1661213 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

.

PR

Profile


猫ギター

Favorite Blog

そういう高校に行き… New! ごうまじまじさん

11月北辰結果 New! masa/kさん

未来への投資 New! 爆裂松江塾 Dream presenter AKR!さん

センターまであと2… nakakazu3310さん

School CAPA! Offic… 南の海の音がするさん
化学専門塾!~おだ… tsukuba1さん
ふつうの生活 ふつ… civakaさん
愛をこめて・・・み… 炎_みかみちゃん。さん
ミスターホンダ Eve… ミスターホンダさん
realization qb4さん

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

塾の日常風景

2014/10/16
XML
カテゴリ:塾の日常風景

 7月に本を出しました。タイトルは『難関私大・文系をめざせ!」です。


【送料無料選択可!】難関私大・文系をめざせ! 偏差値どん底からの「早慶・GMARCH・関関同立」突破大作戦[本/雑誌] / 笠見未央/著

 以下、目次です。

 まえがき


第1章 偏差値なんか気にしないー一発逆転がきく難関私大
蒸気機関車が新幹線を追い抜く
数学が苦手な人は、難関私立に転進!
現代文が得意なら、迷わず私立文系
体育会系は難関私大に向いている
部活生の勉強ダッシュのかけ方
歴史オタクor超努力家は私立文系
親が私立大学に反対した時の説得法

第2章 英単語は短期集中&リピート暗記
英語苦手は生活習慣病
英単語は1冊1ヶ月でこなせ
英単語暗記は「文明の利器」をフル活用
単語暗記、復習で復讐だ
勉強はマラソンではない。短距離走
老舗・駿台文庫の新鋭単語集
未知の単語は、3種類に仕分けする
接頭辞が同じ英単語は、まぎらわしい

第3章 英文法は英文をさばくナイフ
英文法嫌いは基礎に戻れ
英文法は、中学の塾用教材が初心者に最適
英文法のベストセラー『ネクステ』の正しい使い方
英文法で勝負をかける秘伝の書
最高の効果・整序問題をカードで解く

第4章 英文読解は短文から長文へ
英文解釈・最初の一冊はコレ!
英文解釈は「硬派」か「遊び心」か
英語長文・誰もが使う鉄板の一冊
「速単」は5つのレベルに応じて使いこなす
「速単」はドラえもんの「アンキパン」
英語音読とカラオケ
速読はボーリング
「ぼっち」の味方。採点官気分で、和訳を採点できる本
『DUO』は中国・韓国でも人気
『DUO』の丸暗記で人生が決まる
英作文は「ぬり絵」である

島の塾生列伝1 英語偏差値40から65に上げ、同志社に入った「マスオさん」ソウタ君

第5章 日本史・世界史でスコアを伸ばす13の秘訣
教科書で歴史の流れをつかむのは難しい
最強の方法、オーディオブックで歴史の流れを学ぶ
高校の定期試験は満点が目標
「歴史クイズ王決定戦」予想問題集
歴史一問一答とヱヴァンゲリヲン
一問一答は山川・Z会・東進、どれがいい?
高校では近現代史をやらない
世界史現代史は池上彰で学べ
日本史は大河ドラマ総集編
文化史・30年後の歴史教科書に村上春樹は載るか?
歴史は8割の壁がある。やりすぎは要注意
社会嫌い「根性一直線」の一冊
コラム 戦国大名・明治の元勲の学歴は?

島の塾生列伝2 ビリから立命館に猛暗記で滑り込んだ「平成の火野正平」スバル君

  







Last updated  2014/10/16 04:22:42 PM
2006/10/05
カテゴリ:塾の日常風景
文章ばかりの鬱陶しいブログなので、たまには写真もいいでしょう。
うちの塾の中3の授業風景写真。みんな真面目に取り組んでいる。
IMG_2770.JPG
私は滅多に生徒を写真に撮らないのだが、彼らもあと半年で卒業だし、試しに撮ってみた。

ところで左隅の男の子が2人、死角で写っていないのだが、2人のうち1人は池乃めだかに、もう1人は「パチパチパンチ」「カンカンヘッド」の島木譲二に似ている。






Last updated  2006/10/05 08:50:44 PM
2006/07/31
カテゴリ:塾の日常風景
うちの塾には小3の男の子が2人いる。
小3は募集していなかったのだが、小3クラス開設のご要望があり、土曜日の朝たまたま時間が空いていたので、小3クラスを作ることにした。

それにしても小3は小さくて可愛い。小3の後に中3が来ると、オッサンオバサン臭くて、同じ人類とは思えない。
小3は9歳、中3は15歳、たった6歳しか違わないのにこの差は何だ。
とにかく子供の成長は早い。逆に老人になると年齢がわからない。同じ6歳差でも、68歳と74歳の区別はできない。68歳と74歳の老人が2人いても、どっちが68歳でどっちが74歳なのか見分けがつかないよ。

そういえば首相候補の安倍晋三は51歳、福田康夫は70歳。安倍官房長官が小3のとき、福田氏は28歳だったのである。福田氏がもし総裁選に出馬していたら、19歳も違う人間同士が争っていたことになる。
小3と28歳が戦うなんて変だ。

ところで小3の子が教室を歩くと、歩く時にタラちゃんイクラちゃんのような、ピコピコした擬音が鳴りそうな気がする。それくらい小さくて可愛らしい。

小3の子に聞いてみた。
「ねえ、洋平君、お前歩く時ピコピコ音を立てるの?」

洋平君は質問の意味がわからず、不思議そうな顔をして
「立てません」
と答えた。

そりゃあ立てないだろう。可愛い。






Last updated  2006/07/31 06:33:09 PM
カテゴリ:塾の日常風景
英語のテストで、こんな問題があった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日本文の意味を表す英文になるように、(  )内の語を正しく並びかえて書きなさい。

「私はあなたに料理のしかたを習ってほしい」
(how/I/to/to/you/cook/want/learn/.)


解答は
I want you to learn how to cook.

多かった誤答は
I want to learn how to cook you.

これでは佐川君みたいな文章になってしまわないか?






Last updated  2006/12/15 04:52:27 PM
カテゴリ:塾の日常風景
夏講でブログを休止したが、ようやく身体も慣れてきたので、1週間に2~3度はブログを更新しようかなと思う。
とにかく自然体が第一。書きたい時に書く、書きたくない時には書かない、嫌になったらやめる。そんなスタンスが大事だと思う。
これからは、1日5本の怒涛の更新があったり、2~3週間何も書かなかったり、気まぐれなブログになると思いますが、よろしく。

さて、ただいま中学校では部活の大会たけなわ。部活をやっている子は疲労の極地だが、それにしてもみな、顔の色が黒い。

特にテニス部がひどい。炎天下で長時間ラケットを振り回すため、テニス部の中には顔面が焦げ茶色でコーヒー豆みたいに黒く、目と唇が識別できない子もいる。
サッカー部も負けずに黒い。野球部は帽子をかぶっているので常識的な黒さだ。卓球部や柔道部はさすがに普段と変わりはしない。

ところで「何気やる気なローテンション」の、若き名文章家である管理人たけさんは、浅黒い肌と東南アジア的風貌から、カンボジアをもじって「カンボディー」というニックネームをお持ちらしい。
それなら今の我が塾は、中学生の3分の1は「カンボディー」だ。カンボディー塾。教室はカンボディーだらけで、私はなんだかカンボジアの日本語学校の講師になったみたいだ。

男の子の顔は黒くなって精悍になるが、かわいそうなのは色が白くて繊細な肌を持つ女の子だ。
炎天下で太陽の色が乗り移ったみたいに顔が真っ赤になっている。まるで生まれたての赤ん坊みたいに赤い。顔中に赤痣が広がっているようにも見える。

中3はあと1週間で部活は引退。うちの夏講は部活引退まで中3は1日2時間しか授業はないが、引退後は1日3時間半プラス補習というハードなスケジュールになる。
中3は受験生、今後は勉強で忙しくなって、黒いカンボディー的な顔色は、どんどん青白く変化してゆくのだろう。






Last updated  2006/07/31 04:21:27 PM
2006/07/07
カテゴリ:塾の日常風景
中1のやる気が凄い。lekuchan先生の塾もそうらしいが、日本全国の塾の中1はどこも凄いのか?

自習室は中1で埋め尽くされているし、仲間同士でお互い高め合おうという危機感が充満している。でも中1なのに「危機感」という言葉が似合うなんて凄いではないか。

学校のテストの結果も当然素晴らしい。私は何もやっていないのに。
私がやる事といえば、自習室に時々顔を出して「たまには休憩しろよ」と言ったり、質問に答えたり、教科書ガイドを貸したり、軽いアメリカンジョークを飛ばしたり、「お茶でも飲めや」と生茶のペットボトルと紙コップを運んだりするだけ。
そういえば中1の半分ぐらいは、自分で教科書ガイドと参考書を買っているのだ。私は「買え」なんて一言も言ってないのに。

中1に限って、どうやらうちの塾には「できる子」が集まっているようだ。
中3も結構いい成績を残してはいるが、中3は長期間私が叩き上げたので、ある程度成績が上がるのは当然といえば当然だが、中1は怪奇現象である。

授業中の反応もいい。授業始まりの挨拶の時「こんにチワワ」と言ったら大爆笑してくれた。こんなの中3で言ったらドン引きだが、中1の授業中の反応はとてもいい。笑いがある。心地よい反応がある。

で、ひとしきり下らない雑談をした後、「では数学78ページ」と私が低音に声色を変えて「これから勉強モードに入るぞ。真面目モードにチェンジするぞ」というシグナルを発したら、急に静粛になる。凄いクラスだ。

授業中の感触の良さは、ハワイの大波でサーフィンに乗っているような感じだ。生徒が大波をこしらえてくれて、私はただ波に乗っているだけ。気持ちいいことこの上ない。やる気がある子の前で授業するのは快楽だ。

逆に反応の悪いクラスは違う。穏やかな瀬戸内海でサーフィンしているようだ。「風を吹け、波よ立て、やる気よ出ろ!」と叫んでも一向に波は起こらない。
私はボード片手に突っ立って、孤立しているだけだ。

今年の中1、もしかしたら「ゆとり教育」の徒花か。
周囲がノンビリしていると、「自分だけはシッカリしなくちゃ」という気にでもなるのだろうか。
「家貧しくして孝子顕る」というところか。






Last updated  2006/07/07 11:48:31 AM
2006/07/03
カテゴリ:塾の日常風景
kamiesu先生の日記を拝見して、私も開塾当時の懐かしい気分に浸らせていただいた。

そう、私も大手塾に勤めていた頃は、塾と自分は「一体化」していなかった(当たり前だけど)。
自分が勤める大手塾が非難されても「上層部がアカン」「講師の誰々が良くない」と組織や他人に自然と責任をなすりつけた。
責任をなすりつけたという言い方は少し語弊があるが、講師時代は大手塾が批判されても自分はあまり傷つかなかった。

でも今は、私とUS塾を切り離しては考えられない。明らかに誰の目から見ても「猫ギター=US塾」だ。
サザンオールスターズと桑田佳祐、ZARDと坂井泉水がが切り離せないのと同じことだ。

たとえばサザンが「オッサンバンド」と悪口を言われたら、それは同時に桑田氏への悪口であり、「最近のUS塾はダメだね」と言われたら、私への非難以外の何者でもない。責任転嫁したくてもできない。逃げも隠れもできない。
もし私が落ちぶれたら、社会のせい、神様のせい、少子化のせい、太陽の光のせいにでもしようか。

とにかく自営業をやっていると、誰かのせいにすることを忘却してしまう。






Last updated  2006/07/03 06:21:31 PM
2006/06/30
カテゴリ:塾の日常風景
kamiesu先生の自習室のお話に便乗して、私も自習室の話を・・・

今日は中1の女の子が自習室に勉強に来た。学校帰りの午後3時から6時までずっと勉強していた。
私は6時ごろから「お腹減ったら帰っていいぞ」と何度も言ったのだが、彼女達は無視して勉強を続けている。
私はまるで、夜中勉強している子に「もう寝なさい」と声をかけるお母さんみたいだ。いいぞいいぞ。

自習室の集中力は凄い。友人同士しゃべるなんて想像もつかない、緊迫したガラス細工のような雰囲気になっている。

まるで鼻息一つで壁画が剥落してしまいそうな、高松塚古墳みたいにデリケートな自習室だ。






Last updated  2006/06/30 10:59:14 PM
2006/06/29
カテゴリ:塾の日常風景
試験対策真っ盛りだ。
うちの塾は試験前「自由に勉強に来ていいよ」という形式ではなく、強制的に何時から何時までいらっしゃいという形式を取っている。
試験前は週6回通塾しなければならない。

どうせ塾に勉強に来ない子は、試験前家で遊んでいるに決まっている。私生活がとっても怪しい。
家で勉強しているか疑わしいので、試験前塾に絶対に来てもらう。自学自習という理想はちょっと脇に置いといて、成績が伸びない子は、私が機関車みたいに引っ張らなければならない。

特に中1はまだ試験勉強の方法を把握していない。まるで赤ん坊だ。
ビャービャー泣いている中1の赤ん坊どもに「自分でえさを探して来い! 自学自習だ!」と叫んでも、何もできやしない。そんな冷たい仕打ちをしたら、中1は食にありつけなくて干からびてしまう。

勉強のやり方がわからない子に対しては、教師は距離を取ってはならない。乳離れするまでしつこく面倒を見るのが教師の役割だ。
過保護・過干渉・構いすぎ・教えすぎ、そう批判されてもいいから、懐に飛び込ませて思いっきり抱きしめながら教えよう。

気色悪い比喩で恐縮だが、私が巨乳を丸出しにして、中1に母乳をたっぷりと与えてあげなければならない。
小学校時代勉強をろくにしていない貧相な頭脳を豊満にするには、母乳が一番さ。






Last updated  2006/12/06 08:18:24 PM
2006/06/28
カテゴリ:塾の日常風景
ある日、うちの塾生が「ガイジ」という言葉を口走った。
その瞬間私は「てめえ、馬鹿野郎」と思いっきり激怒した。理性で叱ったのではない、感情で怒ったのだ。
「ガイジ」と口にした子は泣いた。大泣きした。

障害者を笑いものにする子、差別用語を平気で話す子。
そんな子はお灸をすえねば。








Last updated  2006/12/06 04:28:20 AM
このブログでよく読まれている記事

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.