000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

-log in-

リレー小説:ガッシュ

何やらウォンレイたんがぶっかけされてます。
そんなんでも良い方はどうぞ。
 注:これはむゆらの妄想ではなく、あ く ま で も リレー小説の場面の一つですよ~。





























金色のガッシュ、リレー小説より
ウォンレイ「うわ…っ何やら髪の毛に白くてべとべとした液体がついてしまった…っ」
玄宗「それってせ・・・バキッドコッ!!!」

 何この素敵な台詞!
誰ですかこんな私が悶え狂う(キショイわぁ!)様な台詞を考えちゃってくれたのは!
もうっv良いなぁ、ぶっかけウォンレイたんv
てか何より玄宗さんの台詞が素敵ですv
『せ…』せ、何?!vv(変態がぁぁぁ!
玄宗さんが誰に殴られているのかも気になりますね~。
ウォンレイか?!w


おまけににこれまでの台詞です。

‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
ウォンレイ「・・・。///(」
ニコル「おいーーー。だれかとめろーーーー!」
玄宗「よおし、俺が止めてやる!止めろ、ウォンレイは俺のだ!」
ニコル「余計に止まらないだろ!!」
ウォンレイ「あなたはツッコミキャラだったのか、ニコル…。」
ニコル「ちがう!俺はおなべキャラだーーー!」
高嶺清麿「(確かに…。)」
玄宗「ピヤピーヤ!」
ウォンレイ「うわーーー玄宗がこわれた!」
高嶺清麿「ウォンレイも壊れたぞ!」
ガッシュ「壊れすぎなのだ!タイムマシーンをさがすのだぁ~~!(電波」
ダニー「しかもガッシュまで電波化だぁぁぁぁぁ!!」
アポロ「こりゃもうダメだね。」
高嶺清麿「いや、早く止めなきゃだめだろ!!」
テッド「チェリッシュに手ぇ出さなかっただろうな!」
ニコル「フンッ、手を出されたのは俺だ!!!!!!!」
高嶺清麿「チェリッシュはレズか!?」
ニコル「フッ、チェリッシュは俺とテッドの二股をかけていたのさ!!!」
テッド「「なんだとくぉ~らぁ~~!!!!(怒り」」
効果音「バキッ!ドカッ!!ゴスッゴスッ!!!」
ニコル「ウォンレイ…。俺の身代わりになるとは、流石守る王だぜ…。(ハンカチ片手に」
テッド「ぷぺッ(うわーハンカチ王子のつもりかよ…もう甲子園なんて終わってるのによう…)」
ニコル「言っておくが俺はハンカチ王子じゃないぜ・・・?」
ディフォー「俺の名前はデュフォーだ…。」
高嶺清麿「いきなり登場してきた…(ぐもーん)」
ガッシュ「き…清麿…これはガッシュなのだ…R○VEじゃないぞ…」
テッド「俺、ム○カがすきだな…かっこいい///(復活)」
アリシエ「ムスカ?」
ウォンレイ「うわ…っ何やら髪の毛に白くてべとべとした液体がついてしまった…っ」
玄宗「それってせ・・・バキッドコッ!!!」
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘

ウォンレイが何故照れているのか気になる所ですがこれより前の記事がないので、これは永遠に謎のままですかね。(をぃ

管理人がウォンレイばかり見ているからこんな感想なのですが、リレー小説を読み返してみると電波なキャラが多い事がわかりますねw


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.