000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

混沌渦巻く世界

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

プロフィール


飛麗

カレンダー

お気に入りブログ

game&PC日記 明智日向守光秀さん
フィーバー創聖のア… あなたと合体したいさん
CaramelCa… 陸抗さん

コメント新着

通りすがり@ Re:真・三国無双6発売決定です!(04/01) コーエーらしくないのは、倒産したからで…
くまごろう@ ありがとう いい情報をありがとうございました。 楽…
シバチュー@ ヘイホーも知らぬ凡愚☆MEN! いわゆる四月バカというやつだ!   …ま…
たっちゃん@ これマジだった! 生マOコ気持ち良過ぎだぁぁぁぁぁぁぁぁ…
王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

フリーページ

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

無双OROCHI魔王再臨プレイ記

2009年05月31日
XML
今回の舞台は無双シリーズでは馬超とホウ徳が決別した冀城です。
体型には似合わず奇襲が得意な夏侯淵が前田利家を助ける戦いです。
まずはあっさりと前田利家を曹操様で救出です。
その後は相変わらず女たらしで救援に来た女カを天使と勘違いした
雑賀孫市を救出します。
すると雑賀衆のあの信長をも手こずらせた鉄砲隊を援軍に呼びに行きます。
途中孫悟空の分身が出てきましたが弱かったのでサクッと撃破です。
とここで実機ムービーです。夏侯淵が敵を倒しているのを見た孫市が援護すると
夏侯淵が孫市に弓を向けて、孫市のそばにいた敵を射抜くというものです。
同じ遠距離攻撃同士気が会ったのでしょうか。仲が良さそうです。
あとは援軍として出てきた鉄砲隊と夏侯淵の弓兵と協力して孫悟空を倒して、
幻影兵もさっくと消滅させて何故か敵の総大将の司馬懿に向かいます。
司馬懿「魏…もはや無縁の勢力 この手で葬ってくれる」
なるほど見限ったのですね。大局を見る目がある司馬懿らしくないです。
曹操もむかついた声で「貴様の腹など、はじめから読めておったわ」と返し
さっくと曹操の援護射撃で葬りました。
戦後女カが曹操が暴走するか心配しています。
まぁ、心配も分かりますね。曹操はかなりの力を持ってますからね。
この戦いが終わった後雑賀孫市と前田利家が加わりました。






最終更新日  2009年06月12日 22時36分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月13日
第三章は秀吉が柴田勝家を打ち破り天下に王手をかけた賤ヶ岳です。
張コウが袁紹を説得して脇役に徹してもらう為の戦いです。
やっぱり人選のせいか袁紹は怒って迎撃を始めてしまっていますw
何故か袁紹の元には蜀の若武者姜維がいますがどうやら修行のためだそうです。
まぁ、袁紹の元は絶対苦労しますから修行にはもってこいかな^^;
とりあえず姜維のお土産南蛮軍の天敵虎戦車を全て破壊しました。
女カのアーツで小さくした虎戦車は中々可愛かったですよ。
でも流石は袁紹軍名家だけあって前回あれだけ敗北したのにも関らずかなりの勢力に回復しました。
それを見た美しい人こと張コウは袁三兄弟の仲の悪さを利用して離間の計をしようとします。
確かにこれはいい策ですね!絶対寝返ってくれますし。
……待てよ袁紹は倒すんじゃなくて味方にするんですよね。離間の計をするということは袁紹の勢力を分裂させるということになるから。
この策はこの場を凌ぐには良策ですが、後のことを考えると愚策に……
まぁ、横山三国志でも中途半端な知略だし仕方ないですか^^;
そんなわけで袁譚とその一味を仲間にすることに成功しました。
後は袁熙も謀反させられるそうですが、姜維さんが気づいたようなので透明化したくのいちで撃破して差し上げました。
そこで倒した後に登場したのは天水城名物偽姜維です。
これは孔明さんの特権だと思ったのですけどね。美しい人も中々やるじゃないですか。
まぁ明らかに偽者っぽい声を聞いた袁熙はのこのこついてきてくれました。
……本当にこの戦いが終わった後袁家はどうなるのでしょうか。
ちなみにこの裏切り工作をやっている途中に官渡名物顔良・文醜が進軍してきましたが太史慈が援軍に来てくれたおかげでスムーズに倒せました。
太史慈は地味に助けてくれるので意外と好きな武将の一人です。
あとはくのいちで袁紹のくびをとろうと襲い掛かろうとしたその時
くのいち「わ、名族がいる!みんな見て、名族がいるよ!」
袁紹「ええい、騒ぎ立てるな!見せ物では無いわ!」

何ですか。このコントはw戦国界三国界のお笑いが交差したらこうなるのですか。
そんなわけでこの戦いは袁紹も認めるほどの勝利になりました。
終幕時に太史慈は快く協力を承知してくれましたが姜維は第二の遠呂智だと批判します。
私が袁家の武将でも同じことを言いますね。
ですがなんとあの袁紹は
「姜維、もうよい…敗軍の将に戦を語る口はなし…
張コウ、お前の勧めどおり、私は友の力となる
それが世を正す最善の策であろう…

と言い淵もびっくりするほどの潔さです。
しかし、ここで終わらないのが名族クオリティ!一味違います。
袁紹「友がどうしても、と頭を下げているのだ。
名家の長として救わぬわけにはいくまい!
ゆくぞ! 曹操軍を加えた新生袁紹軍が必ずや遠呂智の復活を阻止してみせよう!」
張コウ「…ある意味、安心いたしました」

流石名族!期待を裏切らないコメントで今回もやってくれました。
今回のMVPはこのコメントで決まりなような気がします。
こうして袁紹軍と呉軍が加わるという大戦果に終わりました。
この戦いが終わった後姜維、太史慈、袁紹が加わりました。






最終更新日  2009年04月09日 21時32分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月12日
今回の舞台は反董卓連合の緒戦となったシ水関です。
ムービーがいきなり入り曹操が呂布を野獣と断言するものです。
何かこれどっかの無双で同じようなの見たことがあるのですが思い出せないですw

開幕時ですが曹操がくのいちに軍を率いろと命じるのですが、彼ふざけてるくのいちにも冷静ですね。
最近の奸雄は紳士的な態度の人のほうが多いですね。左慈も見直すのではないでしょうか。
始まってすぐ夏侯淵が火計をしてくれるらしいのでモーオタこと夏侯惇がいるところまで誘導します。
途中風魔小太郎が忍者と共に邪魔をしてきましたが呂布を倒すのが面白いと感じる忍者仲間くのいちの透明化には敵わなかったようです。
小太郎は攻撃忍術でくのいちは幻惑忍術ですしね。
その後は夏侯惇の元にまで淵をやっと連れて行くことが出来、火計が無事成功しました。
あとは惇兄の周りにいる雑魚どもを女カの突きで昇天させました。
そして最後は呂布軍の本陣に攻め入り呂布を討つだけですが貂蝉と接触すると実機ムービーが発生しました。
「鬼さんこちら。手の鳴るほうへ」と貂蝉を愚弄するくのいちを貂蝉が一喝するというものです。
そりゃ貂蝉じゃなくても子供扱いされたら怒りますね。
それでも透明化を貂蝉は見破ることが出来ず美しく散らせました。
残るは呂布のみとなったので珍しく真面目な淵と惇兄と合同で曹操のアーツで強力化した将剣で雌雄を決して差し上げました。
これで呂布の征伐は終わりステージクリアです!
終幕時に曹操が淵と惇兄を我が軍の武の体現者と褒めています。
相変わらず曹操は相当の褒め上手ですね。これだから魏の将は忠誠を尽くしているのでしょう。
それを見た女カは曹操を頼むに足る男と思い遠呂智復活計画を話します。
乱世の奸雄曹孟徳は曹丕に伝令を出して協力を求める使者の派遣を要請し、張コウに袁紹の説得を命じます。
……待てよ。張コウは袁紹にとってみれば裏切り者。使者として明らかに適任ではないです。
流石曹操と思った私がバカでした。
相変わらず惇兄は褒めていますが。
この戦いで夏侯惇、夏侯淵が加入しました






最終更新日  2009年04月09日 21時02分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月11日
いよいよストーリーモード最後になりました魏です。
最初から選べるのは曹操、典韋、張コウ、女カ、くのいちです。
何故でしょうか。そこまで弱くないのに弱く感じるのは。前回やった蜀が強すぎたのが原因でしょうね。
曹操、女カ、あとは悩みましたがくのいちにしました。
OPは曹丕ら居残り組が曹操たち出発組を見送るというものです。
甄姫たちは女カを得体の知れない女だと言っていますが曹丕はあまり心配はしてないようです。
さすが奸雄の子です!とはいえ曹操は綺麗な女性と進軍できて内心嬉しいでしょうね。
曹丕はそれに嫉妬しないようにさっさと城に戻ったのでしょう。
開幕時にくのいちが注進をしてくるのですが「お猿が率いる軍」と言ってきます。
お猿の答えは孫悟空なのですがどうしても私には秀吉と思えてきます。
……戦国無双2で散々勝家や信長が猿だと言ってきたせいです。

今回のステージは曹操が帝を擁立する為に戦った司州です。
まずはそのへんの雑魚を女カで斬ってみました。使い心地はなかなかです。
通常攻撃やチャージは普通ですが、アーツが協力です。吹雪を吹かせて敵を小さくしたり、ゲージ消費なしで敵を凍らせたりできる協力なアーツがあります。
伏兵が配置している気配と董卓がいる地点に向かう道の一つに出てきました。
なのでまず叩くことにしたのですが
董卓「ゴミどもめ罠にかかりおったわ」
董卓「それ、奴らを引っ捕らえい!」
曹操「戦力を二分など下策の下、相変わらずの戦下手よな」
女?「伏兵を平気で無視したか、剛胆な戦をする」

……いや分かっていましたが普通に。ただ出されて私が董卓のもとに行く途中に本陣を落とされたら嫌なのですぐ倒しに行っただけなのですけどね。
まぁ、普通にくのいちで透明になって倒しましたけどね。
その後は命乞いしたら許すという董卓をずぶとくしつこいことで尊敬してしまうと言っているくのいちで倒しました。
あとは残っている孫悟空を倒すのですが彼は無謀にも曹操に「お前、俺たちの仲間になんねえか?」と聞いてきたので、せっかく勧誘に来た曹操を怒らせ曹操の矢であえなく倒されました。
戦い後曹操は女カが何かを隠してると気づきましたが、彼女は何も言いません。
孫悟空にも勘付かれてましたから彼女嘘吐くの苦手っぽいです。
ですが乱世の奸雄は気にせず先に進もうとしますがそこに呂布がシ水関にいるとの情報が入ります。
これで第一章は終わりです。
では続いて第二章も見てください!






最終更新日  2009年04月05日 21時34分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月10日
いよいよ蜀の最後の章です。場所は無双では蜀と魏の最終決戦の地五丈原です。
開幕時の太公望と諸葛亮の会話によると妲己を清盛に奪還させるのは太公望の計算どおりだそうです。
本当に太公望は孔明さん以上の策士です!私がわからなかったのも仕方ないと思えます。
しかも太公望は蜀将の頑張りを見て人の頑張りを信じたようです。
蜀一章の終幕時の態度からは想像も出来ませんね!

始まって早々劉備が遠呂智の復活を嘆く場面がありますが、左慈と太公望が頑張らすところです。
左慈と劉備の関わりは左慈の一方的だったので今回のを見て結構嬉しいです。
まずは中央にいる敵を撃破しながら、妲己が吹かせた風を止めに行きます。
……何故妲己は蜀と戦うときには4回中3回も吹かすのでしょうか。
そこまで効果は出ていないのに。
そして、それからも中央の敵を殲滅しながら進めていくと西の司馬懿が進軍を始めました。
戦国では味方になるのですが今回は味方にはなってくれません。
たぶん孔明が敵にいるので戦いたかったのでしょうね。
幻影兵もいましたが無双至上最大の策士太公望の武力には敵わなかったそうです。
地雷を3つ埋めて一気に爆発させて三国無双3の屈辱を晴らしました^^;
その後は「馬鹿め」同盟を結んでいる政宗が(敵討ちに?)来ました。
東はというと将は少ないですが民が着てくれました。
民は体力がかなり少ないですし倒されたら士気も下がるから嫌だなと思っていたら
左慈が分身を飛ばしてくれました!
最高です執事!今回のMVPは貴方と太公望で決定です。
分身が奮闘しているのでゆっくりと東に向かい本体で軽く政宗を倒しました。
あとは北にいる遠呂智と妲己と卑弥呼だけです。
門が堅く閉ざされていて進めないですが太公望の落石の術で開きました。
すいません。間違ってました。術をしているのは于吉で太公望は自分の術でもないのに勝手に言っているだけです。
まったく執事を見習うべきです!
ここで再臨ではかなり有名なイベントが発生します。
蛟「お、遠呂智様。このままでは負けるのでは」
遠呂智「戦場に弱者無用。消えよ!」
蛟処刑

はい、仰るとおり遠呂智様は味方を処刑しました。蛟かなり扱い悪いです。
入ってすぐ妲己が進軍するのですが卑弥呼の術でパワーアップした状態で。
余計なことしてくれたものです。妲己も力を認めている忠勝で粉砕してあげました^^;
すると卑弥呼が呂布のように怒り出してパワーアップしました。
「貴様が俺を怒らしたからだ!妲己は俺が粉砕した!ハハハざまぁみろ」という態度は出さず卑弥呼の保護者になろうとしていた左慈で苦しまないよう倒しました。
……私の本性がすごく見えているとか言わないで下され。
さぁて蛟の敵討ちをする為に真・遠呂智のもとに向かい最後の戦いをします。
太公望が遠呂智を倒す為の口実を長々と話し終わった後遠呂智様が消えよと言うので忠勝に変えて魔王を凌ぐ唯一の武士となり戦いは終わりました。

EDは蜀で仲間になった武将が燃える五丈原の砦を見て喜んでいます。
そこを見ていた太公望に劉備がお礼を言い、太公望が「人の力を見せてもらった」というものです。
そしてそのまま太公望は馬に乗り颯爽と去っていくというものです。
去っていくときの家康の台詞が結構良かったです。戦国無双無印の本編からは想像も出来ませんでした。
この戦いが終わり卑弥呼が加入しました。
使いごこちは最高です!通常攻撃が玉を発射するものなのですが広範囲にあたりいいです。
アーツも玉を増やすものだったりなどでかなり実用的で今作最強かもしれません。

次は最後に残ったストーリー魏をやります!






最終更新日  2009年04月05日 19時54分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月09日
第七章は前作で遠呂智と激闘を交わした元遠呂智の居城古志城です。
始まる前にムービーが入ります。清盛が卑弥呼を棺の中に入れて儀式を行っているものです。
……こんなムービーを入れるならもっとまとまなムービーを入れて欲しかったです。
太公望はこれを遠呂智を復活させる儀式と見破り、趙雲率いる精鋭に向かわせるというものです。
なおこの蜀軍は本当に精鋭で趙雲以外にも張遼、光秀が従軍しています。
まずは南東砦を制圧して援軍の確保をします。金鬼が阻止しようと向かってくるのでこれも倒します。
その後は風を吹かしたり伏兵を出してきたりなどの小谷城と同じ事をしてくる妲己を倒します。
太公望が「清盛に任せといていいのか」と彼女に言っているので妲己と清盛の仲は悪いのでしょうね。
あとは趙雲が苦戦しているので救援に赴き、ついでに邪魔をしてくる北西の噴火砲を制圧します。
そして城外にいる敵は孫悟空のみとなりましたので光秀の進言に従い制圧します。
噴火砲を孫悟空がいる南西砦に向けドカン!と打ち上げてやりました。
驚いた孫悟空が三人に分裂して出てきましたが悪しき野望を穿つ忠勝で倒してやりました。
でも今更ですが孫悟空は清盛の為にかなり働いてやっていますね。
孫悟空を倒した後、城内に入れるようになったので清盛に太公望を使い舞台から降りてもらうことにしました。
ですが倒した後清盛の言葉ははったりではなかったらしく遠呂智が復活する実機ムービーが流れます。
どう足掻いても遠呂智の復活を阻止することは出来なさそうですね。
この復活に劉備はかなり動揺しますが、太公望が活を入れたことにより遠呂智を倒すことを決意します。
前回以上の英傑が集まっていますし、何より忠勝もいますし勝てるでしょうね。
しかも場所は諸葛亮永眠の地五丈原ですからね。凝ってます。






最終更新日  2009年04月04日 21時21分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月08日
第六章は浅井長政の居城小谷城です。
今回は前回にも書いた通り太公望が妲己を捕らえる為の戦いです。
やたら意味が分からない伏兵を仕掛けてきますがまったく何の効果もないです。
だって牢人とか傾奇者ですよ。
本丸を捨てて逃げる妲己を着々と追い詰めます。
まぁ、かんな金で雇った力もないモブ以下の伏兵では止められませんしね。
途中風を吹かせたりもしましたけど当たらなければいいので無意味です。
そして妲己に遭遇して、太公望でさっさと倒そうとするのですがなんと卑弥呼が逃走を始めました。
でも、本当に逃走する気があるなら最初から逃げたらよかったのに……
こんなやる気のない策ばかり使うのですから。
妲己を倒した後は卑弥呼を倒せば戦いは終了なのですが逃走地点まで卑弥呼はもうすぐです。
わぁ、これじゃぁクリアできないなと思ったら。諸葛亮と月英が来てくれて逃走地点を抑えてくれました。
いやぁ流石軍師先生!やってくれますね。
その後はさっくと太公望曰く妲己に誑かされている卑弥呼を倒して戦いは終了です。
なお妲己と卑弥呼は倒すと同時に捕らえたようです。
終幕時に太公望は劉備に檻車で妲己と卑弥呼を送ったようです。
ですがなんと清盛に襲われて奪還されたという情報が入ってきました。
本当に太公望さん何やってるのでしょうか。
この戦い後諸葛亮と月英が加入しました。






最終更新日  2009年04月04日 20時39分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月07日
第五章は劉備が蜀を取るときに馬超と対峙した葭萌関です。
清盛が蜀に攻めて来たので長篠のときに我慢した関羽が撃退するというものです。
始まって早々董卓が本陣に火計をしかけてきていきなりピンチになるのですが
……美髭公あなたかなり油断しすぎだと思います。董卓なんて智謀はなきに等しいのに……
まぁ、そんな関羽の無念を晴らす為に董卓を太公望の地雷で爆発させてあげました^^;
ですが今度は清盛が幻影兵をしかけてきて大変です。
本当に今回は計略をされすぎな気がします。
ですがこの窮地に宿敵魏から援軍が来ました。しかも山田こと張遼です!
しかも張遼さんは幻影兵を消す為の妖術兵まで出してくれ本当にありがたいことです。
張遼が出してくれた妖術兵をさっくと倒して、砦の元にまで進みます。
ですがここで孫悟空が三人もの分身を出してきて抵抗しようとしてきました。
本当にむかつきますがそこは後に神になる関羽、分身ごときを一閃してくれました。
しかもムービーつきで……KOEIは関羽の扱いが良いのか悪いのかよく分からないです。
その後は忠勝で孫悟空をほとんど抵抗させずに撃破します。
そして、残りは敵本陣にいる清盛だけですがいやらしいことに毒霧を出してきました。
本当に小細工ばっかりしてきてむかつきます。
やはり張遼の助言どおり妖術兵長を倒して毒霧を晴らして再び清盛に向かいます。
その後はいつものようにさっくと左慈のアーツで足を遅くするなどのいやらしい攻撃をくりかえして倒しました。
お返しです^^;
この戦い後ムービーが流れて張遼が関羽のところに来て、刃を重ねあって青龍の誓いなるものをしました。
史実でも仲が良かったみたいですし、このムービーは結構よかったです。
次は太公望が妲己を見つけたというので太公望が妲己を捕まえる為に動くというものです。
この戦い後張遼が加入しました。






最終更新日  2009年04月04日 20時08分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月06日
第四章は新ステージであり、孫悟空の故郷五行山です。
清盛の情報を集めに来た星彩と稲姫が明智親子を助けると言うものです。
ムービーが入るのですが忠勝のほうは慢心するなな稲姫を毅然とした態度で送るのですが、張飛のほうはというと星彩に「問題ない」と言われるほどの心配振りです。
稲姫がそれを見て無双の豪傑も娘の前にはただの人と笑うムービーです。
おそらく初めてこの光景を見た人は稲姫じゃなくても笑うでしょうね。
始まって早々孫悟空の術で霧を起こされ敵武将の位置が分からなくなりますが配置は覚えてあったので少しも問題はなかったです。
とりあえず馬車の近くの敵将を娘を心配してきた忠勝で倒します。
そうすれば明知親子は助かるので光秀の指示通りに霧を晴らしに行きます。
ここで劉禅の台詞が入るのですが……なんでしょうか。かなり面白い声です。
あ、董卓の敵援軍が来ますが星彩が奮戦しているので放置しました。
その後光秀の一声でのこのこ出てきた山の上の妖術兵長を倒して霧を晴らします。
あとは馬よりはやい孫悟空を追いかけて雑魚と言われた左慈が執事の顔を捨てて、パンチをして終わらせました。
おそらく左慈のパンチが強い威力なのはむかつく相手を殴る為なのでしょうね。
そして終幕時になりました。
光秀 「このたびはあなた方に救っていただき感謝いたします
さ、礼を言うのです …丁寧に言うのですよ

光秀はかなりの親馬鹿だということが分かりました。これを見た光秀ファンはどう思うのでしょうね。
そして、可愛い声でお礼を言うガラシャの言葉の後光秀から清盛のことを聞いた劉備は清盛打倒を決意するのでした。
この戦い後明智光秀とガラシャが加入しました。






最終更新日  2009年04月04日 19時42分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月05日
第三章は織田信長が武田勝頼を完膚なきまでに叩き潰した長篠です。
張飛から呂布が攻めてきたと聞いた劉備が呂布軍を迎撃するというものです。
開幕時には関羽と張飛が呂布と戦いたいと言いますが結局劉備は張飛を選び戦いに望みます。
太公望に「早くしろ!」と暗に言われ劉備は関羽に守備を頼み出陣しました。
やっぱり太公望は劉備を駒としかまだ見てないのだなと思ってしまいました。
戦闘が始まる前に張飛と忠勝が呂布と戦う前の意気込みを話す実機ムービーがありました。
どっちも歴戦の強者!お互いがお互いを尊敬しあっています!
まずは呂布軍一陣を太公望のC1通称砂埃であしらい、張飛に褒められます。「忠勝! 俺がいるんだ、無理しなくてもいいぜ!」
と倒したのは太公望なんですけどね^^;
そして、鉄砲の代わりに連努を撃ち対する呂布は投石器で応戦してきますがさっさと潰したのでこっちの連努でフルボッコ中です。
その後は第二陣を忠勝で倒し張飛に褒められて、第三陣と続きます。
ここで丸山砦から呉から援軍が来ているとの情報が着たのでさっそく迎えに行きます。
ですが呂布の知恵頭陣宮が見逃すわけがなくハイパー化した曹性と侯成を送り込んできますが、所詮張飛に褒められて舞い上がっている忠勝の敵ではないです。
倒すと蜀の怨敵陸遜がやってきました。……絶対呉人選間違いましたね。
何故か関羽を殺した相手にもかかわらず劉備は歓迎し、総攻撃を開始します。
途中陸遜の指示通り十面埋伏の計をモブにしかけ、伏兵と共に倒したのでこれで恨みはなくなったでしょう。
そう理解します^^;
後は太公望までもが天女と褒める貂蝉を倒し、激昂した呂布を相手に戦います。
今回の呂布はそこまで強いことがなく忠勝で武の頂を軽く越えていきました^^;
そして戦いは終了しました。
戦い後陸遜から清盛のことを聞いた劉備らは陸遜に誰か聞きますが、何故黙ってる!戦国陣
教えたほうが話が早いのにこの世界では清盛誰それ?という状況なんでしょうかね。
まぁ、それは置いておいて父親の活躍を見て血が騒いだ稲姫と星彩に清盛捜索を命じます。
ですが太公望は最初から清盛を知っていたようですが劉備には教えなかったようです。
彼は教えなかったのは人が混乱するからだと言いますが執事左慈は人の可能性に賭けていると彼の本当の気持ちを言い当てます。
何か今回執事頑張ってますね!曹操が嫌いなのも女好きだからでしょうね。彼執事ですし。
この戦いで陸遜が加入しました。

それでは今日はこのあたりで!






最終更新日  2009年04月04日 19時24分18秒
コメント(0) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.