1014174 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

コスミックハートプロジェクトへようこそ!

全335件 (335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >

2022年05月25日
XML

夏至が近づいているから、どんどん日が長くなっていきますねー。朝日が早くから入ってくるし、それにマイアミとアリゾナの時差は3時間あるから、アリゾナに戻るとそれだけで早く目が醒めるようになっています。フェニックスへ戻る機内でも空港でも、もはやMスク着用義務はなくなったから、もうほとんど誰もしていません。でもなかには少数だけど今だにしがみつくように二重にしている人たちもいましたがね。今なお忠実に!着用し続けているのって、世界でも日本人くらいかも?ちょっと考えないとね。


お陰様にて、最終アンダラプロジェクト第9弾はやっと
100%達成!の運びとなりましたことをご報告させていただきます。青森県への挙手者が、なんと兵庫県からあったこと、そして最後まで残っていた鳥取県へは、愛知県のユニコーンさんが連休の合間をぬって届けてくださいました。どうも本当にありがとうございました!感謝、感謝、ユニコーンさんらもとてもお喜びのご様子です!!

さて、ある日天から降りてきた独自の「アンダラリーディング」を始められた​ハッピーデコレーションのオーナー、麻梨奈さん​からまた素敵なご連絡をいただきましたよ。

そして、そして〜!本日のイベントアンダラリーディングをスタートしたわけですがお客様に大変喜んでいただけました とくにカリブ海ブルーの子の話し方言葉の使い方?が、とっても可愛くて

 

例えば「お金のことばかり考えて心配している」ということを、

「頭の中、お金の勘定ぐ〜るぐる!」って言い方をしたり、

「ネガティヴな氣を溜め込んでいる。」ということを

「体の中が、テレビの砂嵐みたいになってるよ。ざ〜!ざ〜!ざ〜!って。」とか。

「言葉をキラキラさせてね。」とか

とにかく、この子の言い方が可愛くて少し厳しく聞こえてしまうような事でもこの子が言うとおりに伝えると、お客様は笑みがこぼれて、素直に聞き入れることが出来るようでした。


この子を選んだ方達は、こんな感じで
思わず笑みがこぼれてしまうような言葉をいただいてましたよ〜 自分でも氣付けてないこと、あらためて氣づかされること、今やるべきことや人生のテーマとかその方々に必要なメッセージをたくさん話してくれたんです。それをそのままお伝えするというリーディングでした

 

色とりどりのアンダラは「見ているだけで癒される〜♪」と皆さんおっしゃってくださり、私も嬉しかったです また次回のイベントでもやらせていただこうと思います!」

とのことです。そのうち、Zoomとかでもセッションができるようになるといいですね。さらに麻梨奈さんのアンダラアートも、ますますインスピレーションを得て「多産」になっているようです。


インスピレーションが降ってくるままに表現していくJOYの作業は、リクエストとともに増えていきそうで楽しみですね~!

3週間の飯炊き女行(はい、「行」でございます)を無事に終えました。みんな美味しい、美味しいとご飯を食べてくれるので、そのうち、体重が増えてきて困るとクレームが入り、それじゃあ、わたくし、そろそろおいとまさせていただきますんで・・・と言ったら、それは即、却下されて・・・しまったのでした。
修行の最終日は、たまたま母の日。出発の日にお花を渡してもねーということで、娘からは
1週間前に(!)こんなお花と手作りカードを渡されました。義息子君からはずっと自分のトラックに隠しておいた(笑!)というプレゼントを渡されてびっくり!



そして、
マイアミ滞在とはいえ、「行」だけで一度もビーチへも出ていなかったからと、母の日にスターアイランドを回るボートツアーをプレゼントしてくれたんです。朝はファーマーズマーケットで新鮮な野菜など買って(ん?もっと料理せよ、ということか?)昼はボートツアー、夜はなんと、彼らのお財布が心配になってしまうようなSUSHIレストランにて。はい、日本人経営のちゃんとしたところで(!)――これ、大切なんですよね。SUSHI​​といってもシェフが日本人でないとエライことになるので(!)ついでに調子に乗らせていただいて、ハマチのカマ、そして大好きなウニまでいただきましたよ、もうー。美味しかったです。どうもごちそうさまでした!!

                                            ​母の日、​朝はまずファーマーズマーケットで始まった・・・​​

ところで「スターアイランド」って、そう、スター、セレブらが住む島で、ン十億?の豪邸ばかりが並んでいて、車で橋を渡って入島することもできるけど、セキュリティとか厳しいんですね。こうやってボートで、「はい、さて、あちらのあの家は、誰の家でしょうかー?はい、正解!ウィル・スミス~~!」ってなノリで、ガイドさんの案内を聞きながらボートで回るツアーなんです。私、そういうのって実はどうでもいい方なんですけど、ま、たまにはね、ということで。すると、「はい、あの家、グロリア・エステファンの豪邸、いくらでしょう?当たった人には僕の電話番号をさしあげますー」みたいな感じで延々とツアーが続くんです。かのバイアグラを製造している製薬会社の社長や
CEOら、またジェニファー・ロペスみたいなハリウッドの大スターら・・・の名前があがり、いろんなエピソードも交えて笑わせながら。




なかでもアメリカで最もリッチな郵便番号!といわれる超プライベートな島、フィッシャーアイランドとなると、そもそも島へのアクセスはありません。橋もかかっていないから、ボートやヘリコプターから眺めるだけ。この超セレブの島に家を所有するセレブとなれば、そう、あのドナルド・トランプ、アメリカ人で知らない人はいないオプラ・ウィンフリー、またジュリア・ロバーツ、アンドレ・アガシ・・・と私でも知っている名前が連なります。何だか、いまの世界を動かしている、というか動かされているものたちの縮図みたい。とてもわかりやすいですね。

さてさて、娘のお腹も、もうはちきれんばかりです!先日は、ちょうどいま産科での医学研修中のこと。診察室で患者さんと一緒に待っていると、診察室に入ってきたドクター、「え?産婦は一人かと思ったよ!」と娘らに冗談を飛ばしたそう。咄嗟にこんなジョークを飛ばせる医者って、いかにもアメリカ的ですね~!(ナイス!)

やっとフェニックスに戻って一息ついたところですが、来週からまた娘の出産の手伝いでマイアミに戻ります。発送は今週いっぱいまではできます。メールは見ておりますが、またしばらく発送等できなくなりますこと、申し訳ありませんが、どうぞご了承くださいませ。

先の満月には、なんと家にフクロウ(ミミズクかな?)も現れてびっくり!もうすぐまた、今月2度めの新月が30日です。どうぞ、またこの非常に大切なターニングポイントの時期、波動を上げて、祈りと瞑想のグリッドにご参加いただけますよう、お願いいたします。
また、夏至には、トウリーダーの方々のためのKCミラー先生とのZOOMでのお話し会があります。トウリーダーの方は、どうぞこちらにも​ご参加ください​ませ。

では皆様もまた、ますますのご研鑽をと、感謝とともにお祈りしています。ナマステ~!!












最終更新日  2022年05月25日 12時42分19秒


2022年04月27日

​​先週からマイアミの娘のところに来ていて、飯炊き女をやっています。家の裏庭にあるココ椰子の木にはたくさんの実がなっていて、義理の息子が実を落として、ココナツジュースを飲ませてくれました。採りたてはとっても美味しいなー。しばらくは毎日飲めそうです。インドにいた頃、毎日飲んでいたのを思い出します。


                               ​採りたてはやはり最高です!

植生が全然違うフロリダに来ると、春先のアリゾナで大変だったおそらくオーク(カシの木)アレルギーが治まるのでだいぶ助かります。大木に宿木のように寄生する寄生蘭(オーキッド)もきれいに咲いていて、これは沖縄とかハワイを思い出しますね。

                                           ​近所一帯にプルメリアのいい香りがする​

娘のところでは、2年前にとっても可愛がっていた愛犬のゴールデン・リトリーバーのルナが天国に逝ってしまってからというもの、ずっとまた同じゴールデンリトリーバーを飼いたいと願ってきたらしく、それがやっとかなったみたいです。こんな生後3ヶ月のパピーが迎えてくれたんだけど、歯生期のむずかりで私の手も噛もうとするわけ。生えかけの歯だから痛いというところまではいかないのが、まあ、幸いだけどね。もう少しでむずかりが治まる時期が来るのが待ち遠しいところ。娘がトイレトレーニングは完璧に済ませたのはナイス!です。それにしてももう~~~、やること、なすこと、全部かわいいんですよ!でも今こそ、しっかり厳しくしつけをしておかないと、ね。



娘たちは先週末、自宅でベビーシャワーを主催したのですが、これが前回にお話したジェンダーリビールパーティより2倍くらい大きい、けっこう大掛かりなパーティだったんです。来客は50​人くらいだったかな。前日から息子の家族らがやってきて裏庭にテントを張ったり、テーブルや椅子を並べたり・・の設営にあたって、当日は友人クルーらがステーキを焼いたりするグリル班や、司会やゲーム進行係や・・・と、たくさんの友人らの助けを得たからこそできた感じです。有り難いことですよね。司会係の子なんて、プロ並みの上手さ、みんなの笑いが常時絶えることがありませんでしたね。ほんとに楽しかった~!





                      ​   ベビーシャワーの定番はといえば、おむつケーキ!​


「ベビーシャワー」は、多分ここアメリカで生まれた習慣で、最近では日本にもセレブあたりから広まりつつあるのかも? もうすぐ生まれて来る赤ちゃんと妊婦さんに安産を祈願してたくさんのプレゼントと愛をシャワーのように降り注ぐパーティです。ジェンダーリビールは比較的最近のものなのに対して、ベビーシャワーはずっと昔からあるものなんですよ。私がアメリカに来たばかりの頃(
30ン年前のこと)、ベビーシャワーなんていう習慣のことも何も知らなかったお腹の大きい私のために、友人がサプライズでベビーシャワーを画策し、何も知らずに彼女の家にお茶を飲みに行ったつもりが、そこにはたくさんのアメリカ人の女性たちが(女性だけです!)私をニコニコと迎えてくれて、ベビーベッドには山積みになったプレゼントが用意されていたんです。ほんとにサプライズだったんですよねー。ベビーベッドを始め、その山のようなプレゼントの包みをひとつひとつ開けてみんなにお披露目したのを覚えています。そういう習慣だからね。私が日本人みたいに(!)丁寧にプレゼントを開けるので、みんなを退屈させたのかも?アメリカ人は包装紙をビリビリっと破ってさっさと開けるからね。それも含めて今となってはスィートな思い出です。

でも今では妊婦と夫が主催者となることも多いし、参加者もその昔は大人の女性だけだったのに、今では男性も子どももやってくるパーティに変わっています。そしてプレゼントは持参する人ももちろんいるけど、大半はなんとアマゾンとか大手デパートなどのオンラインサイトに前もって設けたベビーシャワーのレジストリーを招待客らに送っておき、よってプレゼントはアマゾンやFedexなどで直接自宅に事前に届くようになっている。時代は変わったねーと思うこと仕切りでした。連日アマゾンの配送車がやたら止まっては、山のようにたくさんのパッケージが届いていると思ったら、そういうことだったんですね。

 

さて、今回で最後となるアンダラ第9弾プロジェクトですが、兵庫県のHさんから、長年計画していた初の青森行きがやっとかなうので、ぜひ青森県へのご奉納役をさせていただきたいとの嬉しいお申し出をいただきました。わ~い!これで挙手率98%となり、残るは鳥取県だけとなりました。鳥取には隣国との往来がある境港(さかいみなと)などもあり、とても重要なポイントです。できれば地元のユニコーンさんの挙手をお待ちしております。夏至までに完了できれば最高です!!

アンダラやユニコーンさんの優れたメッセンジャーであり、とってもオリジナルな「アンダラリーディング」を展開されているハッピーデコレーションの工藤麻梨奈さん(当方の商品取り扱いネットワーク店でもあります)が、今度はアンダラアートをシェアしてくださいました。麻梨奈さんの許可を得てここにシェアさせていただきますね。

                       ​テーマ:​​《平和、調和、望む未来、希望》​​

上の世界からのインスピレーションを受けながら、その精妙な高次元エナジーをそのままアートにおろしているのが感じられるのではないでしょうか?麻梨奈さん云わく、

「ほんの一部だけ、線をペンで書いてますがほぼアンダラさんの形をいかしてのアートです♡ 美保子さんから譲っていただいたアンダラさざれを使っています。作成していると時間を忘れるくらいの集中力で、あっというまに時間がたってしまいました(^^;) そして最後に上からエネルギーを入れていただいています」

とのことです。お問い合わせ等は​ハッピーデコレーション​へどうぞ。

さて、次の新月はもうすぐ51です。混迷を極め、ますますきな臭くなっていく今ほどたくさんの人たちの祈りを必要としているときはありません。私はマイアミから参加しますので、心ある皆様もどうか、新月の日に祈りと瞑想のグリッドにのってご参加くださいますよう、どうぞお願いいたします。


お待たせしております発送等は、帰宅後の510日から再開させていただきます。

そのお詫びと、またいつもたくさんの感謝とともに、ナマステ~!!







最終更新日  2022年04月27日 11時37分26秒
2022年03月28日

アリゾナの高地にも少しずつ、春が訪れています。去るお彼岸の夕方、いつものように近所の散歩コースを早足で歩いていると、ピーピーピーとひときわ賑やかな鳥の声がしてきて、歩く私に話しかけてきているみたい。あまりに賑やかなので足を止めて見回してみるけど、どこにも見えない。どこにいるの?とよーく見ると、茂みのなかから、鮮やかな緋色の一羽のカーディナルがヒョッコリと現れたんです!あらまあ~~!


2年前に息子が向こうへの橋を渡ったときにも同じように、緋色のカーディナルが2日間にわたって現れてメッセージをくれたことがあったので、これは息子かも?と咄嗟に思いました。その緋色君は、私がしばらくして写真を撮ることを思いついて何枚かパチリとしたにもかかわらず、ずっとそこに居て、しかも真正面から(!)私をじっと見るんですよね。そうかー、あれから2年、日本ではこれを(二周忌ではなく)三周忌というのだとある方が教えてくださいました。それで私は周囲に誰もいないことをいいことに、息子への愛をいっぱい伝えました。そうして数分たったのに、それでもまだ彼はそこにいるんですよね。去りがたい思いでその場を去っても、また別のもっと高い木に移動して、そこからも見ているのでした。見えないだけでそこにいる!ことを実感せざるを得ませんでした。時空を超えて、愛だけが真実なんですね。

ここにも地元の早咲きの桜は咲き、もう散っています。もっともソメイヨシノの風情はまったくいのですが、やはり桜は桜・・・で愛でて眺めております。

やっぱり桜並木が見たいなあと思って、そういえば日本がワシントンDCに贈った桜があったなあと思ってチェックすると、いまちょうど満開みたい。ライブでワシントン桜フェスティバルの様子が見られます。

https://nationalcherryblossomfestival.org/bloom-watch/

ほんとはすぐさまDCに行こうとしたんだけど、急にフライトを取ろうとすると驚きのお値段!ホテル代も一泊安いところでも500ドル位する!ちょっとなぁー。今年はライブで我慢します。来年こそは日本に行けますように~!


​             ​​​             裏庭にはあやめも咲き出しました。
​​

もうすぐ​
4月。しかも1日は新月です!このクレージーな世界情勢、マスごミを総動員して展開中の恐れの心理戦を再考してみるいいチャンスです。それぞれのいらっしゃる場所から、ぜひ真我と繋がってみてください。テレビは消してね。そしてブレない自分を確認してみてくださいね。Ukライナ「問題」なんて、ほんとに起こっていることから目をそらすための煙幕シアターであることを忘れないでください。


さて、やっと春らしくなってきたところで、私としては
2021年から続けてきたユニコーン・プロジェクトをどうしても終わらせたいですね。残るは青森県と鳥取県の2。青森県は縄文の里、とても大切な北の玄関口。鳥取県は隣国への交通要所、港がありますよね。どちらも大切です!だからもう一度だけ呼びかけさせてください。この2県にお住まいの方で、私が無料でご用意しているアンダラたちを県内のポイントに納めていただけるユニコーンさんの挙手をお待ちしております!また、雪解けまで待つことにしてあった県、そしてまだ奉納が終わっていない2県(岩手県と奈良県)の挙手していただいたユニコーンさま、どうぞご奉納のほど、よろしくお願いいたします。ご報告をお待ちしております。本プロジェクトの状況はいつも​トップページに更新​しております。

そしたら、今日!愛知県のKさんより、こんな胸アツのメッセージが届いたんです。
実はKさんは、以前にも何度かご連絡をいただいていました。「・・・(前略)私はペーパードライバーではありますが、もし誰も挙手がないようでしたら、どうぞ私をお使いいただけないでしょうか?・・・」と。

いやー、まさか愛知県から青森県まで、ペーパードライバーの方に運転させるわけにはいかない、と、私としても丁重に辞退させていただいた経緯があります。「K様のお気持ちはとても嬉しいの一言に尽きるのですが、やはり地元にお住まいの方の愛の行動をこそ」という趣旨を述べさせていただいたのでした。同じく、他県からご自分の手持ちのアンダラや石たちを青森県の岩木山神社などにご奉納くださった方がたもおられました。本当に愛ゆえの、愛だけの行動ですよね。感謝してもしきれないです。

そして今日、再度、Kさんからのご連絡がありました。

「美保子さん、こんにちは、
すっかり花見シーズンとなりましたね。青森県や鳥取県で生まれた方で、その地を大切に思われている方なら、どなたか挙手があれば良いですね。

美保子さん、私は愛知県の養父母に4歳の時に会い、育ててもらいました。今も同じ愛知県に住んで半世紀たったわけですが、美保子さんのプロジェクトを知った時、最初は地元愛知県への奉納を迷った事を悔やんでいて、日本は大好きだしという事で、代替として挙手をしました

でも、青森県や鳥取県に生まれ育った方が奉納の適任者という、美保子さんのご意思を知りお任せする事にしました

でも、そうして挙手をしただけなのに、その後、私の内で変化があり、驚いている毎日です

自分が生まれ育った地に奉納する事は、自分の人生を丸ごと受け入れ、今までの事を赦し、昇華されていくプロセスを早めてくれるのでしょうね。そうしてこのプロジェクトに賛同される方が、ご自分の生きる場所に奉納する適任者なのですね。何だかこの気づきにより、身辺が軽やかに感じられるようになっています。

今まで私が自分のために、と行動して、いろいろな方々との出会いで教わった事がら、またカウンセラーやスピリチュアル系の情報、ワークショップの講師の方々の話など・・・がバラバラな記憶として残り、意味が見いだせず苦しんでいましたが、それらが私の中で一つにまとまり、地に足が着いた感覚がありました

挙手をしただけなのに?と驚きました

私は目覚めが遅すぎましたが、遅いなりに私が出来る事をします引き続き、私も地元の方がたの挙手を祈りますね今週末には、こちらも花見シーズンです。楽しみにしています(. .)

時節柄、ご自愛ください。」

なんだか素敵なメッセージでしょう!?思わずシェアさせていただきたくなって、急遽、ご本人の許可を得たところでした。

しばらくお待ちしてみて、どうしても地元からの挙手がない場合は、他県からのオープン挙手にさせていただこうと思っています。(でもペーパードライバーさんは指名しないのでご安心を!)

私情にて大変申し訳ございませんが、4月は娘からまた招集礼状が来てマイアミに行くため、月半ばから3週間ほど発送等ができなくなりますことを、どうぞご了承くださいませ。メールはいつも見ています! 

 これから日本列島、一斉に桜前線が通り抜けることでしょう!いいなあ~!羨ましいなぁ~!どうぞ、私の分までお花見を存分にお楽しみくださいませね。ナマステ~!







最終更新日  2022年03月28日 09時54分50秒
2022年02月25日

いま世界は、誰かのシナリオ通りにことを成就させようとする動きで、何だか、やたらキナ臭くなってきましたね。困ったもんだ。

少しずつ春らしくなってきたなーなんて思ってた矢先、昨日は目が覚めると、WOW!! 外は一面、白銀の世界だった!今シーズン最初で、きっと最後の雪。外は零下だったけど、何だか嬉しくなって庭に出てみました。積もった一面の雪の上に、最初の足跡をつけるのってワクワクして楽しいですよね!童心に返ったひとときでした!
                                 ​​             ​外は、あたり​一面、銀世界だった!​​​​

​​​​​
​外は氷点下!


​プレマシヴァ様もわた帽子被ってる!​


​YURTも雪化粧!​

​膨らみ始めたりんごの花たちにも!​


​ となれば、暖炉に火を入れてヨガをして温まるしかない!​
​​​​


全国の「ユニコーンさん」たちのご協力を得て第9​弾ユニコーンプロジェクトはほぼ完了に向かっていますが、今回の奉納状況を総括する意味で、トップページにリストにまとめてみましたので、どうぞ​ご覧ください​ませ。未納県(青森県と鳥取県)は春先まで希望を持ちつづけようと思っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。​

このプロジェクトのために、独自で気になるポイントに動いてくださったユニコーンさんたちも多々おられましたことに、心から感謝いたします! 本当にどうもありがとうございました。これらのご奉納場所もリストに加えてありますので、どうぞご覧くださいね。

 

​さてさて、今年のツーソンショーで見つけたもののひとつが、これです。
                               ​         まさに、ユニコーンPoop (ウンチ)!ですよね(笑)!

モロッコ産球状カルセドニー玉髄は、紫がかった美しい色合いのころりんとした形状で、そこに磨きなどの処理は一切していません。その表面に「蒸着」処理を施すことで、レインボー色にキラキラと輝いています。この「蒸着」は米国特許による技術で、近年では中国で真似をしているものが出回っているのですが、いかにもお粗末な出来なので、その違いは歴然としています。カルセドニーはアゲート(瑪瑙)の一種なので、硬度7ととても高く、安定しています。

名付けて「ユニコーンのウンチ」(Unicorn poop なんて凄いネーミングのセンスか!とやけに感心してしまった(笑)。でもまさにそれだよね、って思ってしまいます。当プロジェクトでは去年から「ユニコーン・プロジェクト」を展開してきていることもあり、ご縁を感じます。


もうひとつはカンポ・デル・シエロ(空の草原)隕石です。
              
宇宙由来の本物の隕石(メテオライト)です。テクタイトとかではない。でも隕石は普通巨大で数トンの重さだし、せいぜい博物館入りするくらいしかできないですよね。そんなものに数千万円払える人もまずいないでしょうし。。。というわけで、隕石のうちでも等級的に「加工」してもいいと判断したものを、人工ラボに入れて時間をかけて爆発させるんだそうです。そうやって細かく、小さい破片になったものが、一般ピープルでも入手できるようになったというわけ。宇宙から飛来した本物の隕石であることには変わりありません。まさしく天然のスターバーストの形状! ジュエリーやアクセサリー加工してみても、きっと楽しいはず! これらはいずれも​天然石のページ​にありますので、よかったらご覧くださいませ。


もうすぐ桃の節句、3月3日は新月でもあります。こんなクレージーなご時世だからこそ、流れに流されないで、自分がいるところで自分の波動を整えること、そして祈りをのせていくことがとても大切です。ぜひこの新月、短い間でもいいから、ニューアースのグリッドに乗って祈りを届けてくださいね。

さて果たして、今年は日本へ桜を見に行けるかな?このままだとかなり難しいかなー。もう2年かー。同じく、毎年必ず訪れているホピランドでのダンス。人類が北米に出現して以来、ずっと絶えたことのない伝統的なダンスが開かれなくなって2年・・・今年の夏は果たしてどうなるだろうか?ホピの預言の伝えるところをしても、世界は本当に危うい時局にさしかかっている感覚を、きっと誰でもが感じているはず。でも、祈りの力で、量子力学の原理で、きっと磁場に影響を与えることができる。しかもみんなでやれば、もっといい!私は未来は何となく明るく感じているんですよね。だから忍耐強く、いつも自分の波動を整えて、浄化していくことです! Mスクはしない。だってそこまで来ている春の希望と喜びにひたるのにすごく邪魔だもの・・・ね。

春ですよ~!そろそろ冬眠から、また集団催眠から覚めるときなのでは? 桃の節句、新月の祈り、ぜひグリッド上でお会いいたしましょう~。
ナマステ~!







最終更新日  2022年02月25日 16時37分19秒
2022年02月04日

1日の新月は旧正月でとってもパワフルでしたね。何と33年ぶりに(!)私ごときの誕生日を覚えていてくれた旧友が、私を探してお祝いメッセージをくれたりして、ひときわ嬉しい一日でした。娘からは、こんなマグカップが!


ベストMOMsだけが、グランマに「昇進」できる!と書かれている!え~~何と~!孫がやってくる=グランマに格上げ、というわけね!!! こうして、生命は続いていくんだわね。


 いつもマイ誕生日前後は、ツーソンジェムショーを歩いているのが慣例になっている感がありますが、今年も人出は少なくて、駐車もし易いし、歩きやすいのは楽ですねー。出店者も例年よりはだいぶ少ない感じ。会場では、
Mスクはしてください (required)、ではなくて、するのをお勧めします(recommended)と書いてあって、半々くらいの感じでしたね。私は顔おむつをするのは好まないのでしないけど、これってやはり「羊たちの沈黙」の表明であり、これをしている限り、為政者らがパンダミックをずうっと永続化させるのを許していることになっていると思うんです。

そして、ツーソンショーではとっても珍しいマダガスカル産サンセットピンク色のラボラドライト、ドーンと大きい10​キロクラスに惹かれてしまって・・・いつもながら・・・困ったもんです・・・


                                    ​9.7 Kgのサンセットピンク、圧巻!


 12.2Kgのまさにコスモスそのもの!Amazing!!!ですよね~!

​でも今年はなんとなくゆったり歩けた感じで、パロサントを買ったお店では、バガヴァッド・ギータの一節を読みきかせてくれる店主がいたりして、外界の喧騒から一瞬でゼロポイントに戻していただけて感謝でした。石との出会いもさながら、人々とのいろんな出会いが何よりも面白いです~!
                    ​ツーソンショー、今日も一日が暮れていく。車を走らせながら・・​

  そうそう、年末からのアラスカの旅の後、今度は娘の手伝いに招集されてずっと暖かいマイアミに行っていました。家のけっこう大掛かりなリフォーム、床の張替えだの、キッチンカウンターを新しくしたり・・・と、義理の息子君が頑張って取り組んできて、家じゅうずっとテンヤワンヤだったんです。その最終局面で、思いがけず壁のペンキ塗りにまでやらされる羽目になって・・・。というのも、翌日には娘たちがベビーのジェンダー・リビール:「性別発表」パーティにたくさんの友人らを招待していたので、何とかそれに間に合わせる必要があったというわけ。それで皆で頑張って何とか間に合わせて(!)、私がツーソンに戻る日の前日に、そのパーティは開かれたんです。

ジェンダー・リビール(Gender Reveal) だなんて、最近になってやるようになったものだと思う。その昔はそんな習慣はなかったですからね。要は、妊娠が分かってから、ベビーの性別をみんなに知らせてお祝いするパーティなんです。娘ら自身も医者に性別を教えないでとお願いしておいて、パーティの主催者を友人のジェームス君に委任し、ジェームス君は口を固くして、ジェンダー・リビールの発表までは絶対に秘密をキープするんですね。ケーキを注文する時も、娘はその性別をケーキ屋さんに告げるところだけは、委任したジェームス君に電話を代わって、ケーキ屋さんはそのジェームス君の指示でケーキを作ったわけ。女の子ならピンク、男の子ならブルーのクリームが入っているの。私のカンでは男の子!だったから、発表パーティの日はブルーの上着を着て、ジェームス君に、ねえ、絶対男の子だよねー?って水を向けるんだけど、ジェームス君、表情ひとつ変えなかった。彼、確かにこの役には適任だったわ。


招待されたのはみんな医者のタマゴたちだから、きっと勉強忙しくて誰も来ないんじゃないのー?なんて言ってたら、ほとんどのタマゴたちが現れて、娘も嬉しいビックリだったみたい。家に入るや、みんなが
Boy or Girl, ​男の子か女の子かを当てる、ブルーとピンクのスティッカーを自分の服に貼って、チームに分かれていくんだけど、大半が​Boyチームで、女の子チームは少数で、23 人vs 3人という感じ。ジェームス君だけは両方貼っていた!




クッキーもフロスティングはピンクとブルー、ゼリーもそう。ハーシーズのチョコレートだって、
​​Hershey​​のラベル部分、​​He r She y ​​と、He​をブルーに、​Sheのところをピンクに塗り分けてるといった具合!​

娘の友人のタマゴちゃんが、
​​”Boy or Girl” ​​​​と、ブルーとピンクで包装した大きな箱を作ってくれたらしいけど、その箱に風船を入れたのはジェームス君。なぜなら彼だけがブルーの風船か、ピンクの風船かを知っているわけだからね。この大きな箱が裏庭にある大きな木に吊るされました。

​​


ジェームス君はみんなにクラッカー(爆竹)を渡してあります。そのクラッカーをひねると、中からブルーまたはピンクのパウダーが爆竹音とともに炸裂するというわけで。。。何色のパウダーを入れるのかも、もちろんジェームス君だけが知っていて手配していたんですね。

さて、タマゴちゃんたちの賑やかなおしゃべりのあと、みんなは裏庭へ移動。さあ、いよいよ、ジェンダーがリビールされる瞬間がやってきました! さあ~~!! 娘たちが紐を引っ張ると、箱からはブルーの風船や紙吹雪がいっぱい飛び出し、と同時にみんながひねった爆竹からはブルーのパウダーがパン、パン~!!!と放たれて、宙に舞い散りました~!

​                              Yes~! It's a Boy!!

It’s a BOY!  やっぱり男の子~!いえーい~!とみんなではしゃぎ、踊ったあと、今度はケーキカット。やっぱりジェームスが手配したように中身はブルーのクリームでした~!

                           Yes~! It's a Boy!!

タマゴちゃんの一人がボランティアでBBQのグリル係になって、みんなにハンバーガーだのサーモンだのを焼いてご奉仕してくれました。宴はしばし楽しく続いたのでした~。



              ​​        誰にとっても初めての楽しいジェンダー・リビールでした!​​

今では日本でもジェンダー・リビール、さっそく「輸入」されてるみたいです。日本だとおにぎりバージョンで、おにぎりを割ってシャケだったら女の子、昆布だったら男の子、みたい。おにぎりバージョンだと美味しいし、随分と準備も楽でいいですよね:)


あの裏庭でのリビールのとき、息子がそこに来ていたのを強く感じました!そしたらそれが当たり!であるサインのように、一機のセスナ機が低い上空を、まるで手を振るように飛んでいきました。逝った生命、新たにやってくる生命・・・こうやって生命は続いていくんですね・・・・・


節分、そして立春の今日、裏庭には水仙が咲き始めていて、寒いなかにも春は確実に近づいていることを知らせくれます。春は何かと希望と期待を膨らませてくれます。とっても待ち遠しいです。


ますます狂っていく変な世界だからこそ、ぜひともいつも、ほんの短い時間であっても、大自然に目を向けて
Mスクを外し、大地と触れ合うことを忘れないで生きましょうね!本来のオリジナルな自分の軸とつながって、ブレないで!そうすれば絶対に導きがあるはず。
あ~、春よ来い~! 
ナマステ~!!​​​​​​







最終更新日  2022年02月04日 14時44分03秒
2022年01月06日

​2022年、新年明けましておめでとうございます。いや~、年が明けたと思ったら、もうさっそく足早に、容赦なく過ぎていきますねぇ。時は小寒も過ぎて、やっぱりアリゾナも寒いです。皆様にとっては去年はどんな1年だったでしょうか?何とかと試練と忍耐を試された年でしたが、でも個人的には日本(や外国へ)思うように行き来ができないことを除いては、かなり普段通りに過ごさせていただいたと感謝しています。グローバル規模で奇妙に押し進められていく一連の不理解な動きゆえ、世の流れに追従する大多数の人々のなかにも、随分と目覚めることになった人たちも出てきていると感じていて、まさにコロ様さまだと思います。こんなおかしな状況がなかったなら、きっとずっと眠り続けているままだったでしょうからね。

先ずは第9弾アンダラ・ユニコーンプロジェクトのご報告です。心ある有志の皆様のおかげで、残るはあと2県だけ(達成率96%)となりました。

青森県

鳥取県

積雪のためもう青森県などへご奉納は事実上無理かと思い、ユニコーンさんのメッセンジャー様に連絡をとって確認していただくと、ユニコーンさんは今回のこの達成率で十分にお喜びのご様子です。よって、もし挙手をいただける方がいらっしゃれば、雪解けまで延期することも猶予をいただけましたことをご報告させていただきます。まずはひと安心です!春先まで希望を捨てずにお待ちしたいと思っています。2021年8月8日から遂行してきた本プロジェクト、皆様のおかげで何とか合格点にて新年を迎えることができましたこと、本当にどうもありがとうございました!!

皆様のおかげで日本中にあるたくさんの重要なポイントをカバーすることができました。プロジェクトにご賛同いただいた方々の多くが、現地に行ってみて初めて、奉納後に美しい虹が出たり。。。と目に見える形でもお慶びのサインをいただけたというご報告をいただいております。ご奉納マップを追ってここにアップさせていただきますね。先ずは皆様に心より感謝いたします。私としてもまずはホッと胸を撫で下ろした次第です。

年の締めくくりは?と思っていると、例によってこれまで年末年始をいつも一緒に旅をしてきたまた娘から連絡があり、今年は外国に行くのは何かと面倒クサそうだからやめようと思っていると、じゃあ、アラスカへ!ということになってしまいました。そしてそれが何とも予想外のチャレンジ満載の旅となったのでした!!!
それはクリスマスあたりにアメリカ北西部にドカ雪、猛吹雪(ブリザード)をもたらした気象状況から始まりました!特にアラスカ航空のハブはシアトルなので、まずフェニックスからシアトル行きがキャンセルになり、航空会社のカウンターは誰もがシアトル以外のありとあらゆる都市を経由してアラスカ入りするための人々の長蛇の列!一人平均30分はかかっていたかな。聞こえてくるのは、ありとあらゆる全米の都市名、なかにはホノルル経由!ならあるけど、とかいう声まで聞こえてくる。アラスカに行くのにホノルル経由かい・・・でもワク接種した人しかハワイには入れないという条件らしいが。いろいろ試したけど、やはり日曜から水曜まで待たないと乗れないということがわかり、結局その日はそのまま帰宅することに。

そしたらそんなことではめげない娘が、まだ行ったことがないアリゾナ北部のホワイトポケットに行こう!と言い出して・・・自分が全部運転するから、と。結局、押し切られて翌朝、Page(ペイジ)に向かいました。次第に高度を上げていき、高地、フラッグスタッフあたりはもう雪吹雪で大変でしたが、ペイジに着く頃にはまあまあ耐えられる天気になっていました。娘はなぜかアリゾナ北部が大好きで、この風景が疲れた精神を何よりも癒やしてくれるといいます。魂が先住民なのかもね。そんなわけで急遽、ペイジに2泊して、私も初めて行くことになったホワイトポケットへ!ナバホ族のおじさんががっちりした四駆で、私達をペイジの奥地へ連れていってくれました。一日がかりの長いツアーで、天気がもう少し良かったならもっとあの美しいバーミリオンクリフが燃えるように輝くのにねー、なんて思いながら、ときどき雪がちらつくような天気のなか、トレイルのデコボコ道を進んで行きます。












ホワイトポケットは四駆でないとアクセスできない地域にあって、それはそれは魅惑に満ちたマジカルな場所でした!行ってよかった。六角形?の亀の甲羅のように割れた紋様が広がる白い大地。あちこちに水が侵食してポケットを構成しているからホワイトポケットと呼ばれるらしい。この風景、どこかでも見たことあったなと思ったら、北アイルランドの海岸線、ジャイアンツ・コーズウェイでした。あと宮崎県の日南海岸を思わせるものがありましたね。なぜいつも六角形の柱状になるのかは不思議ですね。こんな寒い日でも結構、他にもジープが4,5台やってきて楽しんでいました。ガイドについていくハイキングは思いのほか、楽しかったです。こんな風景があるから、アリゾナって魅惑の地なんですよねー。それからツアーはユタ州に入って、ぐるりと円状に回る一日コースでした。

ツアーのあと、娘が行ったことがないというホースシューベンドへ。まあ~~ここもだいぶ変わっていました。誰でも、いつでも勝手に入れたのに、今では入り口に高速道路の料金所みたいなブースができてしまって、車1台10ドルの入場料を払うようになっていました。こんな寒い季節にもたくさんの人達で賑わっていてびっくり。聞こえてくる言葉は中国語とインド各地の方言だけ!まるでいまの世界経済状況を反映しているかのよう。娘は翌日はアンテロープキャニオンへ。ここは誰をもいっぺんに写真家にしてしまうミラクルが起こりますよね。ここも中国人とインド人だけでしたね。



​                            娘もいっぺんで写真家デビューか!アンテロープキャニオン!​

​それからフェニックスに戻って、夜のシアトル便に乗りました。なぜかファーストクラスにアップグレードされいて助かった。でもこの夜はシアトル止まり。シアトル空港はこれまで一度も見たことがないようなドカ雪と戦う大規模の除雪作業が行われていて、大型の除雪車がキャラバンのように列をなしていて、それはまるで戦時体制を思わせるものがありました。急遽、シアトル空港に近いホテルを予約して、翌朝は4時起き。それでも果たしてアンカレジ行きが飛ぶかどうかは不明。この旅のテーマのひとつは、次々に目の前に立ちはだかる予測不能の事態に柔軟に対処することだったかも。

結局、だいぶ遅れてアンカレジ行きは出発したのですが、今度はアンカレジでの乗り継ぎが何と10分しかないということに!娘、走りました!こんなに走ったのはケニヤ高地に住んでいた頃以来。スカイトレインでの別のゲートへの移動、もちろん私も走らざるを得なくて、もう走りました!心臓バクバク!で、やっと乗り継ぎに奇跡的に間に合い、フェアバンクス行きに乗れました。それから飛行機の両側の主翼にデアイサー(除氷器)がやってきて氷を溶かしていった。
外はまだ真っ暗。やっとのことで離陸すると、窓の外からは下界のブリザードの混乱が嘘のような平安な静けさがあり、雄大な日昇風景を堪能することができました。こんなマジカルな風景もまず、普通の状況では見られないこと。またしても困難をクリアしていくなかでのみ見せていただけたシーンですね。下界には広大な氷原が広がり、また真っ白な山々が美しく連なるなか、あー、ここはやっぱり太陽系にある星なんだと思わせてくれる見事な日の出!

やっとフェアバンクスに着くと、今度は預け荷物が出て来ない!あ~~!嫌な予感は当たってしまった。分厚い防寒コートやブーツ、手袋・・・全部そこに入っているというのに!どうやって零下30度を生き延びるというのか!?!? 結局、荷物は5日後、旅を終えてフェニックスに戻った後に配達されたのです(Awwwww~~~!)
仕方ないから、とりあえず2時間ほどかけてホテルへ向かいました。ここまでくるとほぼ北極圏です!道の両側には見上げるばかりの2メートルほどの除雪後の雪が積もっていて、大変なブリザードだったことがわかります。ここまでやってきた理由、それはアラスカ沖で何かが起きている(!)ことをなんとなく感じていたため、ここへ祈りを捧げること、そして冬にしか見ることができないオーロラを見ることでした。

​​温泉への道中、6頭ほどのムースに出会いましたよ!​​

オーロラは娘が生まれる前に、カナダのユーコン準州を何日も運転しながらアラスカを目指したときに、何度も見ることがありました。そういう長い運転中に出くわす、というアプローチがベストです! 今ではみんな、携帯に磁気活動を示すアプリを入れていて、それを見ながら予測を立てて外へ出る、というやり方が多いみたい。ブリザードのせいで短くなってしまった滞在中にオーロラを見ることができる可能性はかなり低い。しかも悪天候。もう無理かなーと思われた頃、夜中2時くらいに空がぼんやりと明るく光ってきて、ところどころに光の柱も立って!あ、これはいける!と。でも携帯のカメラで撮れるものには限界があるけど、ま、そのマジカルな自然現象を垣間見せていただけただけでもものすごく有り難いことでした!! 

ホテルの若い男の子が、コートも着ていない私達を見て哀れに思ったのか、分厚いエスキモーコートとブーツとズボンを貸してくれました。文字通り、命拾いしました!それなら!とハスキー犬が引く犬ぞり体験もしちゃいました。何と、元気すぎる犬たちも御者のお兄ちゃんも若いから、カーブでスピード落とさず、私と娘はドスーンと雪の上に投げ出されました!そうやって倒れても優雅に(!)起き上がり、また前進するのみ。これもなかなかできない体験でしたね。






​​これだけの光、オーロラを見せていただいただけでもう感謝です!!!​​

というわけで、今年の元旦、初日の出はその数時間前のオーロラの出現でした!何しろ、ここまで北極圏に近いと、日の出は11時くらい、そして3~4時間もすると午後2時くらいにはだんだん暗くなっていくんですね。あとは自然の温泉に浸って温まるわけですけど、お湯は十分に熱いから耐えられても、外の気温は何せ摂氏零下20度から30度になるので、あっという間に髪の毛が凍てついていきます。まつ毛も凍っていきます。こんな体験ができるのはここだけかも。以前、アイスランドのブルーラグーンで温泉に浸ったことがある娘は、こっち(アラスカ)のほうがベターだとか。ほんのりと硫黄の匂いもするこの天然泉は、たしかに素晴らしい体験でした。お湯がいいから、この極寒のなかでも耐えられたのだと思います。もちろん、今なお、日本の温泉に浸かりたい!という願望はまだまだ捨てていませんが!




​​​摂氏零下30度​、​​凍てつく寒さでもう耳が痛い!!​​​​

そんなわけで、普通じゃない困難が次々と立ちはだかるなか、何とか無事に先日、元気に帰宅できたところです。まさにいまという時、世界の状況をそのまま反映しているような旅でした。でも自分でコントロールできない状況を優雅に(!)受け入れて対処していくなかで、状況は何とか耐えられるものになっていったと思います。

今なお何かと困難が継続していくこの2022年もまた、きっと同じようにして過ごしなさいというメッセージだったように思います。1年の初めに北極圏に祈りとグリッドワークを届けることができたことにはとりわけ感謝です。短い間に天が見せてくれた美しいオーロラにも、またすべてに感謝です!

本年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。皆様の2022年がたくさんのJOYと、オーロラのような美しいマジカルな光に満ちていますように!​






最終更新日  2022年01月06日 16時16分33秒
2021年11月30日

なんとも日暮れが早くて、今まさにダークな季節、もう少しでやってくる冬至にピークを迎えるまでもっと暗くなっていきますね。だからこそ、いまだからこそ、言っておきたいことがあります。

ずっと横バイだったアンダラ・第9弾ユニコーンプロジェクト、光の御子様たちが他県の分まで挙手してくださったりしたおかげで、長かった60%からなんとか現時点で85%の挙手率となっています。ありがとうございます。なのに霊場四国は真っ黒、4県中、3県は空白のまま。どういうこと?

残るは以下7県です。状況は​随時トップページに更新​しております。


1. 青森県
2. 山形県
3. 鳥取県
4. 山口県
5. 徳島県
6. 愛媛県
7. 高知県

皆様はこれをどうお考えになるでしょうか?ある協力者は、前回は喜んで協力してくれた方にも声をかけたそうですが、今回は。。。。と離れていったといいます。そう、いま未曾有のグローバル規模でのプランデミックの姿をした「試し」が施行されているなか、巧妙な洗脳によって道を迷ってしまう人々、ブレてしまう人々、呼んでも応えてくれなくなった人々が増えているんですね。こうして「自己選択」によって人々は二極化、分極化していく、その姿をよく見せてくれているのが今回、最終回のプロジェクトなのだと私はとらえています。

当プロジェクトはその始まりのときから、つねに天の指標、バロメーターとして使われてきたと感じています。私自身は、あくまでもアンダラのケアテイカー、世話役というだけで、今もその立場と気持ちは少しも変わっていません。そのためかどうか、当プロジェクトは十数年間というもの、海外とのやりとりにもかかわらず、一度たりとも郵便紛失事故がありません。3ヶ月かかったことはあっても、それでも必ず届いたのです。これは奇跡に近いと思っています。日本国内だけでも紛失事故はもっとありますからね。

当アンダラプロジェクトの目指したものは、暗くなる一方のこの時代、世界の隅々にまで光を灯し続けてくれる人々のところに、光の種子としてのアンダラを届けるということでした。でもこの一連の動き、88​日からやってきた取り組みを続けてきて思うことは、もう必要なアンダラは世界の必要な人々に届いた、もう終わりの時だということです。今回のプロジェクトが最後の第​9弾と自分で感じていたのも、きっとそのせいなのでしょうね。


そしてそれを裏付けるようなことも起こりました。このプロジェクトを始めてから十数年間、アンダラを発送してお支払いをいただけない未納のケースは
1件だけでした。ま、入金が確認できてから発送すればいいだけの話なので、私のせいなのですが(失笑!)ものが翌日届く日本国内とは違うし、一日でも早くお届けしたい気持ちがあるので、いつも事前に発送していていました。このプロジェクトにつながってくれる方々はと、信じる気持ちが頑強だったので、疑う必要はまったくなかったです。が、ここにきてまたもう一人、踏み倒しがありました。何度かメールで丁寧に促す努力はしてみましたが、相手にも好都合なことに自由意志というものが等しく与えられているので、彼女は未納にとどまるという選択をしたようです。この一件もまた、私にとってはいま、このときという時相を示してくれるバロメーターであり、もう必要な方のところに必要なアンダラは届いたと確信する所以です。もう一つ付け加えさせていただければ、いま世に溢れている「アンダラ」たちの99%が情けないことに、悲しいことに、ニセものの色ガラスだらけだから、ということもあります。

よって、当プロジェクトも、このユニコーンプロジェクトの残り7県とその行方を見据えながらですが、アンダラの頒布は終了させていく方向で考えていることをここに明らかにしたいと思います。そして、今この世を包む闇の向こう側を見据えた、別の、光のワークに焦点をあてたプロジェクトが必要だと感じています。(と書いたら、天国の息子が頷いて、彼の好きな音楽がちょうど始まった!)私はサイキック能力ゼロなので、こうやって私にでもわかる方法で、彼はいつもメッセージをくれます。  I miss him so so so much!!! 夢のなかでしか息子に会えないのはとても悲しいことです。


暗くて寒くてダークないま、このときに光をもたらすために、息子も向こう側でやたら忙しく働いているようです。だから私は、こっち側でやれることをやっていくつもりです。

これから暗くなる年末年始の時期、アンダラペンダントなどを10%オフのセールにあてたいと思います。いま本物のアンダラはごく少なくなっていますので、このチャンスをどうぞご利用ください。

 
もうすぐ124日は新月です。この一番暗いときに、どうぞアンダラ光の種子グリッドにのって瞑想と祈りに是非ともご参加ください。いらっしゃるところから、暗闇の向こうにある世界をビジュアライズして、つながっていただきたいのです。どんどんおかしくなっていく世界、とてもヤバい時だからこそ、意識ある人々の祈りと瞑想が何より大切なのです!瞑想するときだけ、私達はこのMATRIXを離れることができるのですよ!波動を上げましょう!

また、トウリーダーの方々にお知らせです。日本の​25日クリスマスの日に、創始者KCミラーらを迎えての3回目のリユニオン、ZOOMでのクリスマスの集いがあります。とってもスペシャルなJOYの空間にぜひご参加くださいね。同時通訳は私がいたしますので、どうぞご参加希望のトウリーダーは​メール​でお知らせください。詳細をお送りします!


今日も、いつも、天の御旨が地に行われますように! 寒い季節、温かくして、どうぞご自愛くださいね。ナマステ~~~!!​​​​







最終更新日  2021年11月30日 08時00分45秒
2021年10月26日
​​​

ふと空を見上げれば、もうすっかり秋の空になっていて、しみじみと時の推移の早さを感じています。先日は、ヨガティーチャーの研修があってフェニックスに行っていました。これはクリパラヨガの要素がいっぱい入った、私にはとっても向いているエネルギー的なアプローチでとってもしっくりきてよかった。やっぱ、アシュタンガヨガとか、アイアンガーヨガとか。。。そういうのは若い少年、青年向け?かなーと思わざると得ない。そう、ヨガってそもそもはインドで、身分の高いカーストの男の子たちのために教えられた技法だったんですよね。女子なんて法外、貧乏人なんてあり得なかったわけです。いまでこそ、世界中に広がっていて、老若男女、妊婦ヨガ、キッズヨガ、シルバーヨガ・・・となんでもあるけれどね。感謝ですよ、もう~。

日が短くなっているのも顕著で、うっかりするとすぐ日が暮れてしまって散歩にも出られなくなります。それに寒さも忍び寄ってきていて、こんなときは日本の温泉に入りたい~!!と心から恋い焦がれます。ここにもホットスプリングはあるけど、水着を着て入るあれはやっぱり「温泉」じゃないんですよねー。なのに、世界の渡航状況はいっそう困難になっていくようで、もうため息。。。です。

もうひとつ、ため息の理由事情、それはユニコーンプロジェクトの空白県がここ2ヶ月ほど、今なお6割のまま横バイ状態であるためです。このままだと神様の成績表がかなり心配です。。。。​ここに随時、状況を更新​しております。一方で奉納を遂行してくださる方々から完了のご報告は次々にいただいていて、もう感謝に堪えません。追ってユニコーンマップに反映していきますのでね。さらにご自分のお持ちのアンダラなどで独自に動いてくださって、ご報告をくださる方々もおられて、こうした独立系、愛のユニコーンさんたちにも心より感謝しております! そもそもご奉納とは何をするのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。特に神社の宮司さんとアポを取って。。。というわけではありませんのでご安心くださいませ(笑)。たとえばこんな感じでご奉納いただいていますよ、という一例として、神奈川県のCさんに了承を得ましたので、ご紹介させていただきますね。

https://ameblo.jp/seseragi-dama/entry-12702057236.html

​​ご奉納のためにご足労願うことによって、実は、その場に足を向けた者だけが得ることができる無形の神気?のようなもの・・余りある多大なギフトをいただけていることに気がつかれることでしょう。神さまの及第点が何点かはまだわかりませんが、今のままだと危ないのは確かです。気づきと意識と意欲がある方がた、空白県のユニコーンさんを引き続きお待ちしております。​​​まだ私は諦めてはおりません!!​​​どうぞ​メール​でご連絡くださいませ。​​

とここまで書いたところで、岐阜県の大道芸人、アーチストの太朗君から嬉しい助っ人メールが届きました。了解を得たのでここに転載させていただきますね。

 

はーろー☆☆☆☆☆

親愛ナル美保子さま

 

ごぶさた、ごぶさた、ごぶさタローにござりますよ〜、こんにちわー

ブログ拝見候〜フムフム

あらん

イヤん

『石川県』が空白ですな

あの清らかさでは右に出るものがないほどの祝風の吹く白山のお膝元の石川県が

 

白山なくしてタロー無し

とはよく言ったもの(え?そーなんですか?

 

その白山のお膝元では7ヶ月間個展してたり、白山にも6、7回ほどお礼参りに登頂させていただいておる程の第二の故郷!石川けーん

ワレ常に、くくりの神と共にアリ

モハメド・アリ。(オイ

 

【♪ワン、つー、すりー、ほ

 

ア・タ・シ

 

岐阜県養老町民だけど〜ォ

石川県に住民票ないけど〜ォ

 

もしかしてぇこれって

グレーゾーンに近い反則でギリギリセーフなんぢゃあないの〜

ウフフ〜ジャカジャン!イエイ!センキュウ!♪

 

さて

 

同じくして

 

えっ、『沖縄県』が空白だわっ

信じられナ〜イ、有り得ないわ、宇宙の龍宮城が、そんなの、キャ〜〜〜〜

 

沖縄なくしてタロー無し

とはよく言ったもので(ええ、これもそーなんですね?あなた第二の故郷ありすぎやしませんか?ええ!幸せなことだわ

 

なんてったって沖縄本島のピュアな自然、御嶽こそが拙者のアートの師で御座いますもので

久高島なんてまったくもって何度足を運んでいることでせう

常に我が魂、このリアル・ニライカナイにアリ、モハメド・アリ。(わかったわかった

 

【♪ワン、つー、すりー、ほ

 

ア・タ・シ

岐阜県養老町民だけど〜

沖縄県に住民票ないけど〜

 

もしかしてぇ

これって

グレーゾーンに近い反則でギリギリセーフなんぢゃあないの〜

ウフフ〜ジャカジャン!イエイ!センキュウ!♪

 

と、ゆーのも実は丁度、11月下旬頃、両県に参る予定がありまして


(ま〜、背にハラは代えられないわね〜

ちょいとばかり片目をつぶるのも時に

アリね、モハメド・アリね〜

 

? いうのが

もし?OKならば

 

拙者なんぞでよろしければスイっと行かせていただきますが

愛を込めまして

 

安田太朗

 


というわけで、昨日まで挙手率
62%だったのが、66%にアップ!太朗君、どうもありがとうございます!だからといって、石川県、沖縄県のユニコーンさん、目覚めていただけたら​まだ遅くはありません!!​ ​そしてまだ空白県のユニコーンさまもどうぞ、​ご連絡​くださいませね。太郎君は近いうちに石川県と沖縄県で個展その他のイベント開催予定ありですので、どうぞ太朗君のウェブサイト、要チェックですよー。​

http://www.taroarto.com/


もしかすると今の日本では、みんなが
M​スクをしなくてはならないから、きちんとした呼吸をしていないのかも?自分の力ではもう思考力もなくなっているのかも?と思うところもあります。そんなとき、先日、東京の気のマスターたちから教えていただいたスゴイ呼吸法があります。ある特定のムードラ(指で印を組むこと)を使うことで気の巡りが断然良くなるやり方です。すごく簡単で、しかもとても良心的な価格設定なので、ここに告知させていただきますね。東京に出られない方には、ラインや​ZOOMでの講習もありとのことです。この時期に天から下ろされたことにも意味があると思いますのでぜひご連絡してみてくださいね。​

https://ameblo.jp/kanda-heart/
https://ameblo.jp/sakai-energy/​​

 

​​​夕暮れには、セドナの赤い岩山がいっそう赤く燃えます:)​
   満月も近い夕暮れ時、空も赤い山々も美しく染まって・・・​
夏の間は雨が多く、空も曇っていたので延び延びになっていたのですが、やっと秋空になったので先日、満月の前日、セドナに行ってきました。そして予定どおり友人と​​
UFOツアーに参加しました。夜になると急に冷え込む砂漠型気候で、ほんとに寒かったです。最初から、かなりの頻度で流れ星が飛んでいきました。UFOが見えなければツアー代金お返ししますとまで謳っている強気のツアーで、しかもツアーガイドさんはかつて宇宙船にアブダクトされた体験を持つ女性で、けっこう楽しみにしていたんです。夜7時から3時間くらい、みんなで軍用の暗視鏡(ナイトビジョン・ゴーグル)をつけて空を見上げるんです。首が相当痛くなったけど、参加者の一人がかなりの頻度でUFO​を目撃する若いお兄さんで、彼がレーザー光を空に向けてみんなにも教えてくれるので、6機くらいは見れたかな。一回は数機が隊列を組んで一定の速度で空を飛んでいくもので、何だかやたらかっこいい連隊だったなー。一体どこから来て、どこに向かっているのかしら?って思わざるをえませんでした。中にはこれ、地球製?と思うような三角型もあったけどね。それでもガイドさんは、今夜は数が少なくてごめんねみたいに、やたらごめんねモード。もし行かれるなら新月前後をお勧めします。


   朝はセドナでハイキング、このまんまの蒼い空でした!​

その週末はちょうど、セドナでジェムショーやっていると道脇の看板を見かけたので、翌日セドナハイスクールに友人と行ってきました。思いがけず嬉しい出会いもあり(石さんとの、そして旧友石友らとの)、ときめきました~。それから石友宅でのお泊り、楽しい石カット、磨きの時間もたっぷり!アリゾナ、レイ鉱山(今は閉山)から出たジェムシリカ、さらにインスピレーション鉱山(同じく閉山)産のクリサコラ・ジェムシリカなどもいっぱいカットして、もうときめきの週末を過ごしたのでした!超希少ジェムシリカは​天然石のショップ​にも載せているので、ご覧くださいね。もうどこも閉山しているからもう出ないものばかりで、地元の石キチらだけが所有しているだけ。あとは目の飛び出るような高値で時々ショーで売られているものくらい。
​​​​あの蒼さ、煌めき、あれはジェムシリカならでは、幻の魅惑の石なんです。
        
   ダイヤモンドパシフィック社の研磨機ジーニー、よく働いてくれます!!​

  ジェムシリカがだんだん磨き上がって来た!ワクワク!!​


 石友コレクションのほんの一部、ラリマーはこれからカットします!
​​​


これからハロウィーンを過ぎれば一気に寒さに肩をすくめるようになっていくばかり。目まぐるしく過ぎていく多忙な
10月だったけど、これからまた寒い冬になりそうな予感。これからはもう、一日でも早く日本の温泉に浸かれる日がくることを夢見ながら(!)先日伝授されたあのムードラ呼吸法で温かくして、何とか寒い季節を乗り切りたいと願っています。

次の新月は11月5日です。いよいよ本番!!今こそ宇宙に神聖(新生)地球への願いを刻印してください。文字通り!今が一番暗いとき。夜明けの前はいつもそう。だから夜明けを信じて、希望の灯をともし続けましょう。暗くなる一方の今だからこそ、ご自分が温かく、ご自分が明るく、ご自分が喜び、JOYそのものであってください。ナマステ~~~​​​

​​






最終更新日  2021年10月27日 12時12分34秒
2021年09月29日

気がつけばお彼岸も過ぎて、吹く風が何とも秋らしさを運んでくるようになって、店のディスプレーはカボチャだらけ。そんな季節なんですねー。10月・・・となると、ここからはあっという間に、急かされるように、年の瀬に向けてまっしぐら。。。なんでしょうねー。

年内いっぱいになんとか見極めたいと願っている、最後のアンダラ第9弾ユニコーンプロジェクトなのですが、現在挙手率は60%のまま横バイ状態が続いています。近況は​当ウェブサイトのトップページ​に随時更新しているように、現在の状況はこんな感じ、空白県がずっと同じままです。暑さも過ぎて動きやすくなっているこれからの季節~雪が降り始める前までに何とか人々の目覚めと行動を数字に表せることを願っています。神の成績表、このままだとかなりヤバい難産になりそうなので・・・気が気でない人たちは、私、〇〇県もやりますけど?とお申し出くださるのですが、それらには心から感謝をこめて、しかし待機していただいています。それは、その県にご縁があって実際に住む方々が自発的に挙手してくださるチャンスが与えられるべきだと願うため、もう少し待ってみたいからです。一方で、光の種子たちを蒔きにご足労くださる方々は増えていて、今のところ13県が完了しています。素敵なユニコーンさんたちに感謝します!

2021 9 30  日 現在:挙手状況:60 %:  奉納済み県:13  

北海道:Nさん、挙手をありがとうございます!
青森県
岩手県:Wさん、挙手をありがとうございます!
宮城県:Sさん、挙手をありがとうございます!(完了)
秋田県:
山形県:
福島県:
茨城県

栃木県:Wさん、挙手をありがとうございます!
群馬県:Mさん、挙手をありがとうございます!(完了)
埼玉県:I さん、Mさん、挙手をありがとうございます!(完了)
千葉県:Aさん、挙手をありがとうございます!
東京都:Nさん、I さん、Kさん、I さん、挙手をありがとうございます!(2名様完了)
神奈川県:Cさん、Hさん、挙手をありがとうございます!
新潟県:Sさん、挙手をありがとうございます!(完了)
富山県:Tさん、挙手をありがとうございます!(完了)
石川県:
福井県:
山梨県

長野県:Yさん、挙手をありがとうございます!
岐阜県:Oさん、挙手をありがとうございます!
静岡県:Tさん、挙手をありがとうございます!
愛知県:Oさん、Sさん、挙手をありがとうございます!(お一人様完了)
三重県:Yさん、挙手をありがとうございます!
滋賀県:Iさん、挙手をありがとうございます!
京都府:Yさん、Nさん、挙手をありがとうございます!(お一人様完了)
大阪府:Kさん、Yさん、Mさん、挙手をありがとうございます!(お一人様完了)
兵庫県:Nさん、挙手をありがとうございます!
奈良県:
和歌山県:
鳥取県

島根県:Nさん、挙手をありがとうございます!(完了)
岡山県:Hさん、挙手をありがとうございます!
広島県:
山口県:
徳島県

香川県:Oさん、挙手をありがとうございます!
愛媛県:
高知県:

福岡県:Aさん、挙手をありがとうございます!
佐賀県:
長崎県:Tさん、挙手をありがとうございます!(完了)
熊本県:Sさん、挙手をありがとうございます!(完了)
大分県:Tさん、挙手をありがとうございます!(完了)
宮崎県:
鹿児島県:Kさん、挙手をありがとうございます!
沖縄県:

空白県のユニコーンさんたち、挙手をどうぞよろしくお願いいたします!​メール​をお待ちしております。

 先週末から娘の"来て来てコール"に負けてマイアミに来ています。週末は娘たちとマイアミから西へエバーグレーズを横断してナポリ(Naples)で過ごしました。去年のサニベル島でのシェリング(貝殻拾い)が楽しすぎて、じゃあ今年はそのさらに南、ナポリから出るドルフィンウォッチツアーボートに乗って、たくさんのイルカちゃんたちを眺めながら、そのツアーが途中で一つの島に停泊してくれるので、そこで貝殻拾いもできるというのが目当て:)ベアフットビーチでくつろいでいたら、何と!一頭のけっこう大きなイルカがもう陸に乗り上げるのか!?!といわんばかり、ビーチの水際スレスレまで目の前に現れて!その大サービスぶりにびっくりでした。あまりに急だったので写真はなしだけど、これならドルフィンツアー、わざわざ行かなくてもいいかと思ったくらい!きっと餌を追ってきたらここまで来ちゃったんでしょうね。あたりで餌を探している海ネコもカモメもペリカンも・・・近づいても全然逃げない。だからもう、彼らと一緒に楽しくシェリングを楽しみましたよ。

翌日はボートでガルフ(メキシコ湾)に浮かぶマルコ島からTen Thousands (数万の)​島々あたりへ半日ツアー。ウォーターフロントに立ち並ぶ威風堂々たる豪邸、海の別荘の前にはどの家にもボート停泊係留のための桟橋があって、ボートが停まっている。まさに一家に一台(扇風機じゃないよ、船だよ)。なかには自家用小型飛行機も係留できるようになっているところも。一体どれだけのマネーがフロリダのウォーターフロントにはあるんだろう!


                       ​   ウォーターフロントに立ち並ぶ豪邸マンション群には、必ずボートが一家に一台!​

こうした立派なマンションーーそう、これこそがいわゆる「マンション」、お屋敷と呼ばれるものなんですよね。日本人が、「僕のマンションは・・・」とのたまうとき、普通のアメリカ人はそれがまさかアパートだとはつゆ知らず、超豪邸、最低20部屋くらいの立派なお屋敷を思い浮かべるのです・・・から、気をつけないとです。調べてみると、このあたり、一棟、最低でも30億から上はキリなく・・・でした。はい、円で。

​マングローブの森を眺めながら、だんだん沖合に出ていくと水も淡水から塩水になっていくんです。途中、マナティーが生息しているエリアとか(今回は出会えなくて残念!)、またオスプレイ(ミサゴ:タカ科の大型猛禽類)が巣を作っていたり・・・とさまざまなワイルドライフに出会えます。イルカもかなり頻繁に出没してくれますよ。



                     ​      オスプレイの巣を見つけた!​

次はカヤックでさらに深くネイチャーに繰り出してのシェリングを!そして潜って!30センチ大のほら貝を見つけたい、とだんだん本気になってきました(笑)。今回の島での収穫、ことさらに嬉しかったのはこれ。たった1個だったけど、ムーンシェルが見つかったことかな。美しい渦巻き紋様のまん丸い魅惑いっぱいのシェル!これだけに特化してというのもいいかも?なんてね・・・貝拾いをしていると、これがドルフィンウォッチツアーであることを忘れてしまうくらい!あっと言う間に時間がたってしまって困りますね。マイアミに戻って、あと少し飯炊き女をやってからアリゾナに戻ります。
            ​​                     今年収穫のシェルたち~

                  これが噂のムーンシェル!一個だけ見つけました!​
                                      ナポリの海岸サンセット


次の新月は
107日です。この前代未聞の試しのとき、チョイスがあるうちにぜひともニューアース、未来の地球の在り方を選んでください。選ばないと、誰かが選んだものを押し付けられることになるんですから、ね。どうぞ、いらっしゃるところから、祈りと瞑想のグリッドにご参加くださり、ぜひ新生地球に寄せる望み、願いの振動を乗せてください。
これからの季節、たくさんの秋の恵みを存分にお楽しみくださいませ。
ナマステ~!!







最終更新日  2021年09月29日 23時20分34秒
2021年08月28日

このアリゾナの砂漠に、こんなに雨が降ったことはかつてなかった!8​月に入ってからほぼ連日のように雨が降って、洪水注意報が何度も出ています。砂漠に!ですよ。いつもは干からびた茶色の山々の風景も、今は緑色の絨毯を敷いたかのようにしっとりと潤っています。普段なら咲かないメキシカンポピーの花々も、今年は一面に咲き乱れていて、この調子だとそのうち古代のように熱帯雨林のジャングルと化していくのかも?と思ってしまうほど。もっとも私はこの天候、涼しい夏を大いに楽しませていただいているんですけどね。
                       オラクル、一面に咲き乱れるメキシカンポピー、普段は茶色の山肌のマウント・レモンも野山も見渡す限り、緑一面に!

問題はもう~元気よく、これでもか!!っていうくらいに繁茂している雑草、見渡す限りの雑草・・・なんです。雨の合間に草引きして・・・なんていう規模じゃあないから大変。友人は、隣家の馬を一頭借りてきて、庭に放っておいたら青草を食んでくれて助かったと言っていたから、じゃあ、私も馬​
レンタルでいくかな、と思ったんですが、いや、それよりも、ということで草刈り機の性能のいいやつをゲットしました。今度は蚊との執拗な戦いが始まってます。Awwwww~~~

こんなに長くステイホームしたことはなかったから、この機会に!と思っていろんなプロジェクトを進めていて、とても忙しい毎日です。ビネガー作りもそのひとつ。発酵菌とともに過ごす毎日は楽しいですね! 近くの友人のところの畑には、この大雨のおかげで採っても採っても採りきれないくらいのスイスチャードがすくすくと育っているから、そのおこぼれにあずかって各種酵素ジュースとかも熟成中。テンペ菌でテンペも醸成中。ほんとはぬか床が欲しいんだけど、糠がなくてね。。。早く日本に行けるようになる日が来ますように!!

                  ​レーズン2種でビネガー醸成中。もう少しするとブドウが下に沈んできます。​

先日、アフリカのマリ国産のサハラ砂漠から発掘された天然ガラス、”アンダラ”を​天然石ショップにアップ​してみました。この丸っこい大きめのアンダラは、一見黒っぽいのですが、
光をあてると、​かつての純正シエラ産おしゃべりマーリンのような、いくらか黄緑がかった、それはそれは優しい色合いのグリーンで、やけに懐かしさのような、久しぶりに旧友に出会ったような気分になります。いくらか平べったい丸形、お饅頭のような形状も親しみが湧きますね。どれもいかにも砂漠にどのくらい埋もれていたんだろう??と思うような風化の跡が表面や全体に見られて、とても魅惑的。この完全饅頭型から割れて小さくなったものたちも、同じくマジカルなあのマーリングリーン色をしています。なかには珍しく褐色のようなものもあります。ご覧くださいね。
                    ​    マリ産グリーンアンダラ、天然風化感がたまりません。​


さて、最終第​
9弾ユニコーンプロジェクトは、いま47県中半分の挙手状況です。いつも​トップページに状況を更新アップ​していますのでご覧くださいね。うち、ありがたいことに3県は、すでに奉納が終了しています。また東京や大阪はお一人でなく4名くらいずつ、挙手いただいて、皆様が動いてくださっています。こうしていま、行動してくださっている天使たちに心より感謝いたします!

でも半分はまだ空白県。今回は反応がいまいち?なのはなぜでしょう?暑すぎてそれどころじゃない?緊急事態だの何だのと・・・そっちの方で頭がいっぱい?それともマスクのせいで酸素不足?でまともに考えられないのかな? エージェントスミス化が進んでいるの?オリンピックが終わって、パラリンピックが終わったら、もっと本格的に各方面での締付けが厳しくなって、さらに動きづらくなっていくんですよ。いま、本当にチャレンジの多い困難な秋に向かっていると感じます。だからチャンスは今なんです。空白県の皆様、どうか再検討くださるよう、お願いいたします。

いろんな意味で日本は世界の雛形。世界の良心は今どき、日本にしかないと感じています。もちろん、世界じゅうにいい人達はいるんだけど、彼らもいろいろプッシュされてて、大変なんですよね。日本が世界の唯一の希望なんです。日本が駄目になったら、世界はもう終わりなんです。そんな一番大切な国の半分が眠っている。無反応・・・どうか、これ(本プロジェクト)は実は神の試しであることを知ってください。私は単に使われて、やらされているだけ、そのことは十分に熟知しております。今年年内が分極化していく締め切り点だと感じています。どうか、しばしの間だけでも、この3次元的縛りから離れた思考で俯瞰してみてください。あなたがまだ息をしているなら、チャンスはあります。もう私達は産道に入っています。何としても、死産に終わらせたくないです。すでに日本に送ってある無償の光の種子は、あと日本列島の半分への発送待ち状態です。皆様の、特に空白県の皆様の挙手を心待ちにしております。​メール​をお待ちしております。

どうか、皆様、残暑の厳しいこの季節、どうかご自愛くださいませ:)







最終更新日  2021年08月28日 16時39分56秒

全335件 (335件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 34 >


© Rakuten Group, Inc.