものはできるようにならない。
このイライラを、知的好奇心と呼ぶ。

さて、大人も子供のことは笑えない。
たとえば3日前に、私はここに、「北谷」をどう読むのかという話題を、わざと答えを記さずに書いた。

社会科に関して知的好奇心がある人は調べただろうし、ない人は調べなかったろう。

もちろん「北谷」の読みを知識としてストックしておくにこしたことはない。
ただ「北谷」が読めなかった場合、「こんなもんどうでもいいや」と素通りした人と、わずかな手間を惜しむことなくGoogleで調べた人では、長い眼で見れば知識の量の差に莫大な差がついてしまう。

マウスで「北谷」をコピーして、Googleの検索窓にブチ込んでやるだけで、直ちに読み方なんてわかってしまう。
パソコン持っていて、左上にGoogleのツールバーをインストールしてない人は、英語の時間に英和辞典を持っていない子供のことは叱れぬ。






Last updated  2006/12/06 04:24:06 AM
2006/05/26
カテゴリ:まじめな教育論
子どもから「やる気」を引き出すのは難しい。

勉強をやる気にする「媚薬」でも発明されたら、どんなに素晴しいことか。

飲んだらたちまち机にかじりついて離れない、勉強に惚れてメロメロになる薬。
スポーツ界で使われている筋力増強剤ならぬ、脳力増強剤。

そんな薬を発明したら、配合比率は門外不出にして、私は大儲けを企むだろう。

また20~30年後には、子どもの知能指数を上げ、やる気にする脳外科手術が行われているかもしれない。

顔がブサイクなら整形外科のお世話になればいいように、怠け者のバカチンでも勉強嫌いでも、学校や塾に頼ることなく脳外科へ行って頭蓋骨にメスを入れてもらえば勉強嫌いはすぐに解決・・・・

媚薬も外科手術も、近い将来実用化されそうな気がする。

欧米や日本だったら倫理問題になるけれど、中国やロシアだったら秘密裡に天才児とか「やる気」の塊のパワフルな子供が人為的に作られる可能性がある。

さて、冗談はともかく、子供をやる気にするには勉強の動機づけが必要だ。
勉強したら将来どうなるか、しなかったらどうなるか、明確なビジョンがないと、目的意識は生まれない。

目標なしに勉強することは、ゴールのないマラソンを走っているようで、子供も行けども行けども休みなく走らなければならない状況に嫌気がさし、途中で挫折し苦痛を感じる。

だから私は子供の目標をはっきりさせるため、本気で洗脳ビデオでも作ろうと考えた。

たとえば中学校2年生のA君。明日は中間試験。午後11時。眠い。
眠るか眠るまいか、2つの選択肢がある。

まさに人生の分かれ道。

眠らずに午前2時まで頑張った場合。テストは95点。
その10年後のA君の姿はどうなるか・・・
霞ケ関の役人か、ドイツの学会で研究発表する医学博士か、マンハッタンの摩天楼で働くビジネスマンか。

眠った場合。テストは45点。
その10年後のA君の姿はどうなるか・・・
派遣で25歳の上司に怒鳴られてる45歳の無気力なオッサンか、山谷か釜が崎で野糞たれてるジジイか。

で、シナリオも少々書いたのだが、95点のA君の人生が薔薇色、45点のA君の人生が地獄というような単純なストーリー展開になることは、私のような貧困な想像力しか持たない人間でも許せない。

95点のA君だって大きな苦悩を抱えるし、45点のA君だって挽回の可能性はある。

人生のストーリーは単純にはいかない。

結局、「勉強しないとひどい目にあうぞ」という脅迫洗脳ビデオの製作はご破算になった。






Last updated  2006/05/26 10:22:45 PM
2006/05/25
カテゴリ:塾の日常風景
どうして、岡倉五姉妹の家族会議に、部外者の京唄子が参加しているのか?
およびでないよ。
しかも、相変わらず一番声がデカい。

あと「おかくら」の山田雅人たち2人の従業員は、10時以降、わざわざ岡倉家の家族会議にのために残業しているのか?
京唄子がわめいている間、彼らはずっと素直に働いていた。
ヒドい仕打ちだ。

それから山田雅人は、岡倉大吉が「他では食べられない味だよ」と太鼓判を押すほどのソバ打ち名人だそうだが、だったらソバを打つ姿を堂々と見せよ!

あと、今日の白眉は何と言っても前田吟だ。
あの不器用な植木屋姿は面白い。ひどい。

幼稚園児の前でハシゴに昇って、笑顔で植木バサミで木を切っていたが、どう見ても「おじちゃんカッコいいね」と幼稚園児に礼賛される程の腕の持ち主ではない。
前田吟の植木屋転身、失敗の予感・・・






Last updated  2006/05/25 10:49:43 PM
2006/05/24
カテゴリ:塾の日常風景
私がいま泊まっているホテルがある場所の地名は


北谷


と書く。


現地の人ならともかく、知らない人間は一万回言っても読めないだろう。






Last updated  2006/05/26 10:21:49 PM
カテゴリ:塾の日常風景
私の塾の仕事部屋は、かつて雑誌で見た「堕落論」坂口安吾の部屋のように散乱している。

脇には教育開発出版のダンボールが置いてあるし、机の上にはソニーのVAIOノート、yahooBBのルーター、Pioneerの電話機の子機、Canonのプリンタ、ハイチュウの紙屑、「特選街」5月号、ナンバーナインの赤ネルシャツ、新興出版社の教科書トレーニングが十数冊、西郷隆盛の文鎮、近所の中学校の過去の定期試験のバックナンバー、マッキー赤、JACK DANIELSの空き瓶、Kamiesu先生の似顔絵をプリントアウトしたもの、生徒がUSJで買ってきてくれたT2の菓子の空き缶、携帯電話、新明解国語辞典、ダスキンの「喜びのタネまき新聞」、エアコンのリモコン、塾ジャーナルのDM、お~いお茶の2Lペットボトル、元カープ金本の下敷き、アジのたたき、子供が忘れたシャープペン、iPod、作成中の広告、CD3枚(ラモーンズマニア・ポゴレリチのショパン)、山川出版社の「日本史用語集」、おーいお茶、確定申告用の本とタクシーの領収書の山、PIT、広島県私立学校団体綜合事務局のDM、新渡
戸稲造の「武士道」、DUO、JR5月の時刻表、大量の消しゴム、ウルトラマンのキーホルダー、インクのなくなった赤ペン多数、中学校の学年末試験の範囲表、広島大学の赤本、修正液、DVD「スターウォーズ・ジェダイの復讐」・・・

まあ、そういったものが散乱している。

私は部屋が散らばっていても、どこに何があるかわかるのだ。
まあ、掃除嫌いの言い訳だけどね(^-^)






Last updated  2006/05/26 10:20:33 PM
カテゴリ:野球とスポーツ
IMG_1325.JPG

前田がホームランを打った。幸せだった。
球場での私の席はホームベース真後ろの2階席。白球が猛烈なスピードで、遠くの外野席に向かって弧を描いて飛んでいく一部始終が見えた。
ホームランの快楽をナマで味わうには、やっぱり球場で観戦するに限る。

サッカーのゴールの魅力は射精に似ているといわれる。ボールはゴールをグサリ突き刺す。
ホームランも、サッカーのゴール以上の射精的快楽を備えている。

ボールの白色は目立つ。純白のボールは、観客席のゴタゴタした色にも、青空にも映える。白は単純な色だが、単純だからこそ目立つ。
もしボールが青とか赤とか緑とかカラフルな色だったら、ホームランの射精の快楽は半減するし、ボールが黒だったら爆弾みたいで、我々は恐怖を感じるだろう。

俺はいつも、前田みたいになれたらいいな、と思う。

俺は群れたり、つるんだり、傷をなめ合ったりする人間関係が大嫌いだ。
だから前田のような孤独で偏屈な男が大好きだ。

「お前は俺に興味があるかもしれないけど、俺はお前なんかに興味はねえよ」
と高らかに宣言できる孤高の男になりたい。孤独は俺のパワーの源泉だ。
あいつは変人だが、それ以上に魅力的な男だと、他人に思わせたい。

前田は無言がいい。
前田よ、ヘナヘナとインタビューなんか受けるな! 声かけられたら傲慢に睨み返せ!
あんたは無愛想でも、偏屈でも傲慢でも、あんたの深い魅力に取り憑かれた味方はいっぱいいるぞ!

前田は真っ白な目の覚めるような爆弾をスタンドにぶち込み、味方には信頼と熱狂を、敵には恐怖と絶望を与える力を持っている。
口で語るより、ボールで語る方が、前田には似合う。






Last updated  2006/05/24 05:12:48 AM
2006/05/23
カテゴリ:シロウトの音楽話
私はクラシックが大好きな男なのだが、オペラは少々敬遠していた。
聴くとしても、アリアのつまみ聴き程度だった。

音だけでオペラを聴くのは限界があるような気がしてきたので、最近はオペラのDVDが安いのを幸い、ちょこちょこ買っては観ている。

うん、DVDで観るオペラは素晴らしい。
映像だと筋もきちんと理解できる。オペラが小難しい「純音楽」なんかではなく、大衆的な楽しい娯楽芝居であることも再認識できる。

CDだったら、イタリア語やドイツ語で埋め尽くされた理解不可能な歌詞カードで、対訳を見て筋を追いながら聴かなければならないし、またオペラ歌手は結構声が似ているので、誰が歌っているのかわからないので筋が追いにくい。

面倒くさいのでそのうち歌詞カードを見ながら聴くのをやめてしまう。
「純音楽」として流して聞くと眠くなってしまう。

オペラ好きの人には怒られそうだが、オペラの聴き方に習熟していない人間にとって、オペラをCDの音だけ聴くことは、映画から映像を抜いて、台詞と音楽だけ聴くのと同じ愚行だと思う。

カルロス=クライバーの「ばらの騎士」を聴けば陶酔して身体がバターみたいに溶けそうになるし、「トリスタンとイゾルデ」だと自分が3時間のセックスに耐え得る精力絶倫男に思えてきます。
DVDでオペラに目覚めた、というところだろうか。

あっ、オペラが理解できなかった俺でも、マリア・カラスの声の芳醇なヴィンテージ度の高さや、パバロッティの超絶で動物的ともいうべき声量の凄さはもちろん感知できました。






Last updated  2006/05/24 12:30:17 AM
カテゴリ:シロウトの音楽話
YMOのオリジナルアルバムを、懐かしさのあまり聴き倒している。
YMOがブレイクして、「雷電」(「ライディーン」という呼び方よりも、こちらの方が好き)や「テクノポリス」がラジオでかかりまくっていた時、私は小学6年生で、中学受験真っ最中だった。

当時は前衛過ぎて、細野晴臣を詐欺呼ばわりしたくなった『BGM』というアルバムが、今では一番のお気に入りだ。

今聴いているのは、散開ライブ『アフター・サーヴィス』の「東風」。
高橋ユキヒロ(これもカタカナのほうがいいね)のメリハリのあるドラムが、私の書く手を煽る。

ああ、でも若い人がYMOなんか聴くと、陳腐なゲームミュージックにしか聞こえないんだろうな・・・
前衛の悲しさなのか。

ところで、仕事がはかどり、アドレナリンを体内に撒き散らす音楽がある。

私の場合、Bonnie Tylerの「HERO」がいい。
「HERO」を聴いていたら、1日15時間ぐらいは働けそうな気がする。
「スクール・ウォーズ」の主題歌になった、麻倉美稀のバージョンもいい。

ロックだったら、Guns&RosesやBon JoviやAerosmithなどHRもいいし、OffspringとかGreen dayあたりのメロコア系も好きだ。

日本のRockだったら、SIAM SHADEやジャンヌダルクをよく聴く。
30代後半のオッサンが聴く音楽ではないかもしれないが、私は10代後半の若者が聴く、「ガキ臭い」音楽が好きだ。

クラシックなら、ベートーヴェン交響曲第7番の第4楽章、ヴェルディ「レクイエム」の怒りの日、チャイコフスキー「悲愴」の第3楽章、ホルスト「惑星」の木星あたりが精神昂揚にはうってつけだ。

ポリー二が弾くショパンのバラード・スケルツォとか、アルゲリッチのピアノでシューマンの「飛翔」も、心が燃える。

また今度、「仕事がはかどる音楽」特集をしようかな。






Last updated  2006/05/23 08:29:28 PM
カテゴリ:塾の日常風景
ぜすと艦長のブログの「壁壊し」という話題を拝見して、わが塾草創期の頃を思い出した。

私の塾の教室は、私が入居する前には建築事務所が借りていたらしい。
この教室は部屋がとても広く、学校の教室の1.5倍くらいあり、生徒を詰め込んだら50人ぐらい入るような広さだった。

生徒が10人そこそこなのに、50人の部屋は広すぎる。授業の時は大学の不人気教授の出席を取らない授業のように閑散として、広さを持て余していた。

この部屋、ちょうど相撲の稽古場ぐらいの広さだったので、授業が終わると机と椅子を脇に置き、板張りの床に白チョークで土俵を書いて、生徒達と相撲を取ったりした。
そんなことをしていると、私は自分が良寛さまになった気分になった。

ただ、残念なことに私は良寛さまでも相撲の親方ではない。塾の先生である。広い部屋に土俵を作って相撲部屋を経営するわけにはいかない。
だから広い部屋の間に壁を作り、2つの部屋に分けた。相撲はできなくなったけど、教室にはちょうど良い部屋ができた。

ところで、わが塾にはD君という男の子がいた。壁を作った当初は中2だったが、彼は大胆な物怖じしない性格で、将来の大物感を滲み出していた。
やることなすこと、本宮ひろ志の漫画の主人公みたいな男で、私は彼に一目置いていた。
どんなに憎たらしいことを言っても、奇矯な行動をしても、可愛げが滲み出ていた。

私は気難しい性格なので、人に対して心はめったに開かない。それは生徒に対してもいえる。
私と仲良くなるタイプは、紳士淑女的な常識豊かな子か、私と同じ匂いを持つ気難しい子か、或いは気難しさを物ともせず、私の懐の中にズカズカ入り込んでくる積極的な子のいずれかだ。
D君はズカズカタイプで、どういう行動を取ったら私が喜ぶか、天才的に察知している子だった。

さて、新しく作った壁、安くで工事してもらったからなのか薄い。壁を叩くとボコボコ音がする。 思い切って叩くと壊れそうだ。

壁の薄さに気づいた中2のD君、なんと
「先生、オレこの壁破ってもいい?」
と言ってきた。

D君の普段の言動ならやりかねないが、さすがに冗談だと思い
「いいよ~」
と答えた。

そしたら、D君は真剣な顔して、パンチで壁を破り、拳の大きさの穴を壁に作ってしまったのである。

私の頭の中には、補修費用とか金銭的なことが頭を少しかすめたが、それよりD君のヤンチャな大胆さに驚き、
「お前は面白い男だな」
とD君をほめ上げた。 普通の子は、塾の壁を遊び心で破ったりはしない。D君の行動に、私は何よりも彼の将来の明るさを感じた。

広い部屋で相撲大会をして、壁を作ったらブチ破る子がいて、塾の草創期の頃が一番楽しかったかもしれない。

D君は今、一流企業のサラリーマンになっている。

IMG_1354.JPG
何の変哲もないホワイトボード

IMG_1355.JPG
ホワイトボードを外すと、D君の拳の後が残っている。

IMG_1356.JPG







Last updated  2006/12/06 03:30:23 PM
このブログでよく読まれている記事

全585件 (585件中 91-100件目)

< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 59 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.