1771807 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

.

PR

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

野球とスポーツ

2006/08/07
XML
カテゴリ:野球とスポーツ
私にはサッカー選手の凄さが、よくわからない。

もちろん「サッカー選手なんて、ぜんぜん大したことねえよ」という意味ではない。
私はサッカー音痴なので、サッカーの試合中継を眺めていても、誰が上手で誰が下手なのか全然区別できずに、どの選手も同じ力量に見えるという意味で言ってるのだ。

サッカーで私のような素人でも見分けられるのは、飛びぬけて超人的な凄い選手と、ド下手な選手の両極端な2種類だけだ。
たとえばGK川口の神がかり的なセーブや、マラドーナの5人抜きの凄みはどんな素人にもわかる。

極論だが、たとえば中田・宮本といった日本代表の中に、ホンジャマカの石塚や、松村邦洋が日本代表の一人として登場していたら、「あの選手デブで足が遅くてスタミナがないわねえ」と私にも一発で下手糞であることがわかる。

ところで、中田英寿は凄い選手だと巷で言われる。
しかし私はサッカーに疎いので、悲しいことに中田が他の選手に比べてどこが優れているのか、「肉眼」ではわからない。
テレビ中継でサッカーゲームみたいに緑の芝生の上で駆け回る選手の姿が俯瞰で映っているのを見て、「あの7番の動きはいいね」と格好つけて言い切る自信など全くない。

私は人が中田のプレイを凄いと言っているから凄いと思っているのであって、自分の目で中田が凄いと判別したわけではないのだ。

さて、皆さんは私と違って、サッカーの試合だけを判断材料にして、中田の技量の高さが理解できるのだろうか? 
おそらくサッカーを観戦している人の8割ぐらいは、中田の技量レベルについて、何もわかっていないんじゃないかと思う。

中田は個性的な選手だと言うけれど、プレーではなくファッションや言動という枝葉的な部分で中田の個性を感じている人の方が遙かに多いと確信する。

マスコミが中田のプレイは抜きん出ていると報じているから、「ああ、中田は凄いんだなあ」と我々が思っているに過ぎないんじゃないか。
サッカーに関しては、マスコミの報道を鵜呑みにしてしまう。
「自分の目」を持たないから、マスコミの言辞に1から10まで振り回されるのだ。

マスコミの記者ですら、全員が中田のサッカーの技量における凄味を理解しているのかどうか疑わしい。
マスコミがプレーを正当に理解してくれず、頓珍漢で的外れの質問ばかり繰り返し、プレーではなく私生活や人間関係という枝葉の部分だけ膨らませた無責任な報道ばかりするから、中田も頭に来てマスコミと冷戦状態になるのではないか。

とにかく日本では、テレビの視聴者もマスコミも、サッカーの技量の良し悪しについては、よくわかっていない。

中田だけでなくジダンに関してもそうだ。ジダンのどこが凄いのか、なぜ世界的ヒーローなのか、本当に理解している人は少ないだろう。

Wikipediaではジダンを、次のように礼賛している。

「パス、ドリブル、トラップといったボールを扱うテクニックは超一級品で、ボールコントロールに関しては歴代の名選手の中でも別格。
 185cmの恵まれた体格の上体を生かして懐深くボールをキープ、両足を巧みに使いながら複数の相手DFをかわし、抜群の視野の広さを持って前線へ正確なパスを送るプレーが彼の真骨頂。
 まるで踊っているかのような優雅なボールキープで試合を支配する様は「マエストロ」(攻撃のタクトを振るう意味で)と評される。
 ジダンの周りだけ 違う時間が流れている様に見える独特のボールタッチや、殆ど倒れそうな状態からでも正確なパスを送る事のできるバランス感覚など、同じ人間とは思えないほどのプレーをすることから、宇宙人とのニックネームもつけられた。
 世界的スターが集まった2000年代前半のレアル・マドリーでも、彼の存在感は際立っており、多くの評論家・解説者が『ジダンのプレーは次元が違う』
『彼は別の惑星から来た選手なのか』とため息を漏らしていた。」

しかし目が節穴な私には、ジダンのプレーからジダンの技量の素晴らしさを鑑賞する眼力がない。
ジダンの蹴る走るというプレイ中の一連行動から、彼がマエストロであり宇宙人であるという評価を下すことなどできない。サッカーのプレイは門外漢にはわかりにくい。
私に唯一理解できたジダンの行動は、あの頭突きだけである。

さて、サッカーに比べて、野球の方が選手の技量については判断しやすい。野球は打率や防御率などの成績が数字で表れるからだ。選手の能力がシビアに数値化される。
松井やイチローのバッティングセンスも、松坂大輔の豪腕ぶりも、新聞に掲載される打率や防御率を足がかりにしてわかる。

逆にサッカーは、FWの能力こそゴール数で推し量ることができるが、ディフェンダーの能力は数値化できない。数値という客観的な判断材料がサッカーにはない。その分野球に比べてサッカーは観戦する側には「難しい」スポーツと言える。
サッカーにも選手の力量を数値化する「偏差値」が欲しい、と思う。

サッカーのプレーは、わけのわからない名画に似ている。歴史的に名画という評価が下されているから、権威に追従して私は「この絵は素晴らしい」とわかった振りをしているに過ぎない。
10000枚の絵画があって、予備知識なしで「モナリザが最高」と言い切れる自信は私には全然ない。

サッカーに関しても絵画にしても私は門外漢だ。門外漢だから目は節穴だ。
節穴の目にマスコミの論調や批評家の講釈といった先入観を詰め込まれたら、「自分の目」など持てない。視界は霞むし視点は揺れるし視座はぐらつく。






Last updated  2006/08/07 08:39:50 PM


2006/08/03
カテゴリ:野球とスポーツ
亀田興毅戦、TBSに「番組開始から試合までが長い」「判定に納得がいかない」といった抗議や問い合わせが、3万7225件にも上ったという。平均視聴率は42.4%だそうだ。

亀田三兄弟の第一印象、正直言わせていただけるなら、言動は宇多田ヒカルが最初にテレビ出演した時のような、生意気な若僧的な不快感を覚えるし、まず何と言っても彼らの猿顔に違和感を覚える。
あのハチャメチャな言動を格好いいと思って、若者が安易に真似することを教育者の端くれとして恐れている。

話は変わるが、スポーツは「死臭のしない戦い」である。
たとえば球技はどんなに激しい戦いでも、負けた方が死ぬわけではない。
格闘技ですら時代が経つにつれ、死の匂いが徐々に消されていった。
大袈裟に言うならば、競技から死の匂いが消えたことが「近代」というものなのだろう。

かつてローマ帝国では、コロッセオでキリスト教徒が猛獣に殺戮されるのを、大観衆が楽しんだ。
またタイのムエタイは、初期の頃はどちらかが死ぬまで戦ったという。
格闘技の敗者は、土やマットの上に自らの屍が横たわるのを、大観衆の前にさらすのが常だった。観衆もそんな残酷さを望んだ。

ボクシングは格闘技の中でも、最も死の匂いがする競技だ。
亀田興毅はボクサーである。19歳で「死地」に送り込まれる気分は果たしてどんなものだろうか。死と隣り合わせだからこそ、彼は常軌を逸した、一部の人間に不快を感じさせる言動をするのだろうか。

ボクシングは人間の理性ではなく、獣性をフルにアピールしないと勝利にたどり着かない。
顔と言動を見る限り、亀田兄弟は獣性を強く持つボクサーである。

そんな獣性の強い亀田兄弟の試合は、古代の格闘技に見られた野蛮なテイストと、それに付随する死臭を少し感じるし、また3年前の曙VSボブサップ的な、見世物小屋的な匂いもする。
彼らが原初的な野性味を発揮するからこそ、観客は亀田兄弟に興味を持つ。我々はキリスト教徒がライオンに食われる流血の惨禍を眺めエキサイティングするコロッセオの大観衆と同じ心理なのか。

こういう過酷な環境で戦う、堅気とは程遠い亀田兄弟に、常人と同じ言動を求めるのは筋違いな気が私には少ししてきた。
しかも亀田興毅は、まだ19歳だ!

そんなことを私はふと思ったのである。






Last updated  2006/08/03 08:07:06 PM
2006/07/14
テーマ:巨人ファン(8208)
カテゴリ:野球とスポーツ
今日のyahoo見てたら、こんなニュースがあった。

巨人の渡辺恒雄会長は、原辰徳監督に「来年絶対に優勝できるように、今からいろいろと考えて手を打て。長期計画で」と来季Vを厳命した。

えっ? 巨人は優勝あきらめたの?

確かに途中までは巨人は強かった。しかしその後の転落ぶりは凄い。

最初の32試合は
○●○○○○●○○○○○○○○●○○●○
●○●○●○●●○○○○
と23勝9敗

その後西武3連戦で3タテ食ったのが痛く
●●●○○●●○●○●●●●●○○○○○
この時点でトータル32勝20敗

ところが地獄の8連敗以降は、なんと4勝27敗
●●●●●●●●○●○●●●●●●●●●
●○○●●●●●●●●
現在はトータル36勝47敗である。

でも巨人が優勝を現時点であきらめるなら、巨人より順位が低いカープはどうなるのか?

そう思った瞬間順位表を見たら、何とカープは巨人より上にいるではないか!
意外にもカープは4位、巨人は5位だったのである。いつの間にか順位が逆転していた。
しかも巨人はダントツの最下位だった横浜と1.5差しかない!

巨人はカープのエース黒田を狙っているらしいが、今の巨人には黒田を引き付ける魅力はないぜよ。






Last updated  2006/07/14 09:42:35 PM
2006/07/09
テーマ:巨人ファン(8208)
カテゴリ:野球とスポーツ
カープは巨人に3連勝。東出のサヨナラヒットで勝った。

でも巨人はどうなってるんだ?
怪我人が多いとはいえ、内部で何かあったのか?

原監督に代わり、4月5月の巨人はスタートダッシュに成功した。
快調なスタートダッシュは巨人の最近の低迷は堀内監督のせいだったと証明したようなもので、巨人ファンは一息つくことができたが、6月に悲劇が起きた。巨人の弱さはもっと深い構造的な問題らしい。

野村・星野が阪神の監督に就任以来、巨人と阪神の立場は逆転した。
阪神は弱くても絵になるが、巨人が弱かったらシャレにならない。

今日の試合も、何だか病院のベットで寝ている瀕死の病人の顔にヒールキックを決めたようで、巨人に同情してしまう。






Last updated  2006/07/09 09:53:05 PM
カテゴリ:野球とスポーツ
今日はワールドカップ、フランス対イタリアの決勝戦だ。

よく南米やヨーロッパの国は、日本と違って広大な空き地がたくさんあり、子供がサッカーをしやすい環境だから強いんだと言われる。
確かにブラジルの少年は、素足にサッカーボールが吸い付いているようなイメージがある。

日本のような地価の高い国で、広大なサッカー場を確保するのは難しい。
ヨーロッパにせよ日本よりはるかに平地が多く、人口密度が低いわけだから、子供がサッカーをする環境には恵まれているのだろう。

しかし例外はイタリアのベニス。日本より遥かに子供のサッカー環境は悪そうだ。

IMG_0738.JPG
IMG_0703.JPG
IMG_0787.JPG

こんな街では、子供がサッカーをするのは難しい。

ベニスの旧市街には車道がない。密集した住宅の中、狭い運河と狭い歩道が街を迷路のように駆け巡っている。
狭い路地ではサッカーはできないし、蹴ったボールが運河に落ちてしまう。
交通手段は水上バスにボート。救急車も消防車もパトカーも船だ。

ベニスは観光客には魅力のある街だ。行き交う車も自転車もいない。世界で一番散歩が楽しい街かもしれない。
しかしその反面、住民には不便な街だ。ベニスでは街の魅力と住環境は反比例している。特にお年寄りには住みにくい。

しかしそんなベニスの街にも、ところどころ狭い広場がある。広場には観光客向けのテラスがオープンになったカフェがあり、散策に疲れた観光客が休憩を取っている。
そして広場では、必ず子供が3~4人集まってサッカーボールを蹴っている。みんな上手いし、格好いい。

IMG_0780.JPG

子供達は観光客に向かって、イタリアサッカーの底力を見せつけている。






Last updated  2006/07/09 12:51:49 PM
2006/07/03
カテゴリ:野球とスポーツ
プロ野球オールスター、ファン投票の結果が発表された。
カープの選手が1人も選出されていない。淋しいことだ。

私は10年ぐらい前、ファン投票のハガキを書くことに凝った時期がある。500枚ぐらいハガキを買ってきて、せっせと自分一人で1枚ずつ選手の名前をボールペンで書くのだ。
金もかかるし、手間もかかる。でもそんな執念のような難作業を私は3年間続けた。

私は組織票は嫌いだ。ファンだからといって自分の贔屓球団の選手だけで埋めるのは好きじゃない。
たとえば巨人ファンなら先発投手・上原、リリーフ投手・豊田、捕手・阿部、一塁・李、二塁・小坂、三塁・小久保、遊撃・ニ岡といった具合に。
活躍中の李スンヨプやニ岡ならわかるが、怪我をしている小久保や、WBCで頑張りすぎて燃え尽き症候群にかかった上原の名前を書かないで欲しいと思う。

私はカープファンだが、カープの選手だからといって身贔屓はしない。客観的にセリーグ全選手の成績を検討しながら、公平に投票する。

今年だったら私は誰を選ぶだろうか?

先発投手は間違いなくカープの黒田である。中日・川上の方が勝ち星、防御率共に成績は上だが、黒田にはエースとしてのオーラがある。
川上は確かに凄い投手だ。しかし黒田は凄すぎる投手だ。面構えが素晴らしい。

中継ぎは阪神の藤川とカープの横山が競っているが、僅差で横山か。
横山はルーズショルダーを克服し、ここ数年の一軍二軍を往復する生活から復活した。その意気に応えたい。
藤川ではなく横山が選出されることには、誰もが納得するだろう。

リリーフ投手は難しい。阪神JFKの久保田は残念ながら怪我に泣いたから圏外。球の速い横浜・クルーンか、中日の守護神岩瀬で迷う。でもここは赤ヘルの抑えの切り札・永川の名前を書きたい。ベイルも凄いが病み上がりなので、永川に軍配を上げたい。自慢のフォークでパリーグ打線を沈黙させるだろう。

捕手は難しい。カープの2枚看板の倉か石原かで迷う。試合には出ていないがヤクルト・古田の老練さ、阪神・矢野のベテランの男っぷり、巨人・阿部の面白い顔もいいが決め手にかける。やはり倉か石原のどちらかが、セリーグの代表捕手としては妥当な線か。でもここは年の功と、昨年セ・リーグの盗塁阻止率1位の実績から倉だろう。

一塁手は巨人・李、阪神・シーツ、中日・ウッズ、ヤクルト・リグスという強打者が揃い迷うが、カープの栗原が妥当だ。茶色い長髪がヘルメットからはみ出た、カープの選手には珍しい野生的な風貌で人気も高い。オールスターで伝説になりそうなのは栗原健太だ。将来の「ミスター赤ヘル」の力を、オールスターで存分に発揮して欲しい。

二塁手はカープの梵。最初は誰もが梵のことを「ぼん」と読んでいた。失礼な。しかし今では知名度を獲得し、「そよぎ」と正しく読まれるようになった。
梵の名守備のおかげで、広島内野陣からスリルが減った。今年の新人王は梵で決定だ。
ヤクルト・ラロッカも打撃成績は素晴らしいが、総合力で梵に及ばない。

三塁手は横浜・村田、ヤクルト・岩村もいいが、ここは確実性のあるシュアーなバッティングで定評のあるカープの大砲・新井が順当に選ばれるだろう。常連の巨人・小久保、阪神・今岡は怪我で出場できず。
新井はホームラン競争で勇姿を見せて欲しい。

遊撃手は巨人の二岡と、カープの東出の激しい争い。しかし守備の確実性を増し、一番バッターとして赤ヘルの核弾頭役をこなす東出の優位は揺るがないだろう。
去年に比べて著しく東出は成長している。去年までは東出のところに打球が飛ぶと市民球場の観客は悲鳴を上げたが、今年の東出は違う。東出の成長で名遊撃手野村謙二郎の穴は完全に埋まった。ブラウン監督と出合って東出は幸せだ。

外野は混戦だ。
前田は文句なし。球界を代表する大打者なので自動登録。
あとは阪神の赤星と金本、横浜の多村、ヤクルトの青木、中日の福留あたりが候補になる。
しかし不振ながら赤ゴジラ嶋の名前は外せない。潜在能力ではピカイチだ。オールスターで活躍して、嶋は後半戦のキーパーソンになるだろう。
3人目の外野手は誰か? ここは金本や福留を抑えて、復活第一戦でタイムリーを放ったカープのベテラン緒方がいい。金本と福留は一歩及ばず。

結局私が客観的に選んだ結果、カープの選手ばかりになったが、これは単なる偶然である。






Last updated  2006/07/03 09:27:45 PM
2006/06/19
カテゴリ:野球とスポーツ
それにしても、どうしてサッカーの日本代表監督は、あんなに攻撃されるのだろう。
ジーコは人権侵害と言っていいくらい、サッカージャーナリズムから「無能」扱いされている。

4年前のトルシエは狂人扱いだったし、その前の岡田監督は経験不足な未熟者だと非難を浴びていた。
政治家でもあれほどマスコミから非難されたりはしない。ジーコはイラクで戦争を始めたブッシュと同じくらいの、無能極悪人扱いである。

野球の日本代表監督は、五輪が長嶋でWBCは王と、非難されにくい象徴的人物が選ばれているからマスコミからの攻撃は少ないけど、サッカーの代表監督はあまりにも非難が激しすぎる。
マスコミの攻撃に手心が加えられる余地は全くない。あれでは日本代表の後任監督人事が難航するのは当然だ。あんなに責められたらなり手はいないよ・・・

それにしても、セルジオ越後という人は、何であんなに偉そうなのか?
彼は何者?
彼があれほど偉そうな根拠は何?






Last updated  2006/06/19 11:37:32 AM
2006/05/24
カテゴリ:野球とスポーツ
IMG_1325.JPG

前田がホームランを打った。幸せだった。
球場での私の席はホームベース真後ろの2階席。白球が猛烈なスピードで、遠くの外野席に向かって弧を描いて飛んでいく一部始終が見えた。
ホームランの快楽をナマで味わうには、やっぱり球場で観戦するに限る。

サッカーのゴールの魅力は射精に似ているといわれる。ボールはゴールをグサリ突き刺す。
ホームランも、サッカーのゴール以上の射精的快楽を備えている。

ボールの白色は目立つ。純白のボールは、観客席のゴタゴタした色にも、青空にも映える。白は単純な色だが、単純だからこそ目立つ。
もしボールが青とか赤とか緑とかカラフルな色だったら、ホームランの射精の快楽は半減するし、ボールが黒だったら爆弾みたいで、我々は恐怖を感じるだろう。

俺はいつも、前田みたいになれたらいいな、と思う。

俺は群れたり、つるんだり、傷をなめ合ったりする人間関係が大嫌いだ。
だから前田のような孤独で偏屈な男が大好きだ。

「お前は俺に興味があるかもしれないけど、俺はお前なんかに興味はねえよ」
と高らかに宣言できる孤高の男になりたい。孤独は俺のパワーの源泉だ。
あいつは変人だが、それ以上に魅力的な男だと、他人に思わせたい。

前田は無言がいい。
前田よ、ヘナヘナとインタビューなんか受けるな! 声かけられたら傲慢に睨み返せ!
あんたは無愛想でも、偏屈でも傲慢でも、あんたの深い魅力に取り憑かれた味方はいっぱいいるぞ!

前田は真っ白な目の覚めるような爆弾をスタンドにぶち込み、味方には信頼と熱狂を、敵には恐怖と絶望を与える力を持っている。
口で語るより、ボールで語る方が、前田には似合う。






Last updated  2006/05/24 05:12:48 AM
2006/05/22
カテゴリ:野球とスポーツ
IMG_1314.JPG
怪しいコンクリートの廃墟、ここはいったい・・・・?
「太陽にほえろ!」のラスト近くで、刑事と犯人が追いかけっこするような不気味な廃墟ビルだ。

IMG_1311.JPG
もしかしてアスベスト? いや、どうなんだろう。
とにかく、古めかしい建造物だ。

IMG_1313.JPG
トイレ?
トイレがあるということは、人が集まる場所か?
どこじゃ、ここは!?

IMG_1330.JPG
階段を登ると、暗闇から青空が・・・

IMG_1318.JPG
この廃墟は、広島市民球場でした。

IMG_1324.JPG
日本ハム戦。今日、新庄は何かやるかな?

IMG_1319.JPG
広島市民球場は都心部にあって、周囲はビルが密集している。

IMG_1309.JPG
外観はそんなに古さを感じさせない。

IMG_1327.JPG
球場の南を見渡すと、平和公園と原爆ドームが見える。

IMG_0153.JPG
ローマ・コロッセオの内部
スタジアムの熱狂は、昔も今も変わらない。

でもコロッセオより広島市民球場の方が古臭く感じるのは、オレだけかな?






Last updated  2006/05/22 05:28:26 PM
2006/05/20
カテゴリ:野球とスポーツ
ジーコの舌を丸めながらの「まき~」の発音は衝撃的だった。舌を巻き巻きしながら「巻き~」

ところで、1ヵ月後にはサッカーのワールドカップが開催される。

悔しいのが、日本で次にワールドカップが開催されるのが、いつになるかわからないことだ。
今度アジアで開催するとなれば中国だろう。アジアでも中近東にも出番は回ってくるだろうし、アフリカでもそのうち開催されるだろう。
ぜひ、もう一回日本で開催してほしい。でもこのままでは、時期開催は2066年ぐらいになるのか。そのとき私は98歳だ。

鬱陶しいのはヨーロッパ。今までのところ、ワールドカップは2回に1回はヨーロッパでの開催である。
8年前フランスでやったと思ったら、今回はもうドイツで開催される。

今後はドイツ→ブラジル→ポルトガル→中国→オランダ→ナイジェリア→イタリア→オーストラリア→スペイン→ロシア→イングランド→メキシコ→ベルギー→サウジアラビア→・・・

こんな具合にヨーロッパの小さな国で開催をグルグルたらいまわしにしていたら、日本にいつ開催国の役目が回ってくるかわかったもんじゃない。
ルクセンブルクみたいな小さな国で開催したら俺は暴れるぞ。
ロシアがヨーロッパではなくアジアの国扱いにされる特例でもできたらたまらない。
そんなことしたら、ますます日本開催は遅れる。

とにかく、狭いヨーロッパ内で姑息な開催国のパス回しはやめて欲しい。

そこでアイディア。
アジアは日本と韓国共同開催という、アジアの国なんて2つ3つ一緒にしとけばいいやと、非常になめられた処遇をされたのだから、それなら、ヨーロッパもEUで共同開催すればよいのではないか。
そうしたらチマチマと小さな国でたらいまわしされることなく、日本に開催の順番が早く回ってくる。
EU→ブラジル→中国→ナイジェリア→オーストラリア→ロシア→メキシコ→EU→サウジアラビア・・・
こんな具合に廻せばよい。日本の再登板も近いだろう。

ヨーロッパは、ピンチの時にはグルになってEUという経済障壁を作り、アメリカや日本をこっぴどく締め出すのに、ワールドカップのような都合のいい時だけはバラバラになる。
イギリスなんかイングランドとスコットランドに分かれている。卑怯やないか。

だだし、EUの合同チームというのは絶対にやめて欲しい。
そうなれば優勝国は、
EU→EU→EU→EU→EU→ブラジル→EU→EU→EU→EU→EU→・・・
ということになってしまうだろう。

「EUチーム」は、オリンピック・バスケのアメリカ「ドリームチーム」以上の強みを発揮する。






Last updated  2006/05/20 05:06:09 PM
このブログでよく読まれている記事

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.