1023182 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

コスミックハートプロジェクトへようこそ!

コスミックハートプロジェクトへようこそ!

全て | カテゴリ未分類 | HealingTour | クリスタルコンフェレンス | アンダラクリスタル | フェナカイト | レムリアンクリスタル | グリッド | クリスタルチルドレン | ミステリーサークル | ウランビーズ | アンダラ・グリッド | ファイヤ・ザ・グリッド | ホピ | ザ・シークレット セミナー | インディゴチルドレン | インドの旅 | ペイソン・レムリアンダイヤモンド | トウリ-ディング | ホピランド、セドナの旅 | シヴァリンガム・グリッドプロジェクト | ツーソン・ジェムショー | マヤ暦 | ニューアース・ティーチング | 宇宙を乗りこなす喜び | ソウルスピーク TM | オーリキュラーセラピー | イェミンジュ | ヨガ | 夜明珠
2022年02月04日
XML

1日の新月は旧正月でとってもパワフルでしたね。何と33年ぶりに(!)私ごときの誕生日を覚えていてくれた旧友が、私を探してお祝いメッセージをくれたりして、ひときわ嬉しい一日でした。娘からは、こんなマグカップが!


ベストMOMsだけが、グランマに「昇進」できる!と書かれている!え~~何と~!孫がやってくる=グランマに格上げ、というわけね!!! こうして、生命は続いていくんだわね。


 いつもマイ誕生日前後は、ツーソンジェムショーを歩いているのが慣例になっている感がありますが、今年も人出は少なくて、駐車もし易いし、歩きやすいのは楽ですねー。出店者も例年よりはだいぶ少ない感じ。会場では、
Mスクはしてください (required)、ではなくて、するのをお勧めします(recommended)と書いてあって、半々くらいの感じでしたね。私は顔おむつをするのは好まないのでしないけど、これってやはり「羊たちの沈黙」の表明であり、これをしている限り、為政者らがパンダミックをずうっと永続化させるのを許していることになっていると思うんです。

そして、ツーソンショーではとっても珍しいマダガスカル産サンセットピンク色のラボラドライト、ドーンと大きい10​キロクラスに惹かれてしまって・・・いつもながら・・・困ったもんです・・・


                                    ​9.7 Kgのサンセットピンク、圧巻!


 12.2Kgのまさにコスモスそのもの!Amazing!!!ですよね~!

​でも今年はなんとなくゆったり歩けた感じで、パロサントを買ったお店では、バガヴァッド・ギータの一節を読みきかせてくれる店主がいたりして、外界の喧騒から一瞬でゼロポイントに戻していただけて感謝でした。石との出会いもさながら、人々とのいろんな出会いが何よりも面白いです~!
                    ​ツーソンショー、今日も一日が暮れていく。車を走らせながら・・​

  そうそう、年末からのアラスカの旅の後、今度は娘の手伝いに招集されてずっと暖かいマイアミに行っていました。家のけっこう大掛かりなリフォーム、床の張替えだの、キッチンカウンターを新しくしたり・・・と、義理の息子君が頑張って取り組んできて、家じゅうずっとテンヤワンヤだったんです。その最終局面で、思いがけず壁のペンキ塗りにまでやらされる羽目になって・・・。というのも、翌日には娘たちがベビーのジェンダー・リビール:「性別発表」パーティにたくさんの友人らを招待していたので、何とかそれに間に合わせる必要があったというわけ。それで皆で頑張って何とか間に合わせて(!)、私がツーソンに戻る日の前日に、そのパーティは開かれたんです。

ジェンダー・リビール(Gender Reveal) だなんて、最近になってやるようになったものだと思う。その昔はそんな習慣はなかったですからね。要は、妊娠が分かってから、ベビーの性別をみんなに知らせてお祝いするパーティなんです。娘ら自身も医者に性別を教えないでとお願いしておいて、パーティの主催者を友人のジェームス君に委任し、ジェームス君は口を固くして、ジェンダー・リビールの発表までは絶対に秘密をキープするんですね。ケーキを注文する時も、娘はその性別をケーキ屋さんに告げるところだけは、委任したジェームス君に電話を代わって、ケーキ屋さんはそのジェームス君の指示でケーキを作ったわけ。女の子ならピンク、男の子ならブルーのクリームが入っているの。私のカンでは男の子!だったから、発表パーティの日はブルーの上着を着て、ジェームス君に、ねえ、絶対男の子だよねー?って水を向けるんだけど、ジェームス君、表情ひとつ変えなかった。彼、確かにこの役には適任だったわ。


招待されたのはみんな医者のタマゴたちだから、きっと勉強忙しくて誰も来ないんじゃないのー?なんて言ってたら、ほとんどのタマゴたちが現れて、娘も嬉しいビックリだったみたい。家に入るや、みんなが
Boy or Girl, ​男の子か女の子かを当てる、ブルーとピンクのスティッカーを自分の服に貼って、チームに分かれていくんだけど、大半が​Boyチームで、女の子チームは少数で、23 人vs 3人という感じ。ジェームス君だけは両方貼っていた!




クッキーもフロスティングはピンクとブルー、ゼリーもそう。ハーシーズのチョコレートだって、
​​Hershey​​のラベル部分、​​He r She y ​​と、He​をブルーに、​Sheのところをピンクに塗り分けてるといった具合!​

娘の友人のタマゴちゃんが、
​​”Boy or Girl” ​​​​と、ブルーとピンクで包装した大きな箱を作ってくれたらしいけど、その箱に風船を入れたのはジェームス君。なぜなら彼だけがブルーの風船か、ピンクの風船かを知っているわけだからね。この大きな箱が裏庭にある大きな木に吊るされました。

​​


ジェームス君はみんなにクラッカー(爆竹)を渡してあります。そのクラッカーをひねると、中からブルーまたはピンクのパウダーが爆竹音とともに炸裂するというわけで。。。何色のパウダーを入れるのかも、もちろんジェームス君だけが知っていて手配していたんですね。

さて、タマゴちゃんたちの賑やかなおしゃべりのあと、みんなは裏庭へ移動。さあ、いよいよ、ジェンダーがリビールされる瞬間がやってきました! さあ~~!! 娘たちが紐を引っ張ると、箱からはブルーの風船や紙吹雪がいっぱい飛び出し、と同時にみんながひねった爆竹からはブルーのパウダーがパン、パン~!!!と放たれて、宙に舞い散りました~!

​                              Yes~! It's a Boy!!

It’s a BOY!  やっぱり男の子~!いえーい~!とみんなではしゃぎ、踊ったあと、今度はケーキカット。やっぱりジェームスが手配したように中身はブルーのクリームでした~!

                           Yes~! It's a Boy!!

タマゴちゃんの一人がボランティアでBBQのグリル係になって、みんなにハンバーガーだのサーモンだのを焼いてご奉仕してくれました。宴はしばし楽しく続いたのでした~。



              ​​        誰にとっても初めての楽しいジェンダー・リビールでした!​​

今では日本でもジェンダー・リビール、さっそく「輸入」されてるみたいです。日本だとおにぎりバージョンで、おにぎりを割ってシャケだったら女の子、昆布だったら男の子、みたい。おにぎりバージョンだと美味しいし、随分と準備も楽でいいですよね:)


あの裏庭でのリビールのとき、息子がそこに来ていたのを強く感じました!そしたらそれが当たり!であるサインのように、一機のセスナ機が低い上空を、まるで手を振るように飛んでいきました。逝った生命、新たにやってくる生命・・・こうやって生命は続いていくんですね・・・・・


節分、そして立春の今日、裏庭には水仙が咲き始めていて、寒いなかにも春は確実に近づいていることを知らせくれます。春は何かと希望と期待を膨らませてくれます。とっても待ち遠しいです。


ますます狂っていく変な世界だからこそ、ぜひともいつも、ほんの短い時間であっても、大自然に目を向けて
Mスクを外し、大地と触れ合うことを忘れないで生きましょうね!本来のオリジナルな自分の軸とつながって、ブレないで!そうすれば絶対に導きがあるはず。
あ~、春よ来い~! 
ナマステ~!!​​​​​​







最終更新日  2022年02月04日 14時44分03秒
[アンダラ・グリッド] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.