306073 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

不惑ラグビーチーム Muteppos

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


knockon

Calendar

Favorite Blog

Comments

もへもへ@ Re:ムテッポーズ、10月の戦い。(11/16) Xデー近しか? と思われますね。
田中洋子@ 竹村吉正さんですか? 竹村番長さんへ 失礼致します🙇 昔杉並区…
みかん@ Re:【ムテツ・トピックス】不惑のスクラム、重版へ。(06/22) はじめまして。 ラグビーは全くわからず… …
竹村番長@ Re:竹村番長、MVP授与食事会を挙行。(11/12) 当日は、千葉や八王子等の遠くから藤沢の…
マハタ@ Re[1]:秋シーズン2戦目。仙台ゆうわくに勝利。(11/02) 長さん💡ぜひ、お目にかかりましょう📣 Bull…

Freepage List

Headline News


不惑ラグビーチーム Muteppos(ムテッポーズ)
40をこえて,50をこえて,60をこえて楕円球を追いかける! われら,Muteppos!
Muteppos の web site へは,上の写真をクリックして進んでください


■Muteppos(ムテッポーズ)の起源は,2001年冬にまで遡る。
海運リーグを目指してK-Lineメンバーとして練習していたオーバー40有志のラグビーへの思いが原型である。

■2002年早春,海運リーグが終了した後の宴席で「シーズンが終わっても,オーバー40でラグビーしたいね」とMuteppos創部への機運が盛り上がった。
その時のメンバーは,島雄節彦,下田純,浜田彰大,村上雅彦の4名だった。

■ガマクラブに所属していた村上雅彦が「K-Lineだけだと数も揃わないし,ガマにも呼びかけて,オーバー40のチームを作りましょう」と発案し,村上雅彦と浜田彰大が,ガマクラブ監督・池野建彦を表敬訪問し,Muteppos創部の構想を固めた。

■以上の経緯を踏まえて,不惑ラグビーチーム Mutepposはできた。
ガマクラブを長年にわたって率いてきた池野建彦が総監督となり,K-Lineラグビー部監督の島雄節彦がコミッショナーに就任した。

■Mutepposとしての第1回練習は,2002年4月6日に行なわれた。
また,記念すべき第1回試合は,2002年4月28日にフィーバーズと行なわれた。

■2015年,Mutepposは15回目のシーズンを迎える。
Nov 16, 2018
XML


ムテッポーズは10月に2試合を戦いました。
ともに東京マスターズリーグ2018秋〜2019春シーズンの
一環です。*写真は東京レジェンズとの集合写真。
 
◇10月14日
ムテッポーズ対曼荼羅ひぐらし戦
@稲城長峰ヴェルディフィールド
 
前半0対10
後半0対24
合計0対34









点差は開きましたが、随所に見せ場は多くありました。



石田主将のラインブレイク。

 



攻守でのいい動きが光った、吉野がMOMを受賞しました。



MOM
ムテッポーズ:吉野WTB
曼荼羅ひぐらし:小池NO8
吉岡裕樹レフリー

曼荼羅ひぐらしとのファンクションは、
比較的少人数でしたが、大いに盛り上がりました。
そのひとこまです。



稲城体育館横のレストランでは、比較的静かでした。



調布に場所を移した泥酔コンビ。



この後、新宿へ、さらに大塚(残党2名限定)へ。


 
◇10月28日
ムテッポーズ対東京レジェンズ戦
@葛飾区奥戸総合スポーツセンター
 
前半5対0
後半7対19
合計12対19
トライ:吉野・太田
 








先制し優位に戦いましたが、逆転を許してしまいました。



この日、ゲームキャプテンを務めた関口の挨拶。


 
MOMはパワフルな突進を繰り返し、トライも奪った太田。

MOM
ムテッポーズ:太田NO8
東京レジェンズ:高山SO
松尾俊宏レフリー

青砥駅前で、少人数ですが、ファンクションしました。




ほろ酔いのゲームキャプテン関口。
奥で微笑むのはレジェンズのミスター・キュン。
何人かは、池袋で寄り道したようです。

【ちょっと総括っぽく】今年のリーグ戦は対戦が次々に組まれ、
ムテッポーズは総当たり5試合をすべて終了しました。
全敗でしたが、課題が明らかになり、気づき、成果もあって、
今後への糧としていきたいと思います。
また、これからの11月12月、関東の不惑チームとの
定期戦4試合があり、石田主将以下メンバーが
一丸となり必勝体制で臨みます。






Last updated  Nov 16, 2018 04:47:03 PM
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.