3485568 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みゃあみゃあのトーク&トーク

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


jiyma21

カレンダー

お気に入りブログ

収穫・その2 New! mama-gooseさん

パーティー at 神戸… 47弦の詩人さん

妊婦のお腹になりま… ぼけじー&ノリピーさん

還暦お祝いしました ちょこぱん。。さん

梅雨の釜山10.雨の… 「ねえさん」さん

コメント新着

jiyma21@ Re[1]:【街角スケッチ】とある駅のホームから(09/25) おねまぁさんへ こんばんは、ようこそお…
おねまぁ@ Re:【街角スケッチ】とある駅のホームから(09/25) 富士山の笠雲とも違いますね。 富士が見え…
jiyma21@ Re:【街角スケッチ】日比谷公園のナイトマーケット(12/19) 背番号のないエース0829 さん、こんばんは…
背番号のないエース0829@ 日比谷公園 「日比谷焼き討ち事件」に、上記の内容に…

フリーページ

ニューストピックス

2008.08.03
XML

皆様、おはようございます。今日も暑い一日ですね。ここ数日、疲労でぶっ倒れていて、なかなか執筆できずに申し訳ございませんでした。<(_ _)>

さて、最近の話題をひとつ。皆様は「バイキング」と言いますと「食べ放題料理」の事を意味しますよね。それが初めて日本で採用されたのが、今から50年前の1958年(昭和33年)8月1日の事です。当時、パリで修業中であった帝国ホテルの村上信夫氏が、社長より北欧の伝統料理「スモーガスボード」を修得してくる様、命が下ったのです。

そして習得の末、1958年(昭和33年)8月1日、帝国ホテル内にレストラン「インペリアルバイキング」がオープンしたのです。店名は社内公募され、当時人気の映画から豪快さにひっかけて、この名前になったといわれています。国鉄の初乗り10円の時代に、昼が1,200円、夜が1,500円という高いものでしたが、連日行列ができるほどの人気ぶりでした。

その後、設備の改良も経て温かい料理も出せるシステムが導入され、2004年(平成16年)にリニューアルした「インペリアルバイキング サール」では、オープンキッチンを導入し、約40種類の本格的な料理を味わう事が出来る様になりました。

その「インペリアルバイキング サール」へ先日、行ってまいりました。特にローストビーフ等は、目の前でサービスしてくれるもので、さすが国ホテルの味、と言えるものでした。



チーズ類です。ワインワイングラス片手に上品に食べたくなってしまいます。



スイーツ類です。



アイスクリーム類です。

これらのデザート類も充実していて、思わず食べ過ぎてしまう程です。しばし、デラックスなひとときを過ごすことが出来ました。

※これらの料理写真撮影にあたっては、全てレストラン側に許可を得ております。


今回お世話になりました、帝国ホテル東京です。



帝国ホテル厨房物語



帝国ホテル物語



NHKきょうの料理DVD 帝国ホテル元総料理長 村上信夫の世界



[帝国ホテル]スープ缶詰詰合せ(764957/000)



「帝国ホテル」人気のカレーセット!!<帝国ホテル>カレーセット


mama-goosebook.jpg

mama-gooseさんの執筆された「Last Run/最終列車の後で」(第二版)、絶賛発売中!売り上げは、キハ601号車の復元作業の費用に充てられます。

mama-goosebook2

第2冊目「キハ601のカケラ」が、販売を開始しました!


日本の旅ドットコム

季節は夏です。お出かけする予定のある人も、時間やお金がなくて予定がない人も、日本全国の観光情報なら、国内旅行情報サイト「日本の旅ドットコム」を是非、ご活用下さい!「ガイドブックにない旅」へご案内致します。

ネバーギブアップかしてつバナー

当ブログも「旧・鉾田駅鉄道公園」計画に協賛します。


「楽天広場会員」以外の方で、御意見・御感想・コメントのございます方も、どしどしメール下さい。ご参加、お待ち致しております。

全国各地の宿泊施設の検索は、こちらでどうぞ。



伝統の器・織部焼

日本の心・和の心。織部は、そんな和の心を大切にする美濃焼を窯元から直接提供している和洋陶器の専門店です。
本店は、大きな店舗面積を生かした圧倒的な品揃えが魅力。うつわ邸は古商家屋を店舗として利用し、美濃の人気作家の器が並びます。様々の表情を持つ器たちとの出会いを、心ゆくまでお楽しみくださいませ。

にほんブログ村 旅行ブログへ






最終更新日  2008.08.04 20:38:58
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.