3927780 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みゃあみゃあのトーク&トーク

PR

全611件 (611件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 62 >

東京発「小さな旅」

2020.07.21
XML
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?今日は先日、仕事で行った茨城県からの帰りに立ち寄った、常磐道の守谷サービスエリア(上り線)からの話題です。

このSAには、スタバも出店しています。ドライブ途中のコーヒータイムにいいですよね!

フードコートも充実しており、何を食べようか迷ってしまいますね!これだけフードコートが充実しているSAは、他にはないと思われます。

そして男性用トイレの入口の上には、ツバメさんが巣を作っていました。お母さんツバメが餌の虫を持って帰ってくるのを、子ツバメ達が口を開けて待っていますね!

昔から「ツバメの巣のある所は、商売が繁盛する」とよく言われますが、本当にそうですね!ちょっと和んだ、梅雨の午後でした。

Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 旅行ブログへ









最終更新日  2020.07.21 07:41:30
コメント(8) | コメントを書く


2020.07.05
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?

今日の話題は、先日江ノ島から。江ノ島の上に上がるには、かなり急な階段を何段も登る必要がありますが、その不便さを解消してくれる乗り物が今から60年前に誕生しました。

その名も「江ノ島エスカー」!こちらは日本初の「屋外エスカレーター」で、麓から頂上まで乗り換え数回で気楽に行けるようになりました。ちなみに運営していたのは、当時の江ノ島鎌倉観光(現在の江ノ島電鉄)です。

まずはトップの動画で、その様子をお楽しみください!

日本で有名な屋外エスカレーターと言いますと、他にはよみうりランドの「スカイロード」がありましたが、こちらは今は廃止され、ゴンドラで下と園とを結ぶようになっています。

一番上まで行きますと、サムエル・コッキング苑や江の島灯台まで行くことができます。

この「江ノ島エスカー」は、小田急の「江ノ島鎌倉フリーパス」などの回遊乗車券でも割引になっていますので、江ノ島ご来訪の折には是非、いかがでしょうか?

Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。






にほんブログ村 旅行ブログへ


にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ









最終更新日  2020.07.05 07:30:29
コメント(12) | コメントを書く
2020.06.27
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?

先日、湘南の海が見たくなり、ふらりと江ノ島まで出かけてきました。その時のダイジェスト動画をまずはご覧ください。

江ノ島では、全国でも唯一といえる屋外エスカレーター「江ノ島エスカー」で上まで上がり、最上部のカフェでコーヒータイム。その後江島神社へお参りし、ランチは「江ノ島丼」と生シラスをいただきました。

「江ノ島丼」とは、サザエの卵とじ丼で、なかなか美味でした。

そしてあとは江ノ電を撮り鉄して、最後は湘南モノレールで大船へ抜ける、という盛り沢山なコースでした。

久しぶりの江ノ島だっただけに、見るものが多くて感激そのものでした。

撮った写真はまた随時、公開していきたいと思います。Youtubeの動画、良かったらチャンネル登録もどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 旅行ブログへ








最終更新日  2020.06.27 23:03:42
コメント(16) | コメントを書く
2020.06.23
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?今日は紫陽花の話題から1つ。

横浜市内に、ちょっとした穴場の「あじさいスポット」を見つけましたので、まずは動画でご紹介致します。

市営地下鉄を「仲町台」駅で下車し、歩く事15分。小川のほとりに紫陽花の咲く場所がありました。距離的には短かったですけど、6月らしい光景です。

今期はコロナの影響で、なかなか撮影に出る事が出来ませんでしたが、来シーズンはもっと色々な場所へ撮影に出向きたいものです。

情報をくださいました友人のA.Oさん、どうもありがとうございました!

Youtubeの動画、良かったらチャンネル登録もどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 旅行ブログへ









最終更新日  2020.06.23 07:28:14
コメント(8) | コメントを書く
2020.06.21
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?先日、バラで有名な旧古河庭園(東京都北区)が公開を再開したので行ってきました!まずはダイジェスト動画からご覧ください。

まずは、バラに囲まれた洋館から。なかなかいい感じに撮影出来ました。

バラ園もしっかりと手入れがされていて、見ていて整然としています。

上皇后美智子さまゆかりの「プリンセス・ミチコ」です。有名なところでは、今上天皇がまだ「浩宮様」だった頃、ファンだった柏原芳恵のコンサートに行かれる際、この花を一輪切り取って柏原芳恵さんにプレゼントした、というエピソードが残っています。柏原芳恵さんはそれをドライフラワーにして、今でも大切に保存されているそうです。





にほんブログ村 旅行ブログへ








最終更新日  2020.06.21 19:45:40
コメント(12) | コメントを書く
2020.06.14
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?関東地方も梅雨入りした影響で、昨日は雨でしたね。

そうなるといよいよ、紫陽花(あじさい)の花が各地で見頃になっています。そんな中で、浅草は隅田公園の紫陽花が見頃を迎えた、と聞いたので行って参りました。

天気がいいと対岸に東京スカイツリーが見えて、スカイツリーと紫陽花を絡めた写真が撮れるのですが、この日は生憎の雨模様。雲に霞んで、スカイツリーを望む事は出来ませんでした。

それでも紫陽花の花には雨模様が似合います。しっとりとした咲き具合が、見る人の心を惹き付けてやみません。今シーズンはコロナの影響で、箱根や下田の紫陽花を見に行くことが出来なかったので、ここの紫陽花の美しさを改めて発見することが出来て良かったです。

情報を下さいました友人のA.Oさん、どうもありがとうございました!

Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 旅行ブログへ









最終更新日  2020.06.14 08:03:30
コメント(11) | コメントを書く
2020.05.26
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?長かった「緊急事態宣言」も昨日で全国解除。でも、まだまだ気を抜かず気分を引き締めていきましょう。

今日の1枚は、JR中野駅前「レンガ坂」通りから。その名前の通り、レンガを敷き詰めた通路で、両脇には味のある飲食店が立ち並んでいます。

時節柄、時短やテイクアウト主体の営業形態でありましたが、このレンガ坂の灯りは、人々の心に響く希望の灯りに見えてきました。

今度は「コロナ収束宣言」が出て、本当に人々の心に笑顔が戻ってくるといいですよね!





にほんブログ村 旅行ブログへ









最終更新日  2020.05.26 07:17:30
コメント(10) | コメントを書く
2020.05.24
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?コロナの方、早く収束のいい方向に向かって欲しいものですね。

本日も「玉川上水ウォーキング」の時に撮影した1枚からお送りします。

江戸時代、江戸の町中に飲料水を供給するために引かれた玉川上水路。江戸時代も中盤になると、新田開発や土地開発のため、幕府やお奉行から特別のお許しを得て玉川上水の水を分水する村も出てきました。

今回ご紹介します「砂川分水」は、玉川上水の開通した4年後の1657年に造られた歴史の古い分水路です。主に新田開発などに利用されたと聞いています。こちらの写真は、当時の取水口と思われます。

私の家の近くの玉川上水でも、烏山分水取水口と北澤分水取水口が残っています。いずれの分水も現在では埋められてしまいましたが、江戸時代当初はこの水が田畑を潤し、産業を活性化させていたのです。





にほんブログ村 旅行ブログへ









最終更新日  2020.05.24 10:34:29
コメント(8) | コメントを書く
2020.05.23
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?今日は先日の玉川上水ウォーキングの際に見付けた史跡を1つご案内します。

玉川上水の起点(多摩川からの取水口)がある、東京都羽村市。JR青梅線の羽村駅の改札を出て、左側へ行くと玉川上水の取水口がありますが、右側に行くと「まいまいず井戸」という、不思議な名前の井戸があることに気が付きました。

後で調べましたところ、「まいまいず」とはこの辺の方言で「かたつむり」を意味し、上から見た形がかたつむりによく似ているからこの名が付いた、と言われています。

これが「まいまいず井戸」です。確かに上から見ていると、かたつむりの殻の様にも見えますね!

では何故、この様な形になったのでしょうか?

それはかつてこの地では、地下水を井戸として湧き出させるには、かなり深く掘り進める必要がありました。そのため、井戸自体まで進む道をも造る必要があり、この様な姿になったと言われています。先人の智恵ですね!





にほんブログ村 旅行ブログへ









最終更新日  2020.05.23 08:36:44
コメント(8) | コメントを書く
2020.05.20
皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか?

先日撮りためた玉川上水の画像が、まだ残っているので小出しに紹介していきたいと思います。

羽村の取水口から高井戸(東京都杉並区)までの区間は、水路として現存している玉川上水路。でも、その水路の中には地中にもぐった区間が2ヶ所あるのです。

一つは先日、西武電車と桜の画像で紹介した残堀川との伏せ越し区間。もう一つは、今回ご紹介する東京都昭島市付近の数百メートル区間です。

では何故、この様な区間が存在するのでしょうか?

答えは戦時中に遡ります。戦時中、この近くの地には飛行場がありました。そして現状の滑走路を延伸するため、玉川上水の存在が問題となってきました。

そこで滑走路の延伸予定部分の上水路に蓋をして、用地を確保しました。しかし、滑走路の工事を行う前に終戦を迎えたので、この区間は暗渠区間としてそのまま残りました。





暗渠区間とは思えないくらいに、見事に桜が咲き誇っていますね!「花見自粛」だからこそ、見る事が出来た光景なのかもしれませんね。

やがて暗渠区間も終わり、再び上水路が地上に姿を現しだしました。また来シーズンにもこの桜、見る事が出来たらいいな!

※この情報は、緊急事態宣言以前に歩いて調べたものです。そのため、現在では緊急事態宣言を受けて営業休止や閉鎖になっている場合もありますので、宣言解除後のご来訪の折は最新の情報を確認されます様、よろしくお願いいたします。





にほんブログ村 旅行ブログへ









最終更新日  2020.05.20 06:30:50
コメント(18) | コメントを書く

全611件 (611件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 62 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.