038390 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

クラシック音楽と日常♪

全283件 (283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

February 3, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近購入したリコーダーのCDです。

 5156IJqCYfL._SL500_AA300_.jpg


ディヴィジョンリコーダー  花岡和生(ヴォイスフルート&テナーリコーダー)

 1706年にロンドンで出版されたリコーダーのためのディヴィジョン集より選択。
リュートとヴィオラダガンバによる静かなグラウンド(繰り返し演奏される4~8
小節のバスライン)の上にリコーダーが変奏を展開していく。(ディヴィジョン)


 私もリコーダー、テナーリコーダーを吹いています。
リコーダーの曲としては、アルトリコーダーのために書かれているものが最も
多いんだそうですが、私は、テナーの音が好きです。テナーは、アルトより
まるい音で、いかにも筒が鳴っている感じの音です。それがとても素朴で好きです。

  
 この花岡さんのCDは、全編にわたってほのあたたかい音!非凡な演奏技術で、
1曲1曲包み込むように展開していきます。


 






Last updated  February 3, 2012 11:12:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 9, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、地元のケーズ電器に行きましたら、うるるとさららの車を発見しました。
前から見てみたいと思っていましたが、実物は、コンパクトでありながら、存在感
あります!ベース車は、トヨタのiQでしょうか?二人乗りなんで、荷物も載らないし
ほんとに宣伝カーだなと思いました。ネットで他の画像も確認しましたら、ピンクの
車もあるみたいです。


20120107_134133.jpg


20120107_134224.jpg


20120107_134232.jpg






Last updated  January 9, 2012 06:06:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 6, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
salvia_concert_201201.gif

 今日、岐阜市民病院のコンサートに行ってきました。
 今日のコンサートは、市民病院の西診療棟が完成して、その4階にサルビアホール
ができました。そのこけら落とし公演です。毎回、ピアノの調律をさせて頂いております。


 メンバーは、トキオ中村さんと片桐久美子さんは、ジャズミュージシャン。
シゲミツ細江は、細江岐阜市長、エーイチ冨田は、岐阜市民病院院長と豪華な顔ぶれです。


皆さん、ユーモアに溢れ、音楽を楽しんで演奏されていました。聴いておられる方も
いっしょに歌を歌ったりと一体感のあったすばらしいコンサートで、私自身、とても楽しい
ひとときを過ごさせて頂きました。


20120106_162011.jpg






Last updated  January 6, 2012 07:38:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 30, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
20111230_122413.jpg


 今日、仕事で、加納(岐阜県岐阜市)のアピタあたりを走っておりましたら、
CCN(岐阜のケーブルTV会社です。)の車を見ました。全身「ナガラ~」の絵が
入っておりました。ナガラ~とは、CCNのマスコットキャラクターで、地元の公開収録
などがあると着ぐるみでみることができます。


 私は、地デジ化前からケーブルTVを愛聴しております。CCNの地元の情報は、とても
ありがたい情報源です。


 ナガラ~のぬいぐるみでもできたらぜひ購入したいと思います!
あっ、家にじゃなくて音楽教室にでもかざっておきたいと思います。






Last updated  December 30, 2011 05:20:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 17, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
51VfnzM2R6L._SS400_.jpg

リコーダー×リコーダー

1. T.メールラ:カンツォン『うぐいす』
2. A.コレッリ:フォリア(ソナタ第12番)
3. C.デュパール:序曲(組曲第1番より)
4. A.コレッリ:ガヴォッタ(ソナタ第10番 4楽章)
5. J.M.オトテール:サン・クルーの滝(組曲第3番より)
6. J.B.ボワモルティエ:ロンド(ソナタ作品7-2 2楽章)
7. J.S.バッハ:アルマンド パルティータ(BWV1013より)
8. J.M.ルクレール:アレグロ(ソナタ第1番 4楽章)
9. M.マレ:プレリュード(トリオ変ロ長調より)
10. G.P.テレマン:ファンタジー第10番
11. J.S.バッハ:アダージョ・マ・ノン・タント(ソナタBWV1035 1楽章)
12. A.コレッリ:アダージョ(ソナタ第4番 1楽章)
13. D.カステッロ:ソナタ第16番
14. D.オルティス:『甘い思い出』によるレセルカーダ第2番


山岡重治(リコーダー)& レ.サンク.サンス


今、このCDを聞いています。最近は、すっかりリコーダーにはまりCDも揃えるように
なってきました。角ハイボールにつまみを少々!リラックスして聞くことができます。

このアルバムは、山岡重治のさまざまなCDからの抜粋盤です。
いろんな編成、いろんなリコーダーの音色が楽しめるので、リコーダーに興味のある方
おすすめです。

3のデュパール、コレルリのヴァイオリンソナタをリコーダーで演奏している2や12は、
とても気にいってます。






Last updated  December 18, 2011 12:02:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 26, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
2011-11-26 10.32.31.jpg

今日も明日も仕事です。
今日、関市から一宮市に行く途中、各務原市を通りました。ご存じの方も多いと思いますが、
今日は、航空ショーだったみたいです。飛行機がかなり低いところを飛ぶのにもビックリ
でしたが、飛行機が出す、煙?で、ハートや上記の写真の★などを作るのですが、ほんと
あざやかなものです。あれでは、車の運転をしていてもよそ見してしまいそうです。(笑)
してませんけど。






Last updated  November 26, 2011 08:52:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 12, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
images.jpg


サンサーンス 交響曲第3番「オルガン」
ジャン・マルティノン指揮 フランス国立管弦楽団


マルティノンのCDってあまり持っていません。ただこのアルバムは素晴らしいですね。
フランスの曲をフランスのオーケストラで演奏する妙といいますか、決して重くならず
各パートが、きちんとした仕事をしてるっていう感じです。

弦楽器の軽やかで流麗な音、木管の高い技術はもちろんですが、ティンパ二の音、出方が
非常にポイントが高いし、曲がよく締まっている要因になっていると思われます。


サンサーンスがロンドンフィルハーモニックの依頼でこの曲を作曲したそうですが、
それ以降、何十年の間、交響曲を作曲しなかったというところから、興味がなくなったか
これ以上のものができなかったのか?なんて楽曲解説にありましたが、たしかにこれ以上に
壮大で曲の面白さを感じさせてくれる曲はなかなかできなかったのではないかと思いました。






Last updated  November 12, 2011 02:33:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 8, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近、リコーダー四重奏のお仲間に入れてもらって、毎週日曜日2時間ほど
冷や汗をかきながら(笑)でも楽しいですけど!譜面と格闘しながらガンバって
吹いています。


アンサンブルの名前は、「アーキテクトリコーダーアンサンブル」です。
建築物のように緻密なアンサンブルをめざして!(山田先生あってますか?)やっています。



構成は、ソプラノリコーダー、アルトリコーダー、テナーリコーダー、パスリコーダー
の4本です。その中で、私は、テナーリコーダーを担当しています。



私以外の3人は、木製のリコーダーを使用していますが、私だけプラスティックのリコーダー
です。最近、レパートリーも順調に増えてきて、やはり私も木製のリコーダーがほしい!と
思い、現在物色中です。



下記の3つの中から選びたいと思っています。私のイメージとしては、少々輪郭のはっきり
としたリコーダーがいいなと思っていますので、2)番が有力候補です。



1)メーカー(メック)種類(ロッテンブルク)材料(カエデ)
ロッテンメイプル.jpg


2)メーカー(メック)種類(ロッテンブルク)材料(ツゲ)
ロッテンツゲ.jpg


3)メーカー(ヤマハ)種類(特になし)   材料(カエデ)
ヤマハテナー.jpg








Last updated  November 8, 2011 09:50:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

Bach, Johann Sebastian バッハ / イギリス組曲(全6曲)、パルティータ(全6曲) レオンハルト(4CD限定盤) 輸入盤 【CD】


 今日は、仕事の電話をしながら、レオンハルトのバッハ・パルティータを聴いています。
上記の盤は、まだ最近出たものですが、このレオンハルトのパルティータ&イギリス組曲
(1984年録音)は、長らく廃盤になっていました。どうしてもほしかった私は、
どちらもネットで中古品をゲットして聴いておりました。


 この84年録音は、それ以前の彼の録音からするとテンポが少しゆったりしていて、
響きが明るく気持ちの良い演奏です。チェンバロの音も大変いいです。


 折り目正しく、時に厳しい音のイメージのレオンハルトですが、大変に楽しめる
アルバムです。ファンはもちろん、チェンバロ聴きたい方のファーストチョイスにも
最適だと思います!






Last updated  November 8, 2011 09:26:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 3, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
2011-11-03 10.17.45.jpg

 今日、ヴァイオリンのH先生の発表会の調律をさせて頂きました。午前8時30分から
9時55分ころまでお時間を頂きました。


10時過ぎにピアノ伴奏先生がおみえになりまして、生徒さんのリハーサルが始まりました。
まるで、曲の最終仕上げをされるように、丁寧に要点をご指導されるのを見て、スゴイな
と思いました。普通は、そこまで入念にはリハーサルされないからです。直前の指導は、
的確であれば非常に高い効果を生みます。


 いつも優しくニュートラルで的確に指導されているH先生は、これからも生徒さんが
たくさんになられて、岐阜でもっと有名な指導者になられるのではないかと思いました。






Last updated  November 3, 2011 05:06:53 PM
コメント(0) | コメントを書く

全283件 (283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.