1503443 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

建設・経審・産廃・相続  湘南・横浜TOPクラス  開業14年  行政書士山崎事務所@湘南藤沢

PR

Category

Archives

Recent Posts

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

言葉の遣い方

2017.08.18
XML
カテゴリ:言葉の遣い方


 行政書士は、文章作成のプロだと、世間一般には、思われているようです。

 https://plaza.rakuten.co.jp/myamazaki/diary/?ctgy=11






Last updated  2017.08.18 23:03:12
コメント(0) | コメントを書く

2016.09.08
カテゴリ:言葉の遣い方

「お見えになられました」×  二重敬語

「お見えになっていらっしゃった」○ 敬語連結






Last updated  2016.09.08 22:34:26
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.30
カテゴリ:言葉の遣い方

 ご自愛という言葉の使用例で誤っているものを、ネット上で稀に見ることがあります。

〇 ご自愛下さい。

 お体ご自愛下さい。(重言です。)あとで後悔する。頭痛がイタイと同じです。

〇 ご自愛のほどお祈り申し上げます

〇 ご自愛専一になさって下さい。

 上記のような表現が無難だと思います。なお、ご自愛という言葉は、目上の人に使用しても問題はありません。

 

P.S.  代書屋なので、文章表現には気をつけるようにしています。「言葉の遣い方」で気づいたことをことを時々、書かせて頂いてます。興味のおありの方は、お読み下さい。→http://plaza.rakuten.co.jp/myamazaki/diary/?ctgy=11

 

 







Last updated  2016.07.31 01:58:11
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.02
カテゴリ:言葉の遣い方

   クレヨンしんちゃんで、♪「カモン、ベビー、カモン、ベビー、たまねぎ食べれる♪」と歌っていますが・・・。

 「食べることができる。」という意味なので、→食べられるが正しくて。  「食べれる」は、文法的にはNGなのでしょね。

https://www.youtube.com/watch?v=xwyKm5_nMkU







Last updated  2015.12.04 09:02:41
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.16
カテゴリ:言葉の遣い方

http://plaza.rakuten.co.jp/myamazaki/diary/200811240003/

 『言葉の遣い方』で気になったことを時々書かせて頂いてます。一番読まれているのが上記の内容だそうです。

 

 その他の内容は、以下の通りです。

http://plaza.rakuten.co.jp/myamazaki/diary/?ctgy=11







Last updated  2015.10.16 11:32:13
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.17
カテゴリ:言葉の遣い方

  今日、テレビのニュースの画面にインドで「子ゾウはぐれて」と書いてありました。 他のことを考えながら画面を見ていたので、「こぞうは、ぐれて」って何だ?と一瞬ですが、思いました。

  「子象が、はぐれて」か少なくとも、「子象、はぐれて」とすべきでしょうね。子象が、はぐれて井戸に落ちたそうです。

  ニュースよりテレビのスーパーイン ポーズの不適格さが気になりました。(私、日能研で国語科非常勤講師をしておりました。30年以上前ですが大笑い)。

よろしかったら、クリックよろしくお願いします!。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

山崎行政法務事務所・代表・行政書士・山崎正幸

電話0466-88-7194  FAX0466-47-8383
携帯090-9375-9558 (9-20時。土日祝、事前予約頂けましたら対応させて頂きます。)
nqk55757@nifty.com

http://homepage2.nifty.com/0466887194/

 

【当事務所が直接、お手伝いできる主な内容】

<営業許可>
建設・経審・産廃・宅建・運送・古物。
建設業許可相談室

<法人設立>
株式会社、医療法人等。
法人設立・会社法について

<相続・>
遺言・遺産分割・相続放棄。
相続遺言相談室

 



 

 

   

 

 

 







Last updated  2015.09.18 08:27:08
コメント(0) | コメントを書く
2014.05.09
カテゴリ:言葉の遣い方

  「ご注文頂きました商品が入荷致しました。お控えをご持参の上、ご来店お願い致します。」というメールを頂くことがありますが。「持参」には謙譲の意味が含まれているので、本来は、相手に何かを持ってきて頂くときに使うのには不適当です。「お持ちください」とするのが無難です。

  上記の場合、「お持ちの上、ご来店お願い申し上げます 」とするのが、望ましい表現になります。

  しかし、本来は誤用と申し上げましたのは、この「持参」に「ご」を付けた「ご持参」という語も、最近では丁寧語としてすっかり広まってしまっています。従って、間違いとは言いにくいものの、本来は正しい用法ではないと言うことになります。

  因みに、私は10年前まで専門学校で、法律の他に国語も教えておりました。 

 

山崎行政法務事務所・代表・行政書士・山崎正幸

電話0466-88-7194  FAX0466-47-8383
携帯090-9375-9558 (9-20時。土日祝対応してます。)
nqk55757@nifty.com
http://homepage2.nifty.com/0466887194  

【当事務所が直接、お手伝いできる主な内容】

<営業許可>
建設・産廃・宅建・運送・古物。経審。
建設業許可相談室

<相続・離婚>
遺言・遺産分割。離婚協議書。
相続遺言相談室

<法人設立>
株式会社、医療法人等。
法人設立・会社法について







Last updated  2014.05.09 18:41:56
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.23
カテゴリ:言葉の遣い方

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%86%E9%A0%86

  某予備校の国語講師が、TVで地名の由来を解説してました。有名な武将の弟の名前に由来するのですが。その名前を板書したとき、左払いから書く漢字を、横画から書いてました。

  大学入試に筆順は出ないでしょうが。国語講師としては、如何なものかと感じた一瞬でした。あれでは、中学受験の塾では採用してもらえないでしょうね。







Last updated  2013.12.23 18:42:45
コメント(0) | コメントを書く
2013.10.06
カテゴリ:言葉の遣い方

  「構成要件的過失における注意義務は、抽象的な一般人の注意能力を標準とした客観的注意義務(客観説)とするのが判例・通説であり、・・・。」

  過失犯についての説明の一節ですが。一般人という言葉に抵抗を感じます。法学者が考えついた表現なのでしょうが。上から目線感がプンプンします。

  18・19歳で大学の法学部に入学したころは、世間知らずでしたし、法律書に書いてあることを理解するのがやっとでしたので、気づきませんでした。

  一旦、法律の勉強を離れ、社会に出てから、その後、もう1度、法律書と向き合った時に、法学者がいう「一般人」という言葉に、法律家の傲慢さを感じました。

  同様に、芸能人が、「結婚相手は一般人」という言葉にも違和感をおぼえます。

  何気なく遣っている言葉に、本性って出るものなのでしょうね。

【事務所が直接、お手伝いできる主な内容】

<各種許認可>
建設業許可。経審(シミュレーション実施)。一般貨物運送業許可。産廃収集運搬許可。古物商許可ほか。
建設業許可相談室

<相続等の民事法務>
遺言・相続手続。離婚協議書。債権回収。契約書。内容証明その他民事全般。
相続遺言相談室

<法人設立・議事録作成>
株式会社、医療法人、一般社団、NPO法人等。
法人設立・会社法について



 電話0466-88-7194(AM9:00~PM8:00)

携帯090-9375-9558(常時)
<モットー>「身近な街の法律家」。「仕事はスピードと正確さが命!」。
nqk55757@nifty.com

http://homepage2.nifty.com/0466887194

 <藤沢市・茅ヶ崎市・横浜市・鎌倉市・大和市・綾瀬市・平塚市・川崎市・寒川町他、神奈川・東京など首都圏中心に対応>  

http://samurai-search.sigyo.net/detail/yamazaki-gyousei.html

http://www.sigyo.net/report/2007/10/post_250.html    


人気ブログランキングへ  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 藤沢情報へ
にほんブログ村  







Last updated  2013.10.06 06:10:04
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.22
カテゴリ:言葉の遣い方

   高校生の頃、作曲家でエッセイストのある連載随筆を読んでいた時のこと。

     私が通っていた中学が、その連載随筆の中に、ほんのチョットだけ登場するのですが。。。。

  「いかにも、ここに似合いの鄙びた中学の前を通り過ぎ、・・・」。この鄙びたも、先程の「横須賀くんだり」同様、確かに、何ひとつ事実は間違っていないのですが。。。

  鄙びた中学に通っていた本人としては、あまり好感を持てる表現ではなかったことは事実です。

  本当のことを言われると、人間は傷つく動物だということを、あの国文学者も、この作曲家もご存じないようです。。。あれから40年も経っているのに、未だに、私は憶えているわけですから。

http://dictionary.goo.ne.jp/srch/all/%E3%81%B2%E3%81%AA%E3%81%B3%E3%81%9F/m0u/

 







Last updated  2013.08.23 00:47:44
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Calendar

Favorite Blog

土饅頭 New! hamakaze37さん

地震津波避難訓練 New! 幼虫2005さん

まさ飯 New! 福岡市 行政書士おちさん

★伸びるビジネスマン… New! なにわの進藤さん

価格設定は悩みます New! SRきんさん

腑に落ちる New! 業績向上ナビゲーターさん

三色旗がフランス海… New! ただのデブ0208さん

次から次へと… New! 所税仲間さん

憲法改正って『立憲… New! CoGa−Colaさん

久しぶりに・・・ Tamosoさん

Rakuten Profile


行政書士&許認可コンサルタント 山崎事務所さん

明るく、元気に^^!

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
行政書士  建設業許可  遺言作成  遺産相続  会社設立  ブログ  ツイッター 

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.